Kさんの映画レビュー・感想・評価

K

K

レビューはあくまで所感です。

4.5〜マイベストムービー
4.0〜お気に入り
3.5〜お勧めできる
3.0普通
〜2.5お勧めしたくない/なんでこれ作ったんだろう

映画(1440)
ドラマ(0)

悪夢のエレベーター(2009年製作の映画)

4.3

エレベーターに閉じ込められた4人の男女が織りなす騙し合いを描いた、コメディタッチのサスペンス風エンターテイメント。

予想外の展開、次々と起こる騙し合い、次々と暴かれる真相、ラストの衝撃。B級感は否め
>>続きを読む

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

4.2

阪急電車沿いに住む人々の、ある日の日常。この世の中にたくさんいる人たちの中で、同じ時間に生きて、同じ時間に同じ電車に乗り合わせ、そこで重なるドラマが、とてもうまくつなぎ合わさって描かれている。

日常
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

売れない役者が記憶喪失の人と入れ替わったら殺し屋だったという、まさかのドタバタサスペンス(?)コメディ。

後半に増すコメディ感が最高。名優2人の演技も良い。コメディなのにほっこり。人生について少し考
>>続きを読む

ロンドン・リバー(2009年製作の映画)

4.0

2005年の同時多発テロが起きたイギリスを舞台に、子供の消息を追う、白人のキリスト教、黒人のイスラム教という、人種も宗教も違う親2人の姿を描く。

単純に、無垢な市民が被害者となったと言う痛ましい事実
>>続きを読む

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

3.0

舞妓に憧れるサラリーマンが舞妓と野球拳をしたいがために、ひたすら夢を追い求める破天荒なストーリー。

阿部サダヲが破天荒なサラリーマンを熱演。スピード感あふれるシュールな笑いがさすがクドカン。

EDEN/エデン(2014年製作の映画)

2.0

DJになることを夢見る青年の成功と挫折が、カッコイイ音楽とともに描かれる。

セリフは割と少なく、ミュージックシーンが多い。クラブミュージックあまりよく分からないので個人的にはあまりハマらないったけど
>>続きを読む

偉大なる、しゅららぼん(2014年製作の映画)

3.0

琵琶湖を舞台に、古来から琵琶湖の不思議な力を宿すライバル同士の一族の物語。

琵琶湖のPRか!というぐらい琵琶湖をメインとしたストーリー。

豪華キャストが送る、コメディタッチのしゅららぼん。最後はち
>>続きを読む

オー!ファーザー(2013年製作の映画)

3.6

ちょっと変わった男家族の、言葉にしないけどとても温かい、家族愛の物語。

回想シーンがうまく挿入されていて、その度にほっこりする。

ヒミズ(2011年製作の映画)

2.5

被災した半ホームレス状態の人たちに囲まれながら生活する住田。

絶望的な生活環境、それをさらにどん底に落とし入れるような出来事に巻き込まれ、どんどん闇に堕ちていく住田。

善良な人間が、闇に飲まれてい
>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

4.1

ありえないことを信じない沈丁花ハナメに襲いかかる次々と怒る不思議な出来事をシュールな笑いを交えて描く。

こういうタイプのコメディ好きですね。緩いし、何やってんだかって感じの中身なのですが、見終わった
>>続きを読む

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年製作の映画)

4.1

音楽業界を舞台とした、音楽が繋ぐ恋愛ストーリー。かっこいい音楽と、静かですごくいい空気感が魅力的な映画。なんだか好き。1コマ1コマが好き。

サスペンス風のタイトルだけど完全に恋愛モノです。

佐藤健
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

1.0

水原希子がただただ可愛くて、ただただムカつくキャラクターで、中身のない映画。

ハンサム★スーツ(2008年製作の映画)

3.0

塚地が、着るだけでハンサムになれるスーツを手にしたブサイク男を演じる。

ほぼ塚地でよく映画作ったなー!というのが第一印象。森三中の大島もなかなかな割合で写る。北川景子はもはやあまり映らない。

イケ
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

1.0

主人公はある日実家で『ユリゴコロ』と題された、殺人に取りつかれた女の人生が綴られたノートを見つける。殺人に取りつかれた女の人生を描く。

読み進めるうちに彼女の狂気に取り憑かれる主人公。そして紐解かれ
>>続きを読む

少年メリケンサック(2008年製作の映画)

1.0

オヤジパンクバンドと有名レーベルの契約社員が繰り広げるめちゃくちゃなごみのようなストーリー。

クドカンなのに面白くない。とにかく自分には合わなかった。

とにかく下品。劇場で観てたら吐いてたかもしれ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

2.5

特定の団体や企業、 国家などの活動に有利に働くよう政党・議員・官僚などに働きかける有能なロビイストのエリザベス・スローンが、圧倒的な資金力を持つ難敵のライフル業界と戦いに勝つための戦略や勝利のために払>>続きを読む

TOKYO!(2008年製作の映画)

3.5

3人の監督のそれぞれの作品をあつめたオムニバス映画。

ミシェル・ゴンドリー監督作品のインテリア・デザイン
映画作家を目指す恋人と一緒に上京してきた女性の物語。

レオス・カラックス監督作品のメルド
>>続きを読む

東京家族(2012年製作の映画)

3.9

大好きな家族はつらいよシリーズと同じキャストということで、前段作品かと思いきや、同じキャストで全く違う家族のストーリーが描かれている。

しかしいずれにせよ、家族の暖かさとか、監督独特のいい意味での古
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

4.3

東京謝罪センターの所長で「謝罪師」の阿部サダヲ扮する黒島と、謝罪する必要に追われた超個性的なクライアント達のケースの数々。

設定がぶっ飛んでいることもさることながら、流石のクドカンらしく非常に面白お
>>続きを読む

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

1.0

主演で1番画面に写されてセリフも多い人が自分に合わないと映画はこんなにも苦痛だということがわかりました。miwa出演の映画は2度と観ないでしょう。

とにかくmiwaのあひる口も話し声も歌声も非常に腹
>>続きを読む

マエストロ!(2015年製作の映画)

1.0

名門オーケストラの再結成をめぐり、舞台裏で繰り広げられる若きバイオリニストと謎の中年指揮者の勝負を描く。

というご立派なあらすじのはずだが、誰にも何にも共感もできなければ興味も持てなかった。

松坂
>>続きを読む

江ノ島プリズム(2013年製作の映画)

3.5

幼馴染の修太、朔、ミチルの3人の、時間と思い出の物語。

福士蒼汰、野村周平、本田翼の3人といえば、ドラマ恋仲を思い出しますが、ストーリーもまさに恋仲のアナザーストーリーといった感じ。

ラストのシー
>>続きを読む

青空エール(2016年製作の映画)

3.9

吹奏楽の名門高校に憧れて入学した女子高生小野つばさと、偶然にも同じ甲子園の映像を見て憧れて入学した同級生の野球部員山田大介がお互いへの気持ちを胸に、励まし合いながら甲子園への夢を追い実現に向かってある>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.0

スリラー漫画「ミュージアム」の実写化映画。

あ雨の日に起こる猟奇的な連続殺人事件の捜査を担当する刑事の沢村と犯人の攻防。

途中までよかったが種明かしがされるに連れてどんどん話の深みが薄れて行くとい
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.0

世界No,1のシェアを誇る超巨大SNS企業〈サークル〉。掲げる理想は、全人類がオープンな“完全”な社会。

〈サークル〉では、誰もがいつでも繋がりあい、互いの体験をシェアし合い、評価し合う。その彼ら
>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

4.2

三世帯家族の平田家。シリーズ2作目は、年老いた頑固親父周造に運転をやめさせようと家族会議が開かれることから、平田家の新たな大騒動が始まる。

いやー、相変わらずシュールで笑えます。1作目より声を上げて
>>続きを読む

好きっていいなよ。(2014年製作の映画)

2.5

友達も彼氏も作らずに生きてきた16歳の地味な女子と学校一イケメンで人気者の男子と恋愛したり、周りの人間と関わって成長していく物語。

B級感は満載だけど、心を開くことの大切さんとか、嫉妬する気持ちとか
>>続きを読む

奇跡(2011年製作の映画)

1.5

是枝裕和監督が九州新幹線全線開通をきっかけに製作した、すれ違いによって起こる奇跡の物語、

何が特別なことが起こるわけではない。普通の人の、普通の日常を、ちょっぴりドラマチックに切り取った、そんな作品
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.7

かるた部の仲間のキラキラな青春物語3部作の締めくくりにして最高の青春映画!

ストーリーは全作通してすごく良いのだけど、今回は特に劇中に散りばめられた、登場人達が励ましあったり称え合ったりする言葉がと
>>続きを読む

ブタがいた教室(2008年製作の映画)

3.0

大阪の小学校の新任教師が命について教育するために、子豚を1年間育てて最後は食べようという活動を基にした映画。

1年間を共に過ごした豚に、子供達も愛着が湧いてきてしまう。卒業を前に、果たして食べるのか
>>続きを読む

愛を積むひと(2015年製作の映画)

3.8

北海道・美瑛町を舞台に繰り広げられる、熟年夫婦の第二の人生と家族愛、彼らを取り巻く人々の愛の人間ドラマ。

北海道の景色が美しく、ストーリーもとても良くできています。

妻の夫への愛情に、度々泣かされ
>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

3.9

お節介な老婆のカツがある日突然若返って経験する青春。おばあちゃん版ローマの休日。

多部未華子の明るくハツラツした演技とか、どこかラブコメディタッチなんだけど家族の大切さを教えてくれて、楽しいんだけど
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

前作から1年後。立派なエージェントとなったエグジーに、新たな強敵が現る!

前作よりも映像のエグさが減ったところが個人的によかった。そして、前作よりもパワーアップした、スピーディでおしゃれでかっこいい
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

3.0

卓球が大好きで、卓球では誰にも負けないと自負するペコと、ペコに誘われて卓球を始めたクールで無口なスマイル。幼なじみの2人やその他卓球に青春をかけるキャラの濃い高校生たちの夢と友情の熱い物語。

I c
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.0

犯罪心理学者の高倉は、刑事の野上から6年前の一家失踪事件の分析を依頼されるも、真相にたどり着けずにいる。

一方、高倉は妻の康子と共に最近引っ越したが、新居の隣人にはどこか奇妙なところがある。

ある
>>続きを読む

家族はつらいよ(2016年製作の映画)

4.2

三世帯家族の平田家。突然の両親の熟練離婚を巡って、家族が揺れ動く模様をコメディタッチで描く。

配役がどれもぴったりで、飽きないスピード感のある展開、程よい笑い、最後はほっこりと、たくさん魅力の詰まっ
>>続きを読む

>|