いしむらさんの映画レビュー・感想・評価

いしむら

いしむら

ベストムービーは2016年以降公開分〜

☆3.0以上:人におすすめ出来る映画
☆3.5以上:もう一度見てもよい映画

レビューとは名ばかりのふざけた感想文です。
皆さんのレビューを参考にさせてもらっています。

映画(382)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.3

黒木華ちゃんて「はなちゃん」ではなく「はるちゃん」なんですね!!
人の名前をずっと間違えて覚えていたとは…僕があのブラック企業の社員ならみんなの前で土下座させられたうえに吉田鋼太郎にこっぴどくなじられ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

アイデアが素晴らしい!

その手があったか〜というほどの目新しいアイデアではないのですが、その見せ方、作り方が過不足ちょうどに上手い!

つまるところアイデアを生かすアイデアが素晴らしい!!

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.6

アクションはさすが!!

今回は前作「ローグ・ネイション」のような爽快感とは違うシリアス寄りの路線で来ましたね。

鑑賞直後は正直言ってよく分からないことが多くてモヤモヤ。
思い出しながらじっくり考え
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

2.8

わかりづらい…。

微妙に面白くもありました。
でも『解釈は観たあなた方にお任せします系』は…やっぱり微妙。

「環境問題」や「家族の再生」がテーマなんでしょうけど、そんなありふれた理解で終わっていい
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

2.4

強い野生。
狂った野生。
幼稚な野生。
人間も動物だから
一定数のあんな奴らが生まれます。

あー胸くそ悪。
胸くそ悪くて映画についてあんまり書く気にならんわい。
小松菜奈ちゃんのキレっぷりにはちょっ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.1

あいつ…凶暴過ぎて引くわー

怒涛のモンスターパニックムービー!
もはや恐竜はオマケ扱いか…

『ジュラシック・パーク(1993)』にはあった恐竜に対する畏怖の念や憧れや夢のようなものは、もう映画から
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.2

暑いっ!
暑すぎるぜっ!
鑑賞中どんどん汗ばむ俺の体。
映画に興奮して体温が上がったか…。
でもそんなドキドキもハラハラもワクワクもしてないんだけど。。
他の客たちの熱気が室温を上げているのか…。
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

これは観てよかった!
鑑賞後にインド料理の店に飛び込んで注文した全ての料理を右手の指先オンリーで食べてやりましたよ!
まあ思った以上に食べにくくて途中でやめましたけどね…。


僕はやはりこういう映画
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.8

犬ってやつは…。
ああほんとに犬ってやつは…。
人に寄り添い人を信じ人を愛し人に愛され。
無邪気で無垢なあの瞳。
ああ大好きだ!
犬〜〜〜〜〜♡


しかし和太鼓は日本人のDNAに響きますね。
外国人
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.2

主人公サルーとお兄ちゃんとの25年ぶりの再会がクライマックスになると予想しながら観ていたのですが…え?…そうなんや…。
でも実話なんだから仕方ない。

ラストに実際のサルーと実母と育ての親の映像が流れ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.1

ちょっとインパクトや盛り上がりに欠けたかな…。

ただ、こういう宇宙で怖い思いをする映画を見るたび思ってきたのですが、その気持ちは固まりました。

僕は生涯絶対に宇宙船に乗って地球から出るようなことは
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

[前半3分の2]

集大成!
まさに集大成!
これぞ集大成!
いや〜集大成!

[後半3分の1]

・・・・・・・
・・・・・・・
なんか重・・・え?


「衝撃のラスト」ってよく使われるフレーズです
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

まさかのメカゴジラ登場!
流れるはゴジラのテーマ!
からの〜〜〜
『俺はガンダムで行く!』

そこでおっさんアホみたいにウルっと来ちゃいましたよ。
心が揺さぶられるってやつですね。

冒頭のデロリアン
>>続きを読む

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

3.9

あーなるほど

ハリウッド実写版を先に観てたけど

そりゃ〜このアニメには敵わんわな

白夜行(2010年製作の映画)

2.6

地獄で生まれた獣が二匹
獣にはとてもとても知恵があり
しかしその体に血は流れておらず
殺し、犯し、利用し、心を奪い支配する
破壊と破滅の先に続く二十年に及ぶ獣の歴史

原作は随分以前に夢中になって読み
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.3

生者と死者、家族、思い出、消えない想い…。
本作、僕の知るディズニーアニメでナンバーワンかも。
あっさり具合も絶妙♪

死とは…。
いなくなる人にとっては「世界が終わる」ということ。
残る人にとっては
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

現代においてはオールドメディアに分類される新聞やテレビ。
日本のオールドメディアは本当に酷いですね。

「権力を監視する」という役割を「権力を批判する」に履き違えている。
難癖つけて批判批判批判。
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.7

「人間の欲望はパズル。欠けたピースを見抜き埋めてやれば相手を操れる」

断言しよう。
これまでネオン街に舞う夜の蝶達に翻弄されまくってきた僕を操るのにスパローの技術など不要だということを。
そして告白
>>続きを読む

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.7

焼肉定食
焼きうどん
豚汁定食

「食べたいものがあったら何でも言ってよ。出来るものなら何でも作るから」

人情
流れてゆく人生
おすそ分け

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8


チャーミングなおとぎ話でしたね。

とてもとてもチャーミングでした。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

以前シルク・ド・ソレイユを本場ラスベガスの常設劇場で鑑賞したことがあります。
大掛かりな演出、驚きの仕掛けと超人的な演技、見事に洗練された演目が次から次へと…。
僕は鑑賞中ずっと目を丸くし口はあんぐり
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.3

2月6日に台湾東部で発生した大規模な地震。
ちょうどその日に台北市内に滞在していた阿部寛さんが当地での翌々日のイベントにおいて、地震により亡くなった方に哀悼の意を、そして被災地の方や救出に携わる方へエ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.8

これは…
すごいものを観てしまった…!

これほどエネルギーに満ち溢れた映画は僕は他に知りません。
暑苦しいほどの凄まじい熱量!
そしてこれほど観てて笑った映画もそう多くはありません。
人が飛ぶ飛ぶ!
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.8

なんと壮大な!
そしてなんて雑な!
鬼のような無双ぶり!
突き抜けたバカバカしさが凄まじい!

是非とも範馬勇次郎にあの世界へ行って頂きたい!

プロジェクトA(1984年製作の映画)

3.4

はじめてのおふかい
〜2018年新春スペシャル〜

初めてオフ会なるものに参加してきました。
ごく少人数の集まりでしたが、フィルマークス繋がりなので映画の話はもちろん、それ以外でもとても充実し
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.4

Miss Sloane…顔が白いよ…
Miss Sloane…唇が赤いよ…
まるで野性爆弾くっきーのようなあのメイク
あれは彼女の戦闘服
鉄の心に纏わせた鎧なのか。

『女神の見えざる手』

「見えざ
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.3

や〜知りませんでした!
これって「ジャスティス・リーグ」に繋がるんですね!
エンドロールでのブルース・ウェイン登場のそのワンシーンが一番良かったです。
一番と言うか…唯一と言うか…。。

ソルト(2010年製作の映画)

2.7

むちゃくちゃでごじゃりますがな

まあ映画だからむちゃくちゃでいいんですけど

現実味がないと言いますか

まあ映画だから現実味がなくていいんですけど

もしかしたらこの映画のような現実味のないむちゃ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

2.4

ドラマ未鑑賞。
不倫ですか…。
最近週刊誌やワイドショーとかでも多々取り上げられてますね。
不倫ね。

不倫については僕なりに思うことがいろいろとあります。
以下、自己保身を気にしつつ、不倫に対する僕
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.6

『素晴らしい 全て間違っている』

ルーク・スカイウォーカー
頼りなさそうで思慮も浅くちっとも強そうにも見えなかった若造ルーク
「そうそう!ルークってそんなやつなんだよな!」
と感じる年の取り方をさせ
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.3

あのラストの闘いっぷり…。
そりゃバットマンが怒るのも無理ないわ。
そして例の映画で『いくら何でも強すぎるやろ!』と思ったけど、やっぱめっちゃ強いんですね。。

闘いの場を宇宙にまで移し、敵ともみ合い
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.1

中学生の頃かな…高校生だったかな…。
はるか遠い昔に読んだ原作の雰囲気を思い出し、懐かしさを感じました。
原作についてはこのストーリーの肝である「犯人」を覚えているだけで、その他詳細はすっかり忘れてし
>>続きを読む

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

3.3

良作。
テレビドラマを上手くリメイクしています。
広げ過ぎず細か過ぎず、まとまり過ぎず散漫にもならず。
あり得ないほどではなくありきたりでもない、深くもないけど浅くもない。
気楽に観られるバランスの取
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.1

宇宙人に神様みたいなのにサイボーグ、そして生身の人間まで、強さのバランスがかなり無茶苦茶なのですが、そのバランスの悪さで話が破綻することなく、むしろそのアンバランスをストーリーに上手く取り込んでまとめ>>続きを読む

>|