Hiromasaさんの映画レビュー・感想・評価

Hiromasa

Hiromasa

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

いろいろ簡潔によくできてる映画だと思いました。夫婦のシーンエロかった。

スティング(1973年製作の映画)

4.8

音楽から何から最高っす!
やっぱ好きだなぁ。
ポールニューマン、ロバートレッドフォード、カッケー!

レナードの朝(1990年製作の映画)

3.5

久々視聴。
ロバートデニーロさすが。

だけども悲しいね。
ロビンウィリアムズも今はいないしね。

ザ・ハント(2020年製作の映画)

2.5

物語はテンポ良く進む。

でも理由がわからない。彼女が主人公な理由がわからないし、主人公をそもそも描かない。結構誰こいつで進む。

つーかそんな少人数でこんな大それた事できるか?

ベスト・キッド2(1986年製作の映画)

2.9

ダニエルからミヤギがベストキッドの主人公に移った本作。

沖縄の描き方や日本人役の人が全員カタコトなどだいぶツッコミどころ満載、アメ公、日本人を舐めんなと思った。

そもそもサトウが問題。ミヤギが穏便
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.0

TBS池井戸潤ドラマのキャストごちゃ混ぜ映画で集中できん。

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

3.6

小学生の頃から見続けてるやつ。
金曜ロードショーかなぁ、最初。
なんか人間の関係性とか仲間の気持ちとか、ブレブレに感じるとこあるけど、
まぁいいじゃん。

コブラ会観ちゃあ、コレ観ちゃう。
あっそうい
>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

4.2

所属ってなんですかね?
今の日本の政治ってそこからなんで、
なんだか結局自由に戦えなくて苦しいですね。

気づくと前のめりで観てた。
新作「香川1区」が楽しみです。

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.5

差し挟まれる過去の映像が素晴らしかった。

「訳を聞こうじゃないか」
ここの場面すごい!
このすごさハンパない!

後藤久美子久しぶり。演技が久しぶりすぎてなのか、あまりなので少し評価落とします。

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

2.6

久々視聴。

まあこれは、前作よりさらに無茶苦茶。
爽快でもあるけど、そこ爆発させて良いの?人んちじゃね?みたいな。他にも色々支離滅裂なところ、あります。

スタローンはかっこいい!
でも脚本とかはロ
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

3.0

久々視聴。

あの保安官よー、なんなんだ?

映画は後半へと行くにつれて、
なんか正直無茶苦茶です。

最後のランボーの訴え、あれがこの映画の全て。

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.3

ドルフ・ラングレン老けたー!

クリード親子の決着が着いて良かった。

しかしロッキーシリーズはスタローンの最初の脚本にあるわけで、それがここまで繋がり、広がったのは、改めてすごいなあと思いました。 
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.5

懐かしい

曲が好き

髭面スタローン、ロッキー史上一番カッコいいかも。

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.4

久々視聴。

スタローンが、オレ売れたなーって顔つきになってる。

特攻野郎Aチームの人とかハルクホーガンとかサバイバーの曲とか色々あるけど、それは置いといて好きです、ハイ。

ロッキー2(1979年製作の映画)

3.8

久々視聴

ロッキー1.2で前後編になっている感じ。ふたつでひとつ。

映画に音楽がいかに大事かというのを改めて思い知らされる作品。

少年マンガの基本が詰まってる。

ロッキー(1976年製作の映画)

-

久々の視聴。

2つ観て、ロッキー2のところで、まとめて感想。

アリーキャット(2016年製作の映画)

1.5

残念。ただ残念。市川由衣無駄遣い。ただ可哀相。

>|