KentaroSuzukiさんの映画レビュー・感想・評価

KentaroSuzuki

KentaroSuzuki

映画(504)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

エブリシング(2017年製作の映画)

4.0

18歳にして初めての恋。

家族を失ったことによる偏った母の愛の形が。。
嘘はもちろんダメだけど、誰が悪いわけではないんだけどね。

いろいろと見る人によって思うことはあれどとりあえずマディとオリーの
>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

4.0

自分にも非がある状況が生み出した事故とはいえ、体がジョンの状態になったら自分は何か出来るだろうか?
そう諭されたからとはいえ、人を許せるだろうか?
自分を許せるだろうか?
生きることに希望を見出せるだ
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

4.0

やっぱクリスマスって言ったら25日がメインだよね☆

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

4.0

実際起こった事故。
上の人間の強行策が生んだ悲劇。
人の命が無残に奪われる事故、事件がなくなることを願うばかりです。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

緊迫感のある事件の記録映画。
巻き込まれてしまった人たち。
当たり前に明日が来ると思っていただろう。

明日は当たり前ではない。きれいごとかもしれないけど忘れずに胸に留めていたい。

レオン 完全版(1994年製作の映画)

5.0

あの歳でのナタリーポートマンの完成度がすごい。
今まで何だかんだ良い役しか見たことなかったゲーリーオールドマンのいかれた悪役ぶりにも役者としての厚みを感じた☆

作品は知ってたけどずーっとスルーしてて
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

4.0

トランスフォーマーシリーズの中では一番好み☆

長いけど飽きずに見られた。
最初の3作よりあとの2作の方がストーリー的に好みで2時間半飽きずに見られた。

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

4.0

恐竜でワクワク☆
テッサかわいい。

ルーカスの死が自分で半ば招いたものとはいえ、あっけなさが逆に残酷だった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

何だかんだ家族と親友に愛されてる思春期の背伸びしたがりな女の子のお話☆
エモい

ボックス!(2010年製作の映画)

4.0

当時、一回見たけど改めて。何となく当時面白いと思った記憶が残ってて。

男の熱い物語。

何か泣けた。

ロナウドVSメッシ フェイスオフ(2017年製作の映画)

4.0

どっちが上か。
これはあくまで評価する人の好みでしかない。

プレースタイルもプレーする環境も違う。

確かなのは自分が生きてる間に数多くの才能がひしめき合ってて彼らがそのうちの2人でワクワクさせられ
>>続きを読む

Make Us Dream(2018年製作の映画)

4.0

当時、ミランファンの僕からしたら悲劇でしかなかったイスタンブールの奇跡。
時が経ち、改めてリヴァプール側からの目線で見ると震える展開。劇的。何かわからんけど泣けそうだった。
ジェラードの右足半端ないん
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

4.0

命がけ
本気
死ぬ気でやる

って文字通りこういうことなんだろうな。

命がかかる状況に瀕することはほとんどない平和な世の中だけど自分も命がけで向き合おう。

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.0

難病と闘いながらアイディアを提案して友人が自費で開発して行く姿に感動秘話の中で色んな可能性を感じた。
家族、友人の愛が感じられる映画

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.0

トランスフォーマーの作品を見ることなく鑑賞☆

過去にハリーポッター、マーベル作品を遅ればせながら一気見したけどこれからトランスフォーマーを追っかける日々が始まる。。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

ジャックとサマーがステキすぎる。あの年頃で周りの目を気にせず、恐れず行動に移せるなんて。
お姉ちゃんもステキ。
愛のある映画です。

本当に同じような悩みを持つ人からそう良い方向にばかりいかないという
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

MARVELシリーズ、現在のところ出ている作品はコンプリート。
ベネディクト・カンバーバッチがあまり好きになれずに後回しになっていた作品でしたが、面白かった☆
食べず嫌いはダメですね☆
タイムストーン
>>続きを読む

アイバーソン:偉大なるNBAプレイヤーの軌跡(2014年製作の映画)

5.0

高校生だったあの時に、レイカーズとの NBAファイナルに至るまでの快進撃を目の当たりにして僕を虜にするまで時間を要さなかった。
彼がしてるAIロゴのフィンガーバンド、W.W.J.D.のリストバンドは真
>>続きを読む

>|