泉くんさんの映画レビュー・感想・評価

泉くん

泉くん

映画(3929)
ドラマ(2)
アニメ(0)

イコライザー THE FINAL(2023年製作の映画)

3.5

4があるなら観てもよいかな。。わざわざデンゼル・ワシントンを使ってまで撮る作品なのかはわからんけど。

イコライザー2(2018年製作の映画)

2.5

前作で良かったホームセンター要素が無くなってしまった。

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

アントワン・フークア監督はアクションパートとドラマパートのバランスがいつも悪い気がする。とはいえホームセンターでの戦いはワクワク。

ルックバック(2024年製作の映画)

3.5

読み手の想像力に委ねてもらえる部分が大きいので、漫画の方が好き。

関心領域(2023年製作の映画)

3.0

コンセプトを聞いたときは凄い面白そうと思ったんだけど、、

コンティニュー(2021年製作の映画)

3.0

ジョー・カーナハンはシリアス系のドラマを撮った方が絶対向いてるのに、ずっとジャンル映画みたいなのを撮ってるのはなんなんだろう。

蛇の道(2024年製作の映画)

3.0

思ったより忠実にリメイク。そもそもが変な話なので哀川翔の方がマッチしてたかな。むしろ西島秀俊が主演した方が、、とか。

ブルー きみは大丈夫(2024年製作の映画)

5.0

あまり新鮮味もないしベタな話ではあるんだけど、心が荒んでいる時に観たのでとても良かった。ライアン・レイノルズのイメージがハンニバルキングで止まってたんだけど、良いイメージで更新できた。

座頭市海を渡る(1966年製作の映画)

4.0

脚本に新藤兼人を起用して、本気のテコ入れをして大成功のシリーズ14作目。山形勲が弓で攻撃してくるのが殺陣に活きていてよかった。なんかいる田中邦衛。

座頭市の歌が聞える(1966年製作の映画)

2.0

タイトルがカッコいい。いつも以上にいつもの話なので飽きてきた。

ザ・ウォッチャーズ(2024年製作の映画)

4.0

監督の想いがこもったオリジナル厨二病映画だと思ったら原作あるんだ。無駄に壮大な感じになってくの嫌いじゃない。映画としてはイマイチ。

ライド・オン(2023年製作の映画)

5.0

舞台挨拶で生のジャッキー!スターのオーラを感じた。これが引退作かと思ったら、これからもガンガン映画を作るらしくて一安心。

眼球の夢(2016年製作の映画)

2.0

アングラで前衛的な映画を撮ろうとして、豪快にスベった感じ。PANTAは良かった。RIP

罠 THE TRAP(1996年製作の映画)

2.5

濱マイクシリーズ3作目。なんでサイコサスペンスにしたんだろう。でもこのジャンルを跨いで自由な感じが大傑作のドラマシリーズに繋がったと思えばギリギリ許せる。

ロリータバイブ責め(1987年製作の映画)

3.0

タイトルなんとかならんのかな案件。佐藤寿保監督が勢いと熱量で映画を撮っていた頃の映画なので、良くも悪くも観ていてクラクラする。
u-nextのアプリでは検索しても出てこない。アプリ外から作品検索してマ
>>続きを読む

ハード・ターゲット(1993年製作の映画)

3.5

ジョンウー監督、ヴァンダム主演。どちらかといえばヴァンダム映画だった。

幕末太陽傳(1957年製作の映画)

4.0

今の映画では考えられないくらいテンポが良くて、爽快感を感じるほど。

告白 コンフェッション(2024年製作の映画)

3.5

むかし原作漫画を読んだ時に映画にしたら絶対に面白いと思って、今回ついに待望の映画化。満足じゃ。

日本暗殺秘録(1969年製作の映画)

3.0

若山富三郎の殺陣が圧倒的なので、桜田門外ノ変のエピソードに全振りしてもよかったのでは。
オムニバスとしてはバランスが悪い。

わたくしどもは。(2023年製作の映画)

3.0

舞台挨拶の小松菜奈が可愛すぎたので100点。映画本編は寝落ち。しかたない。

遥かな時代の階段を 4K デジタルリマスター版(1995年製作の映画)

3.5

オープニングでワクワクしてからのシリアスな展開の落差が激しい。ずっと犬を探す話で良かったのに。

蛇の道(1998年製作の映画)

4.0

和製ノワールというジャンルで圧倒的にスタイリッシュ。フランスでリメイクして面白くなるのかはわかんない。
蜘蛛の瞳を先に観てしまったのが残念。

王様と私(1956年製作の映画)

3.5

ユル・ブリンナーはエリートハゲ。かっこいい。

パパは、出張中!(1985年製作の映画)

3.0

アンダーグラウンドが大傑作なだけに、インパクトに欠ける

父 パードレ・パドローネ(1977年製作の映画)

4.0

ようやく観れた。家父長制の恐ろしさと哀しさ、サルディーニャの牧歌的美しさ。タヴィアーニ監督大好きです。

悲愁物語(1977年製作の映画)

3.0

これは良くない方の鈴木清順!何度も見返してクラクラしたい。