こーくんさんの映画レビュー・感想・評価

こーくん

こーくん

  • List view
  • Grid view

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.0

不快さがよい映画(たぶん

あと最後の辺りがよう分かりまへん

ルート225(2005年製作の映画)

4.0

思っていた以上に面白かった
てか16才の多部未華子が
キラキラでメッチャ可愛い
あと自然で等身大の演技も相まってとても良い

シリアにて(2017年製作の映画)

3.0

戦闘シーンの何もない戦争映画
シリアの現在進行形

-無常-

キル・チーム(2019年製作の映画)

4.0

戦場において勘違いした正義感を持つはた迷惑な新兵のお話

この映画を見るとアメリカが世界中で嫌われる理由がよく分かる
本当に何しに行くんだろ?

アウトポスト(2020年製作の映画)

4.0

凄まじい程の圧倒的な臨場感

悲しいかな日本人にはこういう迫力ある映像を撮れる人がいない

ディーパンの闘い(2015年製作の映画)

3.5

生き残るため偽りの家族が異国の地で本物の家族になっていく
こういう作品を見ると日本人に生まれてきて本当に良かったと心から思う

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.0

正式な埋葬に固執する頭のおかしい男の物語w

演出なのでしょうけど 冒頭の手ブレが酷すぎて気持ちが悪くなり 見るのをやめようかと思った

ゾンダーコマンド

カポネ(2020年製作の映画)

3.0

マフィアものだと思うじゃんよーw
こんなカポネ見たくなかったよー

小説の神様 君としか描けない物語(2020年製作の映画)

2.5

橋本環奈のファン専用映画
というコンセプトで作ったような映画

ファンの方にはオススメ

ルワンダの涙(2005年製作の映画)

3.5

ルワンダの悲しい歴史…
と、そこに押し付けがましいキリスト教の勘違いした司祭と理想論とは逆にツチ族を見捨てて一人だけ生き延びたゴミ教師の物語
こちらから見ておかしな事でもあちらから見ればそれは仕方がな
>>続きを読む

リトル・マエストラ(2012年製作の映画)

2.0

有村架純がべりー可愛いのでファンの方にはオススメ
それ以外の方は見ない方がいいかも笑
内容的には30分ぐらいが丁度いい作品

永遠の0(2013年製作の映画)

3.5

日本人なら一度は靖国神社に行くべき
国のため 家族のため 子供のため 全てを犠牲にして大切な人を守るために散って行った人たちが眠っている
日本人が日本人に対して戦争犯罪人などという言葉は絶対に使っては
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

4.0

人は危機的状況になったときに真価が問われる たぶん自分だったら真っ先に逃げるんだろうな笑

それにしても炎と爆発の描写が迫力満点で素晴らしい 日本人がこういう映画を撮るとプレハブの避難訓練
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

爆発によって足を失われた人たちには同情するが 自分たち(アメリカ)はアラブで何の罪もない人を含め平気で爆撃して戦闘員でもない民間人を虐殺しているのに この被害者ぶりは目に余る
最後に流れて来たインタビ
>>続きを読む

四月物語(1998年製作の映画)

3.0

岩井俊二さんらしい透明感のある映像が心地よい

松たか子さん若い

コリーニ事件(2019年製作の映画)

4.5

名作
誰にでも人には知られたくない過去があるもの 時代においては正しい行動もやがてそれは双方にとって辛い記憶となって行く
そこに100%の答えはない

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.0

どの世界にも偏見を持たず他人に対し優しく接することが出来る人たちが沢山いる

優しい想いが伝わって来る良き映画でした

しかし英ヘンリー王子はいまだにパキスタン人をパキと呼ぶ
これもまた悲しい現実

>|