KAOさんの映画レビュー・感想・評価

KAO

KAO

映画(46)
ドラマ(0)
  • 46Marks
  • 27Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.7

上映館が少ないけど、評判良さそうなのと近くの映画館でやってたので約2ヶ月ぶりの映画館♪

学年の中心にはなれない同級生4人のはじっこの青春
会話劇でずっとクスクスする感じ
応援を強要する先生は暑苦し過
>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

4.0

親の人生に振り回されても逃げ出すことは出来ない子ども時代があるからこそ、小さい頃から1歩ひいた目線が存在する大人っぽい少年
こんな男の子が高校の同級生にいたら陽キャのリーダー的モテ方ではなく、ひそかに
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.7

近未来の街並みがオフィスも駅の階段もなんだかかわいい雰囲気

1人でずっとブツブツ言ってるこんなオジサンが傍に住んでたり、ビーチで隣に陣取ったら変態だなと思うけど、近未来ならこういう恋愛もさもありなん
>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.5

原作本を読んだことがあったので先日の地上波放送を録画して見てみました

毎日手作りのおかずでお弁当大変なのにさらにキャラ弁って本当にすごいな

天使のいる図書館(2017年製作の映画)

3.2

ほのぼの地域振興映画

小芝風花ちゃん 人間Google先生みたいな台詞まわしとカクカクした動きが面白かった なんか既視感あるなと思ったんだけど ドラマ同期のサクラの高畑充希がやったさくらと同じような
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

賢いオギー、強いお母さん、面白いお父さん、控えめで優しいお姉ちゃん、素敵な家族
家族、友達、お互いを思い合って心が温かくなるお話でした

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

4.1

デイアンドナイト
昼と夜
善と悪

タイトルの意味はそういう事か!と。

清原果耶ちゃん凄い
藤井道人監督の光の撮り方好き

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

劇場公開時から見たかったけど今まで縁がなくて今日やっと見てみた
本当にこんな潜入捜査官がいたんだとしたら、本当にすごい!

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

幼なじみの恋、長い長いすれ違い

リリー・コリンズの表情がクルクル変わってかわいかった
BGMも良かった

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.9

久しぶりに配信じゃなくて映画館へ!

中村倫也くんが7人の人格を演じ分け
穏やかな火曜が中心で真反対の月曜が出てくるけど、他の曜日ももっと知りたかったな、エンドロールの曜日達のやりとりかわいくてほのぼ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

松岡茉優劇場でした
こじらせちゃった初恋が痛すぎる
こんな人現実にいたら怖いけど
茉優ちゃんのかわいさと演技力がカバーしてる

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.6

子ども達かわいかった
特に1番下の子役

自分の信じることが他方から見たら悪であること、最後は中和出来て良かった

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

3.2

なんとなく見てみた
冒頭のキャラの説明には笑ってしまった

イノッチがナレーションなのは気が付かなかった、上手でした

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.7

懐かしい曲いっぱいで見終わったらなんだか元気な気持ちになれた

広瀬すずちゃんのコメディは今まで見たことなかったけど振り切った演技面白かった

山本舞香ちゃんも情報番組でしか見たことなくて演技を初めて
>>続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.3

有川浩さんの原作好きだったから見てみた
原作で作ってた野草のお料理が見れて良かった
甘い2人ちょっと見てるこっちが恥ずかし♡

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.5

かわいらしくオシャレな雰囲気と、忍びよる大戦の不気味さ、両方合わせて良い感じのコメディミステリーでした

愛唄 ―約束のナクヒト―(2019年製作の映画)

3.5

映画館で前に見たけど久しぶりに円盤で鑑賞
清原果耶ちゃんはやっぱりすごい
流星くんもイケメン感が全くなくて
制服で2人で高校に潜り込むところかわいすぎる

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.2

記録
コロナの時代に話題なので見てみました

びっくりするぐらい現実で起きていることと似ていました

時をかける少女(1983年製作の映画)

-

ちゃんと見たことなかったのでテレビでやってたので見てみました。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

ゾンビが大量発生((( ;゚Д゚)))

高校生カップル切なかった

こんな時期に見るの不謹慎かと思いましたが、ゾンビ映画だったから、ある意味笑えた

現実世界のコロナの方が怖いよ〜

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.7

映像と音楽がキレイ
エディ・レッドメイン
若々しく健康な時から病気が進行して身体が不自由になる様を丁寧に表現していて、素晴らしかったです

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.8

ニューヨークの街角でアルバムを作る制作風景が、ミュージシャン皆さん楽しそうで素敵でした

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

茶道は全く知らないので、華ちゃんと多部ちゃんと一緒に希林さんから習った気分になりました。

日々季節を感じながら丁寧に生きて行くことがジワジワと幸せですね。

華ちゃんが若いふわふわした女の子から茶道
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.1

うーーーん
あんまり共感出来ない恋愛

成田凌 まもちゃんの駄目クズ男っぷり

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

吉沢亮と長澤まさみがものすごくカッコ良く気品高く、存在感◎

原作未読
雨トークでのキングダム芸人を1回だけ見たことあるぐらいの予備知識でも、たぶんうまくまとまっていたので話がわからなくなることなく見
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

4.0

ツライ結末にならずに明るく終わったので良かった。

LGBTQだとかそうじゃないとかに関わらず、人を愛して愛されて、地域に受け入れられて日々の糧を得る仕事があって、認められて生きていくのって幸せなこと
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.9

金ローで鑑賞。昨年の劇場公開時に気になってたけど見なかったやつ。

中2の子どもと一緒にドキドキしながら、見守っていたけど、最後、アレ?なんか違ったって終わり方だった。

キャストはみんな美しい。
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2020初映画館!
格差社会を描きつつ、笑えるところあり、ハラハラドキドキするところあり、エンタメに仕上がっていました。

半地下の家族がお金持ちの家に上がり込むまでがあっと言う間で恐ろしいー

匂い
>>続きを読む

ただ君だけ(2011年製作の映画)

-

鑑賞記録
12/14レンタルビデオ
吉田由里子さんと横浜流星くんがこれのリメイクを来年公開予定の予習のため。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.5

ストーリーも音楽も絵も凄く良かった。

オラフはやっぱり最高!
クリストフが歌うシーンPVみたいで笑えた

吹替で観たので次は字幕観ようかな

EXIT(2019年製作の映画)

4.0

情けない主人公がだんだんカッコ良く見えてくるのが不思議!

ハラハラの中にもクスッと笑えるところや泣けるところも散りばめられていて、楽しい2時間でした!

>|