esoseさんの映画レビュー・感想・評価

esose

esose

映画(330)
ドラマ(4)

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.6

ずっと観たかったけど勿体ぶってた、観て良かったほんと。オープニングから最高だった。
暗い空気のなかでもビリーの熱い魂がじわっと明るいかんじ。
少し世界を斜に構えて観ている、けれど好きなものは好きと言え
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.2

これが実話ってところに震えるね、天才は本当に力の使いようだ。楽しかった!
イタリア製オレンジのサマーニットをしっかり着こなす若かりしレオさま

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

4.1

どの場面も見逃したくない美しさ
お兄ちゃんのベンがシアーシャに何も悪くない、許してねっていう場面泣けた 少し大人になった瞬間だった
自分には家族の存在が当たり前に思うけど、全ての始まりで、何があっても
>>続きを読む

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

3.8

大好き。これ見るとサンフランシスコに何度も行きたくなるね

かいじゅうたちのいるところ(2009年製作の映画)

4.6

絵本を映画化するってすごいよね 少しポビーとディンガン思い出しました。モーリスセンダックの、まよなかのだいどころアニメーションverが猛烈に好きです。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

人間臭かった 回想?のせいちゃんとツチダの台所でのシーンが特に好きだった

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

3.9

頭の中が少し覗くことができて嬉しい。自分の好きな感覚の経験を濾過して抽出したものを、自分の身体に取り込んで産み出そうとする作業が大事なんだな〜〜こういう人たちの情熱を超えた使命感に憧れる。胸騒ぎの恋人>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.9

字幕無英語で見たら混乱して吐きそうになったからトラウマ。ペンとメモ用意してリベンジしたい

帝一の國(2017年製作の映画)

3.7

ローラ先輩が屋上に立ってるシーン最高。一家に一台光明ほしいね。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

「愛のむきだし」に似た何かがあった。色んなことがどんどん起きてって夢見た朝にどんな夢だった?てきかれて説明するの難しいかんじ。ライブのシーンはもはやMV

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

この映画はちゃんと、本のように色んな人の視線で描かれて進むから、映画館の中にはいろんな涙があったきがする
「君は太陽」っていうサブタイトル結構いい。オギー(=son)を取りまく家族の関わり方がいつも彼
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.8

エンドロールはケヴィン祭りで!にgoサイン出した製作陣に拍手

つぐみ(1990年製作の映画)

4.6

夏だねえ 夏が近づくと毎年身体が欲する「TSUGUMI」から感じる夏の感覚 。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

たいていのことは失ったり離れたりした時に大事だと悟るから、今一番ちかくに在るものを愛したい、難しいけど。
割と序盤から青色シャツに赤ネクタイ制服のティモシーシャラメが背景フレームインする贅沢さ、、

寝取られ男のラブ♂バカンス(2008年製作の映画)

4.1

邦題どうかと思うけどめっちゃ笑えるたまにこういう映画無性に欲する。

ロイヤル・セブンティーン(2003年製作の映画)

3.8

この頃のアマンダバインズ神がかっている。弾けるティーン時代!

ビートルジュース(1988年製作の映画)

4.7

だいすき!!!気持ち悪いけどチープな感じで面白いしかわいいしさすがティムバートン。ハロウィンシーズンは家でこれを見るに限る

>|