Kさんの映画レビュー・感想・評価

K

K

劇場版 おいしい給食 卒業(2022年製作の映画)

3.8

「私は給食が好きだ。給食のために学校に来ているようなものだ。」

鬱陶しいまでに給食に熱い教師と生徒たちが繰り広げる、給食学園コメディ。

しょーもないまでに、ネタは全て給食。笑 なのにこんなにも楽し
>>続きを読む

シャイロックの子供たち(2023年製作の映画)

3.8

とある銀行の支店で起こった現金紛失事件から露わになる、お金に翻弄される人々を描いたサスペンス。

真っ当な人生を生きるか、真っ当じゃなくてもお金を手に生きるか。

真っ当に生きていると損をするこの世の
>>続きを読む

ミセス・ハリス、パリへ行く(2022年製作の映画)

3.7

戦後のイギリスに住む平凡な家政婦がディオールのドレスに一目惚れして、ディオールのオートクチュールを購入するためにコツコツお金をためてパリへいく。

夢を見ることの素晴らしさを描いた、すべての’’透明人
>>続きを読む

360(2011年製作の映画)

3.7

"分かれ道があったら、迷わず進め"

世界7都市を舞台に、あの街で出会ったあの人とあの人が、別の街でのあの人とあの人との出会いに繋がっていく群像劇。

人生は一度きり。そのうちチャンスは何度あるか。人
>>続きを読む

サイコ・ゴアマン(2020年製作の映画)

2.5

兄妹が家の庭で掘り出してしまった宇宙屈指の残虐モンスター、その名はサイコ・ゴアマン、略してPG!

PGを支配することのできる魔法の石を手にしたサイコはあんたよ、って感じのクレイジー破天荒な妹により、
>>続きを読む

パラドクス(2014年製作の映画)

1.0

えーっと、、、よくわかりません\(^o^)/

本日私はアイザック・エスバン監督の呪いのループに迷い込んだってことでいいでしょうかw

この監督とは絶対性格合わない気がしますww発想は面白くなくない気
>>続きを読む

ダークレイン(2015年製作の映画)

1.5

"うっとうしい雨に紛れて奴らは来た。"

えーっと、ふざけてますか?笑

犬www

個性を大事に生きよう。

マイウェイ 12,000キロの真実(2011年製作の映画)

3.7

走るのが大好きな日韓の少年が友人として出会い、時代に翻弄されながらユーラシア大陸を駆け巡る物語。

タイトルに’’真実’’とあるのであたかも実話のように見えるが、かなり脚色されているらしい。

戦況の
>>続きを読む

大河への道(2022年製作の映画)

3.8

千葉県香取市の偉人・伊能忠敬、通称忠敬(ちゅうけい)さんは、なぜ大偉業を成し遂げながらも大河ドラマにならないのか?という問いに始まる物語。

忠敬(ちゅうけい)さんへのリスペクトが詰まりながらも非常に
>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

3.7

タイの東北部に伝わる精霊(ピー)信仰をテーマに、その地で先祖代々受け継がれてきた祈祷師の取材に訪れた撮影隊がとらえた戦慄の恐怖を描いたモキュメンタリーホラー。

この不可思議な現象はいったいなんなのか
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

4.8

ブラジル・リオデジャネイロの"シティ・オブ・ゴッド"と呼ばれるスラム街の若者の60-80年代の日常のリアルを描く、実話に基づく物語。

貧困、銃、暴力、強盗、殺人、ドラッグ。これが彼らの全部。腐敗しか
>>続きを読む

絡みつく舌(2017年製作の映画)

1.5

男女の関係性における肉体関係とは。

肉体関係を持っているときはきっとその時のことしか考えていないけど、日常に戻ると、明日のことや未来のことや今の問題のことや、それぞれが違う人生について考えざるを得な
>>続きを読む

BTS: Yet To Come in Cinemas(2023年製作の映画)

4.5

久々に7人のパフォーマンス観たけどやっぱかっこいいな。

個々それぞれが最高なんだけどやっぱ7人揃ったときの完璧なまでのケミストリーハンパない。

ある意味すごい普通の人たちに見えるというか、こんなに
>>続きを読む

聖なる飼育(2017年製作の映画)

2.0

ヒッピーカルト教団で育った少女が、外の世界を見たら。

〝夜の闇が深いほど、星は輝いて見える〟

ストーリーはしょーもないけど、画がきれいでした。

ミラージュ(2007年製作の映画)

4.1

悲劇を経験しても愛と正義を貫く、愛すべき超絶お手製スーパーヒーロー、ミラージュマン!

人間味溢れすぎるミラージュマンの迷走に爆笑ww
・自分のヒーロー名前、迷っちゃうww
・スーツはデザインから自分
>>続きを読む

トリック 消えた男たち(2014年製作の映画)

1.5

町にやって来たサーカス団のマジシャンと、その町に住むマジシャンの兄弟の人生をかけたマジックバトル。

と言ったら面白そうに聞こえますが、、、うーん、スペイン語じゃなかったら最後までみれなかったかも。

アルゼンチン1985 ~歴史を変えた裁判~(2022年製作の映画)

3.9

Nunca más.

1976年のクーデターによって樹立されたアルゼンチンの軍事政権が1983年に政権崩壊するまで国民に行ってきた拉致、拷問、殺人等の過剰な弾圧を、''そういう時代だった''では終わ
>>続きを読む

エンドレス・ウォー(2018年製作の映画)

3.6

1997年から500万人以上とWWⅡ以降最も多くの犠牲者を出し、現在も続くコンゴ紛争の実態を垣間見るフィクション。

紛争の原因はというと、植民地時代の負の遺産である階層間の対立構造(統治の手段として
>>続きを読む

バスルーム 裸の2日間(2011年製作の映画)

2.0

ジャーナリストの偏屈ジジイがジャーナリスト志望の若い美女とバスルームに裸で閉じ込められ(どういうこっちゃw)、延々ジジイの屈折しまくった持論を聞かされる。

自分のことを''知的だ''と思って老いてき
>>続きを読む

モーターサイクル・ダイアリーズ(2004年製作の映画)

4.1

人のために役立ちたいー。チェ・ゲバラの信念の原点を垣間見る。

ばか正直で、優しく、まっすぐな芯の強さを持つ23歳の医学生、のちの革命家チェ・ゲバラが、性格真逆すぎる陽気で適当な友人とモーターサイクル
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

4.4

2度目。

6つの短編ストーリーで構成される、人間の怒り、100倍やり返すぞこのやろう心に火がつく"スイッチ"を描いたブラックコメディ。

きっと、万国共通のあるあるを最大限にデフォルメしたえげつない
>>続きを読む

愛欲の不時着(2021年製作の映画)

1.0

愛の不時着ならぬ、愛欲の不時着wwもちろん、関係性は全くありません。

最近スペイン語リスニング教材と化している映画ですが、、、これスペイン語じゃなかったら最後ま観ていないですレベルww

ミリオンダラー・スティーラー 史上最大の作戦(2020年製作の映画)

3.8

画家になることを夢見ながら満たされない生活を送る男が、ある日銀行強盗を思いつき、紹介された他の素人たちと犯行に及んだ、実話に基づく物語。

全員がほぼ犯罪素人ということで、かなり人間味があるというか、
>>続きを読む

マネー・トレイル(2010年製作の映画)

3.0

アルゼンチンの金融危機をテーマにしたサスペンス。

中身よりも雰囲気、な映画。というか難解すぎて理解できなかった。ぶつ切りで荒々なカットや構成は好きでした。

あと冒頭の方特にスペイン語全く聞き取れな
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

5.0

北アイルランドのベルファストで生まれ育った、ケネス・ブラナーの伝記的作品。

1960年代、少年バディにとって大好きな人たちでいっぱいの大好きなベルファストが、カトリックとプロテスタントの衝突の渦に巻
>>続きを読む

非常宣言(2020年製作の映画)

1.5

航空機という密閉空間でのバイオテロが起こった時、人間はどう行動するか。

まず、犯人の行動の動機、実行までの行動がゆるいというかつっこみどころありまくり。その時点で、んーー、、??となってしまい、ラス
>>続きを読む

ブライズ・スピリット 夫をシェアしたくはありません!(2020年製作の映画)

2.0

スランプのベストセラー作家(だが実はネタはすべて亡き妻のものだった)がが、、次の作品のために彼女を呼び戻すことから始まる、亡き前妻と今妻と1人の男の騒動を描いたコメディ。戯曲『陽気な幽霊』の再映画化だ>>続きを読む

ボトムス ~最底で最強?な私たち~(2023年製作の映画)

2.5

イケてないレズの2人組が、チアガールとヤルためにフェミニズムを乱用しながら奮闘するレズビアン×フェミニズム炸裂学園コメディ。

ストーリーはハチャメチャ、っていうかただのくだらないセックス・コメディ(
>>続きを読む

地中海式 人生のレシピ(2009年製作の映画)

2.5

生まれ方からして破天荒な女子が、最後まで破天荒な生き方でシェフという夢を追いかける。

うっわー、この人間関係はちょっと理解できないですww2人の男、受け入れるのすごいなあ。でもこれって愛っていうのと
>>続きを読む

明日に向かって笑え!(2019年製作の映画)

3.0

「勇敢なバカには人生を切り拓く力がある。」

2001年のアルゼンチン金融危機による、政府が預金封鎖、それによって生活や夢のための資金調達の道を閉ざされ、奪わた村人たちが、一丸となってお金を取り返すた
>>続きを読む

ル・コルビュジエの家(2009年製作の映画)

3.0

1つの窓を巡る、隣人との話合いが、話し合いに収まらずエスカレートしていく。。

ただ窓が作りたいだけと言うがどうにも行動が怪しく人相も悪い、胡散臭い隣人。ただ自分が窓を作らせたくないのにあれこれ他の人
>>続きを読む

セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!(2017年製作の映画)

3.8

1991年のソ連崩壊の余波で宇宙ステーションからの帰還延期を余儀なくされたソ連の宇宙飛行士セルゲイ・クリカレフの実話に着想を得た物語。

ソ連崩壊により後ろ盾を失い、世界から孤立することになったキュ
>>続きを読む

コンペティション(2021年製作の映画)

3.6

何かを成し遂げたい大富豪が興味もないのにとりあえずお金だけ出して映画を作ることにした。当然映画のことはよくわからないのでとりあえず一流と言われる映画監督と俳優を起用し、読んだこともないベストセラー小説>>続きを読む

パスト&フューチャー 未来への警告(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

いわくつきの24時間営業のコンビニ兼ガソリンスタンドで起こる殺人事件の過去と今と未来。

なぜそうなのか?の説得力がだいぶ弱い。

あと、最後のシーン、10年前の彼が警察に言われたとおりに銃を捨ててい
>>続きを読む

アイム・ソー・エキサイテッド!(2013年製作の映画)

3.9

2度目。

癖の強すぎるキャビンアテンダントと乗客によって飛行中に問題の発生した機体の中で繰り広げられる悪ふざけ。笑

これはもしや、アルモドバルが確か『抱擁のかけら』の劇中の映画監督のセリフ、''リ
>>続きを読む

トーク・トゥ・ハー(2002年製作の映画)

3.7

2度目。

愛する女性を持つ2人の男の愛と悲劇を描いたドラマ。

愛には悲劇がつき物で、その悲劇がまた、人と人をくっつけたり離したりもする。

でも、愛は結局、いつだって、双方向でないといけない。そう
>>続きを読む

>|