vanillaさんの映画レビュー・感想・評価

vanilla

vanilla

アメリカン・フィクション(2023年製作の映画)

4.0

差別してるつもりはありませんが、
↑この文脈で『が』を使う場合この前の部分のことはぜんぶ嘘だということに本人は気付かない

人種差別に限らず、生活の中に満ちているちょっとした思い込み。毎日使ってたけど
>>続きを読む

ショーイング・アップ(2023年製作の映画)

3.0

私が芸術家だったらもっと集中したいものだけど、いかんせん生活するって忙しいんだよな。
鳩は自由の象徴
あの焼物が創作物として素晴らしいんかどうかは1ミリもわからなかった

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

4.0

池松くんほんと面白い、池松くんと松岡茉優の掛け合い永遠に見れる
三浦貴大すっかり好青年じゃなくなった。これはこれで
よく考えたら変な話なんだけど
役者さん全員挙動が上手すぎてよい
とてもよい…

(2022年製作の映画)

3.4

母親役の演技はくどかったけど吉村界人当て書きなのだろうか…似合いすぎている。金髪に上下ピンクよすぎる。

きっと地上には満天の星(2020年製作の映画)

3.6

この母親、知能や行動に問題があるのはおいといて、搾取された成れの果てなんだろうなと思う。
産ませたやつはどこに行ったのか。優しい顔して寄ってくる男たちも結局搾取する側じゃないか。

HIDEO KOJIMA:CONNECTING WORLDS(2023年製作の映画)

3.2

小島監督はたくさん本や映画を紹介してくれるので好きです。次何読もうかなって思ってる時に参考にしてるし、近所の紀伊國屋には小島セレクションコーナーもあるので信頼してます。

正直半分くらいはきいたことあ
>>続きを読む

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

3.7

ホアキンずっとかわいそうやったな…
構成は途中までは『異端の鳥』に似てるな〜と思いながら。

ユダヤ教では母=神だそうです。
私は弟と息子と娘がいるのでよく知ってるんですが、息子に対してだけなぜか極
>>続きを読む

もっと超越した所へ。(2022年製作の映画)

3.9

わかりみしかない…となって頭を抱えた
娘には「一人暮らししたらチャリを買え」と教えたい

そばかす(2022年製作の映画)

3.6

三浦透子だからよかったみたいなとこある マイペースなのはいいけど30過ぎて実家でダラダラして『私はこのままでいい』とか言ってたらそりゃ結婚するか出ていくかしろよって言われるよ
妹のあの感じ、姉が音大出
>>続きを読む

ノースハリウッド(2021年製作の映画)

3.6

主人公ぱっと見イケメンなんだけど見てて辛くなるくらいとことんダサい、さすがA24と言わざるを得ないダサさ
二言目には言い訳、自分の非は認めない、全体的に話を盛る、目先の利益のために些細な嘘をつく、すぐ
>>続きを読む

ONODA 一万夜を越えて(2021年製作の映画)

3.7

フィリピンを舞台に日本兵を描いた謎のフランス映画。ブラックアウト多用。このテンションで3時間はさすがに長い。
平たく言うととんでもなく頑固な生命力オバケ
信じてたもの、なくなったからもういいよ!って言
>>続きを読む

ポップスが最高に輝いた夜(2024年製作の映画)

4.8

こんなに突貫で作られた曲だったとは
AMAのついでに集められるだけ集めて徹夜で録る!テロ起きなくてよかったね
考えたこともなかったけど、今と違ってアナログ録音だから、撮り直すたびに巻き戻しに5分かかる
>>続きを読む

ペトルーニャに祝福を(2019年製作の映画)

3.5

仏教もキリスト教も基本は男尊女卑なので、宗教色の強い田舎なんてのは信心深くない人間からしたらカルト宗教のやべー村と一緒なのである。
そんな村に争うのと、そんな村にさっさと見切りをつけるのと、どっちが正
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

4.0

発表されたときはクソ映画ハンターの血が騒ぐなぁ!くらいに思ってたけど、思った以上に評判がいいのでのこのこ見に行った。
駆け足で若干説明くさいところはあったけど、原作ファンへ失礼のない作りになってたと思
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.5

食わず嫌いせずにゾンビも見ようと思ってみた
初心者向けゾンビって感じだった
見るタイミングが悪かったのか、「まず飲み水の確保やろ」「電気どっからきてんの」「トイレとシャワーは?」「ゾンビ以外にも感染症
>>続きを読む

地獄の更生キャンプ(2023年製作の映画)

3.0

主催者が「なんだかんだいって体罰は必要だと思うんだよね〜」の考えを曲げないので、反省してないなってのが伝わった

BAD LANDS バッド・ランズ(2023年製作の映画)

3.6

ネイティブ関西弁の脇役がいると、出ずっぱりの安藤サクラの関西弁は終始気になるけど、この手の映画にしてはましな方だと思う。
山田涼介には『頑張ってて微笑ましい』くらいの期待をしてたので『とても頑張ってて
>>続きを読む

ヴァルハラ・ライジング(2009年製作の映画)

2.8

この監督の暗い感じも北欧ヴァイキングの感じも割と好きなんだけど、荒い合成とかはおいといてもシンプルにおもんなかった
マッツの髪型はいい感じです

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

3.3

オカルトには全く興味がないけどラッセルクロウが好きだから見た
原チャでトコトコ移動するラッセルクロウを拝むのが目的だったからそれでよし
トータルしてなんか神父って大変そうやなって感想に終わりました。絵
>>続きを読む

65/シックスティ・ファイブ(2023年製作の映画)

3.3

別の文明から星間飛行でやってきたアダムドライバー(←面白い)が、恐竜絶滅の隕石が飛来する日の地球(←面白い)に不時着してなんやかんや
設定だけ見たらいくらでもオモシロB級にできそうな感じするんだけど。
>>続きを読む

Saltburn(2023年製作の映画)

3.9

イギリスの貴族階級のおぼっちゃんのキャンパス格差社会ライフ映画は大好物なので楽しく見れた。数学オタクのキモ男くんもいそうな感じでよい
バリーコーガンくん、水色の瞳が実にミステリアスだし、ボクシングで鍛
>>続きを読む

ラーゲリより愛を込めて(2022年製作の映画)

4.0

ニノの演技もいいし、ヤスケンもよかったな
原作の『ラーゲリから来た遺書』をこのタイトルにしたのは暖かくてよい

歌のシーンやわざわざ音読するシーンなど、いかにも東宝と瀬々監督の好みそうな演出や、新品の
>>続きを読む

デヴィッド・ホームズ 生き残った男の子(2023年製作の映画)

3.8

撮影中の事故で半身不随になったダニエル・ラドクリフのスタントダブル、世界一箒に乗った人の話
スタント1人じゃないってのがまた重いし、半身不随になったのが底じゃないのも辛い
なるべく自分でアクションした
>>続きを読む

カード・カウンター(2021年製作の映画)

3.7

なんでR15+なんだろ〜と思いつつ前知識ゼロギャンブル知識ゼロでなんとなく見始めて、中盤でやっとアブグレイブ刑務所捕虜虐待事件の話であることに気付き、なんとなくで見るんじゃなかった
オスカーアイザック
>>続きを読む

帰れない山(2022年製作の映画)

3.4

私は山から出てきた人間だから、山に憧れる人、山から出ていけない人、山に囚われる人々の気持ちが少しずつわかる。親友とは言っても他人だから別の生き方を選ぶしかない。
基本人は日照時間の短い雪深い山奥にいる
>>続きを読む

アステロイド・シティ(2023年製作の映画)

3.4

ウェス・アンダーソンとAsdは親和性が高いと何かで読んだけど、今回は特にその要素が強かったように思う
地球の外の方が居心地が良さそうに感じる子供心。宇宙的孤独。

エイドリアンブロディってスタイルいい
>>続きを読む

パウ・パトロール ザ・マイティ・ムービー(2023年製作の映画)

3.8

お馴染みの導入シーン、まさかの空母で登場したのには度肝を抜かれた
パウタワーが隕石で倒壊したり、道路を封鎖して飛行機を着陸させるなどスケールがでかい。作画も良い。予算が違う。
故にエンドロールが10分
>>続きを読む

ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り(2023年製作の映画)

3.5

元ネタを知らずになんとなく見た。
変身シーンがとてもよくできてて好きだった。角子ちゃん可愛い。
私がなんとなく想像していた『ダンジョン』のシーンはそんなになかったけど、でっかい迷路のシーンとかワクワク
>>続きを読む

#マンホール(2023年製作の映画)

3.2

ツッコミどころはあるものの、どうせダメな方のクソ映画なんでしょって思って見てたら意外なくらい面白かった
中島さん、華はないけど嫌いじゃない

終わらない週末(2023年製作の映画)

3.6

イーサンホークが普通のアメリカ人って感じでとてもよかった。ジュリアロバーツとの組みあわせもどんなもんかなと思ったけど違和感なく。
何が起こってるのかはっきりしないまま進んでいく…というスタイル自体は面
>>続きを読む

インディ・ジョーンズと運命のダイヤル(2023年製作の映画)

3.2

インディジョーンズはクリスタルスカルしか見たことなくて、ハリソンフォードが好きじゃないのもあってなんかずっとバタバタしてるなぁってなった。そのお約束を楽しむ映画なのだろうけど。
このヒロインみたいな勝
>>続きを読む

Studio 666 スタジオ666(2022年製作の映画)

3.4

Foo Fightersのみなさんがアルバム制作のために曰く付きの館にやってきてどんちゃん騒ぎ
果たしてメンバーは取り憑かれたデイヴグロールを尺内に取り戻すことができるのか!?

オバケは落書きみたい
>>続きを読む

森のムラブリ(2019年製作の映画)

3.3

ムラブリ語に惹かれてムラブリの生活を追っている言語学者の伊藤雄馬氏を追った動画。ナレーションもなく、ドキュメンタリーというより本当に追ってるだけでこれだけだとただの動画なので、伊藤氏のインタビューを読>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

子供がいるから思うんだろうけど、親の愛も無限じゃないんだよね。私がこの母親の立場だったら間違いなく3歳の時点で育児放棄してる。愛情だけでこの子供育てられないもん。こんなに熱心に向き合えるのサイコパスく>>続きを読む

>|