サエさんの映画レビュー・感想・評価

サエ

サエ

2018.9.17〜

映画(166)
ドラマ(88)

orange(2015年製作の映画)

-

映画館で上映していた時に観て、久しぶりに再鑑賞 やっぱり土屋太鳳ちゃんの演技で笑ってしまった...

アオハライド(2014年製作の映画)

-

千葉雄大しかはまってない...本田翼ちゃんの演技が...

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

-

美人だから不倫相手になってしまうことが多いのではなくてお前がそういう人間だからだろ...顔云々以前に貞操観念の問題だからな...という気持ちです

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

-

海外文学の中でサリンジャーが一番好きな私としてはとても楽しめました 彼の作品を読んだことがない人でも十分楽しめそう

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

5.0

丁寧でゆとりのある暮らし
いいなあ こんな暮らしをしたい

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

-

たとえその現場を実際に目撃していなくとも奥さんには全て見えていたのがパッケージデザインと繋がっていてゾワっとした

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

-

上野樹里さんがでてきてびっくりした
私だったら今大事にしている人や愛している人の見た目がその人じゃなくても、本当に好きになっていたのかと言われたら絶対に好きになっていた、と自信を持って答えられない "
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

青春は間違えることだらけだけど、それでいいんだと思う レディバードの年齢と自分の年齢が重なっていた分、とてもリアルに感じた

運び屋(2018年製作の映画)

-

どんよりした映画なのかと思ったら全く違った
" 時間が全てなんだ なんでもお金で買えたけど、時間だけは買えなかった "
このセリフがあの映画の全てなんだと思う すごく良かった

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

-

ジムキャリーがジムキャリーすぎてもはやジムキャリーという概念なのかもしれない

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

-

言論の自由や信仰の自由が当たり前に認められている私たちは本当に幸せ者なのだと思う 時代は変わったのだから当たり前だと言われて仕舞えばそれまでだけれど、それが当たり前に認められていなかった時代に心のオア>>続きを読む