EMIRIさんの映画レビュー・感想・評価

EMIRI

EMIRI

不気味な映画がすきだけど2018は色んな映画をみたい

映画(90)
ドラマ(0)

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.0

自分は震災の背景よりも登場人物それぞれの観点で観てたんだけど、なんだか終始フワッとしてたし個人的に刺さる作品ではなかった

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.2

スクエア画面からあんな切り替えされたらたまったもんじゃない。暴力的にアート。

だけどグザヴィエ・ドランの作品ってアート映画で終わらせず、愛の偉大さを訴えかけてくれる。名作だ...

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.9

すっっごく良い映画で好きなんだけど、今だに伏線に気づけてない悔しい
多分二回目から理解できるかも
原題"破壊"の方がしっくりくるよ、、
ただ何もかもを破壊していくところは本当に胸がつらかった。不鮮明な
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

5.0

この話はサクセスストーリーじゃない。
ラブストーリーでもない。
デイブの姿が華やかに映るけど彼も相当シビアな状況なわけで、成功のための道と自分の音楽を貫く道の相違がリアル。

観てて、音楽って、志って
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.4

オープニングから あ、これ良い映画だな って確信した。。
素直さっていつでも大切だなあ
自分の心に狭まりを感じた時に自分に贈りたい映画

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

それぞれのキャラの芝居が本当に良い。。
怒りは怒りを来たす、その通りかもな
もう一回観てじっくり考察したい。
オレンジジュース!

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.4

ふんだんにロマンチックですなぁ〜〜
映像と演出がとっても良いよね。
孤独と障害の中から見つけた愛、美しいんだけど何とも言えない展開。。
少しハードル上げすぎて観てしまった感ある

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

頭の先から足の先までワクワクしっぱなしな時間だった、、幸せ、、
めっちゃ近未来設定なのに使ってる音楽はビージーズとかニューオーダーとか80年代のものばかりで個人的に気持ちいいしめっちゃいいとこで金田の
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.8

観ていてクスッと笑ったり胸が痛んだり腹が立ったり。でも最後は幸せな気持ちになる。
まるで人生みたいな映画

名言の宝庫。。
希望って最高だ

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.8

容赦ない悪女っぷりが逆に清々しい。
最後まで油断させず何も解決しないまま終わる感じ、後味悪くて良いなあ
ちょっと長かったけど

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.9

ぼ、僕の描いた女の子が家にいるなんて〜!?!?
から始まるラブラブカップル+犬の爽やか物語の展開かと思いきや終盤は狂っててすごい。なのに最後やっぱり爽やか。
でも恋愛って思い通りに操りたくなる心理ある
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.9

初ヒッチコック鑑賞。
想像以上にサイコだった
半世紀前くらいの作品だけどテンポ良いし尺も丁度よくて難なく観れる。
キャッチーだけどジワっとした怖さ

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.0

自由とは素晴らしくて険しい。
縛りから放たれる為に一人で旅を始めたけど結局は一人じゃなくて出会った人達の愛と力も共にあって。
おじいさんに訴えたアレックスの言葉がとても印象に残る
若かりし頃のクリステ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

息苦しいくらいに美しい、、
エリオ父の最後の言葉と最後のエリオの表情に狂うくらい胸が詰まった。
そして美男子二人の愛模様が非常に萌える
個人的に北欧美少年がトーキング・ヘッズのバンTを着ている姿にギュ
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.1

映像美。そして沈黙と余白が良い
カメラの使い方がすごく好み。
音楽ももろに80年代で音楽シーンだけで5万回は観れる。
マイノリティの話題が多かったけどそれよりも深くて不完全で人間臭い二人の愛情の方が印
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

-

記録
ラピュタは言わずもがな名作
パズーがめちゃくちゃ良い男。こんな人いないかしら

猫の恩返し(2002年製作の映画)

-

記録
ジブリあまり観ないけどこれは二回くらい観た。小学生のころきりだからもう一度観たいなぁ

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

-

記録
小学2年生のころの作品なんだけど当時めっちゃ好きで何度も観てた
ハクにガチ恋してた

BECK(2010年製作の映画)

-

記録。主人公の歌声が無音だったのだけ覚えてる

セブン(1995年製作の映画)

4.8

最後のシーン、ブラッド・ピッドの葛藤しながら銃を向けたり降ろしたりするシーンが強烈。10回くらい見返した

人殺しは所詮人殺しにしか過ぎないのに芸術的だとか知的だとか思ってしまって、犯人を少し認めてし
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

イケメンで溢れすぎててこんな幸せになれる映画なかなかない
そして想像以上に面白かった
とにかく癒しと幸せの2文字しかなかったので精神が不安定になった時に観たい

ベティ・ブルー 愛と激情の日々(1986年製作の映画)

3.5

メンヘラ女とドロドロ溺愛男の末路。
ベティがエロ可愛い。手のかかる女だからあんなにハマってしまったのか...

長くて途中中だるみしたけど難しいこと考えずに観れるのは良い

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

3.8

静かな夜の街と歪んだギターの調和がひたすらかっこいい
吸血鬼でこんな表し方もあるんだなと、、
ニュアンスは違えど現代の生きにくさは吸血鬼もゾンビ(現代人)も同じ。。
アダムとイヴの間にある心地よい信頼
>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.6

忠誠を誓う者と裏切りに走る者、生き延びようとする者と自決する者。ヒトラーが主役なんじゃなくて従える周囲の人間と犠牲になる国民にスポットを当てている映画。
虐殺しまくってんのに何が忠誠だと思う
死人の顔
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

4.0

観終わったあと体が痛かった。。
とにかくグロテスクな描写だけど、ただ残虐に人を殺しまくってコワ〜い!みたいな映画じゃなくて、復讐って一体何なんだろうと。やられたらやり返す!って正義じゃなくてエゴだな。
>>続きを読む

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

3.2

この手の映画に山崎賢人と桐谷美玲を使っておけばとりあえずOKという風潮

凶悪(2013年製作の映画)

3.4

こんなんトラウマになるわい!
リリーフランキーの芝居に鳥肌立った。おじいさんを殺すシーン、人殺しを本当に楽しんでるし本当に狂ってる。
テンポよく殺していくから退屈せずに観れた

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.3

小さかったころに観たきりで、大人になってもう一度観たけど相変わらず笑えるし泣けるし感動する
世代ごとにそれぞれの視点でみられる
悪者が一人もいないところも良いよなぁ

ツィゴイネルワイゼン(1980年製作の映画)

3.8

のっけからクセが強い
じっとりとした静けさと気持ち悪さに日本独特の美しさを感じるし映像の魅せ方がすごい。でも気持ち悪い

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.5

面白いし展開も安心して観れる
さやかのストイックさと真っ直ぐさは永遠に愛くるしいし坪田先生みたいな教師に出会いたかった。。

暗殺の森(1970年製作の映画)

-

きっと難しいことは言ってないと思うんだけど私の頭の弱さじゃ上手く理解できなかった。だから今度もう一度観たい

大誘拐 RAINBOW KIDS(1991年製作の映画)

3.5

タイトルとビジュアルでてっきりカルト映画と思ってたら、大金持ちおばあちゃんの余生お楽しみ映画だったので思ったよりもめちゃめちゃ気楽に観れた。

おばあちゃんがあれよあれよと犯人と警察を転がしていく展開
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

ミュージカルシーン、どれも本当に良かった。エンタメを改めて素晴らしいと思える映画
だけど終始ララランドには及ばないなと思いながら観てた。。ストーリーが弱くて入り込めない。ミュージカルとストーリーの両立
>>続きを読む

>|