esoseさんの映画レビュー・感想・評価

esose

esose

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

詩集先に読んでみればよかった。想像力の訓練が必要。眠れなくなった。池松くん最高

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.8

人生は喜劇だ、と言っていたけれどそれくらいの気持ちの重量でどんな状況も愉しめたなら、とおもいます

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8

面白い。マーベルはずるい。全部観ろ、ってね。ドクターストレンジもちゃんと観ます!アベンジャーズも観直します。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.8

何を信じていいか分からなくなって大切な人を傷つけなくていいように、自分が傷つかないように遠ざける、かなり心苦しい回。ネビルのところとか、魔法省で心の闇に友情だったり愛で打ち勝つところとか、泣ける〜〜。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.9

鳥肌立つ場面が何度もある。原作のいいところを上手に使っていたり、新たに取り入れて深く説明しようと試みているシーンもたくさん。こうやって名作は色んなかたちで語り継がれてゆくんだな〜。

ミニー・ゲッツの秘密(2015年製作の映画)

4.0

可愛い映画なのかなと思ったらとんでもない映画だった。70年代のサンフランシスコが舞台の映画って良くも悪くも常軌を逸している気がする。

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

ザックエフロン全盛期。DVD何回も見てこれで英語の勉強した!いつみてもたのしい。

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.9

すんごい衝撃。ペドロアルモドバルの頭の中覗きたい

ウェルカム・ドールハウス(1995年製作の映画)

3.4

アメリカの映画で本当に本当に冴えないひとが本当の主役になり力を存分に発揮するストーリーみたいなの本当にいい。日本にはないかんじ。

トッド・ソロンズの子犬物語(2015年製作の映画)

3.5

とてつもない現実感のなかにふと、夢のなかみたいなシーンをぶちこむトッドソロンズ。ちょっと寝てしまったけど白昼夢みたいなかんじになってよかったかも

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

時々現れるお兄ちゃんの姿が切ない。最後の本人シーンとか、見えてくる本当の話に鳥肌たった。びっくりする。

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方(2014年製作の映画)

3.7

こどもたちかわいい.....たまに激しいシーンになると子供のマネキンで撮影してる。この映画作ろう!って言い出したひと絶対とてつもなく良い人に違いない。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

最高!!究極のホームスクール。子供達はみんな変わってるけど、聡明で素直で自立してて素敵!新しい価値観を拒絶しないこと、自分と違うことをたのしむこと改めて大事だなあっておもった。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.2

サントラ・DVD持っているけどいつみてもたのしい。高校のチアの振り付考える時見まくったから自分の脳みそに音楽もダンスも刷り込まれてる。チキンダンスかわいい〜〜

ピザボーイ 史上最凶のご注文(2011年製作の映画)

3.8

勝手なイメージでアメリカの大学生たちが好きそうな映画。この類のみに特化したコーナーがレンタルDVD屋さんにできるべき!

ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界(2012年製作の映画)

3.8

それぞれの曲げられない生き方がぶつかって受け入れられないように見えた。家族なのに。エルファニングいつでもキュート!

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.2

1→2→3→4→5→6→7→ローグワンでゴールして最後のジェダイに備えようと思ったのに、4→5→6→1→2→3→無限ループにはまりそう。そしてこれからも新作が発表される度に見直してスターウォーズに生か>>続きを読む

インポッシブル(2012年製作の映画)

4.0

とりあえず久々めっちゃめちゃ泣いた。どれもこれも本当に恐ろしいけど全て明日は我が身だ。一瞬でも目を離したら皆んな離れてしまいそうな緩むことのない恐さ。奇跡が起きるのは個々の諦めない気持ちがつながったと>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

大切なひとに、ありがとうとごめんねの気持ちをぐちゃぐちゃに混ぜてわからないくらいの何かにしてぶつけてしまうことあるよね。若さの渦中にいると苦しい、楽しいのは後日談

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

4.0

日本語のセカンドタイトルあからさまやろと思うけどまさにそれ。みんな必死で愛しい。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

弾ける銃声も、音楽に溶けて殺し合いシーンなのに胸高鳴った。ベイビー可愛すぎ。仕事はクールで無口なのに好きな音楽であんなに身体動かせちゃうギャップがたまらん。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

終始心がざわつく。一言一言が見逃せない。其々が何が言いたくて言いたくなくて知りたくて知りたくないのか、読み取らないとこの映画の本質が見えない。自分の想像力を試されているような映画だった。。疲れた。。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.0

みんなで夜中お菓子もぐもぐしながらわいわいみたい。ライアン・ゴズリングのリアクションがオーバーだけどリアルなかんじがして笑った。トイレのシーンとか最高。続編ありそう

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.6

ちょっぴりねいらいらするけどね人間なんてこんなものだと安心する

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.7

この世の事象の因果関係は全て自分だと思わなきゃ行動を起こす気にもなれないし、結末も受け入れられない。マギーはそれを体現していて女性として素敵だと思った。自分に正直でいたい、って常に思っているところも!>>続きを読む

>|