yukoさんの映画レビュー・感想・評価

yuko

yuko

評価は適当
コメントはときどき日記

映画(214)
ドラマ(0)

明日、君がいない(2006年製作の映画)

2.2

後味が悪い。
とてもえぐいわけでも特別な話でもないからこそ、ずっと頭の隅に残ってしまう。
ありふれた地獄。十代の孤独。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

2.8

おもしろかった!
真摯なスパイ映画にしてはグロすぎない?
アクションシーンきれい!さすが!

私の男(2013年製作の映画)

2.1

さびしさって人を狂わせるよねってことだよね

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.2

二階堂ふみに良さはまったく感じないけどアツくなれる映画だった

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.7

ふざけてるのに構成がしっかりしていて突っ込ませる暇もないくらいストーリーに引き込まれた。水原希子ちゃんが恐ろしくかわいい。
モテキの時から大根監督は女の子は意味不明な生き物として描くことに不快感を覚え
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

1.0

ひどすぎてびっっっっくりした
涙を誘うシーンでポップコーンの音響いてたからたぶんそう思ってたのわたしだけじゃないはず

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.3

ふわっと見てたらしんどくなった。かわいい子ってとっ散らかってて好き。狂ってないかわいい子って偽物だと思う。
カワイイは暴力に似てる。殴った分だけ自分も痛い。
そういうの含めて可愛い子好き〜って言えよな
>>続きを読む

新しい靴を買わなくちゃ(2012年製作の映画)

4.2

素敵だった、ただただ世界観や光の使い方が素敵だった 芝居がどうとか岩井北川がとか言われてますけどあの浮ついた芝居とパリと手持ちが最高なんじゃん 日本人にとってパリってそういう街じゃん はじめて桐谷美玲>>続きを読む

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

4.2

高校生の頃、いちばん好きな映画のひとつだった

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.4

女でもこういう映画撮れるんだって思った、ただラストもっと絶望して欲しかった

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

おもしろかったです!!
いやそれはないだろってとこも押し切ってて納得させられちゃう

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.1

みんなケラケラ笑ってるし おもしろかったけど、
トレインスポッティングって若さ丸出しだから成立してた映画だったんだなって思った

ベティ・ブルー 愛と激情の日々(1986年製作の映画)

4.1

カワイイとか言ってもさ、歌舞伎町でヒール持って追いかけっこしたら引くじゃん

ベティに憧れる女の子になりたかった

ソウ(2004年製作の映画)

-

毎話同じく怖すぎてフリーズした
ストーリーが気になるから最後まで観ちゃう

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.3

途中ぜったいふざけたじゃん
怖くないから私でも観れた

>|