fontaineさんの映画レビュー・感想・評価

fontaine

fontaine

  • List view
  • Grid view

ミッドナイト・スカイ(2020年製作の映画)

3.6

地球が危機的状態になったが南極に1人残った科学者の話し。
別れた妻が子どもを産んでいた。基地には1人のはずが幼い女の子が迷い込んでいた。名前はアイリス。迷子になった宇宙船クルーと交信する…。
後半につ
>>続きを読む

愛情物語(1956年製作の映画)

4.0

実在のピアニストエディ・デューチンの話し。
楽団を持ち結婚して息子が産まれ…幸せの絶頂で妻を亡くし、戦争から戻りようやく息子と通じあいこれから…という時に病に倒れた天才ピアニスト。
演奏会やバーのシー
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

3.2

脳性麻痺の女性ユマの話し。
下半身麻痺だが才能があり漫画を描いているがアイドル要素ある友人のゴーストとして隠されている。
母親は寂しさからユマを自立させまいと縛り付けている。
どっちもあるよな…。社会
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

3.6

世界的大スターチャップリンの名作。
作品については世界中の人がコメントしてるから読んでみればいいが現代でも観ればわかる。必ず良さがわかるはず。

ぼくたちのチーム(2016年製作の映画)

4.0

ゲイの少年たちとくだらない大人の話し。
ゲイが原因でいじめられ転校した先に同じ同級生がいた。
心を通わせるもいじめられたら友達を裏切ってしまう弱さもある。
そうだよねーわかるなーと共感することも多い身
>>続きを読む

アメリカン・パイ(1999年製作の映画)

3.5

卒業を目前にした男子高校生が童貞を捨てるため悪戦苦闘する話し。
アメリカン・パイが出てきた時はまさか…? 
タイトルのセンスがイケてる。
20世紀最期のバカバカしいけど笑える作品。

ボーイズ・イン・ザ・バンド(2020年製作の映画)

3.5

ゲイの仲間が集まるパーティでそれぞれが本心と向き合う話し。
こうなれば血液型みたいなもんかな。日本人はA型が多いけどB.OもそれなりにいてAB型も面白い。時には分類できないタイプもいるけど違いを楽しん
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.6

勘違いしてルパンのような泥棒騒ぎをはたらくバカな大学生たちの話し。 
学業優秀でまぁまぁな人生を歩むだろう将来が見え始めた頃に稀少価値ある本を盗み転売して12,000ドルを手に入れようとする。闇ルート
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

4.0

人間そっくりのロボットが初めて感情を持ち自ら考え行動を起こす…という話し。
あまりに悲しいストーリー。
既に近未来の話ではなくなっているので余計に恐ろしい。愚かな人間が滅亡しても仕方ないと思える作品。

同級生(2015年製作の映画)

3.8

男子高校生同士の恋の話し。
優等生と落ちこぼれだがインディーズ人気バンドのギタリストの純粋な恋。
シャイで汚れない感じがすごくよかった。

さようなら、コダクローム(2017年製作の映画)

4.0

口が悪い父親と一人息子の話し。
ガンで余命幾ばくもない父親と廃番のため今後現像できなくなるコダクロームを現像する旅に出るマット。
そのつもりがなくてもつい悪態をついて周囲の人を傷つけるベンだがフォトグ
>>続きを読む

日本沈没(1973年製作の映画)

3.8

子どもの頃観てあまりの衝撃に何度も父にいつこうなるのかと聞いた。とにかくラストが今も鮮明に思い出されるほど衝撃的だった。

スーパーマン(1978年製作の映画)

3.7

子どもの頃クリストファー・リーブのイケメンぶりに感動した思い出。

ラリー・フリント(1996年製作の映画)

3.8

アメリカで表現の自由を法と戦った男の話し。
性器の写真やいかがわしい雑誌に掲載して裁判に。しかし表現する自由、販売する自由、逆に見ない自由もあると真っ向から戦った。裁判中に悲劇に見舞われる事もあったが
>>続きを読む

コネチカットにさよならを(2018年製作の映画)

3.4

仕事、父、夫どれも満点にはならないけど、普通ってこんなもんじゃないの?っていう話し。
自立できない息子。アメリカでは大問題かも知れないけど日本では極当たり前にいるし、その後結婚して幸せになる人はたくさ
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

産まれる前からずっと造られた世界で観察されていた男子の話し。
全く恐ろしい話しだけど形を変えてあるような気がする。トゥルーマンには幸せになってほしい。

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.0

ベトナム戦争反対運動の首謀者7名の裁判。
強い信念を感じる作品。
当たり前だけど戦争に反対しているまともなアメリカ人は大勢いるがそうでない人が権力者である事が多いから困った国になっているみたい。アメリ
>>続きを読む

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

4.0

罪のない黒人青年が白人警官に銃殺された実話。
多人種国家アメリカで連日起きてる人種差別。これは無くならないんだろうな。黒人だけでなくアジア人もさらに嫌われてるし。神様が作ったはずなんだけどな。
と、色
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.0

結婚目前にして元彼との関係が忘れられずのめり込んでしまう話し。
こんな関係もあるっちゃあるんだよなぁという感じ。全く理解できなくもない。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

実際におきたカンニングビジネスをヒントに作られた話し。
天才少女リンは友人グレースとBFからカンニングを持ちかけられお金のために応じるが感覚が麻痺してエスカレートしてゆく。
天才だけど躓いてしまった。
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.6

時間を操作することで犯罪組織と戦う話し。
最初は混乱するけど慣れると面白い。
ただ問題なのはエリザベスが美しすぎること。190㎝のスラリと伸びた手脚と所作の美しさといったら女優さんの中でも群を抜いてる
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

天才的ドライバーテクニックを犯罪に利用された少年の話し。
たまたま盗もうとした車の持ち主がギャングだったことから強盗のドライバーとして雇われる。音楽とリズムのセンスがとてもいい作品。

赤毛のアン(2015年製作の映画)

4.0

何度観ても名作。
わかってるのに泣いちゃう。
泣きたい時に観て。

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.8

筋ジスの青年と介護士の話し。
家から一歩も出ず世間知らずの青年と息子を亡くし妻から離婚を迫られるが決心がつかない男が世界一深い穴を見る旅に出かけるロードムービー。
2人が一歩ずつ成長していく姿は微笑ま
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.4

ちょうど日本のバブル世代のようなパワー全開アラフィフ女子の話し。
もう落ち着いてほしい。

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

3.5

仕事も結婚も手を抜かないキラキラアラフィフの話し。
ハリウッド女優とは言え若くないサラ・ジェシカ・パーカーの20代のような演技
はキツい。

>|