ino522さんの映画レビュー・感想・評価

ino522

ino522

映画(40)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.5

誰にでも起こりうるような、そして誰の心の奥底にでも眠っていそうな感情を、淡々と描き出した映画だなぁ
ハグかぁ 囁かでも心が通い合う温もりの尊さを感じずにはいられない。

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.5

なんとも人間らしい。生活も何もかも、どこから見ても破綻しているが、奥底にある優しさに、寂しく感受性豊かな子どもが気づいたのね。
人間、人生って滑稽だなぁ でもいいなぁと思えた映画でした。

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

ド派手で華やかでスピーディで笑えて、アニメーションの世界を見事に再現しているが、何よりもジャスミンの歌うシーンに魅了された!
改めて歌の力を感じた映画でした!

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

死後の世界とほんとにこんな風に繋がっていたらいいのにな。
温かく可愛い映画。音楽がいいなあー

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

見るに堪えないエグいシーンはあるけれど、熱量が半端ない映画だった。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

5.0

なんと愛溢れる映画だろう。胸を締め付けられるような豊かな映像。そして表情の移り変わりが恐ろしい躍動感を持って迫ってくる。人にもぜひ観てねと勧めたい素晴らしい作品でした。

エリック・クラプトン~12小節の人生~(2017年製作の映画)

4.0

娘に勧められて映画館に足を運んだ。
想像を超える壮絶な生き様に、天才と馬鹿は紙一重とは正にこの事かと思った。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

4.0

違う!熱が足りんのよ、熱が!
自分にもグサリと刺さるセリフだ。
息が詰まるような生き様!昭和を駆け抜けた起業家の不屈の根性に胸が熱くなった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

音楽はとても良いんだけど、シーンの繋ぎごとに振り出しに戻される感じ。惜しいなぁ〜と感じました。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

とにかくかわいい❣️そして面白くちょっと感動もする🥺
そしてそして何よりも音楽がいい❣️

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.0

ファンタジーだろうか?現代版人魚姫だろうか?なんだかストーリーが散漫で入り込めなかったが、オープニングの描き方は美しく面白かった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.0

ラストのライブエイドのシーンは鳥肌が立ったが、そこに至るまでのシーンにはさほど感情移入しなかった。冷静に観てられる感じ。フレディが似てないのが原因かなぁ また、あまりに出っ歯を誇張してるのにも違和感が>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

5.0

愛情にあふれた切ない映画。

僕はどんな風に生きて、どんな風に人生を終えるんだろう。そしてその間に、どれだけ家族に愛情を注ぐことができるのだろう。

そんな事を考えさせられる映画。

人生フルーツ(2016年製作の映画)

5.0

この映画のことを何も知らずに、お寺で開催された上映会に足を運び鑑賞しました。

とても素敵な温かい映画、お二人でした。自分もこの様に時を重ねて、奥さんと歳をとっていきたいなと、心の底から思いました。今
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.0

最初はスピード感あって面白そうと思ったけど、途中からストーリーが支離滅裂でがっくし…( ;∀;)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

何なんだこの映画は?と、しばらくポカーンと観てたが、シーンが切り替わってから面白いこと面白いこと!涙が出るほど笑いました。これはほんとによくできた映画だ!

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.0

ベイビー ドライバーがあまりにかっこよかったのでこの作品も。
そもそもホラー系は大嫌いなのだが勇気を出して観てみると、声を出して笑うほど面白い!何度も観るかというと、やはりちょっと怖いので…(*≧艸≦
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

トランスジェンダーである事に気付き、苦悩する主人公と、それでも尚愛し続ける妻の心の葛藤。胸が苦しくなった。
命を懸けてまで自分が自分であろうとする姿に、自分がかけてる色眼鏡をひとつでも捨ててしまえれば
>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

4.0

息子の死が父親に勇気を振るい起こさせ、それが夫婦の絆を死をも恐れないほどに強くした。そして遂にはいく人かを突き動かすことになった。
本当に実話だろうかと思うほど、人は強くなれるのだと思った。最後に夫婦
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.4

マックに行くたびに思い起こすんだろうな。そして自分は創業者兄弟派だな。笑

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

動物たち可愛かったなぁ。特にハムスター!
先入観や偏見に捕らわれず、挫けそうになりながらもひたむきに頑張る姿、わかりやすいメッセージ。子どもに見せてあげたい1本です。

列車に乗った男(2002年製作の映画)

4.0

真逆ともいえるような人生を重ねてきた、人生も最終コーナーに差し掛かったような男二人が出逢い、ぎこちなく始まる物語。
互いが心を通わし始め言葉に温もりが宿りはじめると同時に、避けようがない不幸なシチュエ
>>続きを読む

ロゼッタ(1999年製作の映画)

3.5

相談できる人もなく、たった一人で頑張り続けても出口が見えない。胸が苦しくなるようなストーリー。僅かな希望が見えたのかなと思えるラストシーン…

プレシャス(2009年製作の映画)

4.0

じゃ 誰があたしを愛してくれるの?学歴もあるし何でもわかるんだろ?あたしには誰も居なかった。
もう誰が正しいとか、何が悪いとか、人生の片鱗では何も見えてこないよなと…
どんな状況下でも前を向いて進もう
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

4.0

ギラギラとメタリックで硬質でスタイリッシュ!最初これがロミオとジュリエットなのかと驚いた。しかしすぐに美しくも悲しい物語に引き込まれていく。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

カラフルな映像とスタイリッシュな音楽。だが奥さんの好みでは無かったようだ。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

二度目に観たとき、表情から伝わってくる様々な感情をより深く汲み取れたような気がした。一層切なくて甘酸っぱくて…
人間って弱いのかな?強いのかな?時と場合の狭間で揺れ動くのかな?

ライトスタッフ(1983年製作の映画)

5.0

カッコよすぎる!!
男の見本、バイブルがここにある!!
胸を震わせて何度も何度も見返した一本。

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

5.0

美しく切なく、そして激しいロックムービー!映像と音楽のスピード感に身を任せるしかない。

>|