KANIOさんの映画レビュー・感想・評価

KANIO

KANIO

ゲームデザイナー。ネタバレなしの簡単なレビューをぽんぽんと。ネタバレにしてる物は主に解説。映画観賞やレンタルする時の作品選びの参考になれば幸いです。
オススメの作品に星5を付けています。
twitter:kanikanio

映画(353)
ドラマ(0)

ダークナイト(2008年製作の映画)

5.0

15000000000回観て気付いたけど、この話『バットマン・フォーエヴァー』と対になってんだ。

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

5.0

開始30秒でこの作品がどういう作品か分かるので良い。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

-

困難に対しての救いがしっかりと提示されており、映画的にみるとハッピーエンドで終わる作品。
事実よりも芯に訴える作品なので、そういう意味で評価が割れる。
客観的ではなく主観的に見ると、実は『素晴らしき哉
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

5.0

1週間後には観たことを忘れるけど、ふと思い出した時にもう1度観たくなってくる。そんな作品。

大傑作では無いが、駄作でも無い。
キャストも魅力的だし、スペースオペラ系SFとしてのポテンシャルは充分に備
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

5.0

2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件を題材にした作品。

あくまでもFBIや警察などの捜査側に絞った視点で描かれているため、実際混沌としていた市民や容疑者の家族側の描写は少ないものの、この作品が誰
>>続きを読む

続・男はつらいよ(1969年製作の映画)

5.0

シリーズ2作目。
笑えて泣ける、見応えのある物語。
山崎努がめちゃくちゃ若い。

河原や町の空が今よりずっと広くていいなぁ。

男はつらいよ(1969年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白かった。
1時間半とは思えない物語の濃密さ。

寅さんの台詞回しや仕草の節々から魅力的なキャラクター像が滲み出ていて良かった。
渥美清の表情の演技が本当に素晴らしいんだ…。

嵐の中で(2018年製作の映画)

5.0

ホラー映画のような導入だけど、ガッチガチのタイムパラドックス系SF作品。

幾重にも貼られた謎や伏線に振り回され、謎が解けた途端に予想を裏切られ驚かされる、オリオル監督節全開のミステリー。

最近のN
>>続きを読む

屍者の帝国(2015年製作の映画)

-

うおお、これは凄い!!!
いわゆる「劇場版」とか「小説を原作にした映像作品」としてめちゃくちゃ面白い試みをした作品。

原作からキャラの設定を根本から改変し、不要な人物は削ぎ落とし、纏められる人物は同
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

-

特に何をするでも無く、流れるように人が死んでいくので面白い。クライマックスのテンポは過去作の方が良くて好き。

若かりし頃のメアリー・エリザベス・ウィンステッドが可愛い。

ゾディアック(2006年製作の映画)

-

警察間をたらい回しにされる焦ったい感じとか、証拠を掴んだと思いきやまたもや煙に巻かれる感じとか、完璧主義者のデヴィッド・フィンチャーによって描かれるゾディアック事件の再現は、観る者の心までもを追体験さ>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白かった。
コーエン兄弟の作品で一番好きかも。

どのエピソードも「生と死」に纏わる皮肉が効いていて味わい深く、「コーエン兄弟はこういう監督なんだ!」というのをオムニバス形式で端的に分か
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

5.0

ものっすごい大味で退屈な脚本。

それなのに

め っ ち ゃ く ち ゃ 面白かった。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

映画史に残る大傑作。

"コミックの中に入り込んだような映画"という数々の映画が挑戦を重ねてきた表現における、ひとつの極地。

コミック風にスタイライズされたCGIは、本当にアメコミの中に入り込んだか
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

5.0

水 中 版 バ ー フ バ リ。

海外でも『アクアマン』は「実写化しても面白くないヒーロー」「魚と喋れるだけのダサい奴」と心無いネタにされがちな印象が強いヒーローだったが、見事にそのイ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

5.0

人類必見の大傑作。

外連味あふれるSF映画が乱立されるこの時代において、「宇宙って、死ぬぜ?」という現実を冷酷に突き付けてくる作品。
ニール・アームストロングの周りでは死が絶え間なく纏わりつき、それ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

5.0

すごい。大傑作。
単純なストーリーの凄みというよりは、最初は淡々と映像を見て「凄く綺麗だ」と情緒を楽しみ、でも見終えた後は「トンデモなく凄い作品を見た…」と感じさせる、そういうタイプの映画。

とある
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

5.0

『アンブレイカブル』→『スプリット』とサーガを撮ってきたシャマランが、とうとう"ヒーロー映画"というジャンルにおける"神話"を撮ってしまった。

バストショットで台詞だけ喋るカットが多用されるので作
>>続きを読む

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白かった…。

"ブラック・カイザー"という通り名で凄腕暗殺者という小学生の自由帳みたいな設定のマッツ・ミケルセンが、刺客として送り込まれてくる暗殺者達と対決するお話。

主人公が強すぎ
>>続きを読む

ズーランダー NO.2(2016年製作の映画)

5.0

人生で一度は見たほうがいい見なくてもいい映画。

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

5.0

クリードの続編として、そしてロッキーシリーズの完結編として完璧な作品だった。

思わず拳を握ってしまう熱血スポ根要素だけに留まらず、ロッキーとアドニスの師弟関係だったり、ドラコ親子の歴史が紡ぐ呪縛だっ
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

-

ダラっと観るのにめちゃくちゃ丁度いいスリラー映画。

『ミスト』とか『クワイエット・プレイス』のような空気感と、M・ナイト・シャマランの『ハプニング』のようなスケール感。

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

5.0

これ、本当に凄い。
あまりに凄すぎたので、先日Filmarksにリクエストを送って追加してもらった。

「選択肢を選んで展開が変わる映画」と聞くと「面倒くさそうだなぁ…」と不安になったが、実際に観てみ
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

5.0

何だこれ、めっちゃ面白かったぁぁぁ!!!!

設定でオチてるショボい寓話のB級SFかと思いきや、最後まで先の読めない展開が連続するエンタメ路線に振り切った作品。

"窮地に立たされた人間が抱えるエゴ"
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

5.0

1時間くらいずっと叫びながら戦ってるから映画館ぶっ壊れるかと思った。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

5.0

ブラッドリー・クーパー初監督作品にして、『スタア誕生』3度目のリメイク作(正確には76年版のリメイク)。

内容は、現代チックな再解釈かと思いきや時代を特定させるような演出もなく、幅広い世代が楽しめる
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

5.0

原作とは異なる展開だったが、中島哲也のローカライズが絶妙すぎて、霊能バトルものとしてめちゃくちゃ面白かった…。

キャストに錚々たる面々が集っているが、みんな普段やらない役を担当しているのでそれだけで
>>続きを読む

ハーモニー(2015年製作の映画)

-

テーマがテーマなだけに、やはり映像向けにローカライズされた時点で説明不足になってしまう。

しかし、編集や台詞回しなどは『虐殺器官』に比べてとても分かりやすくなっていた。

キャラ感が原作小説とそこま
>>続きを読む

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション(2018年製作の映画)

5.0

今年ベスト。

2005年の放送当時から、漫画にゲームに映画に続編といった、メディアミックスに関してもイマイチパッとした評価の出る作品が少ない『エウレカセブン』だったが、ハイエボ1にしても傑作と呼ぶに
>>続きを読む

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1(2017年製作の映画)

-

ANEMONEを観るために、物凄い酷評だったが恐る恐る観賞。
結果、悪くない。どころか結構良かったのでは…。

冒頭30分の新作パート(前日譚)は、エヴァフォロワーの京田監督の趣味全開で、物凄い熱量の
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

1.0

オールタイムワースト作品が更新された。
制作背景を巡るゴタゴタを鑑みたとしても、物語として成立してないこんな作品が世にリリースされる事に驚く。

この映画は、原作に対する"挿絵"でしかない。
SF小説
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ最高だった…。
ラミ・マレック、正直顔はフレディに似てないんだけど、ライブシーンではパワフルな演技力でフレディ・マーキュリーが完全に憑依していた。

Queenの中で1番好きな曲が最初に流
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

-

エンディングなっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっが!!!!!!!!!!

2000年代初期のアメコミ映画っぽくて味がある。ハリウッド版『寄生獣』って感じで楽しかった。

>|