巴香さんの映画レビュー・感想・評価

巴香

巴香

映画(502)
ドラマ(10)

真実の行方(1996年製作の映画)

4.0

うほぅ、、こんだけ騙されれば作った人たちも万々歳だよ!ってくらい見事に騙された。笑
これだけ本数観てもなお、初めて映画観る人かのように「えーっ!」ってなるの、バカを通り越してもはやお得な体質だなって思
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

うわぁー、、、最後歌流れてまんまと鬱になった
全然きっと大丈夫じゃない
圧倒的3話派
30分も先を示す電光掲示板に、飛ばされる手紙、、、スマホないもんなあ
ヨーグルッペ
空綺麗
ロケットの場面の言葉が
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

2.5

リバーフェニックスのつんと尖った鼻、かっこいい
最後のほう切ないなあ
ラストシーン、있지のMVかと思った

指輪をはめたい(2011年製作の映画)

3.5

記憶無くす前のクズ輝彦と、頭打つに至る経緯をもっと観たかった、スケートシーン含め後半が長かった、オチがうーんなのもわかる
けど設定は面白くて、笑っちゃうシーンも多かったし、タイトルバックや途中のシーン
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.5

今日は珍しくこんなのが観たい気分になったから。

モリー、なんてチャーミングな女の子なんだろう、、、

霊媒師を家に行かせるための作戦が爆音の鼻歌って可愛すぎる笑
「同じく」って伝えて気付くところいい
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まさかそんなことにはならないだろう、のそのまさか
ミストに並ぶバッドエンドかもしれん
しんどい
淡々と進んでいって淡々と1時間半で終わるところが逆に引き摺らせる

あとみんなが言うように、U-NEXT
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

3.5

登場人物たちの空気感がいい、、
ぼーっと見てるとよくわかんなくなっちゃうのに、音楽と衣装と流れる空気が良すぎて面白くて最後まで観ちゃうなー。

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.5

何も言えない
すごい映画観た
・ポスターのシーン
・透明マントのシーン
・若い白人刑事に内在していた偏見が露わになるシーン
特に印象に残った
自分がどう、とかではないけどとりあえず心は動かされるなあ
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

泣いたー
今にもどんどん忘れていきそうやから、急いで書く。
まず、今日感情のコンディション整いすぎてて、やばいほどイアンに感情移入した。
お兄ちゃんがイアンに「お前ならできる」って言い続けたおかげでイ
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.5

わたしが現実世界で生きていく中で、誰かを尾行することって絶対無いじゃん。探偵にでも転職しない限り。
その、絶対体験できないことを代わりにやって見せてくれる映画は、やっぱ面白いな。
教授もさ、本当は尾行
>>続きを読む

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

3.5

なぞにランキング上位にきてたから!
わたしはアダムサンドラー嫌いじゃないんだよな〜!めっちゃ好きかと言われるとそういうわけでもないけど!あんま知らんけどけっこう制作とか関わってたりしてすごくない?
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.5

夕方の坂下の商店街が、吐きそうなくらい綺麗で(というかわたしの好きな景色すぎて)心臓握りつぶされた
夜にはちゃんと星も出てて、
あー本当に綺麗だったな

恋愛の味が濃いめのより、最近はこのくらいピュア
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.5

「椎名にとっての私は私にとっての遠藤じゃないよね??」😭
橋本愛ちゃんと渡辺大知の健気さが良かったー
ただ、思い返す限り、私の高校時代に椎名ほどみんなのど真ん中占領してる人がいなかったから、そこの共感
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

4.0

ちゃんと調べてないけど、アメリカではあり得ない話でもないらしい
日本でもあるのかな
アナの気持ちとか考えたら複雑
ケイトがただただ素敵なお姉ちゃんだった
観ながらいろいろ考えちゃう系

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.5

みんな一回観たほうがいい
素敵だから
トモちゃんが素直でいいなぁ〜
マキオとリンコさんのところが、これからもトモがたまに帰ってこられる場所であり続けますように
もっと日常を見守りたかった名残惜しい
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.5

めっちゃ面白い、、、
私の大好きなインセプションの元ネタとのこと
時田とパプリカの結末だけ気に入らんかった😭
だけど絶対リピートすると思うので、音楽と映像が凄すぎたので、5.0にする

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.5

しょうこと石田が優しい人でよかった
カワイさん嫌やった
学校っていうコミュニティが狭すぎて嫌になる

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.0

え、終わり!?
なんか、、萌えアニメという感想見てめっちゃしっくりきた。ちょっと気持ち悪いなーみたいな違和感はこれだったのか。(女教師とかなずなとかに対する発言とか描かれ方とか)
あとあと、何一つ謎が
>>続きを読む

ブラック校則(2019年製作の映画)

3.0

朝礼台でのラップのシーンが感動ポイント
東くんかわいかった
いろいろツッコミどころはあるけど、昨今の校則事情に訴えかける感じでよき

友罪(2017年製作の映画)

4.0

こんな重いの久々
過去を知っても友達でいられるのすごい
(感心してる場合ではない)
自分が知ってる人だけでも、犯罪者になってほしくないし被害者にもなってほしくない
けどこの地球で人間みんなで共同生活し
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.5

前半の最後のポケベル、後半の雨の中から拾った手紙、どちらも男性陣の未練が感じられてかわいくてよかった
確かに途中はストーカーすぎて焦る
マイブルーベリーナイツも恋する惑星も、失恋を前向きに考えられる気
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.0

前作での約束に関して、「そうきたか!」って感じだった。
1作目よりこっちの方がわたしは好き!
2人の会話はもちろんだけど、特に最後、アパートまで帰ってきて猫ちゃんがいるところと、パーティの準備してる住
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.5

セリーヌのおばあちゃんみたいに、心の中にずっと好きな人が密かにいるのもいいのかも
長い人生のうちで、ずっと忘れられない一日があることを素敵だと誇りに思おう
最後に2人が行った場所を追うのがよかった
>>続きを読む

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994年製作の映画)

2.5

人がおすすめしてて見たけど、もっといい話かと思ってた。
子役の女の子には引き込まれた。

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.5

最後めっちゃ泣いた
あの後アデルがどういう風に人生を送っていくのか本当に教えてほしい。
いつか泣かなくなる日が来るのか知りたい。他人事じゃない。
仕事中は何事もなかったかのような顔して、終わった瞬間に
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.5

3年かかって分からなかった道を、来て3日の人が簡単に見つけるのはアレ?てなるけど、設定は面白いし迷路の中もハラハラした。ちょっとグリーバーの造形がやだな。

マーダー・ミステリー(2018年製作の映画)

4.0

面白かった
伏線回収がお見事
妻役の人がおもしろかわいい

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

「この国の民主主義は形だけでいいんだ」、、、
官僚とかの面接受かる人ってどんな人なんだろう

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自分の中でめっちゃばかうけだと噂のこちらの映画
面白かったけど、「夫が出て行った理由」と、3000年後に何が起こるのかと、電話で話してた説得の時の中国語の内容が知りたい。
わたし言語がめっちゃ好きだし
>>続きを読む

>|