こーくんさんの映画レビュー・感想・評価

こーくん

こーくん

映画(1163)
ドラマ(15)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

アレックス(2002年製作の映画)

3.0

自分も運命論者てきな考えがあったりするから
わりと共感出来る部分もあったりする

でもデジャヴもそうだけど 結局のところ
それは脳というか記憶のバグなんだよね

…………………………….
こういう逆
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

5.0

名作

人はかく優しくあるべき
よき映画です







トムハンクス天才


優勝:ダン小隊長

七人の侍(1954年製作の映画)

5.0

名作

いま見ても普通に面白い

息を飲む最後の雨中の決戦

素晴らしい脚本と演出

長さを感じさせない207分!

さすが黒澤明!

…………………..
躍動する大御所 若き日の三船敏郎が最高すぎる
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.0

杉咲花 とてもとても良き

オダギリジョー 良い味出してる

…………………………..

映画としては
脚本が微妙と言うかなんていうか
泣かせよう感がちょっと強すぎるかな?

良いシーンとアレ?と言
>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

4.0

面白い!

まぁ 勘の良い人は途中で読めちゃうかもだけど、それなりに捻りが効いていたし矛盾もないので最後まで楽しんで見れた


アリソン ローマン良き

悪魔を見た(2010年製作の映画)

4.0

文化の違いなのかな?

自分の復讐のためにしななくてもいい人までしんだり 色々な人が被害にあってるんだけど、、、

あまりそのことについては身内の人以外は後悔してる感じがしないし

これでいいの???
>>続きを読む

THE WAVE ウェイヴ(2008年製作の映画)

4.0

面白い!

人間の心の弱さをとても良く描いている

自分が無い人間ほど 団体の中である役割を与えられると それに縋るように依存しのめり込んで行く

所謂 新興宗教のそれと同じ

回りが見えなくなったら
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.5

ゲットアウトは名作だけど
こちらは設定がメチャクチャで..
なんなのこれって言う映画になってるw

一番恐ろしかったのは最初の子供(少女)が途中まで家族の誰なのか全く分からなかったこと

(みんな同
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

5.0

アメリカ奴隷制度の話し

誘拐され1000ドル(現在の日本円にして約60万円)で奴隷として売られて行った黒人ソロモン ノーサップ

12年の奴隷生活からの生還までを描いた話

悲惨な話しではあるが ま
>>続きを読む

ノスフェラトゥ(1978年製作の映画)

3.0

良きも悪くもヘルツォーク

川/海
イカダ
大自然
狂乱の人々
荘厳な音楽

好きな人は好き
そうでもない人はとくに何も

…………………….

元気に街を走るドラキュラ
何気に奥ゆかしいドラキュラ
>>続きを読む

コンプライアンス 服従の心理(2012年製作の映画)

3.0

まずこの映画が実話をベースにしていると言うのが驚きである

オレオレ詐欺もそうであるがトークの上手い人(頭の良い人)と会話をすると気付かないうちに洗脳されてしまうことが往々にしてある

単純にアメリカ
>>続きを読む

チャプター27(2007年製作の映画)

2.5

ジョンレノン暗殺事件

ベトナム戦争反対など若者への多大な影響を憂慮したCIAが催眠術などのマインドコントロールを用いて行なわせた暗殺事件

この映画ではCIAが用意した筋書きを まるで真実のように語
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

5.0

名作

時代を越える 不朽の名作とは
このような作品を言うのでしょう

いま見ても普通に面白いし
画面からこちら側にキャストの魅力が溢れて来ます

どれだけ時が経とうとも 決して色褪せることのない素
>>続きを読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

3.5

オダギリジョーいい味出してるし
安定の樹木希林さん さすがです

離れているようで実は繋がっている 母と息子の間を 柔らかく流れて行く時間が心地よい

………………..


宮崎あおい出演時間リアル
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.0

アメリカ南北戦争時代のお話し

混乱の時代を力強く生き抜いた自分に正直な女性スカーレットの物語

ある意味 良き時代のアメリカ
メアリーが良い人すぎる


さすがに4時間は痺れます
……………………
>>続きを読む

荒野の七人(1960年製作の映画)

3.0

名作?

見逃してくれた相手を不意打ちで殺しに行く主人公w

巻き込まれたせいで助かった命をむざむざ捨てることになってしまう仲間4人

とくに仲間の死を悲しむ訳でもなく 清々しい表情で村を後にする主人
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.5

いま見ても充分面白いです

クリーチャーの造形がとてもよい

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

3.0

良き映画だけど
文化の違いからか それ程の感動はなかった

あとセラピスト嫌い
(ロビンウィリアムズはすき)

若きマットデイモンよき
天は何物も与えていて羨ましい

あえて可愛い娘ではなく 性格や考
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

5.0

名作

誰しもが思う
もし あの時 もう一つの道を歩んでいたら

涙しました

アニー最高でしょ

………………..

子供がいる世界といない世界
大切な人がいる世界といない世界

幸せとは

がんばっていきまっしょい(1998年製作の映画)

3.5

青春

みんな下手くそだけど頑張っててよい
2時間あるのだから もう少しストーリーの繋ぎを丁寧にして欲しかったかな

初々しい田中麗奈よき

カスパー・ハウザーの謎(1974年製作の映画)

3.0

昔 読んだ世界の謎(?)から受けた印象とは全く違うカスパーハウザーがそこにいた

こちらの方が史実に近いのだろうか? 本からは感じることが出来なかったが意外に知的でピアノまで弾く姿に驚いた

結局 謎
>>続きを読む

アギーレ/神の怒り(1972年製作の映画)

3.5

スペイン 南米侵略のお話し

ただ川を下るだけの映画なんだけど
クラウスキンスキーの圧倒的存在感のおかげで引き込まれて見てしまった(まさに狂気の演技)
…………………….

それにしてもよくこんな映画
>>続きを読む

sWinG maN スイングマン(2000年製作の映画)

1.5

で、結局なんなの???

と、言う映画w


宮崎あおい目当てで鑑賞


特典映像/舞台挨拶の
宮崎あおいがメタメタ可愛い

ファイナル・プラン(2020年製作の映画)

3.0

あまりにベタベタな展開でマジビックリ

開始10分ぐらいでエンディングまでのストーリーが予測と言うか、ほぼ読めてしまい
実際 予想通りの展開で終わるという恐ろしい映画w

リーアムおじさんの動きもモッ
>>続きを読む

BANDAGE バンデイジ(2009年製作の映画)

2.0

北乃きい可愛い

赤西仁 良い味出してる


でも肝心の映画としてはかなり薄味w微妙

田園に死す(1974年製作の映画)

3.5

寺山修司 天才!

このような映画を約50年前に撮っていたとは!
日本にも こんなにもアタマのオカシイ映画監督がいたんですね(誉めてる)

素晴らしいです(クレイジークレイジー)

14才のハラワタ(2009年製作の映画)

3.0

14歳の日常

長野レイナよき


あえての棒読み感なのかな?
全編を通しての空気感がよい

オペレーション・ミンスミート ーナチを欺いた死体-(2021年製作の映画)

3.5

第二次世界大戦 英国-ドイツの歴史

と、

若い未亡人を取り合うおじさんの話

なにか良い話し風になっているけど
これ ただの浮気だよねw

……………………………….

映画としては知らない事が多
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

3.5

子供視点で描く北アイルランドの紛争

子役の子 最高すぎでしょ
素晴らしい演技です

あと おじいちゃんとおばあちゃんが良かった

新しい道を行く息子家族
思い出の地に残る 祖父母

空気感が伝わって
>>続きを読む

きみのゆびさき(2006年製作の映画)

3.0

制服姿の堀北真希さまが拝めます。

二人の間に流れる空気感が絶妙

ひらいて(2021年製作の映画)

4.0

よい、とても良い


手に入らない相手の大切なものをメチャクチャにしたくなる

不器用すぎる愛がイタイ



山田杏奈よき


また一緒に寝ようね、、、

いぬのえいが(2004年製作の映画)

1.5

猫派にとっては地獄のような映画かも笑

でもマリモは良き

宮崎あおい目当てで鑑賞

マリモ:3点

マリモ以外は時間の無駄なので
犬好きの方以外は見ない方がいいですw

愛犬家御用達映画🐶

あの、夏の日 〜とんでろ じいちゃん〜(1999年製作の映画)

3.5

まきまき まきまき巻きましょう
まきまき 巻いたら夢の中
まきまき まきまき約束ね

………………………..

宮崎あおい目当てで鑑賞
全く期待してなかったのに
何気に心温まる良い映画でびっくり
>>続きを読む

小人の饗宴(1970年製作の映画)

1.5

小人による小人だけの世界
そこにも当たり前のように弱者がいて 当たり前のように周りから虐げられる
鶏の行動を比喩として用いる事によって 人間の浅はかさを描いているのであろう
最後の笑いは 障害があろう
>>続きを読む

>|