みしまろさんの映画レビュー・感想・評価

みしまろ

みしまろ

映画(226)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

ゲキ×シネ「蒼の乱」(2015年製作の映画)

4.0

舞台を観られなかったのでゲキシネで。
男前な天海姐さんに惚れ直す。
平将門を

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

映画館で観たかったのをようやく観る。
ツッコミどころ満載のザ・インド映画って感じ。テンポは早くていい感じ。
思っていたよりダンスしないけど、する時はがっつり。インドよね〜。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.5

クリスマスのやりとりと捕まってからの二人が素敵(笑)
まさかの実話かぁ…

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

5.0

映画館で観てからDVDを迷わず購入。何度でも観ることが出来る。
このアプリを使い始めてからUPしていなかったなんて!
初めて観たのは舞台だったけど、年齢層が上のファントム。それに慣れていたせいか、映画
>>続きを読む

ロダン カミーユと永遠のアトリエ(2017年製作の映画)

3.0

着地地点の違う悲しさ。男性と女性の社会的立場が違いすぎる。
作品の見方がちょっと変わるかな。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

孤独から脱してしまうと、もう元には戻れない。
浴室を水槽にしちゃうのは素敵(笑)

セッション(2014年製作の映画)

3.0

音楽は素敵。
でも追い詰められ方が好みではない。
好みだから仕方ないかー。

魔界転生(1981年製作の映画)

3.5

舞台を観たので、出会いの映画を観てみる。子供の頃に見たCMでジュリーが怖かった…が出会いですが(笑)
当時にしてはかなりのCG…というか合成感はありますが、リアルで見てたら素直に凄いだったんだろうなぁ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.5

ノリさんパパが最初は切ない。
それ以上に健くんが切ない…龍馬伝の時に以蔵で惚れた時を思い出してしまう。鑑賞していたくなる。
どちらの神になるか…その時の心情よね。

シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧(2003年製作の映画)

4.0

野田さん目当てで観る。
勘三郎さんが切ない…年の瀬に観たから余計にかも。
姪っ子役の七之助さんが、割り切ってて素敵です。

マチルダ 禁断の恋(2017年製作の映画)

3.5

テレビCM観たら気になって足を運ぶ。
実話なのね…皇帝のその後を知るだけに切ない。煌びやかな宮殿、一度はロシアに行ってみたくなる。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.5

原作を読んでから観る。そのままじゃないのね…
そのままの方が過剰気味だったので、こちの方がいいのかな。原作そのままが有りか無しかいつも疑問。まぁ、いいや。
料理が全て美味しそう!そして今では当然の様な
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

2.0

女の子の絶望と再生を男性が作った悲劇。
地方都市っぶりがわかるだけ、振り返りたくない。
あぁ、あたしはもう現代女子ではないのだと実感(笑)

ガッチャマン(2013年製作の映画)

3.0

最初のアニメ、持ってるDVDを観直したくなる。そうか、自分はベルクカッツェが好きだったんだ…
俳優さんを贅沢に使ってるなー。その一言に尽きるわ。

ヤッターマン(2008年製作の映画)

3.5

リアルタイムで観ていた頃を思い出しながら楽しみました。
最後のメカ戦が可愛い…
一度は言ってみたい「やっておしまい。」機会がないなぁ。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

自分の生まれた日を見たくなる。
誕生日をもっと祝いたくなる。
大人が出来ることって何があるのか考えてしまう。
メアリー可愛いなぁ。くるくる変わる表情が素敵だわ。

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

3.5

甥っ子と一緒に鑑賞。少し予備知識を入れたものの、昭和ライダーな自分に平成ライダーは難しい…
パパと一緒に来てる子供の多い中、佐藤健くんが出た時だけママの存在を感じた。そこはときめくよねー。
6才児には
>>続きを読む

山猫(1963年製作の映画)

3.5

20181221 気になって再観。年齢的にサリーナ公爵寄りだけど、ここまで時代の流れに抗わず受け入れられるものなのかと思う。

20181115 撮ってからしばらく経っていたので、時代背景を知らずに観
>>続きを読む

紳士は金髪がお好き(1953年製作の映画)

3.5

「女」全開のマリリン・モンロー可愛いわー。若いうちに観てたら、違う感想だったかも。

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

3.5

以前観たことはあった。その後、日本橋通るたび、つい麒麟に目がいくようになった。
自分のした事に責任をとる。それが大人。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.5

マシャに尽きるんじゃないんですかね。スクープ写真ってどうやって撮ってるんだろが解決したわ。
ふみちゃんの女っぷりが良かった。
いっちゃってるリリーさんも素敵(笑)

少年メリケンサック(2008年製作の映画)

4.0

二度目。あおいちゃん可愛いわー。泣いている中、周りの楽しそうな顔もいい。可愛くて(面白くて)仕方ないわー。
勝地くんも可愛い(笑)
いつだって浩市さんはカッコいい。

花戦さ(2017年製作の映画)

4.0

二人の茶室のシーンが好き。理解しあえる人に会えた喜び、羨ましくなる。
猿之助さんの小狡い秀吉も好き。武将名が出なくても、きっとこの人だと窺えるのがすごいわー。

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

4.0

絵になる人っていいなぁ。ふとしたシーンが、それだけで絵みたい。
何気なく植えていたチューリップも、次からはココロして植えようかな。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

観た翌日に卓球英才教育3歳児のニュース見て吹いてしまう。
振り幅のある女優さんは好きです♪

NIGHT HEAD(1994年製作の映画)

3.0

元々の内容を知らずにいきなりこれから観たのでわかりにくかった。途中であらすじ見て納得。
若き日のトヨエツが美しい。

亜人(2017年製作の映画)

3.5

思ってたよりグロい。そして息つく間もない。
健くんが愛おしくなる。綾野くんは怪演だわ。
ラストは悲しくなった…けど小気味よい。

シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど(2010年製作の映画)

4.0

笑って楽しめる作品。
七之助さんの美しさに見惚れる。
いつまでも「りびんぐでっどー♪」が残ってしまう🧟‍♀️🧟‍♂️

映画 怪物くん(2011年製作の映画)

3.0

子供の頃にアニメを見ていた怪物くん。こんな技あったっけと笑いながら観る。

パラサイト・イヴ(1996年製作の映画)

3.0

原作は以前読んだことがあり、ドキドキしながら楽しんだ。内容もおぼろげに覚えていたけど、恍惚の三上さんが怖い…
ラストの曲は沁みた。
キャストは今からだと豪華なのかな。服装が懐かしくも笑える。

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.5

落ち着く暇もなく目が離せない。それが007なのかな。
ちゃんと観たの初めてかも。せっかくなので、シリーズ観てしまおう。

用心棒(1961年製作の映画)

3.5

七人の侍から10年くらい経ったのかな。いい具合に年齢を重ねた男達を見る。用心棒稼業も楽じゃないわ。

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.5

観始めると世界史の授業を思い出す。こいつとこいつは残るからこいつは失脚って事かな…なんて思いながら観る。任期満了ってより失脚ってイメージしかない。
これが笑えるのは平和だからこそよね。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

3.5

気になってたのでようやく観る。オダギリくんとリリーさんがかぶる。希林さんはいいな!まさか若い頃が実娘さんとは…
両親を大事にしたくなる。オカンの様に世代を越えた友人に囲まれた老後っていいなと思う。

>|