kanaさんの映画レビュー・感想・評価

kana

kana

ブラックバード 家族が家族であるうちに(2019年製作の映画)

3.9

かなしいのかよく分からないけれど、気づいたら泣いてた。自分があの場面にいるとしたら、どんな言葉をかけたりするのかな。

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.8

お料理がとーーーっても美味しそうだった。。家族の中での宗教問題、混沌としすぎててエイブ…ずっとなってたけれど、エイプの発想が観ていてとてもわくわくした!

ストレンジャーシングスのウィル役で初見だった
>>続きを読む

The Secret Garden(原題)(2020年製作の映画)

3.5

はじめ、え?ホラー?って思ったけれど、お庭が幻想的な感じでとても素敵だった〜

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.9

おーーーもしろかったー!
途中置いてかれた感すごくて一瞬戸惑ったけど、総じてとてもすき!
役者の無駄遣いがまた最高(笑)

いわゆる”男子たちのノリ”が詰め込まれてて、ああ、私はこのノリが好きなんだよ
>>続きを読む

ライフ・アクアティック(2004年製作の映画)

3.8

まーたクスクスしすぎた
本当ウェスアンダーソンの世界観好きだな〜

赤いニット帽みんなで被ってるの可愛すぎ

his(2020年製作の映画)

3.4

私はきっと、「監督」と「脚本」両方に今泉力哉の名前が入っている作品が好きなんだなと思った

ラストは微笑ましかったかな、

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.3

苦しくて、かなしくて、途中から涙が止まらなかった。

「誰のせい」「誰が悪い」とかって話じゃなくて、ただ家族を想って、たいせつにしたいだけなのに、って。

BRING THE SOUL: THE MOVIE(2019年製作の映画)

4.8

“I’m learning how to love myself.”
いつだったか、この歌詞を聴きながら、ここ最近は昔に比べて、自分のことを好きになれてるんだよなって今まで思ってたことを、言葉にしても
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ほんとーーーうに私は今泉力哉監督の作品が好きだーーー。また好きな映画が増えてしまった。

誰かの日常。ふとした光景。
撮影時であろう当時に自分も下北にいたからこそ、まるで自分もあの場にいるような不思議
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.8

人によって写真の撮り方は違うし、その写真に込められた想いも違う。記憶ももちろん大切だけれど、写真を見ることで思い出すこともある。だから写真てすき。

家族みんなで写真を、って久しくしてないなあ、と思い
>>続きを読む

青の炎(2003年製作の映画)

3.5

若き二宮みたさに。

なんともいえないラスト、だなあ。言葉につまる。静寂の中の混沌。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.8

ほっこり。
シナモンロールとおにぎりが食べたくなった。あと焼き鮭。

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.6

ただただ、悍ましい、そのひとことにつきる。
目の使い方が上手で、それがリアルさを増していて、すごく、すごく嫌だった。目を背けたくなることばかりだった。
長澤まさみも、奥平大兼も、圧巻。

誰も知らない
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.5

“I don’t want you to spend your life waiting”

けど、結局は、心のどこかでいつまでも待ってしまうんだろうなあ...

あの日々の話(2018年製作の映画)

3.2

くだらなすぎて、ついフッとわらってしまったとこしばしば。
仲野太賀、髭似合うよなあ。。そして、村上虹郎...?!いやいや、みてないよ?!とか思ってたら、いたな。
ある意味、たしかに”青春”って感じの日
>>続きを読む

さらば青春の光(1979年製作の映画)

3.5

結局、”普通”、”普通じゃない”、ってなんなんだろうね

音楽が絶妙にかっこよかった........

泣く子はいねぇが(2020年製作の映画)

3.7

「もう生きてける」のひとことが、ずしっときた。

太賀の情けなくも、けど、それしかできないって感じ、ラストが切なすぎて沁みた。吉岡里帆の表情にもくるものがある。。

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.3

ロアルドダールの世界観、小さい頃だいすきだったな〜。なんかそのわくわくを思い出した。。子ども向けなんだろうけれど、私的楽しかった〜。

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.8

マイク...どうかせめて良いいちにちを...

焚き火のシーンがいちばん好きだったな...

途中切なすぎて苦しかった...
なんだかんだで現実を見せつけられた感がすごい

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.6

総じて、とても、とても、よかった。

スパイクサイコウすぎん?
私的ツボが多すぎて好きがすぎる

そしてよくよくみたら脚本...!そりゃ好きだわ

ハイスクール・ミュージカル・ザ・ムービー(2008年製作の映画)

4.5

3作品それぞれ、メッセージ性が異なっていて、けれどどれも大切なことで。私的圧倒的元祖ミュージカル映画!
ついつい踊り出したくなる〜〜!!
ザックエフロン最強、成長が凄まじい🔥🔥

ザ・プロム(2020年製作の映画)

4.2

アメリカンミュージカル映画サイコウだ〜!これぞまさに!って感じ
やはりミュージカルは総合芸術。。演技と言葉と音楽とダンスと照明。全てのピースがカチッとはまるとこんなにもワクワク心が躍るような、心の底か
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.4

キャスト豪華すぎてびっくりした

「泣いてる人がいたら、抱きしめてあげられる人になって」って、そんな人に私もなりたい〜

少年と自転車(2011年製作の映画)

3.4

なんだか途中、みていて苦しかった...

無言でただひたすら自転車を漕ぐシーン、一体どんなことを考えていたのかな、いろんな感情が自分の中にはあったなあ、

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

5.0

元々好きなふたり。さらに好きが高まった。
麦と絹が発する言葉の節々に好きが詰まっていて、ツボを鷲づかみされまくって、もう誰もかなわない、完全ノックアウト。映画という形に残っているおかげで、また2人に会
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

前作から、さらに良い。。
みんながまた集結していて、なんていうかいい歳のとり方している。
あの頃の過去を生きている、過去にすがりついている。結局歳を重ねたところで人間そう変わるもんじゃないよな、なんて
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ドラッグ中毒の主人公の映画は今までもいくつかみたことあるけれど、割とダントツで終わり方が好きかも。
これで最後だ、なんていって、いつまたあの頃に戻ってしまうかも分からないけれど、それでも「楽しみだ、あ
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.8

はじめてみたけど、くすくす場面がたくさんあって面白かった〜!
ダー子の明るさサイコウ

>|