たいよーさんさんの映画レビュー・感想・評価

たいよーさん

たいよーさん

帰ってきた あぶない刑事(2024年製作の映画)

3.3

時代を駆けた2人が帰ってくるとなればもうお祭り!そんな映画。

往年の姿を重ねつつ、現代の型破りを正面突破する様は痛快。熟した漢のオーラに酔いしれる。

レパードもバイクも添える程度の活躍…でも変わら
>>続きを読む

関心領域(2023年製作の映画)

-

寝た。無関心なのは自分だった。

というか、段々と家族のディティールと日常に違和感を持てなくなっていたので、目をつむる選択をしたのは同じってことなのかな。

マッドマックス:フュリオサ(2024年製作の映画)

3.7

シリーズ未見。故に…こんなイカれた世界、面白くない訳ネェ〜!

ドルビーで観た事によるコントラストと奥行きが爆音と相性抜群。超重量級にして英雄譚の道筋がドラマティックで離さない。

劇薬なのにス
>>続きを読む

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章(2024年製作の映画)

4.2

自転車漕いで、今すぐ君に会いたくなった…。平穏な日常と壮大な滅亡のコントラストがグサグサ来てもうすすり泣き。

事実も傾倒も純愛も全て日常の中に溶け込んでて、その中に不穏も溶け込んでいて。来る時がい
>>続きを読む

おまえの罪を自白しろ(2023年製作の映画)

3.2

このタイトルが誰に対しても突き刺す言葉の文が見事。通過点を経て写る暗部がニクイ。

利権と命を天秤にかけながら全方位に振り回す大胆な展開と、正義の探究心でかき乱す中島健人が魅力的。

もう少しスリルは
>>続きを読む

1秒先の彼(2023年製作の映画)

3.1

不適切にならぬ様に男女逆転されたクドカン脚本によるリメイク。元は鑑賞済。

それも知ってるからか風通しが悪く感じた…ただ、清原果耶と岡田将生にしか出せないまったり感が穏やかな時を刻む。

もっとファ
>>続きを読む

法廷遊戯(2023年製作の映画)

3.4

裁判を派手に描く事は多い。だが今作は淡々と描き「見たくないモノまで見えてくる」恐ろしさが光る。

重厚的でありながら人間ドラマのプロットが効いているし、杉咲花が凄さの片鱗をサラッと出す辺り敵わない。
>>続きを読む

名探偵コナン ハロウィンの花嫁(2022年製作の映画)

3.2

スケールでかすぎてコナンが頑張る力量に来てない事を悟る…笑。渋谷大爆破でもタイトル良いよ。

分からない人も楽しめるプロットとしつつシリーズで見ている人向けのエッセンスをしっかり振られている。
ある意
>>続きを読む

毒娘(2024年製作の映画)

3.8

こりゃすげぇ。異質な存在、ちーちゃんが炙り出す家族像の破壊と創造に拍手喝采。
改めてこの面々が必然に思えるほど醜悪が凝縮されていて、ヒューマンドラマとしての完成度が高い。
この強烈なシスターフッドに慄
>>続きを読む

さいはて(2023年製作の映画)

2.5

様々な角度から性と愛に切り込むマヨナカキネマの1本。

テンプレな年上謎男と年下女性の逃避行で、それ以上も特に無いなぁ…が率直な所。絡み多め、2人芝居をじっくりな作風。

所々スマホで撮った様な画質落
>>続きを読む

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章(2024年製作の映画)

4.2

映画館出てスマホ開いた時に飛び込むニュースにふと怯えた自分。世界の“現実”が怖くなった…

超超超超怒涛の展開。だがスッと入る主演2人の台詞が時に清く恐ろしく入ってくる。エグい泣かせてくるし後章耐えら
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

3.6

動かない岩を、角度を変えつつ見ている感覚。それは生への欲を見るかの様。

本来持っている多様を気軽に提示できる今。だからこそ内在的な分別の正義が正しく映り、同時に心を濁らす。

深い余韻と固まった思考
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

3.8

途方もない絶望から始まる狼煙。未曾有の事態を受け止めた先の希望とは。

ややリードがかかったプロットな気もするが、とにかく黙らせるのはその迫力。可能性にかけるドラマがズンとくる。

VFXを筆頭とした
>>続きを読む

MW-ムウ-(2009年製作の映画)

3.7

これまた偏愛作が増えたよ…意気込みが凄いけどそこに追いつかない描写もなんだか愛らしい。
薄いといえば薄いが、ダーク玉木宏の源流を観ながら程良く翻弄される展開に飽きが来ない。
王様のブランチで観た予告が
>>続きを読む

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

2.8

あれだけ「観るな」と言われても観たくなるのが人間…仰天ニュースの再現Vかと思った。
ストーリーと登場人物が交わらず淡々と事実を並んでいるよう。フワッとヌルッと終わっていく。
なぜかフルスロットルすぎる
>>続きを読む

BAD LANDS バッド・ランズ(2023年製作の映画)

3.6

相変わらず聞き取りにくいが、それがアウトローで畳み掛ける会話劇にもなっていて、バチッとハマる作品。
手に負えない山田涼介の狂犬ぶりと仔犬みてぇな緩急に何かくすぐられる。自分が長男だからなのか…?笑
>>続きを読む

アイ・アム まきもと(2022年製作の映画)

3.0

あのラストでフィクションだと思うと腹立ってきた…きっと救いある様に見えて無いからだ。
記録を巡って過去を掘るまきもとのリズムの悪さが凄く良い。ただキャストが放つ日常感は何か違うな…
作品に軽さは無い。
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

4.0

見逃し厳禁の良作。人間模様と距離感を描きながら忠実に浮かばせる戸田監督の手腕が光る。
生きていること、生きていたこと、生きていくこと…それらがいかに複雑で壮絶か。
進む度に訪れる衝撃を静かに受け止める
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

3.7

さすがはWOWOW!圧巻の描写力と入り組んだプロットが世界観を引き立てる。
過去の実写化アクションと一線を画すCG。アクションを主体としつつ息抜きの様なパートもあって終始飽きない。
ただポスター程話が
>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

4.1

わぁ…!とDSライトを開いた頃の童心を開く。イルミネーションも流石の仕事ぶり。
何でもない自分が変わる成長記でもあり、そこにゲームを想起させる場面の数々は懐かしくて新しい。
吹替版で観たが字幕版も観た
>>続きを読む

素晴らしき日々も狼狽える(2022年製作の映画)

3.6

血の通ったフェス。自分も通年フェスに行くが、ここまで生き血を感じるフェスを未だ知らない。
野間太一、鹿児島に生きる彼が流す汗と大きな車輪。そこに共鳴するアーティストの音楽の“楽”が桜島にこだまする。
>>続きを読む

ある閉ざされた雪の山荘で(2024年製作の映画)

3.6

違和感を除けば重厚なミステリーだなと舌を巻いた。キャストの豪華さから来る没入感は見応え有り。
置かれている正義がくっきりしている分のノイズが少なく観やすいし輪郭が見えるほど驚きがあって面白かった。
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.2

ヤクザと中学生、積み上げる2人の盤石な感情に心がビブラートする。
どのキャラも生き生きしてて、カラオケから「足りない部分を補う」確かな結束の過程に笑って泣いた。
思ったより余韻に浸らない自分に驚き。こ
>>続きを読む

ほつれる(2023年製作の映画)

3.4

ほつれるのは、繕ったモノがあるからで。その意味が腑に落ちても物足りないのは尺のせいか…
見せない混沌をぱらぱらとめくっていくと見える事実。壊れている様で破片を合わせた時の悍ましさよ。
洒落た雰囲気が仮
>>続きを読む

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

4.0

ボロ泣きだよバカヤロー。夢中の最高速度を目に焼き付ける。
汚い字で殴り書いた様な、救いようの無い人生は地獄と思う。だが、ここまで来ると勇ましく眩しい…
衝動のまま生きて野垂れ死ぬ人生もまた無敵。皮肉な
>>続きを読む

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

3.3

随分前に観たが書く気力が湧かず、ようやく。心の保湿にこの映画を求めていたのだろう。
形を問わず、囚われず、ただ。そんな愛の実験。シュールながら各シーンには核付く会話にハッとする。
この後の今泉作品には
>>続きを読む

翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~(2023年製作の映画)

3.8

懲りずに第2弾をしてもイケる説得力は県民性をくすぐるディティールの濃さ。やっぱり外れない。
ニクい所に置かれた伏線を軽やかに回収しまとめ上げる敏腕ぶり。関西の話でも埼玉を忘れない内容で安心。
にしても
>>続きを読む

探偵マリコの生涯で一番悲惨な日(2023年製作の映画)

2.8

新宿のバーに集う人の濃キャラマシマシの半オムニバス。売れっ子監督もたまには遊びたいらしい。
とっ散らかった中で合うエピソードを探す感じが正解かも。マジックミラーに切なさを覚えるくらいが良い。
皆色々あ
>>続きを読む

ミステリと言う勿れ(2023年製作の映画)

3.5

じっくり観るとミステリに感じる。その分ジワっと台詞が雫の様に落ちてくる。
ほぼ原菜乃華の映画。というのも大きな進展なく物語の一辺に傾倒している為、TVで良かったかもと思わせてしまう。惜しい。
面白いけ
>>続きを読む

オカルトの森へようこそ THE MOVIE(2022年製作の映画)

3.6

ヤバいの具現化をテンポよく仕上げたある種のお祭り映画。ヤバい。
大接写の堀田真由に始まり不純物たっぷり人間の嫌な部分が不覚にも面白さを増幅。
傑作に向けたジ・エンドまで目が離せない。撮れちゃったと撮っ
>>続きを読む

キリエのうた(2023年製作の映画)

3.8

都会の片隅に響く歌声はきっと何処までも片隅のまま。だが、それで良い。

3時間に及ぶ、言葉に出来ない人生。それはまだらであり、時に厄介。途方も無い感情の隙間に孤高の声が響き渡る。

心臓を抉る生き様は
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.4

圧巻の肉体とアクションを貪りたくて鑑賞。

ファミリーを語るシリーズだけあって両者の文化やルーツをクスッとさせるテンポで描き出すのが印象的。

スピンオフらしくカーアクションは少なめ。故に満腹感は少な
>>続きを読む

キャメラを止めるな!(2022年製作の映画)

3.0

牛丼がフレンチになったらお洒落なように…ってなるかー!という庶民感の離れた映画のシンパシー。同じフォーマットでリメイクしてくれたことに感謝。

ドタバタ感もどこか気品がある。文化の違いも乗りこなそうと
>>続きを読む

わたしの幸せな結婚(2023年製作の映画)

3.7

滲み出る2人の引き寄せ合う距離感。主題と副題の足し算も上手い良質な作品。

何処を取ってもバランスが絶妙。ドラマで蓄えられた塚原あゆ子監督の手腕が光る。

今田美桜の才能を感じずにいられない不遇なシー
>>続きを読む

宇宙人のあいつ(2023年製作の映画)

3.2

飯塚健監督幸せよなぁ…好きなものを思い切り撮れてるんだもん。役者の化学反応がビッグバンを起こすような優しい作品。

光の演出やカメラワークといったアプローチに新しさを磨きつつ、家族の当たり前で奇跡の日
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.5

I'm sad.かな。その悲しみの螺旋をただ憂鬱に、優しく観ていた。

劇的な伏線を回収する伊坂幸太郎の華やかさを抑え、淡々と家族の表情が変わっていく様を重厚な役者で綴る。

結構諸々受け止めるに
>>続きを読む