vanillaさんの映画レビュー・感想・評価

vanilla

vanilla

映画(1689)
ドラマ(77)

砕け散るところを見せてあげる(2020年製作の映画)

3.4

期待したような意外性はなかったかな。タイトルの意味も結局よくわからなかった気もするし、原作はラノベ?と言われるとこういう意味不明なタイトルがつけたかっただけなのかなという気もするし。

ストーリーはと
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.9

どう死ぬかってことはどう生きるかってことなんやろなぁと。
社会は我慢の連続で、我慢のわりに楽しくなくて、でも空が広い。
どうオチをつけるんだろう、どうかハッピーエンドであってくれと祈るような気持ちでし
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.2

私がもう少し若くて夢見がちで現実見えてない有村架純だったらまた違った感想があったんだと思うけど、結婚して子供もいるとそうもいきませんでした
趣味がすごく合うように見えても別の人間やからね。お互いの人生
>>続きを読む

リトル・マーメイド(1989年製作の映画)

3.5

当時としては新しかったんかな?おしとやかじゃないプリンセスっていうのが。
王子の人間性に深みがなさすぎて、結局アリエルが美人やったからやろ?ってなってしまいますね

ラストレター(2020年製作の映画)

2.8

申し訳ないけどいろいろ気持ち悪い。勝手に大型犬買ってくるとか人としてありえない。挙句他人に押し付けて引き取ってくれないと保健所行きです〜って、のんきな恋愛物語の中に入れるには無神経すぎると思います
>>続きを読む

お静かに(2017年製作の映画)

3.5

最後にちょっと救われた
規則は規則でそういうものなのに融通を効かせろって言ってくる人はどこにでもいるよなぁ

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.6

内容は浅いけど演技がいいので飽きることなく見れました。
歪さの演出がしっかり悪意あるところがよい。ソバカスがあるのがずっと気になるよね。子連れ再婚はよーーく考えましょうというお話
母親失格って簡単に言
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.8

ださい邦題と日本版のポスターのおかげで、てっきり日本でよくある『庶民の私がひょんなことからお嬢様校に転入して主席で御曹司の生徒会長に目をつけられちゃった…あんな奴が気になるなんてありえない!』というの>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.5

・アイツーのくだりは完全に省略
・アーマードミュウツーかっこい〜〜〜
・ボイジャー(小林幸子)の「波止場のキャモメに聞いてみな」で!?てなるも、そういえば昔はキャモメっていなかったよね
・サトシのゼニ
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

-

(´・_・`)
ヨナスと同じくらいの子がいるので………………

こういう気持ちになりたくて映画を見ているわけじゃないんだよ

エヴァの告白(2013年製作の映画)

3.2

どのマリオン・コティヤールが1番地雷だったかな選手権する?
生きるために体を売ったことよりも生きるために男の好意を利用し翻弄しかかわる男とそこにくっついてた女を次々不幸にしていった事実の方がよっぽど罪
>>続きを読む

ティーンスピリット(2018年製作の映画)

3.5

音楽映画でよくこんなに地味にできたなというくらい地味ではあるけど、エルファニングの歌声と透明感を堪能して最後までサラっと見れたので良作。ストーリーとしては少年ジャンプの読切くらい。
田舎怖い
音楽映画
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.1

オリエント急行への敬意を感じたと思ったら感じなかった
いやーだとしてもとばっちりはよくないよね

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.5

ええ話や
高橋一生ってそんなかっこよくないけどかっこいいよね

LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て(2018年製作の映画)

3.5

いいじゃないですか。予算いくらくらいだったんだろ。
ヘッドホンで見てたから怒鳴り声が多くてちょっと疲れた。

スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち(2020年製作の映画)

3.5

映画史や女性の社会進出の歴史に興味がある人向け。女性スタントたちへのインタビューがメイン。女性のアクションがある映画をたくさん見ていたらそこそこ楽しめるかも。
内容はともかく、背景にピント合っちゃって
>>続きを読む

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

4.0

公務員のイメージは万国共通…なのかな
生命力強いなあ
イタリア人じゃなくてよかった

クリスマス・クロニクル(2018年製作の映画)

-

子供2人でお留守番ってありなん?アメリカではアウトでは?
個人的には子供を育児の人手としてカウントするのって虐待だと思う
冒頭から喧嘩の理由も聞かずにハグして仲直りしろ!とかお兄ちゃんらしくして!とか
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.8

ラブコメかと思ったらコメディだった
霧のニューヨークにちょっとガニ股な飄々としたシャラメくん、おしゃれ
笑い声が印象的な彼女はどうなるのかな
ポスターネタバレじゃない?本当日本のポスターってセンスない
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

4.3

登場人物多いんだけど多様性を意識したら自動的にそうなったのかは不明ですが、みんな容姿がバラバラなのでとても見易い。

最近LGBTQモノ本当に多すぎるなと思いながら見始めたけど、普通の恋する女の子がい
>>続きを読む

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

4.4

目を合わせることも許されないんですね。 ベタなのかもしれないけど異文化の普通のラブストーリーっていいなぁ。
昔韓流ドラマが流行り出したときおばあちゃんズがこぞってヨン様見てて、何がいいのか聞いたら「日
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.2

脚本も!!!演出も!!!陳腐すぎる!!!
令和やぞ!!!
なんでこんなんやろうと思ったんやろ??逆にすごいわ

キャストがやたら豪華な感じがするのが痛々しくて辛い
がんちゃん、お芝居けっこうやってるよ
>>続きを読む

今さら言えない小さな秘密(2018年製作の映画)

3.8

はたから見たら大したことない秘密でも、地域や文化にとってはものすごく真剣な悩みだったりするんだろうなぁ…
ずっと何してんねん感はあったけど可愛くてほっこり。
アメリの脚本の人なんですね

ひとよ(2019年製作の映画)

3.5

原作はとっ散らかってる上に文章も下手なので面白くなかったんですけど、白石マジックでちゃんとまとまりのあるストーリーになっててありがたい

親のせいなのかもしれないけどいつまでも親のせいにしててもどうに
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.7

映画だから綺麗にまとまってるけど実際はこんないいもんじゃないみたいだし、赤ちゃんを危険に晒すシーンとか胸糞
身内は地獄だわ
途中でこれ戸田奈津子だな?と気付いてしまうとああ戸田奈津子だなぁという目でし
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.2

高校生必見!!
ピカソのくだり笑った。
高校の友達っていいよな〜〜〜
それにしても最近の映画はLGBTQと人種差別に配慮しまくりで窮屈だなと思う。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.7

スティングの人って知らなくて見ててどえらい色気のあるおじさんやなって思ってた(´・_・`)

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

3.9

瑞々しいー!!!
主演の2人の歌の上手いこと!!
アフレコ感が強すぎたり脚本的なツッコミどころや映画的なアレコレはおいといて、ティーン向けだと思えば素晴らしすぎるくらい素晴らしい青春映画でした。
オー
>>続きを読む

スピードキューバーズ: 世界を見据えて(2020年製作の映画)

3.6

マックスに友達ができてよかった
1人でやる競技は寂しいからね…
2人の選手のストーリーよりも、序盤の片手とか足とか4x4とかカチャカチャやってる群衆の方がテンション上がった

これからの人生(2020年製作の映画)

3.3

モモのこれからの人生が明るいものでありますように

>|