いしやまさんの映画レビュー・感想・評価

いしやま

いしやま

映画(1083)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ギャンブラー(1971年製作の映画)

3.5

なかなか見応えある西部劇。
よく出来ていたけど、基本的にずっと下がっていく話なので、少々ツラい。ベイティのキャラの小物感が凄くて魅力的に思えないのも個人的にはチョット。代わりにジュリー・クリスティは魅
>>続きを読む

ジンジャーとフレッド(1985年製作の映画)

3.5

もっとドラマチックに作ることもできただろうに、あえて素朴に。終盤からラストにかけては最高。ノスタルジー。
ただいかんせん、前半がノリづらくてネムくなってしまった。トータルこんな感じ。
ウディ・アレンは
>>続きを読む

Dr.Tと女たち(2000年製作の映画)

3.5

ライトな恋愛コメディなんかではない。結構しんどい話。
前半に積み上げたものが後半にかけて一気に爆発するいい展開なのに、最後フザケちゃった感じ。雑にまとめちゃった感。
間違った方向に期待して観なければ全
>>続きを読む

絞殺魔(1968年製作の映画)

4.1

二分割にも五分割にもなる画面。殺人そのものより、当時の社会のありようを描くようなトーンがよい。真犯人より、他の怪しいヤツらを見てるほうが面白い。
前半と後半で一転する構成もよかった。丁寧によく作られて
>>続きを読む

おわらない物語 アビバの場合(2004年製作の映画)

3.8

こどもがほしい少女アビバのつらめロードムービー。まっすぐすぎる部分は前作のドーンと重なる。シャワーのシーンは笑っちゃった。
肌の色も年齢も違う複数の女性(ジェニファー・ジェイソン・リーはこの時点で40
>>続きを読む

ストーリーテリング(2001年製作の映画)

3.7

それぞれフィクションとノンフィクションをテーマにした2篇から成る話。
毒が効いているのはもちろんだが、他のソロンズ作品より終始シリアスだったような。第1篇は正直ほぼ刺さらず。
ベルセバのサントラが◎

ゴスフォード・パーク(2001年製作の映画)

4.5

俳優陣が豪華。それだけでワクワクする。
アルトマンらしくて、アルトマンらしくない。最後まで見ても誰なのかよくわからないヤツがいる。ケリー・マクドナルドのスコットランド訛りがチャーミング。傑作でした。

バレエ・カンパニー(2003年製作の映画)

4.0

斬新だなあ。最初から結局何も始まらないまま、全部がいつのまにか始まってていつのまにか終わっちゃう。アルトマンらしさだと思う。ドラマ性や見どころが用意されてるわけではない。
マルコムと一座という以外あん
>>続きを読む

ウディ・アレンの重罪と軽罪(1989年製作の映画)

3.6

アレン作品の中でも重ためのほう。ベルイマンの影響色濃いシリアスな物語に、アレン本人による軽めのストーリーが併走し絡んでいく。いけすかない成功者に向けた皮肉も効いている。
あんまり魅力的なキャラクターが
>>続きを読む

ビッグ・アメリカン(1976年製作の映画)

3.1

ベルリンで最高賞。なかなか難しい。
西部開拓時代の興行ってもの自体に馴染みがないので、設定に入っていきづらい。
アルトマンらしく人物が多いのも、飲み込みの難しさに拍車をかけている。少しすれば大体のこと
>>続きを読む

今宵、フィッツジェラルド劇場で(2006年製作の映画)

3.6

アルトマンの遺作。製作の実態はよくわからないが、気合いの入った作りで遺作とは思わせない。
ラジオ番組の公開収録の設定なので、ミュージカル的にも楽しめる。肩に力の入ったリンジー・ローハンの感じが少し浮い
>>続きを読む

三人の女(1977年製作の映画)

3.5

アルトマンらしからぬ、というかほぼほぼポランスキー。
シシー・スペイセクとシェリー・デュヴァルというだけで物騒に決まってる。問題は結局なんだったのか、なんとなくわかるようでよくわからない(自分には)と
>>続きを読む

ジャックポット(1974年製作の映画)

3.9

アルトマンのドキュメンタリーで、対象を観察するような演出を好んだ、と指摘されていたが、それの真骨頂のような感じ。
ギャンブルの場面も特に劇的な見せ方はせず(勝ちそうなのか負けそうなのかもよくわからない
>>続きを読む

ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男(2014年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリーって難しい。そこそこ情報がまとめてあれば、なるほどねそれなりに面白かったってなるけど、それじゃWikiを映像化しただけなので。
そういう点ではうまくまとまっていたし、よりアルトマンが好
>>続きを読む

アメリカの友人(1977年製作の映画)

3.7

ホッパー主演というよりガンツ主演。
結構面白かったけど、体感めちゃ長く感じたのはなぜだろう。当然だけどヴィムヴェン先生はちゃんと筋のある話の方が観やすい。

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

3.4

コロンボ(、ニック・ケイヴ)と現実のものを取り入れたり、白黒とカラーを使い分ける映像だったりアイデアが面白い。
一方で、苦手だった「まわり道」みたいな一人語り/詩を聞く時間が長いのは激ネムだったし、永
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

4.1

ガッツリ自分の色を出しながら抑制の効いた演出で、演者の怪演を引き立たせる。
ふたりの世界とそれぞれの救済。
この映画のPSホフマンを見ると、この人はもういないんだと悲しくなる。

情事(1960年製作の映画)

2.8

モニカ・ヴィッティのおかげで一応みられるが、終始ネムかった。サンドロという人物も無理すぎて入り込めず。ラストの余韻は結構よかったけど。音楽は不思議な魅力ある。

自由の幻想(1974年製作の映画)

3.6

数珠つなぎにメイン人物が入れ替わっていく群像劇というか、オムニバス映画的というか、シュールコント。
修道士の一連のくだりが一番面白かったかな。「少し回復」で声出して笑った。モニカ・ヴィッティ綺麗。

ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972年製作の映画)

3.5

このジャケ写がオードランだったとは。ウディ・アレンがベスト映画のひとつに選んでいた覚えがあるが、確かに影響は濃い感じがする(特に「愛と死」あたり?)。騒音で声が聞こえないお笑いってどこ発祥なんだろう。>>続きを読む

欲望のあいまいな対象(1977年製作の映画)

4.3

ブニュエルは(ブニュエルに限らないけど)不勉強で、ほとんど観たことないです。
ラスボスだけ激ムズなRPGをプレイさせ続けてくれるコンチータは、むしろ誰よりも優しいのかもしれない。二人一役というところも
>>続きを読む

軽蔑(1963年製作の映画)

2.5

主人公たる夫婦に魅力を感じないし、その愛憎模様にも興味が湧かず。何がしたいのっていうフラストレーションはわかるけどね。やたら大仰な音楽もナゾ。ついていけませんでした、スミマセン。

勝手にしやがれ(1960年製作の映画)

3.6

前半は観ていて、こんなに良かったっけ、となった。被写体があって、セリフがあって、カメラがある。それをどう組合わせてどう映像にしようが自由だ、と思わせてくれる。ただ、個人的にあまりに退屈な、アパートでの>>続きを読む

花様年華 4Kレストア版(2000年製作の映画)

3.4

主人公ふたりの見てくれと、独特な色合いの映像に尽きる。個人的には中身は退屈。雰囲気ゲーと言ってしまえばそんな気がする(ごめんなさい)。

殺人狂時代(1967年製作の映画)

3.9

喜八演出の真骨頂という感じで、荒々しくもテンポ良く進むコメディ。団令子が最高にチャーミング。子分の砂塚秀夫もすごくよかったし(泉谷しげるみたい)、仲代も演技の幅広さを見せてくれる。
面白かったんだが、
>>続きを読む

金環蝕(1975年製作の映画)

3.5

オープニングはアガったし話自体も興味深かったが、白い巨塔と同様で、淡々としているが故に映画としての面白味が薄い。原作を大事にするが故なのかな。
映画としての面白さより、wikiでモデルになった実際の話
>>続きを読む

ブルークリスマス(1978年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

都市型のSFという点では、「アルファヴィル」や「あやつり糸の世界」なんかを思い出さなくもない。日本でこういうSFが作られてること自体新鮮で面白かった。
ただ、脚本の欠陥?が結構デカい気がする。一体誰が
>>続きを読む

激動の昭和史 沖縄決戦(1971年製作の映画)

3.6

三船や志村こそいないが、俳優陣はこれでもかというほど豪華。
(100%事実でないとはいえ)沖縄戦を語り継ぐ手段としては有用だろう。だけどこっちの集中力の問題で、もうちょっとナレーション増やして展開を追
>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

3.9

すごい映画だ。意味がわからないわけじゃないが、突飛すぎてついていくのが大変。後半になってようやくノレてきてからは楽しい。
PTA作品は観る側の状態によるところがある気がしてて、ノレれば楽しいけど、ノレ
>>続きを読む

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

4.0

たぶん高校時分以来に見た。ポカンとして終わった印象があったが、間違っていなかった。
最終盤のふたつの場面はどうしても取ってつけたような感じで、エネルギーは半端ないんだけど、どうしてもノれない。
その間
>>続きを読む

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

3.8

淡々とした演出、この人ほんとにこの画角好きだなっていう独特のかんじ。
後半はちょっとアイデア切れというか、ありがちな感じになっちゃうのが勿体ない。これを88分に収めた評価は大きい。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.4

PTAの映画ってワクワクする。アイデアが型破りな割に、説明が足りなくてこっちの頭がイカれそうになる瞬間があったり、シリアスだったり笑わせてきたり、とにかく他と違って何が飛び出すかわからないからだと思う>>続きを読む

田園に死す(1974年製作の映画)

3.5

ビジュアルは満点だが中身にいまいちノれず。このビジュアルだったら全部おとぎ話として進む方が個人的にはノリやすかったかも。
安易な感想だと思うがフェリーニ性も見え隠れしている感じ。

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

3.8

TVシリーズは大好き。TVシリーズの観賞は必須だし、一方でそれを観た人にとって特に後半は既に知っていることの映像化という以上のことはそんなにないので、評価が難しい映画。
最初の赤いドレスの女性のくだり
>>続きを読む

サスペリア PART2 完全版(1975年製作の映画)

4.1

サスペリアの続編にはあらず。
ゴブリンのサントラは半分「チューブラーベルズ」インスパイア系。インスパイア具合に笑ってしまう。でも格好良い。この映画自体がエクソシストに影響受けてたのかは謎。
殺人シーン
>>続きを読む

シングルス(1992年製作の映画)

3.0

何かと中途半端な感じ。グランジ全盛のサントラ映画としては音楽が少ないし、コメディにも真面目な恋愛映画にも振り切れてない。メインのキャラクターを深掘りするのか群像劇にするのかも半端な感じ。
結末読めたぜ
>>続きを読む

>|