GGおぶつさんの映画レビュー・感想・評価

GGおぶつ

GGおぶつ

子供向けの映画が好きなアホです

映画(194)
ドラマ(0)

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

ヒューマンコメディ
あることをきっかけに堅物家族が変わるってよくあるやつ
今回のは堅物というより、素直になれなかったり、過剰な心配性だったりなので、感情の変化が早くてとっつきやすいかも

メリッサ・マッカーシーinザ・ボス 世界で一番お金が好き!(2016年製作の映画)

3.8

経営運営はちゃめちゃキャットファイト
社長崩れで性格悪いけど、まあまあ見れた

エブリデイ(2018年製作の映画)

4.1

アバウト・タイムみたいなSFチックな恋愛映画
この手の映画は男女ともに一途の殴り合いだし、直面する問題も独特でフィクションとして考えられるためかすごい好き
いい映画

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.6

誰を信じればいいのかわからなくなる映画
いい感じのアクション映画
人が多分死んでない

七人のおたく cult seven(1992年製作の映画)

3.2

ウッチャンナンチャンがでてる
各オタクが集められてなにするの?え?誘拐?!って映画
だんだんと結束していくのが良かった

宇宙兄弟(2012年製作の映画)

3.7

事故と就活
漫画の実写化にしては良いのではないでしょうか
若干不完全燃焼なので、漫画読みたくなるね、誘導されるね

ロボコン(2003年製作の映画)

3.4

普通の青春部活映画
合宿を通して、各自欠点をみつけ、いつの間にか補てるのすごい好き

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.9

見よう見ようと思って先延ばしにしてた作品
始め見たとき、こんな感じだっけ?ってなったけど、楽しめた

神様はバリにいる(2014年製作の映画)

3.8

人生良くするためのきっかけになるありきたりな映画
本当にありきたりだなぁとは思うけど意外とできないもんなのよね〜

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.0

ミュージカルコメディみたいな映画
ただただはちゃめちゃでガハハって感じの映画

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.2

マルコヴィッチの穴的なホラー映画
最後はなるほどねって感じ
挿入歌?が関根さん…関根さん…って空耳で聞こえた

トリック 劇場版(2002年製作の映画)

4.0

内容の重さ、面白さが一番だと思う
他のやつだと上田が言いよるのが多いかったけど、これは山田がちょっとドキドキする最後なのでウフフってなる

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル(2010年製作の映画)

3.6

なるほどね
過去のドラマとも関連があってなるほどねって思った

トリック 劇場版2(2006年製作の映画)

3.4

堀北真希がすごいかわいいなって思った
今回のトリック、なるほど〜!っていうのがなかった気がする
あと他メンバーがあんまりうまく活かせてなかった気がしてならない

ファンキーランド(2012年製作の映画)

2.0

才能はあるけど環境が悪い主人公が振り回される話
登場人物がみんなムカってした

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.4

会話とセックスはとても大切って話
旦那の方が最初悪い感じがあったけど、妻の方も悪いところはあって、お互い大切にしてるし、成長というかわかり合っていく手立ての作品
身の上話をすると、母親にいい映画だった
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.4

真面目な家系に生まれた主人公、祖母が死んで独り身になった祖父が実ははちゃめちゃだった
王道コメディですね、真面目がはちゃめちゃと行動して視野が広がるタイプ
相手がおじいちゃんだから新鮮味があった

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.2

登場人物が色濃い
途中飽きちゃったけど、みてくとなるほど面白いわって思った
登場人物の色濃さから、世に蔓延るクソモンスター映画ものはこれを基準にしているんだなと思った

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.9

流し見だけど、ありきたりな恋愛映画にミュージカルを足した印象が強かった
すごい男は思い続けて結局独り身みたいな作品多くない?
ちょっと憤っちゃう

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.2

冴えない探偵とその娘、暴力の探偵が一緒の案件をやる話

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.0

何が言いたいのか最後五分前までわからなかった
絶頂から絶望を味わってた主人公が、自分に合った居場所を見つける話
異教徒との恋愛は難しいんだなって思った

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

2.8

ゴジラ映画初めて見たけど、おもしろさがわからなかった
マフィア梶田がでてて笑った
ネズラを見てる気分になった

サファリ(2013年製作の映画)

1.7

THE.B級映画、みんな死ぬ
道中徒歩と喧嘩と死ぬシーンが淡々と続く
感想はない

タキシード(2002年製作の映画)

3.2

頭空っぽで見れるアクションコメディ映画
ジャッキーがフーターズカフェのシャツ着てて笑った

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

5.0

犬が死ぬ映画はずるい
犬が輪廻転成して生きる意味を見つける映画
ことごとく可愛くて愛おしくて
死ぬシーンは毎回涙ぐんだし、最後はもうボロボロよ
途中緊迫シーンもあるからあんまり飽きずに見れた
良かった
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.6

前半はフォレストガンプの経歴、後半はその後ってなお話
前半は面白かったけど、長い
ヒロインが何がしたいのか汲み取れなかった

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.3

子供(16くらい)の賢い犯罪者と、それを追うFBIのお話
機長、医者、弁護士と次々と偽装ながら、偽装小切手でお金を貯めたらまた別の場所へ
本当は壊れたものを全部戻したい一心、子供心と大人になりきれない
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

総理大臣を目指してコネクションの強い生徒会会長を目指す話
執拗までに生徒会長を目指して、手のひらを返したりしっぽをふったりする意外な理由があってすごかった

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

4.4

監督がシルベスターローンじゃないだけで、印象がすごい変わる気がする
ワンと同様、心残りというか意外性というか、見ていて不気味ながら引き込まれるものがある
2.3.4は障害とかありながらもロッキーが戦う
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.1

ロシアとの対比、結果的に国を超えて愛されるロッキーって作品
国辱チックなのが多かったり、あのロッキーの曲ではない揷入歌が長々入ったりした
試合描写が突き飛ばし、投げありでどうなんだい?って思った
1,
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.5

死別、敗北、恐怖、マイナス要素が生まれた中でかつての戦友と共に打ち勝つって感じ
人間味があってよかった
ここからクリードにも繋がるらしいので見て損はないかなって感じ

ロッキー2(1979年製作の映画)

4.4

家庭をもったり、選手生命が危ぶまれたりで、前回と環境がガラッと変わった今作
普通の映画なら責任に追われた時、当たり散らしてしまうことが多い
だけど、ロッキーは人として本当に強く、エイドリアンを信じ、周
>>続きを読む

>|