hariさんの映画レビュー・感想・評価

hari

hari

  • List view
  • Grid view

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

街ぐるみで私刑を計画・実行する町民たち怖。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。
愛を動機に企てた完全犯罪が愛によって壊されるのはある意味美しいなと思った。愛の種類は違うけれど。


最後の咆哮は色々な気持ちが詰まっていそうで良かった。
すべてを無駄にした彼女への憤り。
>>続きを読む

スラムドッグス(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ラリってるシーン可愛すぎ。ウサギ惨殺して罪の意識を抱いてるの愛おしすぎた。

レジーがあまりにも健気なので飼い主改心ルートを望んでたけど、ダグが予想を超えてヤバイ奴だったのでそれはならなかった…悲しい
>>続きを読む

リゾートバイト(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

まさかのリゾートバイトと八尺様と禁忌の悪魔合体。それぞれ別々に映画化できそうなのに贅沢に三種盛ってやりたい放題。思い切りが良すぎる。
途中までは微妙だったけど、後半で予想外の暴走を見せられてもう笑うし
>>続きを読む

ルー、パリで生まれた猫(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

猫の表情、仕草、鳴き声が可愛すぎるし、それらすべてで感情を表現していて本当に愛くるしい。

夏の別荘でルーにおいていかれた白猫ちゃん、めちゃくちゃ寂しそうで、白猫ちゃんもお迎えしてあげて…と思わずには
>>続きを読む

エクソシスト 信じる者(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

神父可哀想…
前作エクソシストもそうだけど、このシリーズ神父に厳しくないですか…?
そりゃ教会も許可出しませんよね。
罪なき子供とはいえ、自ら禁忌に手を出して取り憑かれた子供のために死地に赴けなんて簡
>>続きを読む

ミンナのウタ(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

前半怖かったし怪異の成り立ちも好き。でも後半がちょっと雑な気がした。

さなちゃん可愛いし、少女怪異にありがちな可哀想路線ではなく、サイコ路線でいったのが作品の評価に繋がってそう。


「親に愛されな
>>続きを読む

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

感想がなかなかまとまらなかった…
あらすじを見て、優しい父が、実はお金を工面するために娘の動画を闇ポルノに提供してたという胸糞展開だと思い込んで見始めたのに、実際は重く苦しく切ない展開で、なんとも言え
>>続きを読む

CLOSE/クロース(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

良かった。すごく好き。


思春期特有の危うさは観ていてひやひやした。異性や恋を意識し始めるあの年頃の、仲の良い二人への好奇心まじりのからかいや、いじめとじゃれ合いの狭間を行ったり来たりするようなやり
>>続きを読む

とんがり頭のごん太~2つの名前を生きた福島被災犬の物語~(2022年製作の映画)

-

良くも悪くも実話に忠実なんだろうなという出来。誰かを悪人や被害者に描くのではなく、ストーリーに起伏も特になく、演出も平坦で、「現実ってこんなものだよな」「こういう人いる」という展開が淡々と続く。

>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。

シリアスの中に突然ぬるっとギャグが入ってくる感じにあまり馴染めなかった。
キャラクターの性格を掴めていない段階で唐突なギャグシーンが始まったりしたので、自分の中でキャラの印象が迷走してし
>>続きを読む

ボブという名の猫2 幸せのギフト(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

今作もボブが可愛い。

動物の適正飼育は大事だけど、その個体にとっての幸せは人間には分からない。
動物を愛するからこそきちんとした環境を与えてやりたい気持ちは理解できるし、私にも同じ気持ちがあるけれど
>>続きを読む

Monster Pets: A Hotel Transylvania(原題)(2021年製作の映画)

-

【あらすじ】
遊んでほしい子犬に四六時中付け回されるのに辟易した飼い主は、子犬の遊び相手を探すことに。

【感想】
大きくても子犬は子犬で可愛い。

Drawn to you(原題)(2019年製作の映画)

-

【あらすじ】
ふたりの女の子が手を繋いでいる絵を描いた少女。しかし、絵を見つけた母親はその絵を破ってふたりをバラバラにし、ひとりはゴミ箱に、もう一人は男の子の絵と組み合わせて壁に貼り付けてしまう。
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

『必要ならエッフェル塔も壊す』

アマンダも処女だったのに最後まで残されなかったんだね…

人を商品として消費・売買、またはそれを容認する側の人間にも当たり前のように愛する家族がいる現実が酷い。自分の
>>続きを読む

雨が上がると(2018年製作の映画)

-

リアル羊雲。もふもふ。
犬が健気に頑張る話が好きな人向け。

子猫物語(1986年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

虐待疑惑、チャトラン死亡疑惑など様々な真偽不明の黒い噂があったため視聴を敬遠していたが、猫の日に合わせて放送されていたので視聴。

生き物のたくましさや、種を超えた友情を描いた映画で、ドラマ的には良作
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

歌はよかったけどあまりハマらなかった。
ネズミのお姉さん、そのネズミと駆け落ち(?)は絶対にやめたほうがいい。

かがみの孤城(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

原作既読。

あの状況から立ち直ってみんなを助ける立場になったアキ、本当にすごいと思う。
映画では語られなかったけれど、原作ではアキは部活で後輩いびりを繰り返して居場所をなくした経験がある。被害者側で
>>続きを読む

シルビアのいる街で(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

音がリアル過ぎて自分がこの街にいるような気分になる。

顔面偏差値、美しい町並み、そこで暮らす人々の自然な姿、心地よい生活音や靴音、鳥の声などなど、あらゆる美でストーキング行為に彩りを加えているけれど
>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

キャラよし、掛け合いよし、ストーリーよし。

フーシーの言い分も分かるなあ…。分かるというか、動機は正当だと思う。手段は間違っているけど。
自分たちが住んでいた場所を奪われ、先住民である自分たちが妖怪
>>続きを読む

Blind Devotion(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

【あらすじ】
旦那を起こし、朝ごはんを用意し、洗濯をし、出社する。愛し愛される日々の中、女性は突然、視力をほとんど失ってしまう。

【感想】
尽くしてもらうだけの対等ではない関係は愛なのだろうか、とい
>>続きを読む

サイレントチャイルド(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

良作だった。

この子を silent child にしてしまっているのは女の子の特性ではなく周囲の環境なんだな、というのが痛いほど分かる。
食卓で話についていけず置いてけぼりになっているのに家族は誰
>>続きを読む

転校生(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

小説のような映画だった。

「ついてくんなよ」「一週間でよかった」

ラストで転校生が振り返るシーンは胸が締め付けられた。

Father and Daughter(原題)(2000年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

【あらすじ】
水辺を訪れた父子。父は船に乗り行ってしまい、そのまま戻ってこなかった。
娘は父を求め、時折水辺を訪れるようになるが…

【感想】
おばあさんになっても、あの日に父と別れた時の少女が心にい
>>続きを読む

Bird Karma(原題)(2018年製作の映画)

-

【あらすじ?】
池?で狩りをする鳥。魚を食べ漁っていると、オレンジ色に輝く奇妙な魚を発見。ひと目で虜になり、追いかけると…

【感想】
延々と見せ続けられたら気が狂いそう。

ビルビー(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ヒナだから仕方ないんだけど、あまりにも「生きる気あるのか?」という造形と能天気ぶりに笑った。転んだら詰みなのに歩くと転ぶ。足の存在意義がない。でも可愛い。これは放っておけない。

大きくなっても頭なで
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いい締めだった。ドラゴンはドラゴン、人は人。お互いを思いながらも、互いの最愛のために別れを選択する。寂しくはあるけど、本来あるべき形に戻ったのかな。

シリーズを通してドラゴンから「野生」を奪わず、ど
>>続きを読む

Pip(原題)(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

【あらすじ】
夢を叶えるために盲導犬学校にやってきた子犬。でも小さな体は盲導犬としての基準を満たさず…

【感想】
ハンディキャップだった小さな体で柵をくぐり抜け、ピンチの人を助ける姿に涙腺が刺激され
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

今作もトゥース可愛すぎた。
造形、仕草、性格何もかも完璧過ぎる。
特にラストのドラゴンレースで羊を奪い取った後に前脚の間からアスティを覗き込むように振り返るの so cute だった(でも前作でドラゴ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アヒルみたいな魔法動物可愛い。ディリコールというらしい。
ニフラーも相変わらず可愛い。フォークを孫の手代わりにして背中かいてるの最高。

麒麟も可愛かった。でも双子の片割れが可哀想過ぎた。ママ殺され自
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ドラゴン可愛すぎ。空飛ぶ猫だった…トゥースなんてほぼほぼ黒猫。

主人公が義足になる展開は予想してなかったので驚いた。

子供向けっぽいけど大人も楽しめるファンタジーでとてもよかった。高評価も納得。続
>>続きを読む

海辺のオクトパス(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

もっといい締め方があるんじゃ…?と思って調べたけど、これが子供には一番簡単ぽかった。
でも愛玩対象から食べ物への切り替えは急には無理だよね…

>|