なかさんの映画レビュー・感想・評価

なか

なか

映画(230)
ドラマ(75)

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.1

やっと観れた。
終わるとわかるとみるのが惜しくなって中々手をつけられなかった。
やっぱりいいなぁ、ちはやふる。
一生懸命に何かに打ち込む人達はカッコいい。
それが演じている俳優陣からヒシヒシと伝わって
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.2

これはクセになる…
一見訳わからないSF映画なんだけど紐解くとメッセージ性が強い。流石三島由紀夫作品…原作と全然違うらしいので読んでみたいな。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

2.8

めちゃくちゃ続くやんっ!!!

次出るまでに忘れちゃうパターンだな。
魔法省の人達がどんどんやられていく場面、アベンジャーズみたいだった。

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?(2018年製作の映画)

2.5

いくえみ綾原作なのか〜
ぽくなかったような…
原作と違うパターンかなこれ
黒島結菜さん可愛いな〜

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.3

オムニバス良い話って感じだった。
これ、このまま事件起こらず終わるパターン??と眠くなってしまった。
サスペンスと思って観た自分が間違いだった。
良い話特集。

食べる女(2018年製作の映画)

3.0

「恋水」 小山薫堂
恋は水に似ている。
それは生きていくために
必要なもの。
足りなければ心が乾き
無性にそれが欲しくなる。
が・・・
多過ぎると
溺れてしまう。
人生の旨味に欠かせない
恋と水。
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

3.8

《仲間や家族に相談できなくても
分かり合える人がいると心強い》


顔が見えないからこそ話せることはある。
そうすることで普通に出会うよりもっとお互いのことを知ることもあり得るのかもしれない。

この
>>続きを読む

⼗年 Ten Years Japan(2018年製作の映画)

2.5

・PLAN75【安楽死】
是枝監督のワンダフルライフのような時間の流れだった。

・いたずら同盟【プライバシー】

・DATE【個人情報】

・その空気は見えない【環境汚染】
地上の世界を知らない子供
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

2.8

ブレイク・ライブリー相変わらずセクシー。
はじめ、野暮ったい姿の彼女に珍しいなと思っていたが失明した役だったのね。

視力を取り戻し、世界が広がり自我が強くなる彼女と自分の思いどおりにならなくなってい
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.7

《最高のものを求める人は常に我が道を行く
人間は最高のものを決して共有しない
幸福になろうとする人はまず孤独であれ》

それぞれが口ずさむ“茜色の夕日”がグッとくる。
特に新保の歌うシーン。

この作
>>続きを読む

後宮の秘密(2012年製作の映画)

2.5

the韓国のお話って感じだった。
主演の女優さんが美しい…

最後どうなるのかと思いきや、生き残るためにその選択をするのかと…怖いな

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

-

苦手だろうな〜と思ってたけどやっぱり苦手な作風だった。歌は耳に残って良いんだけどね。

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.7

ストーリーは普通だが音楽や衣装が素敵。
子どもは楽しめそう。
クリスマスの時期にぴったりな作品。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

2.3

セット、衣装、この時代の生活を想像しながらの鑑賞は楽しかった。
地位や権力、財は人をこんなにも変えてしまうのか…
変わり果てていく姿に悲しくなった。
最後のシーンの意図が読み取れなかったのだがあれは一
>>続きを読む

桜姫(2012年製作の映画)

1.0

初っぱなからめちゃくちゃCGだなと思っていたがB級映画ねこれ。
日南響子目当てで見たけどなんか茶番劇感が凄かった。でもみんなが真剣で笑ってしまう。

青の帰り道(2018年製作の映画)

3.2

とてもよかった。
エモいという言葉が当てはまる映画なんだろうな。

過去を美化するのも、戻りたいと願うのもみんなが通る道なのかな。
作品通して一つの青春だった。

L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。(2018年製作の映画)

2.0

前作と同じと思いきや違う話だった。
原作でもこの展開なのでしょうか??

兄が出てきた瞬間同じ人に見えて一人二役しているのかと思った…似てる…

前作より学園物色が強かった。
エンディングの上白石萌音
>>続きを読む

L♡DK(2014年製作の映画)

2.5

久しぶりに剛力彩芽をみたけどやっぱり可愛いな、顔小さい。
原作は読んだことがないので、漫画ぽい話だな〜で終わりなんだけど、続けてみた上白石萌音版より二人の距離が縮まっていく過程が描かれていてこっちの方
>>続きを読む

スペース・エクスペンダブルズ(2019年製作の映画)

1.0

うっ…うぅ…

オープニングで面白そうと思いきやいざ話が始まると全然興味をひかれず。
なんだろう、設定は未来なのだが昔の特撮映画を見ているような感じ。
話は淡々としている。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.2

話の流れは好きだったのだが、主人公の関西弁が気になり過ぎて集中出来なかった。
唐田えりかさんは以前見た作品でも淡々と演じていたのでこういう演技をする方なのかな?と思いながらみていたのだが、もうちょっと
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

2.3

セックスを目的とした人が集まりひたすらセックスをしている話なのだが、それぞれの背景をちらつかせながら話が進んでいく。

イレギュラーなことが起こった時それぞれがどんな行動をとるのか、他人を嘲笑うことし
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.2

キャストは全くイメージと違ったが石田ゆり子さんは好きなので意を決して鑑賞。
割と原作に沿って話は進んでいたように思う。

原作を読み終わった時と同じ感情を抱いたエンディングだった。最後の終わり方がとて
>>続きを読む

>|