DNArhapsodyさんの映画レビュー・感想・評価

DNArhapsody

DNArhapsody

星の子(2020年製作の映画)

3.0

宗教二世の複雑な心境。

否定も肯定もしない。
幸せそうだった。
周りがあーだこーだ言わなければ、もっと幸せなんだと思う。

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.0

両親と兄が聴覚障害を持ち、家族の中で唯一の健聴者であるルビー。

ベイビーじゃない、ずっと前から大人だ。大人でも子どもでもない絶妙なお年頃なんだけど、恋してる時は少女だったな。かわいっ。

自信のない
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0

家族の苦悩の先の、清々しいほどの異常。

脳裏に刻まれる衝撃的シーン。

伏線が厭らしく散りばめられていて、淀んだ不気味な雰囲気に包まれた底のない恐怖に繋がっていくのはお見事。あのラストを美しくさえ感
>>続きを読む

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

3.5

親友のマリコが自殺して、弔う旅に出るシイノ。

口がものすごく悪く、感情的で、不器用で、真っ直ぐ真っ直ぐ駆け抜ける。

その先にあった答えを見つけて、
エンディングソングでtheピースの「生き伸ばし」
>>続きを読む

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

淡々と進んでいく、不思議な日常。

誰かを犠牲にして手に入れた幸せ。
そんな続かないよね。
アダが可哀想だ。

アダが自分の顔を鏡で見たシーンが印象的だった。

オールド(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

事前情報なしで見た方が面白いと思う。

30分で1年が過ぎるビーチからの脱出。
閉じ込められるだけでなく、皆どんどんおいていく。

テンポよく1日でいろんなことがありすぎるのと、なんだがB級映画臭く感
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

7年間監禁されてる母と、生まれてから監禁されてることを知らずに育った5歳の息子。

世界を知らなかった子どもが、大きな空を見上げた瞬間と、おばあちゃん大好きって言った時泣いた。

解放されたと思ったら
>>続きを読む

あなたの番です 劇場版(2021年製作の映画)

2.5

ギャグ映画だった。

ドラマ毎週見て考察して楽しかったなー…。別の世界線のパラレルワールドとしてのお話。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.0

エンタメ性高くて、見ていてポップでおしゃれな画が多い。暴力描写ほとんどないのに、メッセージ性は強くテーマは重い。

男性が女性を搾取して、女性が苦しむ社会。適当に理由つけて罪の意思がない奴ら。
他人の
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.5

血が煮えたぎるとはこのことだ…アクション全開で大興奮、ナートゥ最高で笑顔になっちゃうし、3時間あっという間だった…なんて力漲る映画なんだ…!!

大義なんかじゃなくて、大切な人のために行動するのって素
>>続きを読む

カラダ探し(2022年製作の映画)

3.5

100回は見たことあるようなお決まりのシーン、初めは怖かったのに途中からラブコメ要素強く、のすごいチープ感、みんなハート強すぎ、エッ?!と思わず声を漏らしてしまったとんでも展開。

ツッコミどころ満載
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

-


ヒーローというかモンスター扱いなのね。

見応えある映像だったけど、その他はそんなにハマれず。

敵のモンスターの方が明らかに強いのに、なんでこんなにあっけなく倒せてしまったの。なんで敵もハルクに固
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

-

ただの硬そうなロボットかと思ってたら、人間味溢れるクレイジーな天才ヒーローじゃん。信念貫いててかっこよかった。

大活躍のペッパーちゃんかわいい。女好きな人とわかってても惹かれちゃうのわかる。仕事と割
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

ストーリーはさておいて、アニメの独特な雰囲気とか、海外から見た日本の異様な文化の描写とか面白かったな。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

自分にはほぼない経験だけど、家族生活や育児の負の部分がリアリティで苛立つんだよな。アニメーションは素晴らしい。流石。

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.0

音楽が流れるシーンが2回と少ないんだけれど、全く退屈させない。画面の構図も、台詞も、ひとつひとつ無駄がないからだ。全てが絵画的で美しい。

静寂の中に潜む燃えるような愛に、繊細で大胆な描写、2人の行く
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.5

本当は恐ろしいグリム童話みたいな不気味な雰囲気悪くなかったな

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.5

ホロコーストにより疎開させられたユダヤ人の少年…良いこと何もない生き地獄。約三時間ずっと暗くて重くて苦しくて冷たいし、とにかく辛い。辛いってもんじゃない。暴力、残虐、差別、性的暴力、本当に人間は醜い。>>続きを読む

2つの人生が教えてくれること(2022年製作の映画)

4.0

主人公が試した妊娠検査薬の結果から、物語はふたつにわかれる。人生の分岐点。

・妊娠していたら?
・妊娠していなかったら?

二つの人生が並行して描かれる構成。

間違えた!失敗した!と思ってもそ
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

安室さんの魅力を語られながら鑑賞しておもしろかった。毛利小五郎捕まるんだ。笑

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

夏の冒険、友情、淡い恋…そしてとびっきりのホラー!ペニーワイズをはじめとする化け物たちのクオリティも高くて、しっかり声出してビビったり、物理的にも心理的にもドキッとするシーンも多かったし、少年少女たち>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

仕事に行き詰まった時、なんだかうまくいかないとき、そんな時に見るとより元気になれる映画だった。今週も頑張ろう。

ベンよ、なんて理想的な紳士…
いくつになっても、経験を活かして、正しいと思えることに、
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.0

ダークな雰囲気が堪らなくて、前半はちょっと退屈だったものの、後半の巻き返しが凄すぎる。ガブリエルかっこよすぎ!!!!!あのシーン何度も見返したくなる!!!!!

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.5

海と夏の香りがする、美しい映画だった。
綺麗な海に行きたくなった。

前半は不思議な展開にウキウキしながら見てたけど、生命の誕生、宇宙の神秘とか、スケールが大きくなってよくわからなくなった。日本のアニ
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.5

「泣かせるぞー!」ってメラメラしてる作り手側の画が浮かんで、涙は自然に流れるものだ!と夏休みの日記に書いた、当時12歳の私へ。

いい映画だったよ。泣いたよ。確かにそんなに私の好みではないけれど、そん
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

サメ映画おもしろいな〜
ステイサム強すぎて笑っちゃった

トップガン(1986年製作の映画)

3.5

空中戦の迫力とトムクルーズのかっこよさ!
ストーリーは腑に落ちないところもあったけど、おもしろかった。

>|