デニさんさんの映画レビュー・感想・評価

デニさん

デニさん

このユーザーはネタバレを含みます。

映画(1504)
ドラマ(0)

ザ・ロック(1996年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

エスケープ・フロム・アルカトラズ

マイケル・ベイのスケール感とタランティーノの軽妙テンポで送る007がスネークする映画。

大勢の脚本家が絡んでいるので、ごった煮感は否めないが、エド・ハリスとかマイ
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

超人プロレスと虚弱ユーチューバー

これから19年、漫画みたいな可愛い女性がいると信じるようにしようと思いました(笑)

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シックス・センスの監督のシックス・センス

予告編を作る人たちから名前を覚えてもらえない“シックスセンスの監督最新作”を作る監督のスピリチュアルミステリー映画。

ブルース・ウィリスのイスを動かさない
>>続きを読む

ニューヨークの恋人(2001年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

すべて運命!

ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンと同年代の公爵をジェームズ・マンゴールド監督の映画で演じているのも運命!

コメディエンヌが年齢とともにキツくなるのも運命!

ヒート(1995年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

宿敵(とも)との殺し逢い

クールなデ・ニーロ強盗団VSホットなパチーノ警察24時を私生活も含めてじっくりネットリ熱く厚く描いたガチンコバトルムービー。

マイケル・マン監督による最高の銃撃戦でテンシ
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

霧が晴れてもお先真っ暗!

主役の選んだ道が全部間違いだったことが原作にはないエンディングを追加したことで明らかになる意地悪なモンスター映画。

マーシャ・ゲイ・ハーデンの宗教おばさんを撃ち殺すシーン
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ドラゴたじたじ

相手はファミリー総出で奥さん歌っちゃうし、起き上がり小法師なチャンプに息子はオロオロしてるし、おまけにロッキーのテーマを流されちゃあ、元妻も退場、タオルも投げますよ。そりゃ。

それ
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ほぼ007なリスベット

ラキース・スタンフィールドがスットコ面白黒人からアンチマテリアルな頼れる必中スナイパーに進化するところが燃える。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

641分のホアキン

俺にとって時間は女みたいなもんだ、どれもとっても良くて、みんな通り過ぎてく・・・byナポレオン・ウィルソン

生身だろうがAIだろうが女は女!
キモいウエストのクリス・プラットが
>>続きを読む

クレイジー・ハート(2009年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

お酒はつらいよ~ジェフ次郎恋やつれ~

老いとアル中と失恋で人生見つめ直す話。

ジェフ・ブリッジスが歌声でアカデミー賞をもぎ取った映画。

ダウト 〜あるカトリック学校で〜(2008年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

疑心暗鬼教会

メリル・ストリープ&エイミー・アダムスのBL脳がフィリップ・シーモア・ホフマンをゲイ断定してしまう映画。

メリルの穢らわしい豚を見るような目が怖い。

25年目のロシュフォールの恋人(1992年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ロシュフォールの恋人たちの関係者たち

ジャック・ドゥミの夢が四半世紀後も続いているようなドキュメンタリー映画。

ラストの台詞「幸せの記憶とは‘幸せ’そのものだ」から双子→木→双子→木・・・のアニエ
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ナント素敵なめぐりあい★

歌にダンスにフライドポテトですれ違う男女を楽しく演出!

「ローラ」や「シェルブールの雨傘」と比べ、出逢うまでの話なので、身勝手でアホなヤツは出てこないためストレスフリー。

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

涙々の近未来裁判

原作と全く違う内容で「私の中のあなた」という邦題に意味が無くなってる映画。

全体の演出は悪くはないですが、家族の罪を深く見せるわりに罰せられないため、長女が死んだらみんなハッピー
>>続きを読む

キリング・フィールド(1984年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

クメール・ルージュ、文明の破壊者たち

短い独裁期間にも関わらず破壊の限りを尽くしたポル・ポト政権の爪痕は深い。

くだらないジャーナリストの同胞愛と安易な音楽選びにセンスをまったく感じないですが、歴
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

涙のアンジー、背中に希望!

警察の腐敗話・人権無視の精神病院・連続猟奇殺人事件・・・このまとまりそうにない話を母子愛でまとめるイーストウッドの神業を観れる映画。

1930年、連続少年強姦殺人犯ゴー
>>続きを読む

リバー・ランズ・スルー・イット(1992年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

釣りキチ回顧録

人生をホビーを通して語るとしょーもない弟の死も詩的になっちゃうって話。
たまにはこういうナルティシズムの流れに身を任せて映画を観るのも一興かな?

で、若いころのブラッド・ピットはロ
>>続きを読む

ウォーターワールド(1995年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

おどけるデニス・ホッパー

終末世界の海にミュータントでアクアマンな西部の男ケビン・コスナーが出てくるアトラクション映画、な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何を観たのかわからなかった・
>>続きを読む

ウイークエンド(1967年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ウ「イ」ークエンド

クスッと笑える常軌を逸した展開で妙な主義が跋扈する現代社会を痛烈に批判しており、映像に関しても最近だとラ・ラ・ランドにも通ずる渋滞長回しが秀逸。
やはりゴダールは天才なんだろう。
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

動け!ジェイク!時を越えろ!!

前提としてるSF設定を覆すことでアツい展開になってる稀有な映画。

SF(すこし不思議)映画を撮らせたらダンカン・ジョーンズの右に出る者はいないのに本人が気付いてない
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

妻の真相に迫る!

よくある陰謀モノではあるが、死んだ奥さんを理解することを主軸としたラブストーリー。

レイチェル・ワイズのお尻がアカデミー賞受賞!!

スピード2(1997年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

スピード不足、キアヌ不足。

悪いところだらけだが、ウィレム・デフォーの面白サイコ演技と、小室哲哉のエンディングテーマが良い。

サンドラ・ブロックはこの映画で宇宙でも生きられる強靭さを手に入れました
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

スピード刑事キアヌ

ハラハラ展開に可能性無限大な役者たちが輝くアクションサスペンス映画。

キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックはアクションスターになり、デニス・ホッパーA.K.Aクッパは名優の地位
>>続きを読む

ペリカン文書(1993年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

電凸・ワシントン

いま観るとかなりマッタリしてる陰謀モノ。
逆にリメイクしたら通信技術発達し過ぎててスピードありすぎな展開になりそうな話。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ガイ・リッチーのやんちゃな処女作

ワルいのが勝手に殺し合っちゃうブラックな落語的若者ストーリー。

ステイサムもデビューだが頭は年季が入ってる。

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード(2003年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マリアッチ三部作最終章

予算が前作から4倍になりゴチャゴチャメチャクチャになったロドリゲス・シネマ・パラダイスwithジョニー・デップ。

でも、お正月にピッタリなおバカなおせち映画ですね。

デスペラード(1995年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

マリアッチ三部作の第二弾

予算1000倍(でも低予算)になりド派手になったロドリゲス・ムービー。
ギターからロケットが出ます。

今作辺りから同じ俳優を使い回すスターシステムが導入されたかな?

エル・マリアッチ(1992年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

マリアッチ三部作の第一弾

低予算なんだけどしっかりコミック的な滑稽さがあるロドリゲス・ムービー。

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

タイタニックに続き50年代も沈没!

愛さえあればやっていけたベストカップルが不幸の存在に気付いてしまう夫婦スリラー。

幸福のカタチを追い求め過ぎる輩は多く、彼らとは対話よりも耳を閉ざすことが賢明な
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ワイズガイかく語りき

実在のマフィアの自伝本をニューヨーカーのスコセッシ監督から見たマフィア像を投影した金と殺しとヤクのクズでアホな話(誉めてます)
追い詰められたらどうなっても終わりな世界!

>>続きを読む

ソルジャーブルー(1970年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

西部劇が現実を捉える

ザ・ウェスタンな音楽で野生児キャンディス・バーゲンとイチャイチャしていたら歴史上悪名高い「サンドクリークの虐殺」に遭遇してしまうイングロリアスな映画。

この映画を観ると、人格
>>続きを読む

REC レック4 ワールドエンド(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

タンカー篇

船内でエイリアンごっこをしていて、さらにRECっぽさが無くなったサル・ハザード完結編。

アンヘラが老けた・・・

ガンマン大連合(1970年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

殺っちまおうぜ!同士たちよ!

コルブッチ監督が殺伐とした作風から反転した超陽気なマカロニ・ウェスタン。

鳥とか亀とか動物も多く出演してますよ!

レック3 ジェネシス(2012年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

花嫁チェーンソー

アンヘラの出ない番外編の3作目は前作まで無視していたスプラッターコメディ系作品への気配せ的な映画で録画も放棄!

クララは監督の嫁。

レック2(2009年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ?悪魔?蟲?

一作目の直後からスタートする話だが、視点がコロコロ切り替わる多角的POVになった映画。

アンヘラが可愛い。

レック(2007年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

カメラ持ってると役立たずになる法則

この映画の不自然な所をツッコんだのが「カメラを止めるな!」ですね。

アンヘラが可愛い。

>|