nekonekoさんの映画レビュー・感想・評価

nekoneko

nekoneko

  • List view
  • Grid view

私がやりました(2023年製作の映画)

3.5

ふだんのオゾン作品と比べたらコメディ色は強いかな?と観ていたけれど…長い法廷シーンは🇫🇷フランス映画界への風刺なのかもしれないな…なんて思ったりする

映画としての面白みは「その後」!?
イザベル・ユ
>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.3

う〜ん…です
前から観てみようと思っていたけれど考えてたのと違ったかしら?

主人公ココネは可愛いけれど話にムリがありすぎる?
悪役もゆる過ぎのような気がしたりして笑

高畑さんの歌声は最高ですね
>>続きを読む

ローカル・ヒーロー/夢に生きた男(1983年製作の映画)

3.6

何気に観たけれど相棒役のピーター・カパルディってあの「スーサイド・スクワッド」の!?(素顔はイケオジ♡)

エリートだけど…どこかズレてる主人公マッキンタイア(ピーター・リーガート)笑
コンビナート建
>>続きを読む

バーバーショップ(2002年製作の映画)

4.0

黒人街のバーバーショップの3代目オーナーがアイス・キューブ!?

個性豊かな従業員と街の集会所のように賑わう店内!

ハチャメチャな持論を吐く古参の理容師エディもここぞ!という時には「いい事」言うし…
>>続きを読む

DOGMAN ドッグマン(2023年製作の映画)

4.1

へ?配信ってココロ踊りました♡
3月にコロナになって映画館で見れなかったので凹んでました…

細い線のケイレブ・ランドリー・ジョーンズのファンだったけれど「ニトラム」で衝撃を受け彼の演技に震えました 
>>続きを読む

彼女のいない部屋(2021年製作の映画)

3.7

「家を出たのは私じゃない…」

なんとも不可解な展開を見せるつけるお話!?

夫と子ども2人を家に残して一人で車で荷物もロクに持たずに飛び出した女性…
ナゼ?ナニ?どーして?とQuestionは深まる
>>続きを読む

キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(2021年製作の映画)

3.8

舞台が現ウクライナという作品で気になっていた作品
繊細なお話は見る側が生気のある時にとお休みの日にしました笑

今作でウクライナが諸外国の支配下に置かれて来たことがわかります

ドイツ侵攻からはさらに
>>続きを読む

別れる決心(2022年製作の映画)

3.7

演出やカメラワークはクライムやサスペンスを思わせますが…
結局のところは「ラブストーリー」ですか?

さまざまな思惑が絡みあってナカナカ一筋縄ではいかないのが「恋愛」!?

見ているうちに「コレってパ
>>続きを読む

オ!ムニ(2020年製作の映画)

3.8

何も考えずにポワっと🇰🇷韓国コメディ!?と選んだけれど面白かったです
ナ・ムニさん最高!!笑

保険会社に勤める熱血社員(?)のドゥウォンはシングル・ファーザー!
認知症の母ムニと一人娘のボミと暮らし
>>続きを読む

秘密のかけら(2005年製作の映画)

3.3

前からジャケ写の女優さんの背中の美しさに同性ながら惹かれてました 

へ?コリン・ファースとケヴィン・ベーコンがコメディアン役?

舞台は1950年代後半の🇺🇸アメリカでユダヤ 同性愛 ドラッグ…など
>>続きを読む

怪物(2023年製作の映画)

3.8

どちらかと云うと是枝作品は不得手です
友人から「万引き家族」観に行こって言われた時も迷ったほど…(行きましたが笑)

見て見ぬふりで厄介な事は避けて通りたいし誰だって傷つきたくない
偏見や無関心が垣間
>>続きを読む

苦い涙(2022年製作の映画)

3.4

え?コレっておフランスの「おっさんずラブ」ですか?

恰幅の良い映画監督ピーター(ドゥニ・メノーシェ)が若い美少年アミールに恋するお話

失恋して夜な夜な一人で踊ってるピーターはコメディアン!?助手の
>>続きを読む

しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 〜とべとべ手巻き寿司〜(2023年製作の映画)

3.6

え!?クレヨンしんちゃんが3DCGぃ?!
しんちゃんも春日部防衛隊のみんなもプニプニで可愛い♡

へ?暗黒エスパー非理谷がまさかの松坂桃李さんって!
ヌスットラダマスとか深谷ネギコとか相変わらずフザケ
>>続きを読む

ムーンロック・フォー・マンデー(2020年製作の映画)

3.6

🇦🇺オーストラリア
たまたま見つけてジャケ写に惹かれて見始めた若者と少女のロードムービー

難病の少女と犯罪者となった少年が偶然出会い…架空の街「ムーンロック」を目指すというお話

2人が逃避行中に出
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.6

公開当時「ものすごく」話題になった作品!?

「ワース命の値段」を観た後に思い出しました そのうちにと思いながら流していた1作!

タイトルの意味合いを映画を観るまでは「なんのこっちゃ?」と思ったけれ
>>続きを読む

ワース 命の値段(2019年製作の映画)

3.8

「あなたの命はいくらですか?」

9.11同時テロの被害者や遺族への補償金を分配するプロジェクトを国が立ち上げその中心となった実在の弁護士の葛藤を描いた社会派ドラマ

人の命に値段を付ける…

バット
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.0

アウシュビッツ収容所で家族を殺され生き残ったゼヴ老人は認知症を患い妻を亡くし施設で暮らしていたが…

足元もおぼつかない90才の老人の復讐劇?と思っていたら!予想を覆す展開に衝撃度はMAXに!

前か
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

3.8

「ゲゲゲの鬼太郎」誕生のお話?
横溝正史よりグロいけどアニメだから頑張れました

水木先生へのリスペクトを感じながらも終盤は涙腺が緩み鬼太郎親子の底力を再確認?!

さらに私欲のために村に乗り込む水木
>>続きを読む

波紋(2023年製作の映画)

3.9

こりゃあ〜凄いの観たかも!
1言で言えば濃厚なブラックコメディか?
筒井真理子さんに圧倒されるし脇を固める俳優さんも曲者揃い(いい意味で笑)で楽しませて頂きました

新興宗教に傾倒する話はよく聞くけれ
>>続きを読む

ふたりのマエストロ(2022年製作の映画)

3.5

たまにはクラシック?大人の映画でした
イヴァン・アタルは「フレンチな…」以来!ちょっとお疲れ気味のイケオジがハマッています

主催者側の間違いで大変な事に!
指揮者として40年のキャリアを持つ父親と才
>>続きを読む

DC がんばれ!スーパーペット(2022年製作の映画)

3.6

普段は「字幕派」だけど今作は「吹き替え」で観ました
日本の声優陣も豪華ですね

へ?ジャスティス・リーグの皆さんのアニメ版!?と思っていたらスーパーマンやお馴染みの面々は脇役でした
(アニメとはいえ凄
>>続きを読む

世界のはしっこ、ちいさな教室(2021年製作の映画)

4.0

いくつ年を重ねても世の中には知らない事が沢山ある…
(知らなくてもいいことほど耳に入ってくるという皮肉もあるけれど笑)

(ブルキナファソ)と言う西アフリカの国名は今作で初めて知りました
新任で50人
>>続きを読む

シャドウプレイ 完全版(2018年製作の映画)

3.6

見終わるまで3日もかかってしまいました
コレは心身共にゲンキじゃないとイッキ見できない笑

今まで観たロウ・イエ作品とはちょっと異彩を放った作品
実話ベースというのもあるのかな?

2人のクズ男に翻弄
>>続きを読む

バブル(2022年製作の映画)

3.6

現代版の「人魚姫」ですね.。o○

東京が崩壊して居住禁止区域に!東京タワーがタイヘンな事に!(ゴジラに踏みつけられたり最近の東京は忙しいな笑)

志尊淳君の声が「ヒビキ」にめちゃフィットしていて違和
>>続きを読む

皇帝ペンギン ただいま(2017年製作の映画)

3.8

な〜んだか癒されたくて…またノルウェージャンの友人の𓃠愛猫に会いたくなったりして♡

そーいえば観てなかったかも?!と「ただいま」へ!(猫の次に好きなのが鳥類という笑)

皇帝ペンギンの歩く姿が職場へ
>>続きを読む

関心領域(2023年製作の映画)

4.1

近年 国内外で「戦争」の悲惨さや不条理を訴える作品が増えたと思います

友人との休みも合ったので一緒に観て来ました
間に合って良かった…

「アウシュビッツ収容所」や「ナチス」の経緯を踏まえた上で観な
>>続きを読む

CLOSE/クロース(2022年製作の映画)

4.0

なんて表現したら当てはまるコトバがみつかるだろう…

瑞々しくてヒリヒリします
刈り取られる満開の美しい花✿に少年2人の儚さが重なりました

危うい年頃に自身を重ねる人も多いかもしれない

あの時…い
>>続きを読む

ザ・ハッスル(2019年製作の映画)

3.7

凸凹女詐欺師2人のドタバタコメディ劇?
前に見逃しちゃったからPrimeに感謝

アメリカ版の「あの」ドラマ展開?騙し騙されの波に呑まれて着地と言う…笑

アプリ開発者のトーマスを演じたのは「生きるL
>>続きを読む

ミュータント・タートルズ ミュータント・パニック!(2023年製作の映画)

3.8

ミュータントシリーズは未見
この作品で初めて観ましたが…!
グロいの?とおもったら大人もお子様も楽しめそうなポップな作品♪

化学薬品でミュータント化したカメ兄弟が世界を救う?!

アクの強い作画に始
>>続きを読む

シティーハンター(2024年製作の映画)

4.0

…友人の𓃠愛猫に癒されながら2人で「やっぱり鈴木亮平はカッコいいねぇ」と筋書きそっちのけでデレデレ笑


ポップコーンじゃなくてビールに鴨ハムつまみながら「コレ!続編あるよね?ゼッタイ観るわ!!」と気
>>続きを読む

ポテチ(2012年製作の映画)

3.6

「ポテチ」
濱田さんがいい「塩味」出してます

ポテチのコンソメ味と塩味の取り間違えを「自身」に置き換えて泣き出すシーンが効いてますね
 
ユルユルなコメディだから仕事終わりの私は睡魔と戦いながら観て
>>続きを読む

エージェント・コーディ(2003年製作の映画)

3.4

「ベスト・キッド」の監督さん!?
15 歳の冴えない高校生がまさかのCIAエージェント?!

お子様向けなのでファミリーでポップコーンやピザ食べながらが良き?笑

頭空っぽでピーチ姫を救い出すマリオを
>>続きを読む

ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ(2021年製作の映画)

3.7

伝記はホラーの次に苦手かもしれません「ビリー・ホリディ」の名前だけは知っていたけれど彼女の真実に触れぬまま過ごしてきました

公民権運動と人種差別の渦中に壮絶な人生を送った彼女の後半の物語

彼女の歌
>>続きを読む

メグレと若い女の死(2022年製作の映画)

3.6

残念ながら…原作は一冊も読んだことがありません

たまたま主演がジェラール・ドパルデューと言う事で観てみました

メグレ警視は身長180センチ 体重100キロ!ジェラール・ドパルデューにどハマリですね
>>続きを読む

恋人はアンバー(2020年製作の映画)

3.8

甘酸っぱいなぁ…と感じる私はすでに「おばさん化」が加速している笑

お国が違えばラブコメも空気感が違う
🇮🇪アイルランドの田舎町の閉塞感がズッシリとのしかかる

両親が不仲のエディと父親が自殺して憔悴
>>続きを読む

バリー・リンドン(1975年製作の映画)

4.0

スタンリー・キューブリックは「アイズ・ワイド・シャット」を分けのわからん時期?に観たきりです(また見直したいです)

「バリー・リンドン」
ライアン・オニールだったんですね

農家の息子が貴族にのし上
>>続きを読む