zunzunさんの映画レビュー・感想・評価

zunzun

zunzun

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

噛み合いそうで噛み合わない家族の話。
この作品の主要な要素として、分かり合うことや伝えられないことのもどかしさがあると思う。
愛情があっても理解し合うのは難しいもの。そんな意味で愛情深い母の台詞は印象
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.8

アップルミュージックで既に配信されていたサントラを聴きまくり、事前に『ラ・ラ・ランド』が影響を受けたも言われる作品なども鑑賞。予習は完璧。でも、鑑賞中はそんな事はどうでもよくなり、ライアン・ゴズリング>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

不幸さ故の鈍感さがさらなる不幸を招く。不幸の連鎖。歪んだ愛にしか救いを見出せない田中光子の悲劇さに言葉を失う。
心身の侵蝕を表現した迫り来る手の演出は俊逸。

満島ひかり独白シーンは『サイコ』のノーマ
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.6

あまりに有名なスノーデン事件。意外と経緯や全貌が分かっていなかったことに気付かされた。
実話物でも史実通りに描かないといけないとは思ってない。ドキュメンタリー作品じゃないし、何処を抽出するかは描き手の
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.8

登場人物はインテリ。夫婦生活の倦怠。不倫と三角関係。打算的なのに滑稽で何処かズレている。それらを皮肉交じりに描いた作風はウッディ・アレンぽい。
ウッディ・アレン作品にはない最大の魅力はマギー役のグレタ
>>続きを読む

エゴン・シーレ 死と乙女(2016年製作の映画)

3.6

エゴン・シーレを描いた作品だが、シーレによって狂わされた女性を描いた作品とも言える。

献身的な妹、作品のモデルでありその芸術を理解した女、嫉妬と面目ばかりの妻。おまけに裁判となる少女まで。
唯一、狂
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

もし世の中から電気が消えたら、矢口史靖監督によって考え抜かれたシュミレーション作品。

パニックムービーだが、全編を通し一家の人間模様が描かれ可笑しくて笑える。
辛うじて残っていた父権の失墜と主婦
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.8

公民権運動などもそうだったが、何かの権利を勝ち取る為に、暴力性で訴える者がいる。
もちろん過激派もいれば穏健派もいるだろうが、この作品に於いては過激な女性参政権運動が描かれる。
体制の流れを変える転機
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.9

冒頭のお爺さんの冒険話は『ビッグ・フィッシュ』を思わせ、奇妙な子供たちや作品全体のビジュアルは如何にもティム・バートンらしい。なのにストーリーは良い意味でティムバートンらしくない。
舞台は閉じ込めら
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.8

ブラットピットも随分老けたように思えたが、我を忘れ血眼になるブラットピットの姿は意外と真新しい。
作品の成否の決め手は、マリオン・コティヤールとブラッド・ピットの2人が様になるか否かがだと思う。初めて
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.8

痛快娯楽の西部劇は楽しい。
特にメンツが素晴らしく、 各々の活躍の仕方が良い。
『七人の侍』や『荒野の7人』とどうしても見比べてしまい、主人公の動機の改変などに少し違和感を覚えてしまう所はあるのだが
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

時間の都合で2Dで鑑賞したが「3Dで観れば良かった」と鑑賞中ずっと後悔した。
それぐらい映像が面白い作品。
天才的な役との相性は言うまでもないが、ベネディクト・カンバーバッチの顔立ちが東洋的なものとの
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

信仰やそれに殉じる信念と言ったものに馴染みがない。作品を理解できるか不安だったので、遠藤周作の原作「沈黙」を読み、なおかつBSで放送されていた「巨匠スコセッシ"沈黙"に挑む」を見てから鑑賞した。
B
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション(2015年製作の映画)

4.8

ド派手な作品も白黒で観るとクラッシックで落ち着いた雰囲気になり、この作品のアート感がより増す。

通常バージョンは劇場で何度も観てるし、Blu-rayでも何度も観てるが、白黒バージョン観るのは新鮮
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.8

コンサルタントである必要性はそれ程感じなかったが、有りそうでなかったある設定が面白い。
ベン・アフレックは当たり役。
弟役のジョン・バーンサルは悪役やちょい役が多いけど、何故か印象に残る役者さん。
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

2.6

ロバート・デ・ニーロの破茶滅茶ぶり面白い。『マイ・インターン』での紳士役から考えると役の振れ幅が凄い。なんだけど、作品的には今ひとつ。
ザック・エフロンも頑張ってはいたが美声以外は印象に残らず。
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.7

モデルの業界の残酷さと女の怖さに唖然。
そこまでするか…!その様相はもはや人間でなくヴァンパイヤのようにし思えなかった。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督作品には必ず数カ所ドン引きするシーンがあ
>>続きを読む

人魚姫(2016年製作の映画)

3.4

くだらな過ぎて最高に笑える。
チープな感じはこの作品の魅力。
タコ兄の顔芸は必見!

傷物語Ⅲ 冷血篇(2017年製作の映画)

3.3

「このプレイって何なの?」って展開があったが、ヴァンパイヤものは大好きなので面白かった。

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.6

"裸の王様"的な話。でも、周囲に愛された人の話なので、観終わった後はほのぼのした感じになる。

マダム・フローレンスの旦那を職業旦那として見れば完璧だと思う。実際にマダムフローレンスを愛してるし、意
>>続きを読む

僕らのごはんは明日で待ってる(2017年製作の映画)

2.5

サバサバしたヒロインと端正な顔立ちなのに"もさっとした"主人公。
この2人の組み合わせは良いのだが、物語自体には惹かれるものを感じなかった。
特にヒロインと別れてからの展開はスロー過ぎて退屈。
そもそ
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

最後の選択!
それを描く為の97分。
これに尽きる。

チェット・ベイカーのことは知らないので、何処までイーサン・ホークが似てるのか分からない。ただ、嫌味ぽく傲慢なのだけどナイーブな役所はイーサン・ホ
>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

4.0

冒頭のカインとアベルの例えから不穏。
ノエルが加入時、メンバーに言い放った有名なビックマウスは実は嘘と本人があっさり証言。お茶目な言い回しは面白かったが、少しがっかり。でもそれ以降に明かされるメンバー
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.2

序盤の描き方が素晴らしく、それが後からジワリジワリ効いてくる。犬の登場の仕方からして、嫌な予感をさせる。
判事と呼ばれる男の子が台詞で状況を解説してくれるので、侵入者たちがどんどんドツボにはまっていく
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

小松菜奈主演の『溺れるナイフ』が思いの外良かったので興味本位で鑑賞。
時間軸が逆転する内容はブラットピット主演の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を連想させる。『ベンジャミン・バトン』は老いや人生そ
>>続きを読む

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

2.0

見せ場の為の強引な設定、酷い出来の脚本。それらを不快に思わなければ、画面では常に何かが起こっているので一応飽きずに観れる。

でも、頭の中では常にクェションマークが付きまとう。
ワクチンを地面に叩き割
>>続きを読む

若者のすべて(1960年製作の映画)

4.0

ルキノ・ヴィスコンティの作品は何作品か観ているが、『若者すべて』は初鑑賞。
ヴィスコンティと言うと退廃的とか耽美的な作風としかイメージがなかったので、『若者すべて』は意外な印象を受ける作品であった。
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.1

最大多数の幸福論。ベンサムの功利主義な見解や様々な倫理的アプローチが出来る作品であるが、これが今現代行われているドローン戦争の実態なのだと痛烈に感じさせてくれる。

僅かな時間内で描かれる人間ドラマは
>>続きを読む

MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間(2015年製作の映画)

2.8

ジャズに関しては全くの無知。マイルス・デイヴィスが如何に偉大だったのかを知らないので、彼のスランプと落ちぶれ度合いが分からなかった。作品内でのマイルス・デイヴィスは売れる前も落ちぶれてからも、常に自己>>続きを読む

ピートと秘密の友達(2016年製作の映画)

2.8

ブライス・ダラス・ハワードやロバート・レッドフォードと出演している役者は立派。
でも、内容は完全に子供向けの作品。
途中でウトウトし、寝てしまった。
多分、良い話だったと思う。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.4

人間世界との軋轢を避ける為、魔法界が身を隠す設定が、X-MENのようでありコリン・ファレルが演じた役柄がマグニートのように思えた。

基本的にK・ローリングの世界観は自分には合わないのだが、人間のコワ
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.2

出光興産創業者の出光佐三をモデルとした物語。メジャーに阻まれながらも中小企業が乗り越えて行く様は日本人好みのお話。

戦後、仕事は何一つない先行き不安定な状況にも関わらず「社員は家族」と言う心意気で誰
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.6

『隣人の愚行の積み重ねが運命』そんな内容の台詞が印象的。
面倒だけど隣人(他者)と交わらないと自分は何者にもなれない。過去に囚われていても、人生始まらない。
頑固で偏屈なジジイにも素敵な思い出はある。

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.6

ナチスが海岸に埋めた地雷を処理する為、捕虜の少年兵が使われる。大人が始めた戦争故に少年兵に罪はなく、ある種、犠牲者でもある。しかし、当然の如くデンマーク人の憎悪の対象となる。
いつ爆発するか分からない
>>続きを読む

ヒッチコック/トリュフォー(2015年製作の映画)

3.4

ドキュメンタリーとしては普通って感じだが、名だたる10名の映画監督たちによるヒチコック作品の分析が面白い。
特にデビット・フィンチャーは際立っていた。
ヒッチコックが、妊娠した女優をバカ女と悪態を吐く
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.9

冒険活劇と言うより、リアル趣向の戦争映画と言った感じの作品。その為かワクワク感は皆無。お話的にもエピソード3並みに暗いトーン。
それでも他のスターウォーズとは違った捉え方や描き方が観れるのは面白い。
>>続きを読む

>|