あはさんの映画レビュー・感想・評価

あは

あは

映画(107)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

第二次世界大戦といった戦争の話だから難しい内容かと思ったけど、映像も可愛く、内容も見やすかった。自分みたいな若い子が見ると改めて戦争について考えられるからすごくいい映画だと思った。
ナチスとユダヤ人に
>>続きを読む

天使の涙(1995年製作の映画)

3.6

カメラワークが独特。
上から撮ったり、下から撮ったり、すごい近かったり。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

劇場で見た。

大感動!ジブリが一番!!宮崎駿さんに大感謝!

スクリーンだとストーリーをしっかりと見ることができた。
テレビだけじゃ伝わらないジブリがこだわっている背景や色彩、細かい演出がじっくり見
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

3.8

やっと見れた。

オシャレでシニカルな女の子最高。

最後はちょっと暗めに終わった。

GO(2001年製作の映画)

3.7

意外と痛々しいシーンが多かった。
お父さんがいいキャラで、タクシーから公園で戦うシーンまでよかった。

自分は世の中に対して、無知だからか何故、在日韓国人があそこまで差別されるのか理解できなかった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

やっと見れた。

自分が行きたい道へと母親との意見のすれ違い、環境が変わる手前の期間は親と意見がぶつかりやすく、どんなに話しても平行線なところが共感した。

ストーリーに大きい緩急はなかったけど、学生
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.7

音楽が名曲ばかりだった。
ラストシーンUnderworld合っていた。

映画自体は陽気な雰囲気で音楽もいいし、テンポも良かったが、内容はキツい。

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.6

アジア映画をはじめてちゃんと見て、新鮮だった。BGM香港感、疾走感のあるブレブレなカメラワーク。全体の色も古く、黄味がかかってる。

二つのストーリーは繋がってるのかと思ったが、繋がってなかった。

色即ぜねれいしょん(2008年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃよかった。
男子高校生の青春!エロで頭がいっぱい!
男の子になってくだらないことではしゃいでみたかった。

出てくるキャラもみんな良い。
曲も良い。
臼田あさ美がかわいい。

僕らのミライへ逆回転(2008年製作の映画)

3.7

ちょっとした細かい演出や手作りの映画を作るという設定がもろミシェルゴンドリーぽくてよかった。

出てくる有名映画をちゃんと見てたらもっと楽しめそう。
街の人たちがこんなにも一つになれるっていいなあ。

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

4.0

くだらない会話が学生っぽくてすごい好きだった。クスクス笑える。
海にブーメラン投げるシーン笑った。

全体的にゆるい。
それぞれの空白の15年が少し考察できるような内容で面白い。

ハイ・フィデリティ(2000年製作の映画)

3.8

過去の恋愛について振り返るの面白い。
視聴者に語りかけてストーリーを進めてくる形、わかりやすく良かった。

有名アーティストの名前がいっぱい出てきた。

トゥループ・ゼロ~夜空に恋したガールスカウト~(2019年製作の映画)

3.9

子供達それぞれにキャラ設定があって、ドタバタだけどみんなで一つのことに向かって努力する、ありきたりなストーリーだけどすごい好きだな〜。かわいくって笑える。

途中のボウイの曲よかった。

左様なら(2018年製作の映画)

3.9

良い。

クラス内のカーストや会話の内容があぁ〜あったな〜って思った。

細かいところは深掘りされていなかった。

死後の綾と会話してから今までのことがフラッシュバックされ、幼なじみとのラストまでがよ
>>続きを読む

サッドティー(2013年製作の映画)

3.8

みんなそれぞれの恋愛をして、
そして繋がっていて最後の海のシーンは修羅場で面白かった。
どの男も単純すぎて笑った。現実もこんなもんだよな〜。

演技も会話の間もリアルだった。

音楽がかっこよかった。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

普通に働いて、普通に家庭があるような世間一般の人たちよりも少し暗い世界で生きている人たちのストーリーでリアリティーがあった。

蒼井優の情緒不安定な演技もよかった。

最後のホームランでスカッとした。

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

3.4

色彩もカメラワークも良いし、テンポ感も好きだけど、ウェスアンダーソンの映画はなぜかいつもストーリーにのめり込めない!

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

人生やり直せる。外に出ていろんな物や人に触れ合うことで自分の人生は大きく変えられる。

実家に引きこもってるときは、どうしようもないくらいだらしなくてヒモ女だけど、外に出て他人と会話するときはコミュ障
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.6

勝手にもっと恋愛要素が強い映画だと思っていた。人生観のストーリー。

人生一度きり。タイムトラベルというパワーがあるからこそそれが実感でき、毎日を噛み締めて生きていく。

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.6

すっごくよかった。

170分もあるのに退屈に感じないくらい、二人の約10年の物語に感銘を受けた。
ロランスの30年以上も女性の心を潜めていたことに切なさを感じるが、男と女として出会ったのに彼から女性
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.2

ピンクとパープルの世界に彩られていて、ダークな部分は調和されていたけど、なかなかキツかった。

目がない子のストーリーぐらいがちょうどよかった。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.5

それぞれの一晩のストーリー。

物語に大きな波があるわけではなかった。

エンディング良い。

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

3.7

THE青春映画。
ガールズバンドでブルーハーツは熱い。

高校生のときに少しバンドやっていた時期を思い出した。

真っ白のシンプルなバースデーケーキ良いな。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.0

こんな恋愛映画はじめて。
たったの1日だからこそ深まる愛。この出逢いと別れは憧れる。

二人とも聞き上手で話し上手。

レストランでお互いの友達に電話するフリのシーン良い。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ドタバタ感いいなあ。

何度言い合いして喧嘩しても家族は家族。

ミスコンダンスシーンは笑った。あの下品なおじいちゃんが選曲して振り付けまで考えて孫に踊らせようとしてたのがまたいい。見たかっただろうな
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

3.8

男臭い青春映画。
面白いシーン
エグってなるシーン
かわいいシーン
いいシーンたくさん。
終わり方も好きだな。

ミッシェルの曲がすごくあってる。かっこいい。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.5

出会いと別れの話。
世の中の恋愛もこの映画のように出会いと別れを繰り返して本当にいい人見つけてくんだな。

サマーかわいい。

>|