Kさんの映画レビュー・感想・評価

K

K

吉祥寺ゴーゴー(2020年製作の映画)

3.0

1970年の女子が現代の井の頭公園にタイムスリップするショートムービー。

70年台のファッションは可愛かった。

いろんな時代の吉祥寺。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.5

2度目。過去鑑賞映画見直し。

ぶちゃいくでおでぶで見た目に自信がなく陰気な女子が頭を強打したら自分が美しく見えて自信を持っちゃうコメディ。

ありのままの自分の見方を変えるだけで人生も変わる。ネガテ
>>続きを読む

サマーキャンプ(2021年製作の映画)

3.6

現代版ハイスクール・ミュージカルみたいなベタベタなストーリーとミュージカルの映画。いい意味で。

中身はともかく、曲と声がとっても良くそれだけで楽しめた。

ディズニーチャネル作品と思ってみるとそれな
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.8

ジョージ・フロイド氏殺人事件もコンテキストにしながら、アメリカに住む黒人男性が無実の罪で白人男性警察官に命を簡単に奪われている悪夢のような体験を描いたショートムービー。

何をしても、しなくても、結局
>>続きを読む

AIに潜む偏見: 人工知能における公平とは(2020年製作の映画)

3.9

AIの裏にあるアルゴリズムやビッグデータは人間によって作られたり人間の歴史を積み重ねたものであり、だからこそ自然とbiasがあるのだという切り口でAIが生活に入り込みつつある今の時代に警鐘を鳴らすドキ>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

3.6

自然に囲まれた豪邸でのホームパーティの後のテラスで繰り広げられる、大人たちの会話劇。

非常に日本的な社交の場でのリアルなぎこちないやりとりから、どんどん男の若い女への下心だったり女性同士のジェラシー
>>続きを読む

お名前はアドルフ?(2018年製作の映画)

3.9

アドルフという名前をめぐる論争で始まり思いもよらない方向に展開する大人たちの面白おかしい会話劇で描いたコメディ。

良い大人たちがアドルフという名前に真剣にヒートアップする前半はただただケタケタ笑えて
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.9

「生まれる前、私たちは暗闇にいた。五感で最初に触れるのは“音”だ。子宮で過ごす数ヵ月間、聞こえるのは母親の鼓動や呼吸音。そこから世界は始まった」

臨場感、リアルな世界観、感情を引き込む効果。

映画
>>続きを読む

ジェクシー! スマホを変えただけなのに(2019年製作の映画)

3.0

AIを搭載したスマホに翻弄されるコメディ。

スマホ世代、デジタル世代に警鐘を鳴らす、便利の裏で失っているものを教えてくれる作品でした。

スマホは人を幸せにできない。お金は人を幸せにできない、みたい
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

2.5

トランプ政権後に赤裸々になったアメリカの保守派とリベラル派の対立をシニカルに描いたスリラー。

両派の主張がセリフの随所に散りばめられているが、見せられている争いは非常に滑稽で、そんな世界が滑稽だ、と
>>続きを読む

福福荘の福ちゃん(2014年製作の映画)

3.7

丸い顔と体の誰にでも優しいが女性に奥手な独身男の福ちゃんの、心の奥の闇と再開を描いたコメディ。

森三中の大島美幸が頭丸めて福ちゃんを熱演。もうこういう男いるよね、ってくらい男。

個性的な脇役キャラ
>>続きを読む

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

3.8

心神喪失及び心神耗弱とみなされた場合の犯罪の不成立及び刑の減免を定める刑法第39条を扱った心理サスペンス。

惨虐な事件を犯した犯人を守る法律の抜け穴。それによって守られない被害者の遺族の気持ち。
>>続きを読む

時時巡りエブリデイ(2017年製作の映画)

3.7

15分だけ時間を戻せる能力を持った変人女子が繰り広げるちょっと変わったラブストーリー。

このゆるーくておかしな世界観好きです。

そして無駄におしゃれ。笑

ラストの伏線回収もちゃんといい感じの衝撃
>>続きを読む

泣くな赤鬼(2019年製作の映画)

3.0

“赤鬼”と呼ばれた熱血高校野球部監督と、末期ガンを患ったかつての教え子の再会を描いたドラマ。

柳楽優弥の演技がいい。若者時代も柳楽優弥に演じてほしかったなぁ。

本気だから怒るんだ。

ラストが良い
>>続きを読む

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

3.0

15年ぶりに再会した大学時代の友人たちが学生気分で繰り広げるオフビートな海とすき焼きを目指した小旅行。

終始、ゆるーいし、よくわかんない。笑

この空気感にハマれるかどうか。

八王子ゾンビーズ(2020年製作の映画)

3.6

落ちぶれたダンサーが自分探しのために入った寺で出会ったイケメンゾンビたちとダンスするコメディ。笑

ダンスシーンは最高にかっこいいし、ギャグシーンは最高にくっだらなくて笑える。

主人公が健二郎のキャ
>>続きを読む

滝を見にいく(2014年製作の映画)

3.7

紅葉ツアーに参加した7人のおばちゃんたちが山に迷ってあたふたしたり楽しんだりするコメディ。

大惨事なんだけどクラシカルな音楽に乗せてのどかな作風に仕上がっているのが面白い。

人はそれぞれいろんな個
>>続きを読む

水上のフライト(2020年製作の映画)

3.7

実在のパラカヌー選手との交流から着想を得て作られた、アスリートの人生に目を向けて、その心の強さ、精神の強さにグッとくる物語。

終わりじゃない、1人じゃない、まだできる。

五体満足だと独りよがりで頑
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.7

「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」である“ジヨン”という名の女性の人生を通して現代女性の生きづらさを描いた物語。

結婚・出産を機に仕事を辞め、育児と家事に追われ、これまでの勉学・キャリアの意
>>続きを読む

博士と狂人(2018年製作の映画)

3.8

19世紀、独学で言語学博士となった男と南北戦争の果てに精神を病んだ元軍人医師の男が成し遂げたオックスフォード大英語辞典編纂活動とその裏の壮絶な友情を描いた実話。

重厚で崇高な目的を達成した不思議な友
>>続きを読む

Miss ZOMBIE(2013年製作の映画)

3.8

若い女の見た目をした人間を襲わないゾンビがある一家にやってきてから変わっていく家族と周りの人々を描いた切ないゾンビドラマ。

モノクロームが雰囲気を増して良い。

ゾンビにここまで感情を動かされる映画
>>続きを読む

THE3名様 秋は恋っしょ!(2005年製作の映画)

3.6

深夜のファミレスを舞台に常連の3名様が夜な夜な繰り広げるゆるーりくっすり笑えるトークコメディ第2弾。

時にアドリブだなとか本気で笑い出ちゃってるじゃんみたいなシーンが多くてほっこりした。

地球征服アパート物語(2010年製作の映画)

3.5

福田雄一監督×バナナマンの超脱力系SFコメディ。

2011年、東京に地球征服をもくろむ宇宙人たちが襲いかってきた!なのに!襲来したのは、呑気なフリーターと大家さんがいるアパートの一室。

彼らは地球
>>続きを読む

ハードラックヒーロー(2003年製作の映画)

3.6

SABU監督×V6による、最悪の事態から3組の男たちが車で疾走し夢に向かっていくコメディ。

コメディ要素は同じタッグのホールドアップダウンより薄めである気はするが、岡田くんの扱いが相変わらず面白い。
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.8

脚本家足立紳の自身の経験を基に執筆したオリジナル小説の映画化。

売れない脚本家の男とそれを支える妻。夫の才能を知り、応援してきた妻の、あまりの期待と現実のギャップに日々夫を罵る言葉と屁。笑 面白すぎ
>>続きを読む

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

2.0

アラサー女子がある人突然死にたくなって突然結婚したいと言い出してそこからマッチングアプリで男たちと出会って自分を見つける物語。

大九明子監督の他作品に比べるとだいぶインパクト薄め。

美人だけどみじ
>>続きを読む

天の茶助(2015年製作の映画)

3.6

地上に生きる人間たちの人生や運命のシナリオを書きつづる天界の脚本家が存在する世界で、脚本家のシナリオに逆らい運命を変えたい男を描いたSABU監督映画。

めちゃくちゃはちゃめちゃ。はちゃめちゃが過ぎる
>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

3.7

2015年に行われた、人間対AIの「将棋電王戦FINAL」第5局の対局に着想を得たフィクション。

究極の負けず嫌いの男が一度諦めた将棋の道を、パソコン将棋との出会いで再び目覚める。

極める、その道
>>続きを読む

ホールドアップダウン(2005年製作の映画)

3.8

SABU監督×V6のはちゃめちゃコメディ。

全てがネタ。ネタすぎて笑える。笑

岡田くんの扱いが雑!笑

小さなストーリーが繋がりあって紡がれて話が展開していく感じ、好きです。

神様。笑 そして突
>>続きを読む

文学賞殺人事件 大いなる助走(1989年製作の映画)

4.2

普通のサラリーマンの青年がほんの出来心で自分が勤務する会社のスキャンダルを暴露する小説を書いたことで文学賞の受賞戦争に巻き込まれていくコメディ。

文学界の裏のおかしな権力構造、文学界での成功の裏の歪
>>続きを読む

A1012K(2003年製作の映画)

3.7

渋谷のTSUTAYAを舞台とする八百屋スタイル(笑)のロボットA1012Kを描いたシュールなコメディ。

無駄にかっこいいサウンドに合わせて本格的な武装部隊がA1012Kを追う。次なるロボットマザーも
>>続きを読む

弾丸ランナー(1996年製作の映画)

4.2

なにをやってもダメな男、薬中のバンドマン、ヤクザの男がひょんなことから本気で追いかけっこをすることになるコメディ。

ストーリーの紡ぎ方が好きですね。実はこういうことで、、ってそういうこと?!という驚
>>続きを読む

バッド・トリップ どっきり横断の旅(2020年製作の映画)

3.9

親友2人がアメリカ横断の旅に出るという設定で、その道中で2人が一般人に次々と仕掛けるドッキリで作っちゃった映画。

ドッキリなので、本当に驚いたり呆れたりしている一般人の表情が面白い。笑

めちゃくち
>>続きを読む

>|