わらはむさんの映画レビュー・感想・評価

わらはむ

わらはむ

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

4.0

分かってはいたけど悪夢を煮詰めたような映画
向かいの店に水買いに行くチャレンジのシーンめっちゃ好き。あとあの外科医は実は医者じゃないに1票

4部構成のどこが好きか見た人で話すとおもしろそう。私は1と
>>続きを読む

コット、はじまりの夏(2022年製作の映画)

4.5

心の隅っこに、ずっと大切にしまっておきたい映画になりました

劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムハムージャ!幻のプリンセス(2002年製作の映画)

4.0

子供向けのため相変わらずテンポはばちくそに速いけれどこれが1番ロマンチックでちょっぴり切なくて好き

ハム太郎って本当に勇気あるよなぁ
あとこの作品は静止画でも十分かわいいけどやっぱりアニメーションが
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.0

卒業パーティでの「もっと話しておけばよかった」って最高に嬉しくて最高に切ない言葉 

最後の1日だからこそ勇気を出せた自分と最後の日まで勇気を出せなかった自分がこの日に存在することが何だかとてもたまら
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.5

戦争での出来事やバックボーンは分からないけれど眠ることもできず能動的に生きられない身体になった男はいつか近い未来誰かに殺される日を生きがいに生きていたように見えた

犬も食わねどチャーリーは笑う(2022年製作の映画)

3.0

話し合いが足りないってこういうことだよね
SNSで間接的に本音を聞いたってニュアンスも前後にくっつく感情も表情もなにもみえない、それで理解できるわけないね

いいシーンみたいにながれたけど旦那の職場の
>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

4.0

歴史の謎とサスペンスとスリラーとコメディ、もりもりでバランスも良くて見終えたあとの満足感があって余韻に浸れた

中盤の子役の子の演技がよすぎた
映画館で体感するべき映画!

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

4.0

原作もアニメも手を出したいと思いつつ出せてないまま鑑賞、純粋におもしろかった!!!

漫画にもアニメにもない実写の強みであるロケーションや、キャラクターっぽくありつつも細やかな表情で見せる役者陣の演技
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.5

とても野性的

パパに娘のように可愛がられてるところ、彼とのお別れが近いこと、寄り添うところ、ふと藤子・F・不二雄の作品っぽいなと思った

Saltburn(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった、裏切られた
変態的な行動も、いまいち動機や心の動きが読めない行動も彼は希望を捨てていないからだ、彼なりの愛なんだこれはって自分に言い聞かせて見ていたのに
個人的に1番きもかったのは夜寒
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤ににたにた笑っていたイーニドが終盤あんなに息苦しそうな表情になってしまうとは

決まったクラスに入れられて決まった授業を受ける学校から卒業したのを境に明確にイーニドに訪れたモラトリアム期は何をやっ
>>続きを読む

KOTOKO(2011年製作の映画)

3.0

ずっと心配になるくらい不安定なんだけど、にこやかな表情だったり幸せそうな瞬間もたくさんある
自分の周りでにこにこしている人も、こんな一面をもっているのかもとか、理解も共感もなにもできないけど、こうやっ
>>続きを読む

老人Z(1991年製作の映画)

4.0

いくつになっても楽しみを見つけている老人は強いな〜病室でやいのやいのするの楽しそう

チャリ、モノレール、バイク、介護ロボ?乗り物に乗ったときの疾走感がたまらない!モノレールVSヘリの辺りから映画クレ
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ぱっと隣の部屋に引っ越して来られるくらい身軽で彼氏から離れられるのなら、今までの生活はなんだったの?と違和感を感じた

型にはまった生活を望まない2人がいっしょになれたのなら、幸せになれると思う

まことちゃん(1980年製作の映画)

3.5

1番の狂気はまことちゃんじゃなくてママ
やっぱ肝付さんの声は良い

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

4.0

大人になったって悩みや不安や迷いは消えないけれど、高校生の時にこんな経験をしていたら、こうやって向き合って今の自分の答えを見つけることができたら、社会人になった自分の礎のようなものになると思った

>>続きを読む

天間荘の三姉妹(2022年製作の映画)

3.5

カメラワーク、ロケーション、太陽光の撮影班が素晴らしかった分後半のチープで宗教みがあるCGには少しがっかりだった

ヒロインに色々背負わせる感が漫画っぽいなぁと感じたけど描きたいもの、託したい想いは伝
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

22年前の作り込みが良い、前半はリアルとエンタメのバランスがとても良くて緊張感もあり演技もみんな上手いので惹きつけられた、夏帆さんの演技もめちゃくちゃ良かった

2回目の生放送が自分の中でドキドキのピ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

姉妹って小さい頃はずっと一緒で、大人になってそれぞれ自立したら遠くなるんだけど、私達だけに共通する小さい頃からの延長線の関係、みたいな不思議な家族。自分が3姉妹なのもあって物語にすごく惹かれたし、最後>>続きを読む

いつか、いつも……いつまでも。(2022年製作の映画)

3.0

助けてもらってありがとうも、失礼なことしてごめんなさいも言えないのに自分のことになると騒ぎだす暴力ヒロインに好感が持てなくて見るのがしんどかった
高杉くんの顔面と肩の力が抜けたお芝居で乗り切った

>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

良質なSF
これはいつか映画館で没入して鑑賞したい

らんま1/2 中国寝崑崙大決戦!掟やぶりの激闘篇!!(1991年製作の映画)

3.5

体に糸巻きつけられるとこめちゃくちゃ痛そう、首はやばいよぉ……からのブチギレシャンプーかっこよかった

塩沢さん本当に良いお声でした
セルアニメのぺたっとした感じがまた良い

Shall we ダンス?(1996年製作の映画)

3.5

役所さんは真面目で不器用でちょっと人たらしの役をやるとめちゃくちゃキュート

GANTZ: PERFECT ANSWER(2011年製作の映画)

3.5

電車内でのVS綾野剛戦、スリリングで最高
松ケンVS松ケンは黒沢清のドッペルゲンガー並に自然な演出で見応えがあった

たえちゃんがあそこで来なければ…たえんちゃんが…

GANTZ(2010年製作の映画)

4.0

おもしろかった
玄野が急にイキり出したのもおもしろかった
VS田中星人はちょっと洋画っぽい雰囲気があった

謎は続編ですべて回収される期待を込めて4

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

旅ってやっぱ非日常で、ちょっと現実逃避だ
ふたりが乗った車が出発すると同時に流れる音楽が良かった

強く結びついたり関係性を持ちすぎると喧嘩になったりすると思う。その一歩手前で余白を残して終わったのが
>>続きを読む

大奥(2010年製作の映画)

3.5

柴咲コウの上様の活躍がもっと見たかった
ニノは目がきらきらして綺麗

ねらわれた学園(2012年製作の映画)

1.5

脚本がひどい、後半矛盾してるとかのレベルじゃなく破綻しすぎてもう考えることをやめた

セリフもセンスなさすぎてキモいし主人公は本人のどこから生まれてきたのか分からない詐欺師のようなぺらっぺらの言葉ばか
>>続きを読む

偶然にも最悪な少年(2003年製作の映画)

3.5

いっちーの発する台詞のは何でこんなに生っぽいのだろう

めちゃくちゃだけど突き抜けてるところが映画ならではで結構好き

マイスモールランド(2022年製作の映画)

4.5

彼女が守りたいもの・手に入れたい生活は、大切な人を嫌いになったり、心を殺したり、未来を諦めなければ掴めないのだろうか?
この制度に責任者はいるのだろうか?

平泉さんの役がすごくむかついた

ナニワ金融道〜銭と泪と権利と女〜(2022年製作の映画)

3.5

灰原みたいなキャラの人ににこにこで話進められる方が地獄かもしれん

ナニワ金融道〜灰原、帝国金融の門を叩く!〜(2022年製作の映画)

3.5

知識を味方につける、焦ってものごとを決めない、貧乏にならない

高杉くん演じる灰原がどう成長していくのかが楽しみ

悪人(2010年製作の映画)

3.5

出会う→惹かれる→打ち明けられるだったど、出会う→打ち明けられるだったら?同じ人物でもああやって全てを捨てて寄り添えられるかな

柄本父の遺体を確認するシーン、フィクションの中の本当の人間って感じがし
>>続きを読む

>|