HSさんの映画レビュー・感想・評価

HS

HS

映画(686)
ドラマ(2)

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

2.9

わかりやすくて楽しいSFだった。ダイナミックさはあまりないけど90分にしては面白いと思う。フィクションなのだから設定に関しては気にしない。
ジェイクギレンホールって顔全然変わんねーな。

クイズ・ショウ(1994年製作の映画)

2.4

テレビの現実が取り上げられているけど、もうこれは仕方ないというか、本気にした方がアホな気もする。
マーティンスコセッシがスポンサー社長役。
レイフファインズの若い頃がブラッドリークーパーと何となく重な
>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

2.8

面白い。
展開はわかってしまうけど、実話かつ主人公が21歳だと頭に入れていると衝撃的。
コメディぽくならずに駆け抜けた。
独裁者って環境が良ければ誰でもなれる可能性ある。ヒトラーでなくても誰かがあの立
>>続きを読む

パピヨン(1973年製作の映画)

2.9

マックィーンって脱獄のイメージめちゃくちゃ強い。結構な大作で脱獄の先も長かった。
ハンセン病者とか原住民をわざわざ入れ込んだ意味はなんだったのだろう。
彼らと仲良くやれるくらいの人間性ということか。古
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

2.4

ダコタジョンソンいいなあ。
イケメン成功者でこういう奴すげえ居そうだな(笑)。
ああいう契約書作っちゃうあたりもすごいありそう。
片手間で見られる単純な映画でちょっとありがたかった。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

1.8

giftedと似通ったところ多いな〜。天才と家族関係のいざこざはセットなのかな〜。
と思ったら似ている作品にちゃんとgiftedが。
ロビンウィリアムズはレナードの朝といい、
こういう一対一で接する役
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

2.1

大物俳優あっさり殺しちゃう。
手振れがすごくて酔いそう。臨場感は出るけど…。
あんまり刺さる展開がありませんでした。

ゴーストライター(2010年製作の映画)

2.7

前任者が死んでて後任が真相に迫ったら〜という話、他にもあった記憶がある。
ユアンマクレガーとピアースブロスナンが共演しているので観てよかった。
作品の途中でもうオチが見えてるから終盤衝撃が薄いっていう
>>続きを読む

おとなのけんか(2011年製作の映画)

1.4

鏡が印象的だった。絶対カメラマンが入り込む角度なのに映ってなかったり、どういう仕掛けなんだろうかと気になった。
アメリカではこの4人のような境遇、思想が"あるある"なのかな?
前半の時点でこの後どれく
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

2.8

これは意外と頑張って予想すれば真犯人見抜けるかも(笑)
衝撃的なラストシーンの伏線回収ぶりは爽快でした。
犯人の動機もそうまとめるか〜という。
イカれた犯人であることは間違いない。

家族のための自傷
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

1.6

まあそうだろうなという内容で、期待を超える展開はひとつもなかった。
アンソニーホプキンスが良い人役なのが、ちょっと面白かったくらい。

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

2.3

ジムキャリー1人でほぼ全てのボケを実行するという笑いの達人。
この人の顔芸ほど面白いのはない。
レクター博士のくだりが1番笑った。
コメディ映画の常連が大量に出ているのもすごい。ジムキャリー以外ボケて
>>続きを読む

タワーリング・インフェルノ(1974年製作の映画)

3.3

長ったらしく続くのかと思いきや意外とテンポ良く話が展開されていたのであっという間に感じた。
この話の良いところはストーリーの流れを普通に裏切ってくるところ。
全員救出なんて目指していなくて、あくまで人
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.2

Googleのインターン生なんて尖ったやつばっかなのにその中でも凡人っぷりが目立つ様が面白すぎる。
クィディッチもバカバカしすぎて面白かった。
終盤どんどんいい話に寄っていって笑いが減ったのがちょっと
>>続きを読む

キスから始まるものがたり(2018年製作の映画)

3.1

このキスブースってのはマジでアメリカならあり得る話なのか?それだけが気になってしょうがない。
彼らの高校生活楽しそうでいいなあ。
主人公がブリジットジョーンズの若い版みたいな感じなのかな?特別美女でも
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.5

面白い!久しぶりに推理ものを観た。
ところどころありがちな部分はあるけども、十分面白かった。
アナデアルマスもダニエルクレイグも好きなので余計過大評価してしまう。
意表を突く展開やラストのオチも良かっ
>>続きを読む

ラスベガスをやっつけろ(1998年製作の映画)

-

この年代のファッションとかに興味も無いので観ていて退屈だった。
なぜ観ようと思った。過去の自分を戒めたい。

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

2.7

トラボルタ痩せてんな〜。ダンスもキレッキレでダンスだけでこんなに見られるとは思わなかった。
あとはなんでもないシーンのBGMとトラボルタの動きがマッチしていてなかなか他では見ないなと。トラボルタのイン
>>続きを読む

ある戦慄(1967年製作の映画)

2.3

2人組のヤンチャが超イライラする!それだけハマっているということ。あとめちゃくちゃジョーカーを思い出す。
1967年のニューヨークのサブウェイすげえ…。
最後まで見て、これがリアルな車内パニックなのか
>>続きを読む

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.6

最高の設定。分け与えるところとかそうやんのか〜と。
まさに今の自分がこれ。結局のところはお金より時間。時間を売ってお金をもらって、お金を払って時間を節約する。学生時代に稼げる額なんて大したことないんだ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

この世界観は専売特許だからストーリーがどうであれ楽しい。
いつも通りドロイドたちとの共闘もおもしろおかしい。
ヒロインが一体どっちなのか中盤から気が抜けない。
上手くいかないところあり、元々の作品に繋
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

-

天才ゆえのわがままさが半端じゃないスティーブ・ジョブズにイライライライラ。

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

2.4

クリストファーロイドが1976年にデビューしているのが1番驚き。もっと早くから出ていてあんなに老けてるのかと思っていた。
あとジャックニコルソンの生え際。
規制からの解放、驚きのラスト、アメリカンニュ
>>続きを読む

ヤギと男と男と壁と(2009年製作の映画)

1.5

ユアンにスターウォーズ用語を言わせたいがための映画!?
ジャンルはなんなんだろう…。邦題も不可解で不思議なヘンテコ映画。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.7

序盤から主人公にはどっぷり感情移入できるのでムダがない!主人公の喜びや悲しみが心に刺さる素晴らしい映画だった。
ホテルという豪華な世界のお話というところも良い。
夢のために様々な試行錯誤を凝らして諦め
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

1.8

CGリアルすぎてキモい!特にカエルとか。変にアニメっぽい動物をリアルにするとキモいっていう教訓からその後のディズニー映画のリメイクは完全に動物そのものにしたのではないか!?
公開当時話題にはなってただ
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ティムバートンの世界観って一瞬で認識できるよなー。独特なフォントがそうさせてるのかもしれないけど。
シザーハンズの城なんてその後の作品の原型のようなものが大量に出てきている。
シザーハンズを活かして理
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.5

昔に公開されようもんなら絶対主役はイギリスの若者だったのでは!?
設定が最高にワクワクする。ちょっと不可解なところもあるけど。
何を歌うかではなく誰が歌うかっていう現実を見た後の捲りっぷりが気持ちいい
>>続きを読む

パール・ハーバー(2001年製作の映画)

2.8

中学校の社会の授業で一部分観て以来、ようやく全編を鑑賞した。
総合スコアが3.0付近なのは日本が敵国だからではないか?笑
こういう映画は史実と合ってたりそうでなかったりするので注意が必要。本当は予告し
>>続きを読む

26世紀青年(2006年製作の映画)

1.8

世界中の人が馬鹿になった世界の割に犯罪者の特定はめちゃくちゃ早いっていう壊れっぷり。
内容の割にお金かかってそうなのが一番のお笑い。
高学歴カップルとアホカップルの繁殖力の違いのくだりはあながち間違い
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

1.6

ウディアレンの職権濫用がひどい。ジュリアロバーツがこんなジジイと恋に落ちるかよ。気持ち悪すぎ。この2人のくだりはオシャレでもなんでもなくウディアレンのエゴ。
エドワードノートンが言うこと全て胡散臭く聞
>>続きを読む

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

3.3

アダムサンドラーのマヌケっぷりがベンスティラーより笑える。
超ドクみたいな研究者から時間を操る道具をもらうあたりありがちな感じ。でも今作は過去に戻れないのがミソ。
同時画面ボタンで日常生活の光景に松井
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

2.5

なんじゃこりゃ。道中ぶっ飛びすぎてるのにコメディってほどでもない演出でどっち付かずの不思議な映画だった。

ヴィクトリア(2015年製作の映画)

2.4

超珍しい全編ワンカット映画。
ストーリーも確かに街中で完結させればワンカットも可能?ビフォアサンライズみたいな感じで。
前半1時間を見て、こういうダラダラした感じで140分やるのかなと少しがっかりした
>>続きを読む

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

2.1

こういうコントあるわ〜。
ロジャームーアが007よりも前にコメディやってた時こんな設定のコントやってた。
この2人が後に本当に結婚するの面白い。

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

1.8

まずハングオーバーじゃない。
過去作の流れを汲んだストーリーにしたせいで過去作の無意味な笑いが無かった。
普通のコメディ映画として観ても面白くない。

>|