Abuさんの映画レビュー・感想・評価

Abu

Abu

一生懸命作られた映画を一所懸命観ましょう!

映画(1080)
ドラマ(1)

レッド・バイオリン(1998年製作の映画)

4.4

文化大革命のせいで中国の発展は30年遅れた。
そんなレビューをするような作品だとは全く思っていなかったので驚いた。

映画ですが、よく出来ております。
それぞれの立場の人達が、それぞれの思いで魂のバイ
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

4.1

ずっと低温な感じが面白い。
とんでもない展開にはあんぐり!
私は楽しめましたが駄目な人も多いだろうね。

美しい湖の底(2017年製作の映画)

4.0

よく出来ている。
面白かった。
皆さん是非とも!

それとブラックユーモアもある。

ザ・ワーズ 盗まれた人生(2012年製作の映画)

3.9

かなり惜しい作品です!

そもそも『デニス・クエイド』の存在は不要では無いのか?!
物語は『ジェレミー・アイアンズ』で支配されていてそれなりに面白いし引き込まれるような展開で、私も没頭出来たが、やっぱ
>>続きを読む

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ(2005年製作の映画)

3.0

よくある鉄板物かと思いきや、一捻り〜
ダコタちゃんが妖精すぎてデニーロを完全に食っているわ。
我らがデニーロ様も終盤はかなりの御乱心でケープフィア状態、その上ラストが無駄に長い。
少しダレるかな?!
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.6

なんてこった。
見落としていた作品があった。
これで『デヴィッド・フィンチャー』監督作品全部見終わったが、この作品だけ見逃していたのだ!

流石の一言です。
面白いわ。
滅茶苦茶楽しめた。
こんな良い
>>続きを読む

刑事物語5 やまびこの詩(1987年製作の映画)

3.0

いよいよラストです。

今回は冒頭からコメディー性が高い作品になっています。
そろそろ終末期の兆候が現れてきたところで終わりとなるのはタイミング的にも良いと思います。

今回は沼田市が舞台。
賀来千香
>>続きを読む

刑事物語4 くろしおの詩(1985年製作の映画)

3.8

4作品目に突入!

このまま最後まで行くでしょうね。
今回は高知が舞台。
そして潜入捜査。
ハンガーアクションも健在。
そして新たにゴルフクラブアクションも登場!

吉田拓郎がチョイ出。
嬉しいね〜
>>続きを読む

刑事物語3 潮騒の詩(1984年製作の映画)

3.8

なんと沢口靖子さんのデビュー作です。
宝石ですね。
この美貌で且つ天才!
阪大を振って俳優になったという噂を聞いた事がある。
そして今もばりばりに科捜研で働いている。
この人を見るたびに年齢を疑う。
>>続きを読む

刑事物語2 りんごの詩(1983年製作の映画)

3.5

以外に劇的な展開のストーリーにチョット驚く。

またしても武田鉄矢らしい臭い所もある作品ですが案外楽しめます。

ハンガーアクションも割といけるし。

ライフ(2017年製作の映画)

3.6

緊迫感ハンパ無いですよ。
勝手に想像していたような爽やかさは全く無い。
ドロドロのゲロゲロの妖怪。
新型エイリアンの登場か?!

迫力もあり良くできた作品だ。
しかし私的にはあんまり好きじゃ無い。
>>続きを読む

フリア よみがえり少女(2012年製作の映画)

3.5

わたしゃ好きだなぁ
スペイン臭が心地良くてさー
もうちょっと深いと思っていたけど案外浅かったみたいな(^。^)
でも好きだなぁー

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

4.0

怖い洋画と言われれば、この映画と『シャイニング』を思い浮かべます。
でも初めてご覧になる方には、刺激が少なく肩透かしを食らうような作品なのかもしれませんね。

私も初めて観た時は、そう思いました。
>>続きを読む

悪魔の棲む家(2005年製作の映画)

2.5

知ってて買った事故物件。
六人も死んでる事故物件。
それでも住むぞ事故物件。

もとネタの映画は当時『エクソシスト 』より怖いなんて評判になっていたような?!
あれは『ヘルハウス』かな?!

クロエち
>>続きを読む

未知との遭遇 ファイナル・カット版(2002年製作の映画)

4.0

この映画は実際にUFOが飛来した時に国民が動揺しない為のトレーニングとして制作されたと、まことしやかに語られていたのを思い出す。
この都市伝説を最初に耳にしたのは、初めて見てから数年経ってからだと思う
>>続きを読む

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

3.0

カラッとしいてお洒落なホラー映画。
なんとなく連鎖性は『リング』を思わせる。
商業主義に取り憑かれた表現者達の末路かな?!

アビス(1989年製作の映画)

4.0

何だかんだ言いながら、やっぱり『ジェームス・キャメロン』の作品は楽しめる。
本作も昔観たけど大した記憶は無い。
金はかかっていますよー

映画ですが…
やたら「エド・ハリス』さんの演技が熱くて優しい。
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.0

嫌な奥さん女優霊。

設計者が悪く言われるような背景は日本には無いだろうね。
原作はきっとストーリーが何層にもなっていて面白いんだろうな。
読んでから観るべき映画のように思う。
少しでも本題に近づこう
>>続きを読む

ポセイドン・アドベンチャー(1972年製作の映画)

4.0

懐かしい作品です。
なかなか良い作品ですよ。
ジーン・パックマンがやたらカッコいい。
道徳の時間みたいな台詞が多くチョット照れ臭い。
命からがらの脱臭劇、古い映画なので迫力は無いけど緊迫感は抜群!
>>続きを読む

評決(1982年製作の映画)

4.0

ポール・ニューマンさんには適役ですね。
流石です!
楽しめました!

アラビアのロレンス/完全版(1988年製作の映画)

5.0

『アラビアのロレンス』を観ました。
長い映画です。
鳥肌が立ちっぱなしでした。
実に面白い映画です。
初めて観たのは大昔の事です。
殆ど記憶がありません。

イギリスの三枚舌外交についてはあまり触れて
>>続きを読む

黙秘(1995年製作の映画)

4.0

キーワードは『よすが』
私の生きる"よすが"は映画を見る事かな?

私はこの人嫌いなんですよ。
この作者。
だから今も信じられないんですが、この本は面白いです。
ひょっとして本の内容を映画の方がリカバ
>>続きを読む

アナザヘヴン(2000年製作の映画)

2.1

本は面白いが写真が下手。
原田芳雄さんとは相性悪い。
残念。

プラトーン(1986年製作の映画)

5.0

久しぶりに観たけどやっぱり最高!
ベトナム3部作の中でも群を抜いていますね。
また全てのベトナム戦争映画の中でも最高傑作じゃないかな?!
2番目はコッポラ大先生作品の偉大な黙示録、そして3番目はガーニ
>>続きを読む

ARQ 時の牢獄(2016年製作の映画)

2.5

ちょっと無理があるよなぁ

この映画を観たからではないが、これからは林檎を食べようと思った。
オヤツにも昼食にでもなる。
これからは林檎だ!
できればアメリカ人のように颯爽と丸かじりしたい。
そう思っ
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.0

シティオブゴッドを彷彿さる少年ヤクザ映画!
失礼こっちの方が先ですね。
簑笠被ったカッパでの討入りは、まるで渡世人。
色んなところに戦前の日本が見え隠れてしています。
『8年間日本と戦って日本人の歌を
>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

4.5

この映画が上映された大昔の話。
ジャケットにもなっているあのシーンで感激して失神しそうになった記憶があります。
別に怖くてではありません。
当時は『逆さ蜘蛛歩き』のシーンも無かったしね。

とにかく凄
>>続きを読む

フレンチ・コネクション(1971年製作の映画)

3.8

こうやって70年代の映画を見ると当時の日本車はアメ車のパクリである事がよくわかるね。
このカーチェイスはリアルで迫力満点!
ちょっと話が雑だけどジーン・ハックマンの迫力の演技がそれを帳消しにする。
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

迫力ある映像は恐怖でもある。
亡くなった子供の傍に立つ警官の姿が印象的で涙を誘った。

自己実現の欲求が高い人ほどリベラル派が多いのか、映画ではオバマさんが肯定的に登場してくる事が多いように思う。
>>続きを読む

クリエイター(1985年製作の映画)

3.0

素敵な話ですね。
もろ80年代の映画でした。
わたしの中では神秘的な俳優のロレンス大佐もこういう映画に出ていたんですねー
ちょっと驚き。
この映画たぶん「ロビン・ウィリアム」さんだったらもっと良かった
>>続きを読む

ホワット・ライズ・ビニース(2000年製作の映画)

3.5

何度も手に取り実際にレンタルし、それでも初めて見る作品。
私の中では未だ観ぬ名作というイメージなんですが…

観終わって…
正直ここまでホラーテイスト満載の映画だとは予想していなかった。
故にいい意味
>>続きを読む

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.3

惜しい!
原因はトム・クルーズでしょう。
何故って男前すぎる。
何故って明る過ぎる。
何故ってアメリカ過ぎる。

それらを含めてまあまあ面白かったけど、答えの出し過ぎ、考える時間も欲しい。

桜田門外ノ変(2010年製作の映画)

3.0

何かと悪者にされている井伊直弼ではあるが条約締結は世界情勢を見据えた懸命な対応だったと思う。
そもそも鎖国を決めたのは幕府であり、その事に朝廷なんぞ何の関与もしてない訳さ。
故に今回の条約締結に朝廷の
>>続きを読む

>|