natsucoさんの映画レビュー・感想・評価

natsuco

natsuco

映画(965)
ドラマ(9)

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

4.4

とほ推薦映画。
ふたりの変化にグッとくる。はすっぱなテイタム・オニールがとても可愛い。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.5

ロバート・デ・ニーロかっこいい。歪んだ正義感と画質の荒い感じがいい。

ボヴァリー夫人(2014年製作の映画)

3.2

自分本位の極み。ドツボにハマっていって旦那さんを巻き込んでも謝りもしない。愛情もないけど思いやりが全くないので引いてしまった。
修道院時代の服が可愛い。

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.3

狭くて暗くてなんか古いアナログな不思議世界が面白い。
よく分からないけども、惹き込まれる

キッズ・オールライト(2010年製作の映画)

3.4

モテモテポールは覚悟決めていて、ジュールズはニックがやはり大切で。
感情と行動が伴っていない人はとても厄介だと思う。

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.5

ガイ・ピアーズの非情さとセンター分けの髪型が恐ろしかった。
ハラハラした!

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.2

他に好きな人いるけど、あなたを愛してるとキスをするエマ・ワトソンの大技。
日本に高校生のパーティとかなくてよかったなと思う。

幸せのちから(2006年製作の映画)

2.8

お金がないと上手く行くものもうまく行かない。行政の税金回収の仕方が酷い。少し予定調和。

あん(2015年製作の映画)

3.8

私もお婆ちゃんとあんこ作りがしたいと思った。アルバイトをお願いした時はびっくりした。300円って。浅田美代子の下品な感じが良かった。内田伽羅の微妙な間はわざとなのかが謎。

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

2.8

マリッジブルー最中、運命をねじり取りに動くメグ・ライアンの行動力がすごい。婚約者をなんか違うと気がついちゃって良いんだけどなんか切ない。

ジェーン・エア(2011年製作の映画)

3.5

ミア・ワコウシカの透明感が素敵。
まどろっこしい台詞。
シャルロット・ゲンズブールのよりも二人の年齢差が感じられないからすんなり受け入れられる。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.6

見たことないアクションシーンで釘付けになった。アーサーみたいな人に裏切られるとはショック大。

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

3.0

2シーンだけの北村一輝のインパクトが良い。
酒井若菜ちゃんの豆福が可愛すぎ。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.7

映画館で観たかった。
宇宙での戦闘シーンとか、仲間が加勢して行く様がかっこよかった。
愛だの恋だのない少ない方がやっぱりいい。

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

2.2

ドラマ観てないと分からないやつなのか。がっかり。
さっぱり分からず。しっかりリンチ感。

ロキシー(2016年製作の映画)

2.3

エミール・ハーシュは人のお金を盗んで実家でゆったりしちゃ駄目。ロキシーまで呼んじゃうし。田舎のチンピラのところ辺りからつまらなくなった。
ゾーイ・クラヴィッツ可愛い。移動遊園地よかった。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

魔女の復讐との事で手も足も出ない。
身元不明遺体も解剖も綺麗でこわい。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

2.0

この洗練された生活感がトムフォードなのか。
話の意味がよくわからなくて何度か寝てしまった。復讐?の表現が独特。

アンダートウ 決死の逃亡(2004年製作の映画)

3.5

ずっとどきどきした。
家族の肖像画が素敵だった。
三途の川の話は日本だけじゃないんだな。
シーンの移り変わりが独特で面白かった。寝巻の全身パッチみたいなの欲しい。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.3

最初の戦闘シーンかっこいい。スローになってみんなをなめていくところがいい。スカーレットの力が良いな。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.4

あいかわらず、小ネタにはハマれないけど面白かった。
メルルはいつもかっこいいとしみじみ思った。口の中までも青かったし!!
弔い方が素敵だった。虹色の火葬。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

2.6

コリン・ファレルの魔法使いが新鮮だった。人物に魅力を感じられなかった。地味目な大人が多かった印象。

フレッシュ・デリ(2003年製作の映画)

3.3

マッツ・ミケルセンの髪型が細川たかしみたいで目が離せない。
よくあるストーリーだけどメルヘンな不思議な感じ。直接的な描写がないからより。

バタリアン4(2005年製作の映画)

1.6

①と全然違う。とにかくゾンビが弱くなってて、両親の兵器ゾンビまでも弱い。親類が世界征服などと言う。

バタリアン リターンズ(1993年製作の映画)

1.9

コメディ要素がなくなりまさかのゾンビラブロマンス。最後までしっかりラブロマンス。

バタリアン2(1987年製作の映画)

3.3

またあの二人がガス吸ってゾンビに。
ゾンビの旧友に再開して「久しぶり!」が笑えた。1の方がゾンビが賢い。

バタリアン(1985年製作の映画)

3.7

おもしろこわい。ゾンビが走る、喋る、作戦練る☆顔を食べるシーンはどれも覆い隠すパターンで少し残念だった。少しヤンシュヴァンクマイエル臭

チャールズ・スワン三世の頭ン中(2012年製作の映画)

3.4

チャーリー・シーンは映画のなかでも愛称チャーリーで、半分地で行くキャラ。妄想と現実の境い目曖昧な感じ。
僕が主役のチャーリー・シーンです。ビル・マーレイです。と自己紹介するラストがシュール。

複製された男(2013年製作の映画)

2.7

煽る系の音が気になった。ずっとだったから。面白くなってきたと思ったらよく分からないまま終わってしまい残念。解説を読むと欲に起因していると分かったけれど、蜘蛛の意味が謎。束縛?

アメリカン・スプレンダー(2003年製作の映画)

3.2

皆キャラ濃いめ。ハーヴィー・ピーカーとポール・ジアマッティが入れ替わるけど、ほぼ一緒で面白い。

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.0

ゴロゴロしながら観たけど面白かった。
謎がいっぱいで気になる感じ。ウィル・ポールターすごくいい役だと思った。

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.8

お屋敷がすごくギレルモ。落ち葉がはらはらのところだけで感激してしまった。
トムヒがお姉ちゃんをコントロール出来ない所が愛憎渦巻く原因。
お姉ちゃんも旦那巻き上げ計画したら良いのにと思ってしまった。
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

光と空気の色がきれい。
ジェーンの躊躇わない延命治療の判断がすごかった。ホーキング博士の最初言われていた余命は2年だったなんて驚いた。ふたりの気持ちの変化がサラリとしていて、もっと観たかった。きれいに
>>続きを読む

ロック・ザ・カスバ!(2015年製作の映画)

2.5

ストーリーの軸になっている天使の歌声の少女が薄め。
キャストが豪華でごちゃごちゃする。

>|