えの一さんの映画レビュー・感想・評価

えの一

えの一

映画(300)
ドラマ(88)

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年製作の映画)

3.4

こいつがブロリーってやつか。噂には聞いていたがなかなかやるな。
さすがに今回はヤバいと思ったね。これまでの劇場版の敵とはちょっとケタが違いすぎるわ。
パラガスがベジータ親子に酷い扱いされてたっていうバ
>>続きを読む

最初の晩餐(2019年製作の映画)

4.2

過去も含めて東家の家族としての全ての要素を全肯定したい気持ちになりました。
お通夜にシュン兄が現れたとき「シュン兄?」と思う前に「窪塚だ」と思ってしまった。窪塚は窪塚なのよ。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.3

見方、感じ方がだいぶむずい。
なんかずっーと怖いわ💨

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.8

ナックルズが刑務所で調理の仕事してるのかと思いきやナックルズも囚人だった。
日本版やるとしたらブラウン家のお父さん役は絶対に杉本哲太。
フーディーニってトリックで聞いたことあった。
脱獄したあの3人す
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

全体的にほんわかした温かいお話だな、という印象でした。
中野監督の「湯を沸かすほどの〜」を見てるので、前作に続いて少し物足りなく感じなくもない。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.8

導入のとこで、ネガとかフィルムカメラの仕組みをもっとよく知ってたらより楽しめたのかと思う。
外国の映画って、映画の中で映画で例えがち。

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

キングダムの設定に少し無理があったような気もしたが十分楽しめた。クレしん映画て家族系か防衛隊系に分かれる気がするんですが、今回は落書き達と冒険しててどちらにも当てはまってないのがよかった。
しんのすけ
>>続きを読む

Reframe THEATER EXPERIENCE with you(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

どんな内容か知らずに行ったら映画っていうよりライブ映像だった。
カッコいい系の曲が多かったね。
Challengerのダンス可愛くてええやん💃

アンフェア the movie(2007年製作の映画)

3.4

みおちゃんかわいそすぎんだろ…。雪平の娘ってだけであんな運命なんて…頑張ってやっと声出るようになったのによ…。まあ死なずに済んでよかったわ。

しかし、雪平の走り方ださいな〜。

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

これぞピクサーよ!大冒険!!
最初はどうしようもない兄ィちゃんだなぁ、と思ったけど、父ちゃんにさよなら云えなくて逃げないようにしたという信条の下に生きていることが分かってからは、強い兄貴だなぁ、と思っ
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

学級にムス子がいた。
逆上がりはよく頑張った。

モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!(2018年製作の映画)

3.7

印象的なシーンとかはそんな無いけど、ずっとうっすら楽しい感じでいいよね。
自分もクルーズ船に乗ってみたくなりました。

ドラえもん のび太と竜の騎士(1987年製作の映画)

3.5

とにかくスネ夫のノイローゼが治ってよかった。
今度多摩川に潜って地底に通じる穴がないか探してみる。

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ひゃー面白かった。後半の畳み掛けが気持ちいい。「えっ、ええ、え、え、え!?はっ、えっ、え…。え!!」って2回なった。細かいの含めるともっとあったと思うけど。
ロマンス編のときにはコンフィデンスマンJP
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

霜降りには全然気付けなかった。気付かなかったってことは上手いんだろうねぇ。
昔のやつの方がこぢんまりとしてて好き。

ドクター・ドリトル2(2001年製作の映画)

3.5

1は映像の感じがドラマっぽかったけど、2では映画っぽくなってた。
犬のラッキー🤞がドリトルのことをドクって呼んでて、バックトゥザフューチャーのアインシュタインかと思った。

ドクター・ドリトル(1998年製作の映画)

3.4

体温計がケツに入ったって言い張って本当に入ってたとこが面白かった。
モルモットの声がウーロンだった。

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(1991年製作の映画)

3.2

フリーザの兄・クウラ戦。
劇場版は面白いとかどうこうの前に「いらんことせんでええねん」と思ってしまう。いらんことせんでええねん!(ちゃらんぽらん冨好さん)
劇場版だとピッコロ途中で助けに来がち。フリー
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空(1991年製作の映画)

2.9

最初、アルマゲドンなのかな?と思った。
見終わって内容思い出せないくらいに印象うすいけど、口笛のメロディーだけがずっと残る。

本坊元児と申します(2014年製作の映画)

4.1

こういうのを見ると結局ドキュメントに勝るものはないのかもしれないと思えてくる。芸事とは直接的に関係はないけどリアル火花。本坊さんには幸せになってほしい。またいろはに千鳥でてね。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

人殺しの奴って、何かと自分のやったことを正当化しようとするのがウザいね。バックボーンとか知らんし。私がアンチ殺人犯です。

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.4

リメイクされる前のやつのほうが楽しかった。
コメディ強めになってて、コメディつってもアメリカンジョーク的なのが多くてしょうもなっと思うところも多かった。アメリカンジョーク的なので笑う日本人いるんかな

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

最初マチルダ18歳って聞いて、いやそんなはずないでしょって思ったけど見終わったら12歳より18歳のほうがしっくりくる。

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦(1990年製作の映画)

3.3

ターレス&巨木 VS 悟空。
ターレス、映画ならでは感があってええやん。
ファイヤードラゴンがデジモンみたいだった。悟飯やみんなから名前つけられるわけでもなく「ファイヤードラゴン」って呼ばれてた。

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ(1990年製作の映画)

3.0

東映アニメまつりの枠を出ない。
ナメック星行く前くらいかな?挿入歌の『ピッコロさんだ〜いすき♡』は聴く価値アリ。覚えてカラオケで歌いたい。

オトトキ(2017年製作の映画)

4.2

カウントダウンからのプライマル。→宮城公演のMC→菊池兄弟父の死 序盤で3回泣いた。球根をあれだけ歌詞を噛みしめながら聴いたのは初めて。お客さんがいる限りどんな状況でもいつも通りのパフォーマンスしない>>続きを読む

ドラゴンボールZ(1989年製作の映画)

2.9

悟飯は泣き虫クン!! 映画一本見終わった感がない。
時系列がよくわかんなくなる。天界武道会から5年後で、ラディッツと戦うちょい前ってことね?
悟飯がクリリンの頭に小便したとこがピークだった。

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.7

あんま期待しないでみたけど、設定がすごい面白かった。
SF映画苦手だけどコメディ強めなので入り込める。バケモノを宇宙船に瞬間移動させた後にすぐ爆発するとこは気持ち悪かった。
なんとなく三谷幸喜作品っぽ
>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

4.2

泣く。合唱前に動揺してたけど柏木先生の一言で集中する感じがグッときた。産まれた報告からのロビーまでの流れで涙垂れ流し。サトルがとにかくいい子で泣けた。今後、手紙聞いただけで泣きそう。

セッション(2014年製作の映画)

4.1

練習のときとそれ以外のときの切り替えすごかった。イスぶん投げたりしてて、蜷川幸雄の灰皿投げるのが可愛く思えた。
最後のセッションのシーン、2人の関係性がわかってるから食い入って見れるけどあの会場で見て
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

コンフィデンスマンJPみたいで楽しかった。というよりコンフィデンスマンJPがコレに近いのか。
小切手のシステムをよく知らないので、そこは少ししんどかった。

ピンポン(2002年製作の映画)

3.8

見てる途中に なんかマンガっぽいぞ、そういえばピンポンって漫画あったな、という流れで漫画原作ということに気づいた。
アイキャンフラーイって聞いたことあったけどここからだったんだ。
自分の高校では卓球部
>>続きを読む

>|