ロコロコさんの映画レビュー・感想・評価

ロコロコ

ロコロコ

  • List view
  • Grid view

ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」(2014年製作の映画)

4.0

購入したのにずっと見れずにいた作品。

劇団☆新感線は本当に人気があり、旬な俳優さんが沢山出演されるので、チケットはほぼ取れない。いつかライブで見たい舞台です。

ゲキシネ2作品目の鑑賞。
楽曲もどこ
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.5

映画館で予告を見て気にはなっていたけれど、ようやく鑑賞。

周囲の大人が子供の精神に大きく影響を与える。
救うのも壊すのも人。

影響を与えた大人達も同じように幼い頃に周囲の大人たちから受けた影響が子
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.3

タイムループする二人
最初は悩んでもがいてるけど、どこか全力で楽しもうとしているのが少し羨ましくもある(笑)
死んでもまた戻るなら色々ためしてみたくなる気持ちわかる。

サラめっちゃ頭よくない?何日か
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.0

最初から理解するのがかなり難しい作品だなと思った。

文化って何?儀式って何?

それぞれに守っているものが地域や民族によってあると思いますが、なぜそれが引き継がれているのか…

幻覚を見せる必要があ
>>続きを読む

リル・バック ストリートから世界へ(2019年製作の映画)

3.5

最近ダンスできる人ってすごいなぁというところから興味を持った作品。

ダンサーさんとか全く詳しくないけれど、なんだかすごい人ぽいという程度の事前情報。

あ、数年前のユニクロのCMで見たことあったと途
>>続きを読む

幕末高校生(2014年製作の映画)

3.0

タイトルからして高校生が幕末に行くのね…ということは推測できる。

よく見るといろんな俳優さんが出ていて出演者が豪華。

全面的にライトに描かれている。
勝海舟が軽くみえる(笑)弱い(笑)

石原さと
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.7

最初にジャックのステージで歌うアリーにゾクっとした。。。

レディーガガすごい。。。

夢物語だけど、本当にこういつことがある人には何か…
色んなことを経験して、乗り越える力があるんだろうと。


>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

2.5

基本ホラーは好きではないので、見ません。貞子もみたことない。

音楽が好きなバンドだったので見てみようかと思った作品。

明るくスタートするけれど、コンビ芸人を諦めて相方は作家へ、ヤマメは事故物件に住
>>続きを読む

月とキャベツ(1996年製作の映画)

3.5

すごく前に一度見たはずだけど、すっかりストーリー忘れてしまったので再鑑賞。

売れていたのにバンドを解散してからキャベツを作ってるミュージシャン花火。

川岸で踊っていた花火のファンであった少女ヒバナ
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.5

糸。名曲の映画化。

ただの純愛のストーリーではなかった。

それぞれの人生にちょっと無理があるところはあるのかなと思ったけど、どこかでつながる人って少なからずいて、必然的に出会うのかもしれないなと…
>>続きを読む

名も無き世界のエンドロール(2021年製作の映画)

3.3

寂しい 淋しい
さびしいとさみしいの違いとは…

現在と過去が交錯してキダとマコトの本心がどこにあるんだろう…

ヨッチはどうなってるんだろう…

ヨッチがいなくなってしまったことにリサが関わっていて
>>続きを読む

映画 太陽の子(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人間はなんて愚かな生き物なのか。。。
愚かであると同時に尊い生き物である。

今のコロナのこの状況と戦時中、起きている状況は異なるけれど人の心の動きは似ているのかもしれない。

戦争を経験していないの
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

楽しいし、元気をもらえる!
ラティーノ版RENTと言われるだけあり、どんな人でも共感できるポイントがどこかにあるはず。
音楽が大好きすぎてじっとしていられず、体が勝手にうごきます(笑)

今年日本版ミ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.0

現代のネット社会そのものがUの世界に繋がっているような不思議な感覚。

自分の生体情報からアバターを作る。本当にできたら、自分でも知らない力がわかるんじゃないのか⁉️
と思って誰かこんな世界を作ってく
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

原作読まずに鑑賞。
さすがに公開されたばかりで、緊急事態宣言直前ということもあり、ほぼ満席。

率直に想像以上に面白かった。

たくさん登場人物出てくるけど、ちゃんとそれぞれがいる意味とか、関係性とか
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.3

ピエロのインパクトがあって気になっていた作品。

ただ結構ストーリーが読めたところがあり物語にのめり込むとかいったことはなく淡々と見た感じで終わりました。

永野芽郁ちゃんが演じた女の子がどうなったん
>>続きを読む

ゲキ×シネ 『髑髏城の七人』 Season月《上弦の月》(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

IHI STAGE AROUND TOKYO
行ってみたい劇場の一つ。
そして生で観てみたい舞台ゲキシネ。
どちらもまだ未体験です。

上弦の月、下弦の月
それぞれのストーリーがあり、時間も長いので時
>>続きを読む

空に住む(2020年製作の映画)

3.1

予告を何度か映画館で見ていて気にはなっていた作品。多部未華子さんの服がかわいい。全部好き。

タワマンって独特の世界がありそう。
こんな偶然ってないよなーってところからのスタート。

おじさんとおばさ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

やっぱり素敵なお話。

アニメは何度も見ていて、実写版を何故かみないまんまでいたけれど、録画していたものをようやく吹替版で鑑賞。

中村倫也さんの優しい声がアラジンに合っているなぁと個人的には思いまし
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.8

綾瀬はるかさんと坂口健太郎さんの美しさを感じられる作品。

戦後の映画制作に携わる助監督が戦前の映画の中のヒロインに恋をする。

監督を目指してシナリオを書いていた健司。シナリオのストーリーは映画の中
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.5

正直見るのを躊躇していた作品。

あの日の恐怖とか起こっていることがだんだんと悲惨な状況であることがわかってくる。

東京でも目の前のビルとビルがくっつきそうなくらい揺れ、火災が発生し、電車は動かない
>>続きを読む

そのときは彼によろしく(2007年製作の映画)

3.1

当時話題になっていたけれど、その頃は映画館でみるとかそんな発想がなく、13年越しに鑑賞。

2007年の作品。
コンフィデンスマンより前の長澤まさみさんと小日向文世さんの共演なのかぁとしみじみキャスト
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.8

言わずと知れた名作。

過去に何度か見ているけれど、なんだか苦しくなったような記憶。

設定された1940〜1950年代の刑務所とは、こんなにも社会のダメなところの集合体みたいなところなのか…と最初は
>>続きを読む

サクライロ(2012年製作の映画)

2.8

ジムノペディから始まる映像作品って一体いくつあるんだろう。。。

この曲よく聴くし、スタートには使いやすいのかもしれないが、いつもタイトルを忘れる。


タイトルから想像するのはやっぱり桜の薄いピンク
>>続きを読む

愛唄 ―約束のナクヒト―(2019年製作の映画)

3.5

病気って気づけるものとそうじゃないものがあって、人ごとではなくて、いつか自分ごとになるかもしれない。
周りの人がなるかもしれない。
そんなことを気づかせてくれて、純粋な気持ちを思い出させてくれました。
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

2.9

最初のシーンから、結構キツイ人にはキツイ。私はキツかったです…。
結構エグいシーンも多い。覚悟してみる必要がある。

昭和の終わりの広島が舞台。

役所広司さん、松坂桃李さんが刑事。

署長、赤ペン滝
>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.2

録画していたものをようやく鑑賞。

一度見ていましたが、なんかもう一度観たいなぁと思いながらしばらく放置していました。

波瑠ちゃん、波平さんでしたね(笑)

最初の新人さんお披露目のシーン好きです。
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.2

新宿シネマカリテさんにて鑑賞。
見た回の最後の一枚を購入させていただきました。
結構多くの方が声出して笑っていて、久々に映画館で笑い声たくさん聞いたなぁって思いました。


なんだろう…違和感。ちょっ
>>続きを読む

ラスト5イヤーズ(2014年製作の映画)

3.5

2021年6月からミュージカルが日本人キャストで上演されるので観に行くか悩みストーリーを頭に入れるために視聴。

男は過去から現在へ ジェイミー
女は現在から過去へ キャシー

それぞれが歌い継いで二
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

4.4

好きです。不思議な世界観。
20年前の作品ですね…。

学生の頃に見て以来久々の鑑賞。
なんとなくジャケットの緑とアメリの服の赤のコントラストのイメージが印象的で意外と覚えているシーンが多かった。
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.0

中村倫也さん主演作。

想像通りと言えば想像通り。

水曜日が消えた…

そこから物語は始まる。

毎日7つの曜日ごとに人格が入れ替わる特殊な主人公のお話し。

地味で真面目な火曜日が起きたら水曜日だ
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

2.8

現実味がないストーリーなのでエンターテイメントとして見てみました。

ちょっとコメディー要素ありつつ、事件が起きるかもしれない別荘で、フェス会場でまさかのゾンビ大発生(笑)

明智さんはどこへ…

>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.0

バイオレンス系はあまり見ないけど、三池監督作品ということで、そこそこエグいシーンもあるのは覚悟して視聴開始。

窪田正孝さんが病気を抱えたボクサー。
大森南朋さんがヤバいことやってる刑事。
その刑事に
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

3.7

今野…埼玉から岩手へ転勤してきた30歳
綾野剛さんは本当に色んな役をこなしてらっしゃる。『ヤクザと家族』を少し前にみたので、大人しめのサラリーマンなのが、慣れるまで少し時間がかかった。

綾野剛さんは
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.5

色彩が蜷川実花監督らしく鮮やかでした。
俳優陣が豪華。

太宰治…
この作品で描かれる太宰は今の時代ならとっくに離婚されてるだろうし、酷い目に合っていてもおかしくなさそうな人だと思った。

太宰治作品
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

3.6

今泉監督作品4本目の鑑賞。

今の時代には有り得る話なんだろうなぁ。
正直難しい。。

個人的に人を好きになることについては性別は関係ないと思っている。ただ日本では同性婚は認められていないのが事実。L
>>続きを読む

>|