シャロンさんの映画レビュー・感想・評価

シャロン

シャロン

映画(432)
ドラマ(0)

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

4.2

1と比べこれは格段と進化している。

どうしてもサム・ライミ版と比べられてしまうのだが、これはこれで良かった。
今作を観るとスパイダーマンがスパイダーマンになったのは偶然ではなく必然なのだとわかる。
>>続きを読む

カムバック!(2014年製作の映画)

4.1

動けるデブ。

恋をしたことでサルサダンサーとして過去の栄光を取り戻そうと奮起するブルース。

ライバルを含めなんとも憎めない個性的な登場人物たちが最高。
特に恩師のツンデレ感は好き。

ダンスでのバ
>>続きを読む

荒野の1ドル銀貨(1965年製作の映画)

4.0

西部劇。やはり西部劇は男臭い!

なんともタイトルは好き。銀貨に命を救われた男

仲間意識が強く、妻を大事なする。
あまり悪役に恐ろしさを感じないが主人公の無双っぷりはスッキリ。
ストーリーもしっかり
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.5

何とも型破りな映画。

冒頭レイプされたのにも関わらず、何事もなかったかのように片付けして風呂入って寿司頼んでと。
もうこっから普通じゃない。

息子、親、職場と多面的な部分が見え最後までミシェルの本
>>続きを読む

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.3

全編をiPhoneで撮影したという異色作。

なかなか内容も異色でトランスジェンダーのドタバタ劇。


クリスマスイブなのにまったくクリスマス感のない不思議な映画。
内容うんぬんよりも雰囲気を楽しむ作
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

4.1

甘い誘惑には要注意。

気弱な男がバイオレンスな彼女と6万8000ドルを盗み出す逃避行劇。
バイオレンスコメディといった感じ。なかなかグロかったりするが、もうそこは振り切っていて観てて清々しく思えたり
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.9

0時になると1920年代へとタイムスリップする。

パリの街並みが本当美しい。これぞ雨の日映画ともいえる程パリ+雨は素晴らしい。

「現在って不満なもの。それが人生だから」
これわかります。いつの時代
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

演技派スパイ達。
予想はつくが敵を欺く彼らの仕掛けはまさにざまぁー!

冒頭からシリアスな展開から1を思い出させるやり取りはやられました。
結構終始シリアスというかイーサンの哀愁が漂う。

アクション
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.5

少年、少女達のお泊り会。

お泊り会ってのが新鮮。一晩の若者達の群像劇ですが、出てくる登場人物達がもう可愛らしく愛おしくなる。
ほろ苦い経験も含めこう大人になっていくんだなとどこか懐かしい気持ちになる
>>続きを読む

ハンコック(2008年製作の映画)

3.8

飲んだくれ荒くれ者のスーパーヒーロー。

アベンジャーズやジャスティスリーグ等ヒーローものの中でも異色の作品ですが、人間味があり1人の男の成長物語として楽しめました。
だんだんとヒーローとしての自覚が
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

4.3

45日以内にパートナーを見つけなければ動物になる。

本当シュールな映画。


独身者は罪という街とリア充は罪というレジスタンス達の対比が斬新な設定。

ブラックユーモアにとんでいて、時折笑ってしまう
>>続きを読む

アドベンチャーランドへようこそ(2009年製作の映画)

4.0

夏が終わる。

夏休み映画。まさにこれ観てて学生時代の夏休みが愛おしい。


旅行に行くはずがお金の問題で遊園地でアルバイトをすることになった主人公のラブコメ物語。

80年代の曲といいファッションが
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.6

これはシリーズ最高傑作でした。

まず最初の飛行機に飛び乗り、あのテーマ曲が流れるタイミングが秀逸。

これまでの中でチームワークを活かす展開が多く、最後はもう爽快!
これぞ「やられたら、やり返す」
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.9

年上の女性に恋した少年のほろ苦い青春物語。

学校を辞め働くことにした少年。あらゆる誘惑も1人の女を愛す姿は微笑ましい。
もう童貞感満載。
「タクシードライバー」に通づるものもある。

ホットドッグと
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.4

ミッション完了!
もうこのセリフのシーンに尽きる。

チームワークを上手く活かしたミッションが多い。

ビルのシーンだったり終始手に汗握る展開でハラハラ感があり最高です。

現場デビューのベンジーが初
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.0

「どんな暗い夜も、いつか明け日は昇る」

王政に抑えられ貧しい生活を送ってた当時のフランス。
信念を貫き通す登場人物達に感化された。
ジャヴェールも一般的には悪役かなと思いきや、彼も信念を貫き通しただ
>>続きを読む

ほしのこえ(2002年製作の映画)

2.9

時空を超えた遠距離恋愛。

30分程の時間なのでサクッと観れてありがたい。

インターステラーを思い起こす。

エース・ベンチュラ(1994年製作の映画)

3.2

ペット探偵エースベンチュラのドタバタコメディ。

若かりしジム・キャリーがまあキレッキレ!
全編ジム・キャリーの顔芸と体を張ったギャグの連発。

とんでも展開の作品ですがただただ笑いたいときにいいね。

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

4.2

ミッションインポッシブルシリーズはこの3作目から面白くなってくる。

物語の終盤のシーンから始まる展開がこれまた新しい。
あの変装マスクの作る工程が観れる。

そしてベンジーの登場を始め上手くチームワ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.8

前作と変わりアクション全開になった2作目。

ちょっとチームプレイやらガジェットが減りスパイ映画としては盛り足りなさ感じる。

でもアクションシーンはいいね。
終盤のバイクでのカーチェイスはさすが。や
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

4.0

なんだか昔鑑賞したはずですが、改めて鑑賞。
意外に覚えてなく面白く鑑賞できました。

今観ると、迫力は欠けるが結構ハラハラ。
特に有名な宙吊りからの汗ね。

アクションよりもサスペンス色が強め。

>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

4.0

架空のヒップホップグループをドキュメンタリータッチで描いた作品。

カメオ出演がめちゃ豪華。

下ネタ満載のやりたい放題の歌詞が最高。
ゲイソングは爆笑してしまった。

でも最後には感動しちゃうんです
>>続きを読む

ラビリンス/魔王の迷宮(1986年製作の映画)

3.4

世界観が素晴らしかった。

子供向けなのかなと思いましたが、結構楽しめました。
舞踏会のシーンなんかすごい。

しかしこの作品はなんといってもデヴィッド・ボウイの美しさ。
デヴィッド・ボウイでこそ成り
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

4.3

死後の世界はあるのか?

霊媒師の能力のある双子の兄妹。先に死んだほうが死後の世界からサインを送る約束をする。

なんとも不思議な映画。
ホラーなのかと思いきや後半携帯に謎の人物からメッセージが届き始
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.5

まさに実話ものといった作品。
もっとお涙頂戴作品なのかとも思っていたが、結構大きく盛れるであろう展開もあっさりしていてそこが逆に好き。

スラム街でホームレスの暮らしをしてる青年がある家族に育てられる
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.6

王を称えよ!

1作目に続きまさにスペクタクル映画。
まず1のシーンのハイライトのようなオープニングの演出が素晴らしい。
1よりも嫁姑問題や親子愛などヒューマンドラマよりにはなってはいるが、アクション
>>続きを読む

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.6

ハングオーバー的酒飲んで騒いで事件に巻き込まれる。
時折ある映画な感じたが、こういったノリの映画嫌いじゃない。

下ネタ満載。最後には友情再確認。
普通に笑えるし軽く観れる映画です。

オーストラリア
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.5

まさにインド映画の伝説誕生。

「300」や「ロード・オブ・ザ・リング」を彷彿とさせるような大作。

なんともベタというか過剰な演出がもう清々しく気持ちいい。

ラブシーンのとこのはすごい。まさに自然
>>続きを読む

普通じゃない(1997年製作の映画)

3.4

誘拐犯と誘拐された女の恋物語。

不倫やら離婚やらの現代。どうにかしようと天使達が立ち上がる。

設定としては「普通じゃない」が内容としては普通のラブストーリーでした。

若かりしキャメロン・ディアス
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

4.0

サイコパス映画。

容疑者はバラバラながら同じような手法の連続殺人事件。
終始不気味なBGMとワンカットごとに緊張感がある。

突拍子に殺人が起きる展開。

そして最後の意味深なファミレスのシーンはゾ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

なんて脚本だ。

もうデッドプールというジャンルがあってもいいんじゃないと思うぐらいめちゃくちゃなのだが、それで成り立ってるあたりがすごい。

様々な映画ネタが出てくる。
「氷の微笑」の下りは停止して
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.4

時の流れには逆らない。

ベンジャミン、老人に産まれ、どんどん若返っていく肉体。
でも結局は普通の人生なんだなと。

3時間近い作品ですが、映像がすばららしく。飽きることなく観れました。
なんといって
>>続きを読む

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

3.6

つかの間地球消滅。

ガーディアンズオブギャラクシーをよりおバカにしたようなノリの作品。
個性的なキャラ達特に大統領が最高すぎる。
世界観やアニメ調の説明シーンなんかは面白い。


少ネタをもっと知っ
>>続きを読む

007は二度死ぬ(1967年製作の映画)

3.8

日本が舞台の007。

このレトロ感のある日本描写嫌いじゃない。
そして日本人初のボンドガールもお綺麗なこと。

何気にあの小型のヘリコプターはお気に入りだったりする。

終盤の忍者(?)軍団とスペク
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.6

これは良い意味で予告編に騙された。

予告を見た段階では時折ある青年の成長物語なのかと思い、スルーしようと思ってた作品でしたが、もう最後にやられました。


でもこの主人公のヤク中から子供ができた故の
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

4.2

人生は一つじゃない。

アル中でフラフラしながら生きてる男と新興宗教の教祖の友情(?)物語ではないか。
なんとも濃厚というか終始俳優達の演技に見入ってしまう。

時折出てくる波のシーンが印象的。
そん
>>続きを読む

>|