DNArhapsodyさんの映画レビュー・感想・評価

DNArhapsody

DNArhapsody

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

エマ・ストーンの怪演と独創的な演出により、登場人物たちの不思議な振る舞いや対話、そして独特な美術や音楽が組み合わさり、鬼才ヨルゴス・ランティモ監督の特有の奇妙で不可思議な世界観を存分に味わえる作品。>>続きを読む

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

3.5

ミーガンこわい、こわい、こわい。

だって、実際に、遠くない未来に、ありえる話だ。

テクノロジーを間違った方向に使ってはいけない。

B級感ちょっとあるけど、おもしろかったです。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

第2次世界大戦下のドイツに暮らす10歳のジョジョ。ナチスに心酔し、イマジナリーフレンドならぬイマジナリーヒトラーがいる。

戦争ものなのに、コメディタッチ。明るすぎず暗すぎず、だけどしっかり考えさせら
>>続きを読む

ライフ・ウィズ・ミュージック(2021年製作の映画)

3.0

自閉症や依存症と重めのテーマを取り扱っている。カラフルな美術と衣装でポップなMV風ミュージカルパートがとにかく可愛い。監督は歌手らしい、作品への情熱が大爆発してる感じ!そんなに、ミュージカル好きじゃな>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

希望と夢と友情と恋の予感と…大切なことがたくさん詰まっていた!

主人公であるダウン症の少年が真っ直ぐで、取り巻く人々が温かい。

プロレラーを夢みてるザックが、「自分はダウン症だからヒーローにはなれ
>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

3.5

ファンシーでパステルな世界観と、さまざまな角度からのブラックジョークのギャップがすごいのよ。バービー目線で描く社会風刺。フェミズムにも世代より隔たりがある。男性側の苦悩も描かれている。おもしろかった!

マイ・エレメント(2023年製作の映画)

3.0

メインキャラのエンバーが嫌いだったけど、不器用で共感はできる。火のキャラっぽい。水のエレメント、ウェイバーは優しくて涙もろくてなのに芯はしっかりしていて大好き!王道ストーリーだけど、見せどころの盛り上>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

非常におもしろかった。
観てない人はこの先レビュー読まないでほしいです。
観てよくわからなかった人には是非読んでほしい。








非常に潔癖症で一度も恋愛をしたことがない偏屈な性格、趣味は美女
>>続きを読む

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

4.0

女子高生とおばあちゃんの年の差を超えた友情、2人を繋いだのは"ボーイズラブ"!


好きなものを分かち合える喜びよ。
真っ直ぐでやさしい。先生の漫画のようにずっとやさしい。

ふたりのことずっと見てら
>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

3.5

あまりにもサイコサスペンス。

心のない人間の喋り方してて本当に怖い。少し昔の時代の独特な雰囲気が恐ろしさを掻き立てる。


大竹しのぶの怪演っぷり見事だった。ちょっと笑えるのも良い。

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

4.5

変わりもののハロルドと破天荒な老婆モードの愛の物語。この時代にこんな素敵な映画あったのか…!

他人のお葬式に忍び込むという共通の趣味で出会い、真逆な2人が心通わせていくのにほのぼのする。かなりの歳の
>>続きを読む

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(2023年製作の映画)

4.5

想像以上に挑戦的な作品。

アニメーションの域を超えているのでは…!

マルチバースの世界を、異なる画風で表現しているんだよ…!

ダヴィンチが描いたような世界が現れたと思ったら、現代アートっぽい世界
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.0

恐怖と絶望と入り混じった快楽

冷酷な笑みの阿部サダヲたまんねぇな

しかしグロいシーンもラストもしっくりこなかったなぁ。

ケイコ 目を澄ませて(2022年製作の映画)

3.5

聴覚障害の主人公。台詞は皆無だし、静かに静かに進むストーリー。

静かさゆえに、音や台詞が際立つ。普段わたしたちが聞こえてるけど聞いていない生活音に気付かされる。 目も耳も研ぎ澄まされていく。

人と
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.0

ズドンと脳に響いてくる時を超えた壮大なラブストーリー。全てが見所で、おもしろすぎ、完全版見たいな〜!

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.0

ジョーダンピール監督作品でSFちっくなものが観れるとは思ってなかった…!

地球に使徒が襲来したら…生身の人間はこんな感じで闘うのかなぁ、って思いながら見てた。

デジタルに支配されずアナログで挑むと
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

死刑囚舎での人間模様。

残忍で不注意でバカの3拍子揃ったクズ中のクズのせいでひどく気分悪くなる。愛するものを奪い取ろうとした上に、希望を踏み躙り、嘲笑ったシーンが一番無理。しかもでかい態度取っといて
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.5

ワクワクドキドキ心踊るような展開からトーンダウンしていき、最後はポカンとなってしまった。映像が美しいから映画館で見てよかった!

ミナリ(2020年製作の映画)

5.0

まいったな、素晴らしい…。

韓国からアメリカに移住した家族のお話。移民と先住民、夫と妻、宗教、価値観、孫とおばあちゃん。受け入れて助け合っていく。ゆっくりとひとつの大きいまるになるような 、まろやか
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

独特のカメラワークと音楽、狂気的なキャラクター、バイオレンスアクションとミステリー要素もあり、魅力的な作品!

15年間監禁された主人公が復讐に燃え、謎を追いかけていくんだけど、そんな無理矢理すぎるだ
>>続きを読む

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

4.0

B級臭さがほのかに感じる、それがまた良い味を出してる良質ホラー。

非現実的なオカルト×現実的なサイコがちょうど良い塩梅。ストーリーはシンプルで分かりやすい。

兄妹・友達・家族との関係性も良く、
>>続きを読む

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

3.0

原作読んでないので、色々端折られてるところはあるだろうし、ギュッと映画に詰め込んだろうけど、追いついていけなかった。原作通過して見るべきだったか…!

ジャズへの情熱や感情を、映像を通じて伝えるぞ!!
>>続きを読む

PLAN 75(2022年製作の映画)

4.0

75歳以上の高齢者が自身の生死を決められるPLAN75という制度。

尊厳死や安楽死の話かと思っていたら違った。高齢者が死ぬように追い込まれるようにできている、厳しい世の中の未来を暗示したかのような話
>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

4.0

サイコスリラーとして完成度がとても高くお見事。

下半身は不自由で車椅子生活。糖尿病、不整脈、喘息など複数の病気を併発している障がい者でハンデキャップを背負う主人公クロエ。自由を乗り越えようと踠き奮
>>続きを読む

>|