スルメさんの映画レビュー・感想・評価

スルメ

スルメ

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

4.0

主人公たちが人間の文化に触れていく過程に、なぜか感動する

初めての食べ物、初めての乗り物、初めての友達……

今作は主人公サイドから見ると、冒険ものでもありまして、僕の個人的な憧れが詰まっているんだ
>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.0

試写にて

古典的なタイムトラベル小説の映画化

ヒロインを演じた清原さんの透明感はステキですが、ふたりの関係には疑問を感じますね

コールドスリープってタイムマシンよりも実現簡単そうに見えるけど、実
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.9

前作はそこまでハマらなかったけど、やっぱ映画館で観てないからかな

編集と見せ方がうまいので、特に中盤以降は苦手なホラー映画だということを忘れて、観入ってしまった

2021年を代表するホラー映画にな
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.7

さすが安心のWDAS。

いまだに「2Dアニメ作ってほしい」と思うのだが、『モアナと伝説の海』以降、水の表現が気持ちいくらいに美しい。
実際の水とは少し違う、若干粘度がありそうで、透明度の高いCGウォ
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.2

キャッチコピーに「巧みな伏線」とか書いてあると、大きな期待をしてしまうもの。

ただ、「あれが伏線だったのか!」という作品ではなく、伏線はミエミエ。覚えやすく、わかりやすく、見逃す心配がないのが良い点
>>続きを読む

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

2.9

3人の名優が出演し、共演したことに意味がある。

ロバート・デ・ニーロ大好きな僕からしたら、プロローグが長すぎることや、中盤は同じネタの繰り返しなこと、そして終盤の失速感なんて、些細なこと。
なんなら
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

2.9

ポンポさんの一人称が「ポンポさん」なことが、一番のツボ。

アニメ映画の中で、実写映画をアニメキャラクターたちが撮るっていう、頭がこんがらがりそうな作品。
映画制作をアニメで描くのは新鮮だけど、個人的
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

音を立てちゃ絶対ダメ……

今作に登場するモンスターは、目が見えない代わりに、めちゃくちゃ耳が良い
会話はもちろん、ちょっとの物音すら察知するんで、生活音もできるだけ最小限にしなくちゃいけない……
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.8

クルエラって言うと、毛皮大好きで、犬を誘拐する、社会の流れとは逆の方向にいく悪いやつ。

ただ、今となっては101匹も犬を飼ってる家もなかなかヤバいと思うぞ。
少なくとも僕は近所に住みたくはないぞ。
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

3.5

世間の評判とは別に、ウェドン版『ジャスティス・リーグ』は好きだった。正直、当時のDCユニバースの中では1番好きだった。

「スナイダーカット」が制作された背景は別として、作品だけを観るならば、とにかく
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

映画とは全然違うけど、僕も「ノマドワーカー」的なことをしながら、東南アジアで過ごしてたことがありました。
なんとなくフラフラしながら、作業して、たまに同じような境遇の人と話して……。

この映画を観て
>>続きを読む

月世界旅行(1902年製作の映画)

-

僕が子どもころは、まだ月がこんなに大きくなくて、本当に大砲で行けるような距離にありました。
しかしながら、大人になるにつれて、次第に月は大きくなるし、距離も遠くなりまして。
今では「宇宙人が作った人工
>>続きを読む

ビューティフル ドリーマー(2020年製作の映画)

1.9

『ビューティフル・ドリーマー』というよりは、学生たちの映画製作がメイン。
完全な実写化はほぼ不可能だと思うので、これは一番批判を受けない実写化だったんじゃないかと。
特に♨とサクラ先生のシーンは必見。
>>続きを読む

>|