ハヤトさんの映画レビュー・感想・評価

ハヤト

ハヤト

最後にして最初の人類(2020年製作の映画)

3.5

気持ち悪い〜

ヨハンヨハンソンの音楽に旧ユーゴスラビアの現代遺跡の映像、タイトルにもなっている小説原作のナレーションが凄く気持ち悪くてよかったです。
お家で観る方はなるべく良い音響で、せめでイヤホン
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.0

そして日常はつづく

彼らの素敵な日常が


マーカスのラップ最高でした!

イーディ、83歳 はじめての山登り(2017年製作の映画)

3.9

旦那さんの介護が終わり、人生を振り返るとやり残した事が。それはお父さんと行くはずだった不思議な形の山へ登る事。
とっても昔の予定を果たす為に、おばあちゃんは一人旅へ。。。

佳作、といったところでしょ
>>続きを読む

アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター(2022年製作の映画)

4.3

凄かった。。。
アバターをIMAXで、しかもレーザーIMAXで、3Dで鑑賞した!大満足!

ストーリーは10年以上前の作品には説明不要だと思いますし、展開はとても古典的。幾通りに解釈も可能です。
アメ
>>続きを読む

眉村ちあきのすべて(仮)(2019年製作の映画)

-

Twitterでフォローさせて頂いている方が時々呟いている「眉村ちあき」さん。その方の映画をたまたま見つけたので観てみました。

当方まったく眉村さんの知識がなく、本当にまっさらな状態で色々知れたのが
>>続きを読む

キートンのセブン・チャンス/キートンの栃麺棒(1925年製作の映画)

4.0

アマプラで活弁入りのセブンチャンス鑑賞。
大変面白かった!これがバスターキートン!1時間以下で映画のイロハが入っていてとても楽しかったです。

ジミーの七転八倒も笑えたし、取って付けた様な告白シーンの
>>続きを読む

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(2010年製作の映画)

3.9

面白かった〜

クスッと笑える台詞とアクション!
それだけで良いのよね!これぞポップコーンムービーといった感じ。キャストも豪華だし、アカデミー級の演技派ばかりなのに皆んなずーっとくだらなくて最高だった
>>続きを読む

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.6

実に面白い!

ただ、今回の湯川先生はまとめ役。主人公ではない。そして前半の人物紹介パートがまぁ長い。ガリレオシリーズとして観に来た人には不満もあるかもしれません。
事件のやるせなさや、「悪は時に正義
>>続きを読む

ピノキオ(2022年製作の映画)

3.9

なかなか良かったけど、改変の部分や現代的なセリフ回しがあまり好みではなかった。鳩時計が一斉に鳴り出すシーンのサービスはいらないし、気分削がれるなと思っていました。”カブキ”とか安易に言わないでほしいし>>続きを読む

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

4.0

日本版リメイクの「アイ・アム・まきもと」公開に合わせて観賞。
良かった。主人公の人柄はとても陽気というわけではないけれど、人というものが好きだし、誰しも平等に扱うところが素敵。それがたとえ死者だとして
>>続きを読む

故郷(ふるさと)への長い道/スター・トレック4(1986年製作の映画)

3.8

トレッカーではない私も楽しめました!
過去に行ってからのカルチャーギャップコメディだとか、ドタバタ感が80年代みがあって良い。
23世紀に戻ってから、キャサリンヒックス含めたクルーたちが無垢な喜び方を
>>続きを読む

新幹線大爆破(1975年製作の映画)

3.9

「ブレットトレイン」観た日に、新幹線繋がりで観たことなかった本作を。

いやぁ面白いじゃん!前時代的大作で凄いしキャストも超豪華。重みが凄いのなんのw
宇津井健さんの司令室副長?さんが落ち着いていて、
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.9

面白かった!以上!ドルビーシネマ最高!

いやいや、語ることもないわけじゃないんだけど、あんまり語るのも野暮な気がする。いや野暮なんじゃなくて、語るところがあんまりn...


ぜひ劇場で!
福原かれ
>>続きを読む

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年製作の映画)

3.8

3作の中では1番微妙かな。。。ストーリー重視なので、ですけどね。
今までで1番すごいセット、敵の造形がCGとスーツになっているのが良い。イリスの複雑な触手や顔も実物で作ってくれるのはめちゃくちゃ最高。
>>続きを読む

ガメラ2 レギオン襲来(1996年製作の映画)

3.9

面白かった!
もうレギオンの造形が凄すぎて。。。
水野美紀さん可愛い。
レギオンの生態が分かっていく過程も大変面白い。ただそこまで理屈組み立てていくにしては、レギオン達の倒し方が豪快すぎるというか結局
>>続きを読む

ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年製作の映画)

3.9

面白かった〜

展開が前時代的だったり、ガメラのニュースが新聞で報じられる時に印刷される新聞をバックに文字が迫ってくる演出とか、「いやいやこれが元ネタか!」となり笑ってしまった。
とにかくセットの手作
>>続きを読む

ラック 幸運をさがす旅(2022年製作の映画)

4.0

スカイダンスアニメーション制作、ジョンラセターが制作総指揮に加わった作品でもあります。

不運ばかり起こる孤児院育ちのサムは、ある日黒猫に出会う。猫と出会ってから運が良かったサムは、運が良くなるコイン
>>続きを読む

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション(2021年製作の映画)

4.0

相変わらず、ボスベイビーシリーズのクオリティの高さよ!そして!臆せずトイストーリーシリーズへの愛を正面からぶつけてくるのが最早清々しい。

前作からの舞台変化に少し驚きますが、世界全体のカラフルさやキ
>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

4.0

面白かった〜
ガリレオシリーズはテレビドラマ2期、映画も全部観て原作読んだり読まなかったりくらいの浅い人間ですが、今作はまぁ素晴らしかったですね。映画の1作目と同様に「正義と悪だけでは割り切れない事件
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ:ラスト・メッセージ ~天才が遺したもの~(2011年製作の映画)

3.7

スティーブジョブズの栄光と挫折というありきたりな内容を周囲の関係者が喋るインタビュードキュメンタリー。
知っている事が大半だけど、唯一無二の彼の先見性や人間性を覚えておく事が必要で、改めて彼を追いかけ
>>続きを読む

THE RESCUE 奇跡を起こした者たち/ザ・レスキュー タイ洞窟救出の奇跡(2021年製作の映画)

4.0

昨晩観た「13人の命」のナショナルジオグラフィック版ドキュメンタリー。
こちらが本物の話で、13人の命が脚色版なだけあってか実際に救助にあたった人達のインタビューが途中で挟まったりと分かりやすく当時の
>>続きを読む

13人の命(2022年製作の映画)

4.1

タイの洞窟の奥に探検に行ったサッカー少年達とコーチ13人。
大雨による水没で出口が塞がり、出てくる事が出来なくなった。そのニュースを聞きつけ各国からメディアやボランティアが集まり四苦八苦する中、9日後
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

3.8

なんというか、まぁこんなもんです。
ウエストワールド組の面々も出てるし、楽しくて切ない映画だと思います。
個々の選択の結末が特に切なかったなぁ。

良い記憶というのは過去にしかない。その過去にしがみつ
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

3.5

んんん、何なんだこれ。
面白いかと聞かれたら正直微妙で、終始イライラしてたなぁと。

学生の男の子が、学校に証明写真を取る仕事にやってきた助手の女の人に惚れて口説くところからストーリーは始まっていくん
>>続きを読む

20世紀少年<第2章> 最後の希望(2008年製作の映画)

3.8

んー、カメオの嬉しさはあるけども「こいつすごい出てるけど意味あるの?」という疑問ばかり湧いてきてしまう。
平愛梨の演技の初々しさが良いなぁと。

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり(2008年製作の映画)

3.8

まぁこんなものかなぁと思う。
テーマや設定、美術などは良く出来ている(邦画としては)し、ワクワクする部分はあるのにこう、、、ツッコミどころが気になりすぎて良いところが霞む、ちょっと前の邦画の悪い部分全
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.6

何も予習しなかった自分が悪い。

作画が凄くて最後まで観れた。女性が皆さん美しく描かれているのが良いですね。というか美男美女しか居ない!全てが優勢でなければ未来は来ないということか?

八月の狂詩曲(ラプソディー)(1991年製作の映画)

3.9

広島原爆の日に鑑賞。

なんとも言えない不思議な映画。
感想は書けないなぁ。

モービウス(2022年製作の映画)

3.8

久々にこんなに微妙な映画観たかもしれません。しっかしジャレットレトはアメコミ作品、恵まれないなぁ笑 演じているキャラはいいのに、それを活かす監督と巡り合えないというか。。。
ツッコミどころもあるし、単
>>続きを読む

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

4.0

いやぁ、感想が出ない。
キツい、キツかった。
でも、面白かった。

いやぁ、キツい。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ジュラシックシリーズの中で、傑作の部類で間違い無いと思います。これぞエンターテイメント。

前作での決断から少し時間が経ち、恐竜達が世に解き放たれた後、地球上の生態系の中に恐竜が組み込まれ世界が書き変
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.5

いやぁ、最高だった!!!!!

しなやかで、優しくて、考えさせられて、温かい感動!
元々フランス映画の「エール!」のハリウッド版。筆者はそのフランス版が大好きで、リメイクのニュースを聞いた時に「余計な
>>続きを読む

バッドママ(2016年製作の映画)

3.8

母親だって女だし1人の人間で、完璧では無い。世の中は(主に旦那や子供)は妻であり母を完璧であると勘違いしている。そのイメージモデルから世の母親は無理をして心の中で泣いている。

そんな事をこの映画は汲
>>続きを読む

>|