kakkokaさんの映画レビュー・感想・評価

kakkoka

kakkoka

映画(153)
ドラマ(23)

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

犬がボコスカわちゃわちゃする映画。
ゴチャゴチャした街とかタイポグラフィ好きなのでこの雰囲気は個人的にどハマり。
情報量が多くて疲れるので犬のアニメで癒されたいなどという気持ちで観に行くとクラクラしち
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

4.0

劇中のセリフ「増えすぎて、名前を聞いても顔も分からねえ」
それこっちのセリフゥーーーーー!!!!
開始5分で30人近くキャラクター紹介されて私はもう考えるのをやめた。

そっから先はクロムハーツの万華
>>続きを読む

シャークネード4(2016年製作の映画)

3.3

今回ばかりはサメより普通にハリケーンが脅威。もうサメはただのスプラッター要員としてハリケーンに巻き込まれてるだけなのでかわいそうです。
前作くらいから味しめすぎて鼻につきますが、1時間半ギッチリアイデ
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.8

最高。クールにアツい。

タバコ吸いながら大好きなヨーグルト食べながらAV見るのが生きがいの最底辺の男が
怪力の力を得る。その力で最初にやったことがATM強盗。あ〜〜〜なんて等身大のスーパーパワーなの
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

父さんをパイにして食った奴孫の代まで絶対殺すマン(うさぎ)のドンパチ映画です。爆笑。マクレガーさんかわいい。

人魚姫(2016年製作の映画)

2.0

トニースタークのパチモンみたいな奴が主人公の雑な中華製シェイプオブウォーター

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

拷問によるグロ耐性がないのでヤクザ映画は敬遠気味だったのですが、このカビ臭い雰囲気というか、全体的に濡れてるかんじがとてもエロス。薄暗い部屋で顔に影がかかるなか汚い言葉でまくし立てる役所広司とか最高や>>続きを読む

PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星(2016年製作の映画)

1.0

ウォーターワールド的世界に生きる人々を次々サメが襲っていく…という話ですが、それ、パロディでもないのに、予算ないならわざわざやらなくていいですよ、もうすでにどっちも大本気でやってますからね、と優しく声>>続きを読む

26世紀青年(2006年製作の映画)

3.7

この邦題をつけたクソ野郎は、時計仕掛けのオレンジのアレックス君のように瞼固定して実写版20世紀少年3部作ノンストップ上映の刑に処したい程に罪が重いですよこれェ。

人間が何も考えず、食う寝るSEXの欲
>>続きを読む

シャークネード エクストリーム・ミッション(2015年製作の映画)

3.2

奴が訪れるところにシャークネードあり、サメ映画界の名探偵コナンことシャークネード。
今回はホワイトハウスで大暴れ、ユニバーサルスタジオであのJAWSとも共演し、決着はまさかのシャークインスペース。宇宙
>>続きを読む

ヒューマン・レース(2013年製作の映画)

1.1

無作為に選ばれた面々が、コースを外れたら死に、周回遅れたら死ぬ地獄のマラソン大会に巻き込まれるというデスゲーム系映画ですが、87分でも長いと感じるほど、とにかく工夫がなく単純につまらないです。
しかし
>>続きを読む

シャークネード カテゴリー2(2014年製作の映画)

3.6

どんな無茶な作戦も必ず成功させる…サメ映画界のミッションインポッシブルことシャークネード。今回舞台はニューヨーク!前回LAを救ったシャークネード爆発作戦を、そんな狂った作戦あるか、と馬鹿にするニューヨ>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

3.2

ヤリマン3人組が友達の別荘でゾンビ化したビーバーに襲われるという、企画の根源が意味不明ながら77分という身の程わきまえた上映時間が清々しい、見栄えは悪いが栄養価は高いクソ映画。下品の満漢全席。

思考
>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

3.7

どこからどう見てもB級臭しかしないクソサメ映画なんですがバカ面白い。サメの大量発生とハリケーンが重なり、空にサメが舞い、地面をサメが泳ぐ地獄絵図と化したロスを舞台に、2013年にもなってPS2に劣るレ>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.5

サマーに弄ばれた(とおもった)男たちが飲み会をやったら一度は「あいつ横顔はすげえ可愛いんだけど正面から見たら意外とそうでもないんだよな」て話で盛り上がりそう

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

全編に渡って、あ〜模写してェ〜と思ってた。
エディレッドメインの手!!絵画みたいな背景!!!上目遣いのベン・ウィショー!!!

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.7

揚げ足取ろうと思えばなんぼでも取れますが、そんなのどうでも良くね?!というドライブ感が楽しい映画。サイモンペッグの、アイフルのチワワみたいな泣き顔は甘やかし不可避。

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.3

ちょっと私には香ばしくて序盤辛かったんですが、後半香ばしさが沸点に達した時(あのテーマが流れた時)爆笑したしそっから後は楽しめました。

何が良いって戦い方が、集団で物理で攻めるっていう、戦略もクソも
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

ほんとありがとうスピルバーグ…。
最後の方のアレ VS アレとか、どっちもそんなに思い入れなくても、この組み合わせをスピルバーグが!世界規模で!最大限の敬意を払いつつ!やってくれているという事実、ブチ
>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

4.0

あの役はロベルトベニーニ以外に誰ができるのか。
トムウェイツがゴリラみたいな表情しながらボヤいてるの最高なので観て欲しい。

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.2

美しき変態エロガッパどもの宴。

基本的に誰にも感情移入できないので高尚な変態世界を覗き見させていただいてる気持ちで観ると非常に楽しめる映画。
ファックシーンのない登場人物もセリフ一つで、あ〜あなたこ
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

3.9

しんちゃんの屁、みさえのデカケツ、ひろしの足臭で世界動かしすぎてめちゃめちゃ笑う。野原一家ファイヤー🔥のセリフだけでぶち上がれるくらいにこのシリーズのファンです。最高のファミリー!

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

3.8

Netflixが突然クレしん映画全作配信し始めたので勢いで観たけど、昔観たときはあんまり記憶なかったがセリフが良すぎるので是非観るべき。ギャグはそんなにだったのでちょっと物足りない感じ。

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

4.0

いやほんとに面白すぎたよ…ギャグはオゲレツなのにラストがめちゃめちゃ上品に泣かせてくるんだ…マインドゲームの湯浅政明による爆笑ドラッギー描写あり、とにかく笑って泣ける最高のアニメだった。。。
新生活に
>>続きを読む

イカロス(2017年製作の映画)

4.0

こないだの平昌のときも思ったけどもうオリンピックって政治が嫌でも絡んでしまうね。それでもクリーンで不正のないオリンピックを作ろうと頑張ってる人たちを絶句させるほどの事実が次々と目の前で暴かれていく。こ>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

2.0

シャブを決めたスターウォーズという前評判を聞いて、割と見えている地雷を踏みにいく気持ちで観たものの、その威力はタンスに小指をぶつけた程度の地味な痛みしかなかったという毒にも薬にもならないクソ映画。>>続きを読む

未知への飛行(1964年製作の映画)

4.0

観たことある戦争映画の中で最も静かな戦争映画。会話だけなのに、ああいま人を殺す決断をしているという重みがズッシリのしかかってくる。
博士の異常な愛情と同年に公開された為あまり興行振るわなかったみたいで
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.7

もう本当に曲力がすごい…何がすごいって、リメンバーミーという曲がここぞという時に満を持して歌われるから感動するタイプの曲じゃないところ。
実はかなりの回数劇中で歌われるんやけど、誰がどんな気持ちで誰の
>>続きを読む

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

3.8

自分をイカれてるとか言って唐突に自分語りする奴にマジでイカれてる奴いない説

だからこの主人公はいつまでたっても旅をしなきゃいけなくなる

アスファルト(2015年製作の映画)

4.0

こんなの自分の取り柄でもなんでもないっすよ…っていう行動が、身近な誰かの、鍵をなくして閉じっぱなしのドアの鍵穴にすっぽりはまって、だんどん世界が広がって行く、そんな団地映画です