健一さんの映画レビュー・感想・評価

健一

健一

映画(706)
ドラマ(0)

日本のいちばん長い日(1967年製作の映画)

4.8

1967年 🇯🇵映画 モノクロ作品。

今から丁度 五年前。本作のリメイク版を劇場にて鑑賞したのだが、壮絶につまらなかったので オリジナル版つまり本作を意識的に遠ざけていた。

バカだった。めちゃ
>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

3.4

コロナ禍でなかったら100%劇場公開されずビデオスルーされていた感じがプンプンする作品。

自粛が明けたが新作が少ない為 間がもたないイオンシネマグループが自ら配給した本作。
まぁ いい買い物したので
>>続きを読む

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

2.5

面白い🤣 というか なんかニヤニヤしてしまう作品。
本作ほど 他の方のレビューを読んでみたいと感じる映画はない。

オーストリア🇦🇹の作品らしいが、音楽担当は日本人作曲家のかた。
'82年に既に亡くな
>>続きを読む

東京裁判(1983年製作の映画)

3.8

1983年 🇯🇵映画 モノクロ作品。

日本映画史上に残るドキュメンタリーの傑作!
戦後日本の運命を決定づけた極東国際軍事裁判の全貌を見つめ歴史の瞬間に立ち会う
至高の4時間37分!!!

小学
>>続きを読む

エビータ(1996年製作の映画)

4.6

大好きだった監督 アラン・パーカーを偲んで。

最後に日本🇯🇵で公開された作品が '03年の「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」とかなり前だったのが残念。
晩年はかなり具合が悪かったのかな?
謹んでお
>>続きを読む

ベルトルッチの分身(1968年製作の映画)

2.5

1968年 🇮🇹映画 カラー作品。

連続でベルトルッチ初期作を鑑賞中。
本作は監督3作目。初のカラー作品。
モノクロの方が良かったような。

ロシアの文豪ドストエフスキーの「分身」をベルトルッチ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.5

学生時代 クラスメイトに聾唖の友人がいた。
コイツは本作の女の子同様 大きい声でゆっくり話せばなんとか聴き取れる程度、そしてコイツが発する言葉は殆ど何を言っているか分からなかった。

私はある日コイツ
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.4

はい!泣きました。泣きますよコレ。
泣かせに来てる映画ですもん!
主人公の名前も私と同じ 健一 だし。

非常事態宣言前の3月ぐらいかな?
予告篇観た時点で大号泣しましたし。
年々 涙腺がユルユルにな
>>続きを読む

シェルタリング・スカイ(1990年製作の映画)

4.1

前作「ラストエンペラー」で世界を制したベルトルッチ監督。
次に撮った本作は 北アフリカを舞台にしたジブ〜い大人のメロドラマ。

公開当時まだまだ ガキんちょ だったわたくし には全く理解出来ず 大
>>続きを読む

革命前夜(1964年製作の映画)

3.0

1964年 🇮🇹映画 モノクロ作品。

二夜連続でベルトリッチ初期作を。
ベルトリッチ監督2作目。
音楽を手掛けるのは、先頃 天国へと旅立ったエンニオ・モリコーネ。

前作「殺し」に比べるとややベ
>>続きを読む

殺し(1962年製作の映画)

4.0

1962年 🇮🇹映画 モノクロ作品。

TSUTAYAのお誕生日月 無料クーポンにて鑑賞。

Filmarksのジャケ写真がブレブレ。出来れば新しくして下さい。

🇮🇹の巨匠ベルナルド・ベルトリッ
>>続きを読む

アイリスへの手紙(1989年製作の映画)

4.8

夜の街関連や劇場クラスターなどで毎度お騒がせしている新宿ですが、この街にあるミニシアター 新宿武蔵野館 が今年開館100周年を迎えました。

私も 新宿武蔵野館 に通い続けて今年で30年目になります。
>>続きを読む

追龍(2017年製作の映画)

3.7

3年間待ってました。やっと観れました。

ここ数年 中国の映画が日本に来て公開されるスパンがかなり遅くなってきたような。
政治的な何かがあるのかな?

相変わらず中国(香港)映画は本編始まる前に 有限
>>続きを読む

戦場(1949年製作の映画)

3.5

1949年 🇺🇸映画 モノクロ作品。

第22回アカデミー賞
脚本賞、撮影賞(白黒部門)受賞。

埋もれた名作。
先日 BSで放送していたのを録画して深夜に鑑賞。
渋い作品セレクトするねぇ! NH
>>続きを読む

忠臣蔵外伝 四谷怪談(1994年製作の映画)

4.0

松竹誕生100周年記念作品。

第18回 日本アカデミー賞
作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、
照明賞、主演男優賞、主演女優賞 受賞。

劇場公開時のキャッチコピーが
「面白さ自信あり、満足度自信あり
>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

4.0

「禁じられた遊び」という作品があるが、本作にこそ このタイトルを付けたい!

とにかく重たい、苦しい。
どんな気持ちで観ればいいんだろう。

でもこれ、実話ですからね。
しっかりと受け止めなければ。
>>続きを読む

ブリット=マリーの幸せなひとりだち(2019年製作の映画)

3.9

鑑賞直前に映画館のロビーに設置してある本作の看板を見て気がついた!

ブリット=マリーを演じている人、
ペルニラ・アウグストじゃないですか❗️
超ビックリ‼️ 予告編を観た時、あの頃の面影が全然無いか
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

3.4

1982年 🇯🇵映画 カラー作品

第6回 日本アカデミー賞
作品賞、監督賞、脚本賞
主演男優賞(風間杜夫 ではなく 平田 満)
主演女優賞
助演男優賞(平田 満 ではなく 風間杜夫) 受賞。
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

3.6

ここ数年 マ・ドンソクの主演作が立て続けに公開されていますね。
昔からのファンとしては嬉しい限りです。😊

「パラサイト」のアカデミー賞受賞の影響なのか、最近は韓国映画の拡大公開作が 自粛明け頃から増
>>続きを読む

上海バンスキング(1984年製作の映画)

3.4

20年位前の私と会社の同僚との会話です。

私 「深キョン といえば深田恭子。では 深キン といえば誰?」
同僚 「ん? う〜んわからない。誰?」
私 「答えは 深作欣二 でした!
>>続きを読む

私は死にたくない(1958年製作の映画)

3.7

1958年 🇺🇸映画 モノクロ作品。

第31回アカデミー賞
主演女優賞 受賞。

TSUTAYA発掘良品にて
ず〜っと観たかった作品。
ついに初DVD化(再DVD化?)。

実在の死刑囚バー
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.2

オープニングから素晴らしい演出。つかみはOK❗️

私の大好きな俳優エミリオ・エステベスの監督、出演作。

ここ数年、あまり姿を見なくなってしまったが、規模は小さいながらも勢力的に活動されているみたい
>>続きを読む

ヤングガン(1988年製作の映画)

4.4

私の大好きな作品😍。
私が初めて観た西部劇。

本作で西部劇とエミリオ・エステベスの虜になりました。
当時の大スター達も多数出演していてアメリカでは大ヒットした作品です!

6人のガンマン達のキャラ設
>>続きを読む

鬼龍院花子の生涯(1982年製作の映画)

4.3

WOWOWで放送していたので録画して深夜に鑑賞。

子供の頃、ゴールデン洋画劇場の予告(次週放送)でチラッと観た覚えはあるのだが、本編を観るのは今回が初めて。

「なめたらいかんぜよ!」
が有名になっ
>>続きを読む

瀬戸内少年野球団(1984年製作の映画)

4.0

27歳の若さでこの世を去った夏目雅子さんの遺作。
と同時に 渡辺謙さんのデビュー作。

子供の頃、理由は全然覚えていないのだが、週末に新聞の朝刊に挟んであるチラシを見るのが好きでした。
なんでだろう?
>>続きを読む

ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場(1986年製作の映画)

1.5

まぁ先月観た「アイガー・サンクション」よりかはマシ。

クリント・イーストウッド監督・主演作。

ちょっと思っていたイメージと違った。これって戦争映画なの?

最近だんだんわかってきた。

'70〜'
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.3

鑑賞後、フラフラというかフワフワする。まともに歩けない。

映画に酔った。

衝撃を受けました。凄い作品です。

プレイリストムービーというらしいです。恐らく初めての経験でした。
劇中に流れる曲は1曲
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

4.3

「エイリアン」シリーズ第3弾。

監督は当時無名の新人だったデヴィッド・フィンチャー。
撮影当時まだ29歳!
フィンチャーの監督デビュー作です。

私は本作 大好きなのですが、公開当時は批評家、観客か
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.7

リブート バットマンシリーズの第2弾。 というよりヒース・レジャーの遺作として 大きく映画界に功績を残した作品。

タイトルに「バットマン」と無い事に当時のファンはかなり驚いたはず! 私もそのひとり
>>続きを読む

復活の日(1980年製作の映画)

4.4

すごい映画だった。ほぼ洋画です。

80年代の日本映画界のレベルから考えたら物凄い力作!
コロナ禍の中、まさに 今観るべき作品ですね! 怖かった。

今、世の中がこんな状態でなかったら この作品にこれ
>>続きを読む

マーニー(1964年製作の映画)

3.0

まさに「思い出のマーニー」です。

最近BSでヒッチコック監督作をよく放映してくれているので録画して深夜に楽しんでおります。

昔、レンタル屋の棚で見た時「マーニー 赤い恐怖」ってタイトルだったような
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.0

ウディ・アレンの記念すべき監督作50本目の作品。

50本出演するのも大変だが、50本も映画を撮るのはもっと大変だと思う。
現在84歳! 今後も無理せず勢力的に撮って欲しい。

アメリカでもさぞかしお
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.0

フォロワー様達が 高評価なので 私も観てみました。
凄い良かったです! 号泣しました。

ブルース・スプリングスティーンの大ファン!
・・・だったらもっと楽しめただろうに。

ウォークマン❗️そしてあ
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.2

う〜ん。ちょっと期待し過ぎてしまったかな。

オードリー・ヘップバーン主演のサスペンス。
その他、脇を固める男達も超豪華!

オープニングはすごい良かった。
ちょっとヒッチコックの「サイコ」に似ている
>>続きを読む

マイ・レフトフット(1989年製作の映画)

4.7

1989年 🇮🇪🇬🇧映画。 カラー作品。

第62回アカデミー賞
主演男優賞、助演女優賞 受賞。

劇場公開時に鑑賞済。
90年代に 吹き荒れたミニシアターブームに乗り、今は亡き渋谷の聖地 "
>>続きを読む

老人と海(1958年製作の映画)

3.1

Filmarksの本作の紹介欄で 本作のジャンルが ドキュメンタリー になっていますけど、ドキュメンタリーではないですよ。本作は。

「老人と海」というか「老人と少年と海」ですよね。

アカデミー
>>続きを読む

>|