いぬくんさんの映画レビュー・感想・評価

いぬくん

いぬくん

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

だんだんこの人たちはなんでやり合ってるんだっけ??ってなってくる。

満身創痍になって振り出しにもどる。この組織、これでよく成り立ってるな…

馬のシークエンスは新鮮味があっ
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

納得して演じているとはいえ大ダメージを受けてしまっている女優さんたちが心配。

これは男女問わず被害者にも加害者にもなり得る話で、もちろん息子(現在4歳)が被害者にならないよ
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

おヒューめっちゃ胡散臭いけど意外と素直に回想語ってたね。

回想を越えてからテンポよくなった。
コリン・ファレルがひたすらにカッコ良かった♡

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

ホームを奪われたノマドである現状を肯定も否定もせず淡々と、ただただ生活する。映画としては最後は向き合う。

彼女は人に求められるし居場所も提供されるけど、それはハウスではあっ
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

CGかと思うほどぬるぬる動くより、やっぱこういう特有の動き方してくれる方がワクワクして、いい♡

やりたいこと全部やる素人っぽさと美術のクオリティの高さがうまくバランスとりあ
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

バカンスムードでチャラいテンション、ファッションもカラフルでかわゆくて気軽に観れて良い。

解決策が爆破なのも良い。

街の上で(2019年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

覗き見感覚。とくに青とイハちゃんの謎の二次会。何を見せられてるんだと思いつつハマる。

若葉竜也さんの「えっ?」たまらん。あと成田凌さんも好きになっちゃったな。

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

高良健吾の侘しさよ…

石橋静河の自己肯定感の高さからくると思われる自由な在り方が羨ましさの頂点。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

息子3歳と一緒に鑑賞。息子3歳最近Disney+とかで色々観てるけど、今のところジュラシックワールド2作がいちばん刺さってる。アニアのブルーはクリスマスにプレゼントした。
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

クレイジーキラーマシンガール個人的にはもーちょっとキュートな方が好みだけど、最終決戦にトレンチコート着てくるの可愛かった。

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

ラストだけ、私が日本人じゃなくて永瀬正敏をただの異国の知らんおじさんとして見れたなら、また違ったのかもしれない………と思った。

アダム・ドライバーと関ジャニの大倉くんめっち
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

お風呂で背中を流すシーンからずっとダバダバ泣いてたけどなんの涙だったのか分からない。何がすばらしいんだろうかと心が乱れた。

小説も読んだけど現代ヤクザの哀愁、めっちゃ好きだ
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.0

溜めすぎサクサク感想。

猫の親権をジャンケンで決めるな!
そういうとこやぞ。

天国にちがいない(2019年製作の映画)

3.0

めっちゃ好き。

パレスチナについてそんな詳しくないから風刺をどこまで受け取れていたかは分からないけど、ロードムービーの形式をとって繰り広げられるショートコント全てが「何を言わんとしているか」は分かる
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.0

ある画家の〜のあとに続けてみる予定だったけど、ある画家の〜が良すぎて余韻を残したくて、苦渋の決断でスルーした作品。

冒頭からテンポよく見せられる理不尽、理不尽、理不尽、の畳み掛けにクラクラ。史実何に
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.0

息づかいがすっげえ。

構成も画作りもテーマの表現も完璧なんだろうな、ただ物語性を求めるとちょっと削ぎ落とし過ぎかもとか思ったり。

愛し合った二人の顔面が最初から意味深。

ポーカーフェイスな女中の
>>続きを読む

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒(2019年製作の映画)

3.0

ストップモーションアニメだってことがにわかには信じ難く疑って観てて、ときどきすごい実写感のあるカットがあって(雪の表現とか)あっ!やっぱり実写だった!と思わされる感じ。

もっとメイキングが見たい。

ある画家の数奇な運命(2018年製作の映画)

5.0

テネット二回観て解説ググりまくるみたいな楽しみ方もなんにも間違ってないと思うけど、私は映画鑑賞にこれを求めてたんだった、と思い出させてくれた、エンドロールをぼんやり眺めながらの感覚。うまく言えない。>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.0

やっぱりドラン本人がこういうヒリッとしたキャラクターを演じてヒリッとした表情をするのが好き。えっちだよ!!

マティアスの遠泳にドン引きするみんなが面白かった。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.0

悔しいけど二回観たわ!!って感じで二回観た。

それを突き詰めることは重要じゃないって分かってるけど、どうしても気になってしまって「え、じゃーあのときのアレはどういうことなの?」て疑問を解決しようとグ
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.0

溜めちゃったからサクサク、、

多様性が認められていること前提の、今の時代の“優しい世界”で愉快に暴れる二人がキュート。みんな良い子だしジジはボケ倒すしパーティー楽しそう過ぎて泣ける。

予告ではそう
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

5.0

何十回と観てるしきっとこれからも折につけ観るのだけど、劇場のスクリーンで観れるなんて思ってもなかったので、この機会は逃すまいと思ってた。

何十回と観てるので今はもう逆にここまで集中して観ることができ
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

3.0

息子3歳4ヶ月が「しんきょうりゅうみたいー!」と言うので春からずっと観に行く約束をしており、満を持して鑑賞。

私はドラえもんを通ったことがなく様式美に馴染みがないので「ホーーーン?」という感想なんだ
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

3.0

時間だけで選んで鑑賞。

二人の世界に入っちゃってるとはいえ、ストリートミュージシャンを犯罪者呼ばわりして指差してケタケタ笑いながら弄っちゃう性格の悪さを初っ端からみせられて、そんな二人の恋愛とかどう
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.0

四姉妹の瑞々しさ、綴られる感情の機微、ジョーとローリーのエモいじゃれあい。大きなストーリーの起伏を物語として捉えるのではなくて、こういう繊細な瞬間の連続性にぐっとくるようなのが好き。

たまらんわ…っ
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.0

この…お互いに期待するものを得られない苛立ちをぶつけ合ってしまう感情の交通事故…思い当たる節ありすぎ…!なんならもうあるあるネタのコントかなというぐらいのおかしさがあった。

モチーフのカットインとか
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

にわかにもMCU追っかけてるとか言ってて実はフェーズ3で一番重要な作品を観れてなかった。朝イチの回、お客さん私一人…!贅沢。

シビル・ウォーから一週間後の内戦勃発、そしてその後は人類の存亡をかけた超
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.0

緊急事態宣言発令前最後に観たやつ。

少年ルパートくんとママの感動の再会シーン、てっきりママが「もう私のために頑張らなくていいワ」的なこと言うもんだと思ってたら「これからも一緒に頑張ろうネ」的なこと言
>>続きを読む

三大怪獣グルメ(2019年製作の映画)

3.0

“““義務”””として鑑賞。

和製B級ってたぶん初めて観たけど、扉ひらかず。

酢砲の語感がいい。すほう。

初恋(2020年製作の映画)

3.0

これは窪田正孝さんを好きになってしまう、不可避。

物語みてたというよりずっと役者さんみてた。

まあどうでもいい話なんだけど、めちゃくちゃ寒いらしい早朝に臨月くらいの腹囲のべつにギャルでもない妊婦さ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.0

三夜続けて寝落ちして四夜かけて鑑賞。

キアヌ、体型とか瞳の潤み具合とかで鋭い決めゼリフが全く刺さらない!全員殺すけど満身創痍!24時間後が楽しみ。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.0

犬が死ぬって聞いてたから避けてたけど、寝る前に観るのにちょうどいい尺だったのでえいやと鑑賞。犬は死にました……

今ちょうどゲースロseason6中なので、シオン!シオンじゃ〜ん!よく会うね〜!(ジョ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

次はいいひとが死んでつらくならない映画を観たくて。(思ってたよりワイルドに死にまくったけど)

ライアン・ゴズリングがだいぶ楽しい。間の取り方というか、その“間”の瞬間の虚で間抜けな佇まいがたまらん。
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.0

みんながあまりにも愛おしくて、そのぶん余計に、はちゃめちゃにつらい。

ジョジョの見ているペールトーンのファンタジックな世界がコミカルでキュートであればあるほど、ついニコニコしてしまった次の瞬間、苦々
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.0

鑑賞後すぐは救いのない結末がずしんと響いておもしろかったと言っていいテーマではないかなとか思ってたけど、日が経つにつれて、いやあ、めっちゃおもしろかったのでは!?となった。エンターテイメント…

みん
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.0

超個人的に共鳴しすぎてしんどくなってしまうのではとビビりながら観たが、ああいう親権争い、暮らす場所がアイデンティティのひとつになることなど、自分とは文化の違いがあってそこまでしんどくならなかったのでホ>>続きを読む

>|