film338さんの映画レビュー・感想・評価

film338

film338

映画(233)
ドラマ(0)
  • 233Marks
  • 14Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.2

1作目が凄い良かったので、かなり期待してたのですが。
魔法生物は可愛いし、ストーリーも面白いんですが、結局ハリーポッターと同じ感じになってきちゃった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

興味は有りましたが、そこまで期待してなかったんですが。
最後は、号泣してました。
細かくは書きませんが、凄い人で、素晴らしい曲、良い映画でした。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.4

漫画のARMS、寄生獣の設定は好きなので、ストーリーは楽しめました。
単純に面白い映画だと思います。
ラストの刑務所のシーン以外はマーベルコミックを知らなくて楽しめる映画だと思います。

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

3.8

映画館で1000円だったので鑑賞。
ギルバート・グレイプの監督、火事と犬が好きなんでしょうか。
色々と起きる様々な出来事も、あくまで日常として話が展開される感じが好きです。

銀魂(2017年製作の映画)

2.8

映画館でお金を払ってまでは見ないであろう映画でした。
面白い映画を作ろうする意欲は感じられたけど、作品としてはどうなんでしょう。
漫画原作の映画には厳しくなってしまいます。

PUSH 光と闇の能力者(2009年製作の映画)

3.2

なんだか残念な映画。
設定とか、凄く面白くなりそうな感じだったのに…
アクションなのか、騙し合いのストーリーで見せるのか、中途半端な展開。
もったいないです。

オーバーボード(2018年製作の映画)

3.2

単純に楽しめました。
ストーリーもラストも単純といえば単純ですが。
何も考えずに楽しめる映画でした。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.5

色々な映画のパロディ感いっぱいで楽しめました。
ただ、主役がダントツで戦闘能力が高そうなので、何があってもピンチに見えないんですが…
映画としては、アクション満載、爽快に楽しめました!

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

2.0

全然面白くも怖くもなかった。
なんなんでしょう、この映画は。
日本人が作るような陰湿なホラーを、アメリカ人が作っちゃったみたいな映画。
緊迫感も無いし…
期待外れでした。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.5

面白かったけど、気味の悪い映画。
オープニングから気味の悪いダンスが始まるし。
結局、最後も理解出来ない終わり方。
そういった映画なので有れば、凄く良く出来た映画だと思う。

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.2

それなりに楽しめました。
もの凄いアクションも、感動も無いですが、時間も短くサクッとした映画。
特にコメントも書くことは有りません。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

面白かったけど、シリーズの中では、かなり哲学的な作品。
スカッとしたアクションというより、色々と考えさせられる映画。
続きが気になる終わり方、次回作も見ちゃうんでしょうねー。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.4

ストーリーもラストも好み。
立場、宗教など主観によって、正義とかモラルが変わるってとこも好み。
ただ、時間軸も緩く、決断へのプロセスへの緊迫感がイマイチ。
面白かったけど、惜しい映画でした。

ボディ・ハント(2012年製作の映画)

3.3

ジェニファー・ローレンスはいい女優さんですよね。
親によって子供の成長は変わるって映画。サイコパス、バカ息子、しっかりした娘とか。
ストーリーもオチもぼちぼち、でも緊張感は無かった…

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

良い映画でした。
ギルバート・グレイプの監督なので見ましたが、家が火事になることが多いよう気が…
淡々と人生を描写して、しみじみ泣ける映画でした。
邦題が酷過ぎますが、おすすめです。

シャーク・ナイト(2011年製作の映画)

2.9

サメ映画。
予想通りのサメ映画。
それ以上でも以下でも無い。
ジョーズはよく出来た映画だなー、スピルバーグは凄いなー、と実感。
ディープブルーが久々に見たくなりました。

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.2

やはり、1作目の方が好みです。
閉鎖された空間での、疑心暗鬼になる心理描写は、1作目と同じで面白かった。
ただ謎が解き明かされ過ぎ、個人的には得体の知れないモノのままでよかったかも。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.0

面白かった。
ただ、途中から人種差別のパロディみたいになってしまった。
結果、心理的な恐怖より、分かり易い猟奇的な恐怖に変わったのが残念。

チェンジング・レーン(2002年製作の映画)

3.5

人間の本性って窮地とか、うまくいかない時に出ますよね。
最終的には、まっとうに生きていこうという前向きな映画でした。
この監督さんは基本、性善説な感じで好きです。

トゥルー・グリット(2010年製作の映画)

3.0

西部劇って感じで面白かった。
ただ、コーエン兄弟の良さがイマイチ分からない。
盛り上がらないというか、淡々としているというか。

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.2

正直、難しい映画でした。
よく作り込んでいるとは思いますが、追い込まれている少年を見るのは辛かった。
大人の童話、おとぎ話って感じでした。
難しく作り過ぎかも。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.0

面白かったけど、期待したほどではなかった。
1作目の方がシチュエーションとして納得できた。
理不尽に強い主人公ですが、なんかバタバタしてる感じ。
ジェイソン・ボーンの方がリアルに強そう。

ドライブ・アングリー3D(2010年製作の映画)

2.8

何だかよく分からない映画。
ニコラス・ケイジはダークヒーローとかアメ車とか、こんな設定が好きなんでしょうね。
下手に説明とかしないのは好感が持てます。
どうなら、もっと訳の分からない映画にしてほしかっ
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

3.3

日本映画というか、日本らしい作品。
よい意味で、淡々とした映画でした。
言霊というものを意識して、話をしようと考えさせられました。
ちなみに宮崎あおいさんは凄いキュートでした。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

1作目と変わらず面白かった。
ただ、ある程度他の映画も観ていないとネタが理解出来ないかも。
そんなこと無視して作りたい映画を作ってる潔い映画でした。
映画好きにはオススメです。

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.2

ぼちぼち面白い。
めっちゃ面白くもなく、めっちゃ感動もしなかった。
期待し過ぎたのかも。
キャスティングは良かったです。

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

2.6

雑な映画。
設定は面白いけど、何のヒネリも無い感じ。
なんだか全員がバカっぽい。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.7

面白かった。
内容は書かないですが、良いオチの映画でした。
色々と 考えさせられるストーリー、オススメです。

ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~(2016年製作の映画)

2.8

なんだか中途半端な映画。
恐ろしさも、ストーリーも中途半端に感じてしまった。
効果音とか音楽とかを省いて無音にしてるのは新鮮でしたけど。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

面白かった。
ただ、色々な映画の元ネタを知らないとツライかも。
忘れた頃に、もう一度見直してみたい映画です。
あと、主人公がマッチョでカッコいいのはどうなんでしょうか。

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

2.7

正直、あんまり面白くなかった。
音楽が無い静かなシーンも多く眠くなる。
シリーズの最初の方がシンプルで楽しめました。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

凄い良かった。
映像と音楽は圧倒的でした。
絶対に映画館で観るべき映画だと思います。
最後の娘(妹)がやってる役も意味深。
泣けました、満足です。

ラスト・デイズ・オン・マーズ(2013年製作の映画)

2.4

結局、恐怖の対象が分からなかった。
主人公の決断も分からなかった。
シチュエーションは凄い好きなんですが、残念です。

スプリット(2017年製作の映画)

2.6

シックスセンス、アンブレイカブルはメチャクチャ面白かったのに。
悪い意味でナイト・シャラマンの最近のどんでん返しは酷いです。
これって続編有るの?
エアベンダーと同じく『?』だらけの映画でした。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.1

ジャンルが難しい映画でしたが楽しめました。
嫌味が無く、音楽、映像、アクションがカッコいい。
最後も、きちんと責任を取ってのハッピーエンド。
爽快に終わりました。

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.0

映画館で1000円なので鑑賞。
昔は号泣したいときに観る映画でしたが、号泣出来ず。
感性が変わったのかな…
派手なシーンも耳に残る音楽も無いですが、沁みる映画でした。
ディカプリオの演技は凄いなー。

>|