はぶられめたるさんの映画レビュー・感想・評価

はぶられめたる

はぶられめたる

孤独の映画鑑賞

映画(492)
ドラマ(1)

横道世之介(2013年製作の映画)

4.1

久々に見たけど、やっぱ好きだなぁ
笑って思い出される人間になりたいよね。
(2018年DVD82本目)
(2018年通算182本目)

君が君で君だ(2018年製作の映画)

4.0

何か新井英樹の漫画を思い出した。
変態で熱い、全く共感できないのに心を掴まされてしまうあの感じを思い出した。
(2018年劇場100本目)
(2018年通算181本目)

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

私も20くらいまで、他人の評価を気にしてあまり話せなかったので(吃音ではありませんでしたが)主人公が他人に思えませんでした。

最後のしのの暴露、菊池君の言葉にならない感情、そしてかよの歌全てが良かっ
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.6

若いなぁ、熱量がすごい
女相撲の話だけで良かったんじゃないかって気もするけど、本題を語るにはギロチン社が必要だから仕方ないのか...

どんな時代でも男達は夢見がちで、女達は現実と闘っているのかもしれ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

入り口は変わってるけど、至極真っ当な映画。
色んな人の視点から語られるのがいい。
いじめっ子の視点も少し出てくるなら、もう少し掘り下げてもらいたかったかなぁ

怒ってくれる友達がいるのってすごくいいな
>>続きを読む

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

-

相変わらず採点しにくい作品
ふきげんな過去で何か気になってしまったので、つい

ピンポンのコンビがもう一度見られたのは良かったけど、やはりぶりっ子かなぁって気がする。
俺天才やろみたいなのが透けて見え
>>続きを読む

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

-

採点不能

次とんでもない傑作を作る気もするし、今作のようなぶりっ子で終わる可能性もありそう
(2018年DVD80本目)
(2018年通算176本目)

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

現代でもこの問題ってなくなってないよね。
男女間で給料の差がないのって俺の仕事(エンジニア)くらいな気もするし。

試合シーンはよくできてるんだけど、なぜかテンションが上がらなかったので、少し減点
(
>>続きを読む

アポカリプト(2006年製作の映画)

3.9

ちょっと、にいちゃん!
ちょっとこれグロ多すぎるんじゃないの??

ハクソー・リッジより、こっちの方がグロきつめでした。
(2018年DVD79本目)
(2018年通算174本目)

スパイナル・タップ(1984年製作の映画)

3.8

ネタが地味すぎて、ボーっと見てたら本当だと信じそう。

音楽性がビートルズからメタルになる変遷を見てみたいと思いました。
(2018年劇場95本目)
(2018年通算173本目)

少女邂逅(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

音とかアレだけど、嫌いじゃないこの感じ。

岩井俊二って意見もあるけど、これは女性の視点から作られた映画かなって気がする。
あの女子トークとか男には思いつかないし、「どうせ見た目なんでしょ?」ってのも
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

好物の映画作る系の映画でした。
悪い人が出てこない(誘拐した人達は悪いといえば悪いのですが...)ので、癒されました。

映画は、歪んだ愛情の現れで、子供時代の夢の続きであって欲しいので、このオチは結
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

話が普通すぎてね。
こうなるだろうなぁ思うと本当にそうなっちゃうからね
(2018年劇場92本目)
(2018年通算170本目)

名前(2018年製作の映画)

3.8

話はいかにも道尾さん原作って感じだったけど、駒井さんの演技にやられました。
これで初めての演技とか天才っているんだなぁ
タイトルのキャストの文字も駒井さんが書いているそうです。

トークショーもついて
>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

3.7

確かに受け止め方が全てよね。
辛い状況でもどう捉えるかによって変わってくる。少なくとも日本にいる限りはそこまで悪いようにならないしね。
ダメだと思ったら本当に終了してします。
冒頭の演出が、日本のドラ
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.0

1があったのか〜
最初大分?が浮かんだよ

(2018年劇場89本目)
(2018年通算167本目)

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

3.8

ネコと鬱屈とした日々
夢の中なのでは?と思うシーンがいくつかある。
(2018年DVD78本目)
(2018年通算166本目)

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

チェットベイカーの映画、まぁまぁ好きってレベルだったけど、この人の弱さには何か共感できるなぁ

世間からするとどこまでもダメ人間なんだけど
(2018年DVD77本目)
(2018年通算165本目)

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.9

再見
絶望感がすごい
未だに菅田将暉のベストアクトだと思ってます。
(2018年DVD76本目)
(2018年通算164本目)

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.1

再見
ラストは賛否両論あると思うんだけど、結構好きなんだよなぁ
(2018年75本目)
(2018年通算163本目)

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.0

男女の事は本人達にしかわからないの極致

PTAの映画でマトモな話を期待した私が悪かったです。はい
(2018年劇場88本目)
(2018年通算162本目)

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

この作品の主人公の事は知らなかったけど、猫の絵は確かに見たことがある。

田舎の話だと思ったけど、池袋が舞台なのね。
あまり説明的なシーンがないのに、モリさんの人となりがわかるのは流石の沖田監督だけど
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

4.1

やたら女性客が多くて、何故?となったが、納得のブロマンス物
でも、オッさんの俺でもこれ好きやわ
(2018年86本目)
(2018年160本目)

そして父になる(2013年製作の映画)

4.0

是枝監督映画再見

是枝監督にしては、ドラマ的な要素が強い気もするけど、やっぱり好きだなぁ
(2018年DVD74本目)
(2018年通算159本目)

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最近だと紀州のドンファンなんてのもいて、金持ってても不幸なんだよーみたいなニュースが多い中これを見た...
金持ってたら、それなりの幸せは担保される気もする...けどね...そこから先幸福になるかどう
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.7

まさかこれも漫画の実写化...!?
という定番ネタは置いといて...

原作小説のイメージを超えてくる事はなかったけど、お仕事映画として若い頃を思い出しながらみてました。

どんな仕事でもそうだけど、
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.8

万引き家族がよかったので再見

音楽が少しやりすぎな気もするんだけど、ラストシーンで聴くとなぜかよかったなぁと思えてしまう不思議な映画
(2018年DVD73本目)
(2018年通算156本目)

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

正直まともな擬似家族ではないけど、ウチの家族よりはよっぽど家族っぽかった...
その反面ドライな面があったりしてやっぱり他人なのかなと思ってしまったりもする。

ラストシーンで昔見たゴーン・ベイビー・
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

4.1

僕も、かっこよく言えばアウトサイダーだったのでこいつらの気持ちわかる。

まともな大人が観ると、しょうもないガキに見えるとは思うけど、この時期って学校が全てだったりするからね...
妄想に逃げ込むしか
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

再見して、やっぱりオリジナルの方が面白いなぁと思った。

でも日本版も良さを壊してる訳ではないので、悪くないんだけどね。福田ギャグが苦手な人にはきついだろうけど...
(2018年DVD72本目)
(
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

元ネタを知ってるので...
初見ならもうちょい楽しめたかなぁ

福田のギャグってノイズになる事が多くて、今回もちょっとそうだったんだけど、何か嫌な感じはしなかったなぁ
(2018年劇場81本目)
(2
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.1

セックスあるあるは男としては辛かった...

何の変哲も無い青春物のように見えて、キリスト教とかの問題が散りばめられてるのかな...

印象的なセリフがたくさん
(2018年劇場80本目)
(2018
>>続きを読む

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)(2011年製作の映画)

3.1

コナン15作目

何か全体的にギャグが滑ってたなぁ
(2018年DVD71本目)
(2018年通算150本目)

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)(2010年製作の映画)

3.4

訳あってコナン14作目
割とコメディ要素強め。

BIGボールの件がなければ、もうちょい点高かったと思います。なんか雑コラに見えたよ...

(2018年DVD70本目)
(2018年通算149本目)

名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)(2009年製作の映画)

3.5

訳あってコナン13作目

秒速350mの弾を避けられると空手の達人なんですか...ハードル高い
(2018年DVD69本目)
(2018年通算148本目)

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

パディントンと同じであまり考えずに楽しめるやつ
(2018年劇場79本目)
(2018年通算147本目)

>|