film65さんの映画レビュー・感想・評価

film65

film65

CALL ME BY YOUR NAME

映画(55)
ドラマ(19)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

"Call Me By Your Name and I'll Call You By Mine"

これほどまでに胸が締め付けられる愛があっただろうか?

互いに愛し惹かれ合うことの美しさ。切なさ。長
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

5.0

'God Help the Girl'
最高の青春映画でした。
ミュージカルチックな映画はあまり好きではなく今まで観ないようにしていたのですが、この作品は私の好みにどストライク!でした。
ラストをどう
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

'20th Century Women'
最初は退屈に感じたが、物語が進むにつれて話の中に溶け込んでいった。
音楽が心地よくて思わずリズムを取ってしまう。
劇中の登場した本の引用がとても印象的で実際に
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

Trainspotting
登場人物たちのクズっぷりがすごい。
薬物中毒に強盗、暴行...
悪いことばっか、いやむしろ悪いことしかしてないのに、この清々しさ!爽快感!
公開当時、若者の間で大人気だった
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

とても不思議な作品だった。
怒りがふんだんに盛り込まれている一方で、思わずクスッと笑ってしまうユーモアも描かれてい
>>続きを読む

地球が壊れる前に(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

"Before the Flood"

ある外国人の方と環境問題に関するニュース記事についてディスカッションした時に教えてもらった作品。
filmarksレビュー50作品目にふさわしい映画だった。
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まさに名作。
終盤、『もっとたくさんの人を救えたのに...どうして車を手放さなかったんだろう...』に涙が出てくる。
指輪を落としたのはもしかするとシンドラー役の俳優さんのアドリブかな?と思った。
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.5

幸せな気持ちにしてくれる。
春に観るのにぴったりな映画!

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

異色のラブロマンス。
これほど美しい愛の形があるだろうか?
水の音が心地よい。
ラスト、『王子と姫』が抱擁するシーンが印象的。

ルーム(2015年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリー調の作品。
単調に物語が進んでいき、いつのまにかラストを迎えていた。
期待しすぎた感があり。

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

Three Generations
なんてお洒落な映画なんだろう。

トランスジェンダーの人たちのことが知りたくてこの映画を観た。
自然と涙が出てくる。
なかなか理解してもらえないレイの苛立ちと、娘が
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

The Other Side of Hope
この映画に出てくる人たち全員が厳しい目をしている。
その目が現実を語っているようだ。
しかしユーモアも忘れてはいない。
日本食のシーンは思わず笑みがこぼれ
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.5

愛と狂気。
生きるためには仕方がないと語る主人公たちには共感できないけれど。
白と赤の対比が美しい。

Kinema M にて。

否定と肯定(2016年製作の映画)

-

原題は『Denial』

ホロコースト否定論者との闘い。

日本でも歴史認識で議論されていることがあったりして色々と考えさせられた。

声高々と歴史上起こったことについて嘘だ、偽物だ、と自分の都合のい
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.5

『未来をわし摑め』『 過去はくそ』

鑑賞後、じわじわと、あー...良い映画だったなー...と。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

わたしにはリリーがとても自己中心的な人物に見えてしまった。
ゼルダには幸せになってほしい。
でも最後は涙なしには見れません。

>|