Kさんの映画レビュー・感想・評価

K

K

点数はもはや好き嫌いです。
ホラー以外は洋画も邦画もなんでも観ます。

サクセスストーリー、タイムリープもの、アーティスティックムービー、シニカルコメディ、マーベルヒーロー、イギリス映画、ナチスもの、ボリウッドなどが特に好きです!

4.5〜マイベストムービー
4.0〜お気に入り
3.8〜かなり好き
3.5〜お勧めできる
3.0普通
2〜お勧めはしたくない
1〜なんでこれ作ったんだろう

映画(1918)
ドラマ(2)

キャットウーマン(2004年製作の映画)

3.6

ご存知、DCコミックの「バットマン」の人気キャラクター、キャッットウーマンを主人公にしたヒロインアクション。

ハル・ベリーの美しさとしなやかさが光ります。ストーリーも普通に面白い。評価低いのが不思議
>>続きを読む

48時間(1982年製作の映画)

3.0

刑事と期限付き囚人の男らしさ溢れるバディ映画。

エディ・マーフィが出た途端にコメディ色になるものの、おふざけ感は少なめ。(ラッシュ・アワーみたいなストーリーを期待していたが違った。)

ビール・フェスタ 無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権(2006年製作の映画)

1.5

ビールの聖地ドイツを訪れたアメリカ人の兄弟が、国別対抗ビール早飲み大会に出場し、王者ドイツに果敢に立ち向かう姿を描いたおバカ・コメディ。

軽い映画を求めていたものの、くだらなすぎる!

ブラック・ナイト(2001年製作の映画)

2.5

中世の世界に迷いこんでしまったおちゃらけ男ジャマールを描くコメディ。

B級感溢れる作りではあるが、時代錯誤のジャマールにクスッとできたり。最後おもろ。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

1.5

悪ふざけのすぎる父と、仕事が一番の娘。確執のある親子の物語。

私は娘側の立場からでかこの映画を見れず。子供もいないし仕事に追われる日々ですし。

なので、父親の過ぎた悪ふざけに終始いらいらが止まらな
>>続きを読む

ブーメラン(1992年製作の映画)

2.5

愛を弄ぶプレイボーイをエディ・マーフィがコミカルに演じる。

ハル・ベリーの美しさが異常。ストーリーはまあ普通。軽く見るには○。

リトル・マエストラ(2012年製作の映画)

1.5

小さな港町のアマチュアオーケストラを通じて、夢や目標を諦めない強さを描く。

ストーリーは退屈で、有村架純がただただ可愛い。それだけ。

タイムトラベラー/きのうから来た恋人(1999年製作の映画)

3.9

冷戦時代のアメリカ。ちょっと変わった父親の勘違いで35年間核シェルターで暮らしてきて時代錯誤に成長したアダムが、35年の時を経て初めて地上を経験するファンタジー。

アダムの無邪気さや変人っぷりに少し
>>続きを読む

ゼロの焦点(2009年製作の映画)

1.5

結婚直後に失踪した夫の謎を追う妻が、衝撃の事実を知る松本清張原作のサスペンス。

自分勝手なキャラクターに溢れた映画。怖いです。

パンパンという存在を知らなかったです。辛い歴史です。

中谷美紀の美
>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

1.5

アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、テロリストによりホワイトハウスが襲撃、占拠される前代未聞の事態が発生するというアクション映画。

設定ぶっ飛びぎみ。アクション激し目。何がしたいかよくわからん。
>>続きを読む

メリッサ・マッカーシーinザ・ボス 世界で一番お金が好き!(2016年製作の映画)

3.5

性格に難ありでお金のためなら平気で人を裏切る凄腕実業家ミシェルが、インサイダー取引を告発され逮捕されてからの転落人生とドタバタを描くコメディ。

メリッサ・マッカーシーが苦手だけど、本作はテンポよく下
>>続きを読む

かぞくモメはじめました(2012年製作の映画)

3.7

ドタバタ家族コメディ。

とにかく子供達が可愛いし、ほっこり。子育てだったり、家族の問題だったり、祖父母、親、子供の気持ちだったり。笑えるし、普通に面白い。

ダーティ・ダンシング(1987年製作の映画)

3.0

60年代、一夏の少女とダンサーとの青春ストーリー。

リメイク版の方がストーリーが丁寧で、ダンサーがイケメンでよかった。

ヒロインの可愛さとファッションは本家の方が良い。

12人のパパ2(2005年製作の映画)

3.9

ドタバタファミリーコメディ第2弾。

相変わらず素敵な家族。家族のいいところを素敵に、悪いところをコミカルに、色々な家族の側面を描いたハートフルコメディ。

続編も前編に劣らず良かった。

ジョニー・イングリッシュ(2003年製作の映画)

4.2

ローワン・アトキンソンの顔を見るとビーンを思い浮かべてしまいがちですが、私は俄然ジョニー・イングリッシュの方が好きです!!

声を上げて笑ってしまうシーンも多く、ストーリーも面白い。こういう遊び心満載
>>続きを読む

12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ(2013年製作の映画)

3.0

2012年10月にアメリカ東海岸を破壊したハリケーン「サンディ」の被災地救済チャリティコンサートの舞台裏とコンサート当日を記録したドキュメンタリー。

アダム・サンドラーの替え歌が一番良かった。

>>続きを読む

ザ・ガンマン(2015年製作の映画)

2.0

コンゴ民主共和国で平和維持活動をする傍ら、反政府軍に武器を供給する仕事をしていた主人公に、8年の時を超えて明かされる国家機密の陰謀。

一見面白そうなストーリー!でも中身は全然面白くなかった。

結末
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.0

型破りヒーロー?!俺ちゃん第2弾。

X-MENを見ていた方が楽しめるのでしょうか?X-MEN見ていないので、ネタもよくわからないし、ブラックアメリカンジョークも全然理解できず。えぐいシーンも苦手です
>>続きを読む

プレイヤー(2012年製作の映画)

2.5

性に奔放で浮気に取り憑かれたフランスのおじさま達を描くオムニバス・コメディ。

家庭や子供を持ちながら浮気をする。ダメダメだけどたしかに憎めない、そんなおじ様達が繰り広げるフランス色の強いコメディ。

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.7

アウトローなコンビによるバディアクションムービー!

スピード感やストーリー、アクションどれも面白い!

ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間(2017年製作の映画)

3.7

フライトが吹雪のため欠航となり、フライトを逃した2人の男女が地元のパイロットのチャーター便で目的地に向かうことにしたが、その途中でパイロットが脳卒中を起こし、飛行機は墜落してしまう。。

なんという悲
>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

1.5

そこに見えるのに、そこにいるのに届かない。たった1本のロープがあればいいのに。

でも実はたった1本のローブで解決できるようで、簡単に解決できない根深い紛争地帯の問題。

1995年、停戦直後のバルカ
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

1.5

イドリス・エルバとマシュー・マコノヒーの無駄遣い!

本当に退屈なストーリーでした。しかしながらイドリス・エルバの美しさにより片時も目を話すことのできない作品となっています。

現実世界で浮世離れした
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

2.5

ナチスの罪への償いとしてこれまで多くの移民を受け入れて来た結果、全国民の約20%が移民の背景を持つドイツにおける、”ドイツ人”による移民への偏見や差別を扱ったストーリー。

しかし、ドイツが抱える課題
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.2

1967年に起きたアメリカ史上最大級の<デトロイト暴動>渦中に起こった、秩序を守るはずの警官が、黒人一般市民に行った殺戮事件「アルジェ・モーテル事件」を描いた作品。これが現実とは、辛いを通り越した怒り>>続きを読む

天使たちのビッチ・ナイト(2017年製作の映画)

1.0

中世ヨーロッパ、それぞれ家の事情で少年院同然に修道院にぶち込まれた3人の修道女たちと、そこに現れた美少年によるFワードだらけの乱行ムービー。

ぶっ飛び系コメディかと思いきや、ぶっ飛びを通り越してやり
>>続きを読む

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密(2018年製作の映画)

3.5

もう1つのリトル・マーメイドの物語。

ファンタジックでカラフルな世界感美しい。ストーリーはベタだけど、美男美女によるベタなラブストーリーは嫌いじゃないです。

タグ(2018年製作の映画)

3.0

ワシントン州に暮らす男性たちが毎年5月を丸々鬼ごっこに費やす生活を28年にもわたって続けたという実話を元にしたコメディ。実話ってすごくないですか。

人生は小説よりも奇なり、ってこのこと。笑

くだら
>>続きを読む

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

4.0

“西洋の権力構造”に蝕まれたアメリカ国民の貧しい精神に政治的でも宗教的でもなく至極シンプルで真っ当な意見を述べるジェームズ・ボルドウィンの言葉や劇中差し込まれる当時の映像に、あらためて人種差別という事>>続きを読む

虹色デイズ(2018年製作の映画)

1.5

男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。

もう高校生的なノリについていけないなーと思いつつ、中川大志くんはやはりイケメン。そして、サイコパス女にも優しい。イケメン。

ザ・漫画の世界の熱さが鬱陶しいほ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

アメリカで最初に始まった人種差別、ネイティブ・アメリカンに対する差別とその根の深さをえぐり描いた作品。辛くて心が締め付けられました。

我々はネイティブ・アメリカン問題についてこと忘れがちではないかと
>>続きを読む

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.5

世の中全てハッピーエンドなんてリアリスティックじゃない。正義が勝つとは限らないし、”正義”のための悪事だってありえる。

とにかくスタイリッシュで雰囲気が最強のアクション・ムービーってとこですかね。

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.9

おかえし→おもてなし→エンスト→ヒーローになるために→愚息→HAPPY WEDDINGの6つの短編ストーリーで構成される、人間の不運を描いたブラックコメディオムニバス。

各作品それぞれ全く違うストー
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

2.5

突如現れ世界各地を破壊するKAIJUに、環太平洋地域(パシフィック・リム)の国々が協力して立ち向かうゴジラvsロボットSFアクション。

ロボットの中身が生身の人間っていうのがいいですね。

怪獣のバ
>>続きを読む

ビーン(1997年製作の映画)

3.0

ジョニー・イングリッシュがかなり面白かったのでビーンも見てみた。

これはかなり辛い。笑 ビーンの行動が全て裏目にでる、、辛い。笑

ビーンはほとんど話さず、視覚的に笑いを取ってくる。このビジュアル・
>>続きを読む

あなたを見送る7日間(2014年製作の映画)

2.0

父が亡くなり、ユダヤ教のしきたりであるシヴァ(7日間家族で喪に服する)を行うことに。

家族はみんな問題だらけ。

人生はシンプルじゃ無いけど、みんなそれぞれ頑張って自分の幸せに向かって少しずつ進んで
>>続きを読む

>|