じゃこさんの映画レビュー・感想・評価

じゃこ

じゃこ

Pearl パール(2022年製作の映画)

4.9

素晴らしい映画。
パールへの感情が可愛いから次第に怖いになっていく所に快感すら覚えます。
ミア・ゴス級の女優はそうそういないでしょう。

切腹(1962年製作の映画)

3.8

井伊家はとんだ被害者に見えなくもないですけどあまり同情されない背景があったんですかね。
若かりし岩下志麻が見れますし、エンタメ性高い良作でした。

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

3.2

エロを期待して観てはいけません。
終始ナニコレ状態でしたが最後まで見入ってしまいました。
映像表現と演技力はすごいとおもいました。
フランス映画といえばもうイカれた女のイメージです

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.3

アントン・シガーが強烈。
緊張感の見せ方がうまくて好きですこの映画。
終わり方もトミー・リー・ジョーンズがいい余韻に浸らせてくれて好き。
全体的に好き。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.9

プロメテウスと合わせて神話的で哲学的な面白さがありました。

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

4.0

ケイティ役の子うま。
ミーガンもいい塩梅のかわいさと狂気っぷりで好感。
チャッキーとの共演観たし。

バーバリアン(2022年製作の映画)

3.6

怖さ7割、笑い2割、悲しみ1割といったところでしょうか。
塔から放り投げる鬼畜シーンが笑えます。
お気軽に観れるホラーでありました。

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

4.3

ビートたけしは言わずもがなでありますが芦川誠もいいですね〜。
日本の映画も捨てたもんじゃないと思える作品でありました。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.9

思ったより結構上質な映画でありました。
スパイを描いた映画の中でも面白いほうだと思いました。
終わり方もうまい。

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.9

佳作。
哲学感じれたんで登場人物ほぼ一人でも飽きなく観れました。

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.9

じんわりいい映画。
引きこもっていては『すばらしき世界』はありませんよ、ともとれた。

ヴォイジャー(2021年製作の映画)

3.5

宇宙版十五少年漂流記といえばバイファムが相場でしょうか。
どっかで見たことある若手がちらほら出てました。ジョニー・デップの娘さんなんですってねあの娘

search/#サーチ2(2023年製作の映画)

4.0

二転三転あってエンタメ性高し。ネット民との親和性も高し。グーグルの画像認証で枠をちょっとだけはみ出ているやつにチェックマーク入れるか悩むのは私だけではなかったんだと気づかせてくれます。

妻への家路(2014年製作の映画)

3.3

文化大革命辺りの映画は何ぞないかいな〜と探してましたら見つけた映画でした。

キングダム エクソダス〈脱出〉(2022年製作の映画)

2.5

前作好きだったんで期待しすぎたんですね。始めの方こそクスクス出来てたんですけど、2話目くらいから時間の流れるのが遅く感じて苦痛でありました。ヘルマーの可愛さがヘルマーJr.に全く感じられないところが主>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.8

ストーリー面白いしテンポいいし画になる俳優にも惹きつけられます特にジョディ・フォスター。
なので概ね終盤まで高評価つけてたんです。
しかしどうしても謎が解けないまま終わってしまったんです。
犯人達はな
>>続きを読む

遠い夜明け(1987年製作の映画)

3.9

ビコの退場でそろそろ終わりかなと思ってましたらまだ半分の80分残ってたんでこのあとどうすんのかな?と少々心配になったんですが、なかなかの緊張感あるストーリーに切り替わっていたので見応えあったです。
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.0

おしゃれな映画ですね〜とは感じたんですけどそれだけでした

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

3.0

イベントホライゾン号の造形とかグロシーンは良いんですけどストーリーのホラー要素とか哲学要素が浅すぎて勿体ないですね〜

ザ・セル(2000年製作の映画)

4.2

多分2回目。最初観た時よりわたくし好みの出来と感じるではありませんか。適度なグロと映像美。あっさり目の男女ペア。同じ映画でも観る年齢によって印象って変わるものなんですね。

キングダム II 第3章/第4章(1997年製作の映画)

3.8

あのひょろ長い汗まみれの赤ん坊だけは強烈に記憶に残っていましたが、こんな終わり方だったとはすっかり忘れてしまっておりました。1話終わるごとにタキシードで現れる監督の変態的な笑顔がたまりません。そしてこ>>続きを読む

キングダム(1994年製作の映画)

4.4

1994年の製作らしいからほぼ30年前のドラマであります。その時期くらいにハマってまた観たい観たいとかねがね思っておりました。今観てもこのぶっ飛び具合は通用するんではないでしょうか画質悪っとは思いまし>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.7

当時はそれなりに衝撃だったような記憶です。久方ぶりにオチがわかりつつ観たんですけど、やっぱりうまい作り方してますね〜と思いました

沈黙の艦隊(2023年製作の映画)

3.1

このペースで進んでいったらパート10くらい必要なんじゃないでしょうか

グランツーリスモ(2023年製作の映画)

3.5

ストーリーとか演技力とかは陳腐でしたけどゲームファンならまあまあ観れるんではないでしょうか。

無垢なる証人(2019年製作の映画)

3.3

爽やかイケメン弁護士だが被告人に堂々と不利益なことをする鬼畜弁護士でもあるところが本来のテーマを食ってしまったのでした

TUBE チューブ 死の脱出(2020年製作の映画)

3.0

そのピット二人入るん余裕やろっ!!
と誰しもが思うはず
そこそこグロさは楽しめますが哲学は感じられず

TAR/ター(2022年製作の映画)

3.1

実話でしか成立しないようなストーリー展開だったので観終わって調べてみたら実話ではなかった。
ケイト・ブランシェットが熱演していたことに異論はございません

観察 永遠に君をみつめて(2007年製作の映画)

3.8

新感覚を味わえてなんかよかった。
弥生役の子かわいいし大人の弥生の人もうまいな〜と思いました。
純愛というやつなんでしょうか

エマ 晒された裸体(2021年製作の映画)

3.8

エマに感情移入できたんで割と楽しめました。
いや登場人物ほぼ全員に感情移入できたのでした。

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

3.9

扉の枠の青い色が印象的でありました。
ベトナムの調度品に憧れを禁じえません。

>|