まいさんの映画レビュー・感想・評価

まい

まい

映画(67)
ドラマ(7)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.2

よくあるタイムループ系かなと思いきや異世界に行ったり、現実なのか夢なのか、ストーリーがよく分からない感じ。出てくる登場人物のキャラクターがよく分からないまま話が進み、感情移入がしにくい。
ただ水、ガラ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

人は過ちを繰り返すでお馴染みのジュラシックシリーズ。今回も安定のストーリー展開で、よっ待ってました!といった感じ。
相変わらず迫力ある映像でハラハラドキドキさせられる。家での応援上映にピッタリ。
ブル
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

2.7

定年後のリアルな生活というよりはフィクションっぽい波乱万丈さだが、ユーモアに振り切れる訳ではなく、感動系には少し物足りず、中途半端に感じた。
ただ、最初の方の定年退職は生前葬みたいだというくだりはとて
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.3

2回目。何度見ても好きな作品。
スピヴェットは天才だがそれ以上にピュアで頼りない子供というところがとても良い。そして演じている子役の子が聡明でとても可愛い
悲しい出来事が起こり、それを受け入れていく過
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.9

ドラマシリーズからとても好きな作品。キャラクターも全員豪華でなおかつ、無駄遣いせず、全員が役にピッタリで驚く。ストーリーもドラマ同様、作り込まれていて予想以上のどんでん返し。何回も見返したい。
強いて
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.1

観るのは2回目だけど、これぞ私の好きな怪物映画。キングコングが始め悪者っぽく映るが、もっと嫌な怪物が出たり、人間の横柄な部分が出たりしてキングコングが好きになる。爆発バックのキングコングはうっとりする>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.4

塔を守るガンスリンガーと特別な力を持つ子供がペアになって悪者を倒すという個人的には好きな設定。ガンアクションも迫力があるし、闇から出てくるモンスター?も程よく気持ち悪いし、ペニーワイズの名前が出てきた>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

3.6

頭では分かったつもりになってたが、目の前に突きつけられると、とても胸が苦しくなる。けれど深刻だからこそきちんと見ないといけないと思わせる。
シリアスな場面が多いが時系列を工夫して演出してあるので単調に
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

映画として見ると、始めの方は、さくらやきょうこのキャラクターがアニメっぽいキャラであまり好きになれない。しかし、終盤の花火の描写や音楽がとても綺麗なことや共病文庫を読んだ後の春樹の成長にはぐっとくるも>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

オーシャンズシリーズは好きなシリーズ。オーシャンズのメンバーがそれぞれクールでカッコイイ。ダニーオーシャンの時のメンバーは個性豊かで好きだったが、今回のデビーオーシャンのメンバーは全員華があってスマー>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

テレビで観たが、これは映画館で観たかった。バーチャルの世界もかなり迫力があったが、リアルな世界もバーチャルな感じの建物が多く、ザ・スピルバーグ作品という雰囲気。
ロールプレイングゲームに大人も子供も夢
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.8

細かいところはツッコミどころ満載で、ジュラシックパークを彷彿とさせるのが気になるが、そんなことを吹っ飛ばすゴジラのカッコ良さ。シン・ゴジラのゴジラよりもシュッとしたゴジラが見られる。
せっかくのカッコ
>>続きを読む

僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.(2011年製作の映画)

3.7

実話が基になってるだけあり海外協力の難しさもしっかり描かれていて、ただの青春映画に収まらない、結構壮大な話だなと思った。
途中ドキュメンタリーチックな場面でカンボジアの現状を丁寧に伝えていて、分かって
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.6

キャラクターがポニョとトトロ感があり新しさはないが、アニメーションが途中抽象的な絵になったり、ミュージカル風になったり、アニメではあまり見たことのない演出にびっくりした。
ストーリーは単純で分かりやす
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

2.8

綾瀬はるかがひたすら可愛い印象の映画。
ストーリーは突っ込みどころがあり、よくあるラブストーリーが少し単調に感じたが最後の展開には驚いた。世にも奇妙な的感じで好きな流れだった。
北村一輝の振り切った役
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.7

ワイルドスピードシリーズは初めて見た。キャラクターの詳しい背景は分からず少し消化不良なところもあったが、最低限ストーリーが分かる程度に説明してくれてたのでスムーズに物語に入れた。
カーアクションがもち
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.4

ザ・青春ムービー。
時間の経過のテンポが早く、途中面食らうところもあるが、笑いと感動のバランスが良くて最後まで飽きずに見られた。
ダンスシーンが本気で踊ってるのが伝わり見ていて心地よい。
先生の厳しさ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.4

探偵である必要があったのかと、敵の目的がいまいちピンとこなかったが、とにかくポケモンを可愛く描いてあるところに好感が持てる。ポケモンをそこまで好きではなかったけど、この映画でポケモンのキャラクターに愛>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

映画館で一度鑑賞、地上波で放映されたので再び鑑賞。
戦闘シーンはテレビより映画館で観る方が当然だか迫力があって良い。
目を引くのはやはり長澤まさみさん。美しさと強さの両立が素晴らしい。
原作は見てない
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

4.0

自分がこの映画を評価するなんておこがましいと思うほど主演の二人の演技が凄かった。
推理物のようにトリックがあるわけではなく、事件か事故かという単純な問い。しかし、兄である香川さんのゾッとするような怪演
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.5

外村の頼りなさや、悩み苦しむ姿が山崎賢人さんの演技にピッタリ合っていた。
途中のお客様の希望を具体化させる為の柳の説明や、仕事での他のスタッフと比べどうしても劣等感を感じて外村の気持ちなんかは調律師と
>>続きを読む

武士の家計簿(2010年製作の映画)

3.0

静かに算用の武士の一生を追いかける物語。ドラマティックな展開はなく、淡々と話が進むが、その淡々さが激動の時代の中でも流されない強さを感じた。
ところどころクスッと笑わせる知的な笑いが好き。
たまにこう
>>続きを読む

暗殺教室 卒業編(2016年製作の映画)

2.9

原作も前作も見ずに視聴。
見てなくてもなんとなく話の流れは分かる。ストーリー展開のテンポが速く、進め方がちょっと雑な感じがした。
殺せんせーが可愛いのと、ところどころ挟むユーモアが私の好きな感じだった
>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

3.2

タンタンをよく知らなくても楽しめる映画。
とにかく映像が実写かと間違うほど綺麗。この映像は一目見る価値あり。
ハラハラドキドキなストーリーで映像だけでなくストーリーも手が込んでて普通に面白い。
途中推
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

2.8

実話ということに驚かされる。
記憶障害で身近な人を思い出せず、どうしてもぎこちなくなってしまうあたりは、これがリアルな反応なんだなと改めて気付かされた。
ひさしさんの家族の心の内も聞いてみたいなと思っ
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ホラーみたいな演出とユーモアのある掛け合いがバランスよく飽きさせないテンポ感があり、エンタメ映画みたいで楽しい。
続編があるみたいな終わり方だが、今のところないようで残念。
謎の教授みたいな人とか親友
>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

対巨人から対人間になるところが胸が苦しくなる。かなりストーリーが複雑になり、観た後、ネットでの解説が必要。
早く続編を見てスッキリしたい。

劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼(2015年製作の映画)

3.1

前作と同様、アニメ一気見感覚。
まだまだ伏線引きまくりでこれからの展開が楽しみ。
ただ人が死に過ぎてちょっとこたえる。

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

3.3

進撃の巨人はまだ見たことなかったので、映画を見るというよりテレビアニメを一気見してる感覚で見た。
話題な漫画だけあり、ストーリーが良く、伏線らしきものが多くあり、続きを見るのが楽しみ。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

冒頭の家族の会話が途切れ途切れに流れ、タイムラプス のように時間の経過をコマ送りされるところが期待感が高まって良かった。
電車の中の人達の多くが顔馴染みという設定も面白いと思った。
一緒に推理したかっ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

2.9

題名通り、翔んだ話。ずっとふざけていて突き抜けてて面白い。
関東圏の抗争の部分はよく分からない。たぶん自分が埼玉県人なら倍面白いんだろうなぁと思う。
有名俳優さんの無駄遣いの感じは好き。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

スパイダーマンやスーパーマンのような悪と戦うヒーローものかと思って見たが、ワカンダという国の王位継承の話。
国内の話でおさまるかと思いきや人種差別にまで話が広がるのには驚いた。
女性の戦士が大活躍する
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.3

王道ラブストーリー。
吹き替えで見たせいか、アリーが軽い感じの雰囲気に見えて、優柔不断さが気になって感情移入できなかった。
ラストにかけての流れは綺麗。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

途中、パルクールのようなアクションもあり見応えあり。植物園もマリーナベイサンズをあんなに派手に壊すかねと笑う。
怪盗キッド好きだから出てきて嬉しいが、事件への巻き込まれ方がちょっと強引かなと思う。
>>続きを読む

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.5

アクションが派手で家で応援鑑賞するにはもってこい。
最近の黒の組織をよく知らないので良い復習になった。
いつもながら少年探偵団にはイラっとするが、今回のは割と感動回で面白かった。

オーケストラ!(2009年製作の映画)

3.5

破天荒なおじいさん、おばあさんが実はめちゃくちゃ楽器が上手いっていう設定が好き。音楽描写がもっと欲しくなる。
途中、ユダヤ系人民差別の話になるところとロシアンジョーク?のところで少し迷子になる。
最後
>>続きを読む

>|