kagikktさんの映画レビュー・感想・評価

kagikkt

kagikkt

  • List view
  • Grid view

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

まずは、勝つためにはそこまでやるかというのが感想。

フィクションなんでしょうけど実際のロビー活動って
どのレベルまで行われているのか興味が湧くわ。

主人公が強引過ぎてちょっとモヤッとするところはあ
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.7

モノクロ映像で何だか謎めいていると
いうこともあり
前半部分は男の正体をあれこれ
推察しつつ(もしかしてフランツとできてるとか!?笑)
話に引き込まれましたが
後半はちょっと失速した感じです。

消化
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.9

昔の作品も観ていたはずなのに
すっかりストーリーを忘れていたので
まるで初見のように楽しめました。(笑)

それにしても
ミシェル ファイファーが年取ったなぁ。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

子供って本当に自分に愛情持っているかどうか
わかるんだよね。

途中、うるうるしながら観ました。

子役の演技がすばらしかった!

秀作でした。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

オーシャンズみたいに洗練されていなくて
こいつら本当に成功するのか?と違った意味で
ハラハラしながらみました。

おもしろかったです。

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.8

深く考えることなくボーッと見てても
くだらなさ過ぎて単純におもしろかった。

市村さんのエプロン姿はツボに
はまった(笑)

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

4.0

特に満州チームの演技が素晴らしかった。

ニノもよかったんですけど
やはり西島さんの演技が秀逸でした。

満州編の悲劇的な物語から
現代で謎を解きつつ
明るい未来を想像させる終わり方で
スッキリ見終わ
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.7

不思議な世界観の映画でした。

戦争ファンタジー??

設定については一体何なん?って
自分の頭ではわけがわからなかったので理解することは止め、
ただただ二人が無事に逃げきってくれーと
思ってハラハラ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

イザベル・ユペールの演技が圧巻でした。
いきなり初っ端から、まさに体張ってる(笑)。

日本の60過ぎの女優さんでこれだけのことが
できる人がいるでしょうか。

主人公には全く感情移入はできなかったで
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.4

今年見た映画の中では1・2を争うくらいよかった。

今よりも色濃く残っていた人種差別に屈せず
黒人女性初として実力で成功した物語で、
話はわかりやすい題材で、最後まで飽きずに見られた。

実話とはいえ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

勝者側から見た内容なので致し方ないが
内容的には爽快感はなく
非常にモヤモヤした感じ。

気の毒なマクドナルド兄弟何とか頑張れ!
と最後はアンチ主人公の視点で
見てしまった。

でも、あれだけの企業を
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

最初から最後まで目が話せませんでした。

逃げても逃げても迫り来る
ナチスからの砲撃の
雨あられ。音響効果もすごかった。

もうこのまま逃げきれないのではと
思ったが、最後は悲劇で終わらなかったので
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.0

多少脚色はしてあるにせよ
これが史実だということに改めて
驚かされる。

決してハッピーエンドにはならないのが
わかっているが、最期まで主人公達には
逃げ延びて欲しいと願わずにはいられなかった。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

マーベルものはほとんど見ていないのでどんなものかと思いつつ
評判が良さそうなので観賞。

戦争もので、神話の世界の話もあり、ヒーロー(ヒロイン)もので
なんだか色々てんこ盛りでしたが
楽しんで見られま
>>続きを読む

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

4.0

偶然に偶然が重なって事件が思わぬ方向に
進んでいきますが
元はといえば、主人公の男の
マヌケなミスに因るもの。

ツッコミ所は満載ですが
単純におもしろかったです。

ジャンヌモローさんの追悼上映で観
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.8

外見より中身が勝負って言ったって
そんなに割りきれないのが人間の性。

結局のところ多かれ少なかれ
誰しもコンプレックスはあるわけで
当人同士がよければ他人は関係ないじゃんってこと。

分かりやすい題
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.5

東海テレビさんはいい仕事しましたね。

スローライフを実践しているという形式張ったものではなく
とにかくお二人にとって自分達の居心地いいことを
自然体で行ってきた積み重ねなんでしょうね。

見ていてず
>>続きを読む

ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

3.6

ダイアンレインが
年齢を重ねても
年相応にきれいでしたね。

フランス人の男って
みんなこんな感じなのかしらと
飲んだり食ったり確かに
おしゃれだし余裕がある感じ
なんだけれども
日本人の私には、アン
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.6

純粋に娯楽映画ということで
見るのでしたら面白かったです。

大野くんのお軽い感じの忍者も
大野くんに合ってましたし。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

キャリアウーマンで
40歳で子供を生み、シングルマザーで
タバコもスパスパ吸うカッコイイ母親。

思春期真っ只中の息子のことを
世代も違ってなかなか理解しがたいけれど
何とか理解しようと試みているのを
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.6

何か思っていた話と違っていたけど
バカ正直というか、
普通はそこまで破壊するかって感じですよね。

途中まではどうやって話をまとめるのか
先が読めなかった。

ジェイクギレンホールの
狂気も含んだよう
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.6

思ったより盛り上がりに欠けたように
思いました。

不覚にも
途中でウトウトしかけてしまった。

さすがに映像はきれいで
そのままジプリの作品のようでした。

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.0

夫婦が行ったことは良くないことだとわかっていても
気持ちはわからなくもないし...
見ていて切なかったです。

子供って、正直ですね。
生みの親と育ての親。

慈しみ育ててくれた人には
懐くんですよね
>>続きを読む

未来よ こんにちは(2016年製作の映画)

3.6

旦那からは離婚を切り出され
子供達は独立し、
年老いた母のこと、仕事のこと...

色々あっても、淡々と時は過ぎていく。

髪振り乱してってこともなく
主人公も年齢を重ねていても
日本人にはない
さす
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.7

SF映画はあまり得意ではないですが
評判がよさそうだったので観賞。

思っていたSF物と違って
イマイチ盛り上がりにかけたまま終了した印象。

ただ、物語は結構複雑で
自分レベルの頭だと、脳をフル回転
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.6

主人公が暗い、ひたすら暗い、
自分には見るのが少々苦痛だったが
物語は淡々と進んでいく。

途中で、主人公の過去の悲劇が
明らかになるのだが、
ケイシーアフレックの影のある演技が圧巻でした。

ボヤージュ・オブ・タイム(2016年製作の映画)

3.3

映像の美しさとケイト様の低い声が心地よく
非常にマッチしていましたが
ただ、話は脈絡がなく、寝そうになりました。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.8

テンポが良くて、ウディ アレンらしい映画で楽しかったです。

二人のヴェロニカとポスターに
あったので、もっと修羅場が
あるのかと思っていましたが
意外とあっさり終わらせてしまいましたね。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

青年になってからのシャロンの
変わりぶりに驚いた。

だけど、役者さんは違うはずなのに、目が子どもの頃からの
シャロンと変わっていなかったので、風貌は変わってしまったけれど心は当時のまま変わらないのか
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.1

お役所仕事っていうのは
日本だけでじゃなくどこの国の奴も
融通がきかないのは同じだなー
と思って怒りながら見てしまった。

フードバンクでの缶詰食べるシーンは
見ていて切なかったです。

物語はフィク
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.5

ナタリー・ポートマンが主演の
アカデミー賞ノミニー作ということで鑑賞。

時間軸が前後したりして
いまいちわかりずらかった。

ナタリーは迫真の演技でなんですけどね。

脚本に難ありか。
ジャクリーン
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.4

字幕版で観賞。

昔見たアニメ版の記憶を思い出しながら
見ました。

イメージ通り、いや、していた以上に素晴らしかった。

アニメ版で使用されていた大好きだった
アラン ・メンケンの楽曲も
多数聞けて
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.1

なんでライオンという題名なのか
デヴ・パデルの髪型からか?(笑)
と気になりながら観ていたが
最後の最後に
証されて、スッキリ。

オーストラリア編も良かったですが
前半の、インド編が良かった。
切な
>>続きを読む

聖杯たちの騎士(2015年製作の映画)

3.0

好きな俳優さんが出演しているということで
観賞したのですが
テレンス・マリックの作品を
初めてみた私には難解すぎました…

話が初めから最後までよくわからなかった。

途中で理解することはあきらめて映
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.2

爆音がなるたびに
心臓が締め付けられる思いがしました。

ドイツの少年兵達に罪はあるのか。

でも、デンマークの側の仕打ちもわからなくはない。

終戦後もこのような悲劇が起こっていたかと思うと
辛いな
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.9

吹替版で観賞。

ストーリーそのものは
まあ、平凡かな。

歌は自分でも知ってる曲が多く
楽しめました。

MISIAの歌唱力がさすが、圧巻でした。

字幕版もぜひ見たくなりました。

>|