おーつぼじゅうじんさんの映画レビュー・感想・評価

おーつぼじゅうじん

おーつぼじゅうじん

最近では車で視聴する事が多いので タイミングや状況で良い映画もダメ判定になってしまう事があると思う。あと、前評判が良すぎると期待値が高すぎて、やはりダメ判定になってしまうと思われる。出来るだけアクション系やエンタメ性の高い作品は家でゆっくり見るようにはしてる。映画館には年に2.3回程度。ほぼ毎日DVD1枚は見てる。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.5

これでおしまいか?まだまだ観れますよ。3のほうが良かったけどまぁ、これも面白い。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.8

いつも一定の面白さ。突っ込みどころ満載の無理な展開を受け止める心の広さがあれば楽しめる。リアリティーを無くしたミナミの帝王といった感じ。ずっと見れるなぁ。

ハイキュー!! 勝者と敗者(2015年製作の映画)

3.3

総集編映画 後半。これを見るならTVシリーズを見るがよろし

ハイキュー!! 終わりと始まり(2015年製作の映画)

3.5

良くも悪くもただの総集編。しかし、復習気分で見ても、やっぱり面白れー。キャラクターそれぞれに愛着が沸く。これを見て面白いと思った人はこの総集編映画の後半映画を見るよりTV版を1から見るがよろしい。

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.0

序章と違って、やっぱりだいぶましだった。でも、どうしてもあっちのイメージがついてて気持ちがのらなかった。まぁ、でも、こうゆうタイプの映画はバラエティーで普段喋りを見たことない外人が演じてくれた方が没頭>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.6

評判が良かったので期待値高めで観たけど、その期待を越える満足度。新海監督作品のは正直映像以外はあまり好みじゃなかったけど、これは別格。ストーリーも良いし、それを時間を前後することで考えさせたり、期待さ>>続きを読む

復讐したい(2016年製作の映画)

2.1

被害者家族が復讐しても良いという復讐法が出来て、とある島に加害者と復讐者を集めてやってしまえという話。話に説得力がなく、面白くするための無理矢理な設定とあまりにもチープな合成で興ざめ。バトル・ロワイア>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.8

演技のうまい俳優ばかりで圧倒される。現実の凶悪犯罪というとこからも「冷たい熱帯魚」と比べてしまう。あっちの方がエグかったけど、こちらもなかなかの悲惨さ。

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

4.0

ストーリーはよくある組織に裏切られ復讐する話。どんでん返しの様なものは何もないけど、スナイパーのドキドキ気分を存分に味わえる気持ちの良い映画。

ミュージアム 序章(2016年製作の映画)

1.0

不快以外の何でもない映画。この映画の宣伝の為に作られる序章やら、スピンオフとかでろくな作品が無い。予算も無いからカメラを防犯カメラ目線やら、スマホ目線の手法が多くて飽きた。この作品を見て本編を見たくな>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

4.0

前作ほどではないけと安定の面白さ。前半のなかなかの絶望的状況はなかなかのもん。オチはウルトラマンのあの怪獣のようなもん。

GANTZ:O(2016年製作の映画)

4.5

まず、最初の感想が「タユンタユンだなぁ。」ガンツ映像作品の中で一番良かった。話は大阪編をこれだけでも始めて見た人に分かるようにまとめたもの。とにかく映像が素晴らしすぎる。モーションキャプチャーで動きも>>続きを読む

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.3

人類滅亡まであとわずか。裏切ったりクローンだったりが当たり前すぎて今さら驚きもしない。序盤の会議シーンでラストのオチが予想しやすくて、「でしょうね」としか言いようがない。結局シーズンを引っ張りすぎたの>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.6

マッドデイモンはカッチョいいけど、すっかり若さが無くなってハデなアクションシーンはあんまりだ。カーアクションやバイクは良いけども、しかも話が普通過ぎて目新しいものは何もない。

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.7

GREEEENスキなら必見。どこまで実話かわからんけども、親父の偏見がすげぇ。予想通りのストーリー展開だけど、それを期待してみてるので納得。曲が良いので気持ちよく観れます。

ドライヴ(2011年製作の映画)

2.2

主人公が無口でかつ何故そんな行動をとる?って感じで理解しがたい。女の前であんだけ頭かち割るかねぇ。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.4

まぁ、話が繋がっていくとこは興味深いけど、もう、そろそろシリーズ自体に飽きてきた。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(2011年製作の映画)

2.5

全く期待せずに見たら期待通り たいしたもんではなかった。AKB通しの会話は違和感を感じずにはいられない。まぁ、歳も取ってる私は思い出補正で泣きましたけど、と言ってもサッカー部でしたけど、まぁ、そんな感>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.6

映像がとにかく素晴らしい。音楽も良い。アナ雪のヒットに続けと雪と氷の代わりに海と水で作ってみようって感じ。話は単純で大したひねりもない。ただ、映像と音楽の作品。ただそこが凄い

ドロップ・ゾーン(1994年製作の映画)

2.5

スカイダイビング好きの人がスカイダイビングをする人を増やす為に作ったような映画。格闘シーンが古くさい。

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

3.6

やはり、戸田恵梨香が良い。性格が良い子ちゃんすぎて見ててイライラするけど、最終的にはみんな良い人になるという王道の流れもわかっちゃいるけど 納得しちゃう。

ライアーゲーム 再生(2012年製作の映画)

3.3

やはり、主人公は戸田恵梨香の方が良い。まぁ、お馴染みの痛いメンバーの痛い演技は楽しめる。ゲームの椅子取りゲームもそのままボードゲームに作り変えれそうで興味深い。

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ(2014年製作の映画)

3.0

前作よりもイマイチだけど、劇団ひとりのアドリブ能力だけはさすがとしか言いようがない。

グレッグのダメ日記(2010年製作の映画)

2.9

ほのぼのなんの期待もせずに見れば見れる。主人公の子どもの性格が悪すぎるどうしょうもないクズ。

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

2.4

三十年前ならおすすめ出来る作品。今となっては猫好きにしかおすすめ出来ない。全てがありきたりのよくあるコメディ。猫の可愛さとリアル加減だけ誉めれる。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.3

何度も泣ける。杉崎花ちゃんと宮沢りえに何度も泣かされる。長く人生をやってる人ほど、思い当たる経験によって、泣ける。ラストシーンだけ「なんじゃそら!」とつっこみたくなるけど、これは製作サイドのいたずらく>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.5

昨今の危険な行為を好んで動画を垂れ流している若者への皮肉のような映画。まぁ、そうなるだろうなと誰もが予想する分かりやすいストーリー。ま、でもドキドキするし面白いし、現実にもありえる話なのかなと思う

セルフレス/覚醒した記憶(2015年製作の映画)

3.8

年老いた嫌な金持ちが寿命の前に若い体を買うお話。話の設定やあらすじは面白いけど、若返ってから急に良い人になる元嫌な爺さんに違和感があって、なかなか感情移入出来ない。概ね 話の流れも先読み出来てしまうの>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.6

ティムバートンらしい恐不思議世界。だいぶこう言うのを見てきて慣れすぎたのか、色んなキャラクターが出てきて楽しいけど もはやワクワクしなくなったなぁ。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.6

うーん、この人がアベンジャーズに参加するの?って感じ。他の作品と違和感がある。魔法使いで時間まで戻せるってどうなんだろう。本編だけ単独で観ても話は微妙。彦一とんち話みたいな事でラスボスにお帰りいただく>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.3

やっぱりタランティーノは見せ方がうまい。長めの映画だけど、まったく飽きさせない。あー、面白かった!

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

2.5

アンハサウェイが可愛い。だらだらした流れ。落ちはまたそれかよ。て感じ

AVN/エイリアンVSニンジャ(2010年製作の映画)

3.1

いかにもB級なエイリアンと戦う忍者のお話。ストーリーはこれといって何もないが、チャンバラシーンはなかなかのアイデアとスピード感で迫力もので満足いく。まぁ、それだけの映画だけども。