よしこさんの映画レビュー・感想・評価

よしこ

よしこ

映画(285)
ドラマ(0)

コリアタウン殺人事件(2020年製作の映画)

-

夜一人で見てたら、怖くなって朝7時まで寝れなくなった作品。「わからない」から怖いんだよねー。

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

-

映画全体がクールだったね!
人間関係から何からぐちゃぐちゃで難しかった。
頭痛くなってきたのでおやすみなさい。

JSA(2000年製作の映画)

-

20年経っても変わらんなー。
なんなら悪くなってるし。

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

-

梨泰院クラスは流行りすぎて見てない。
ただパクソジュンは『ビューティーインサイド』でチェック済みのバチボコイケメン俳優。仕舞いにはなんだあの身体!骨格がイケメン。正直結構好きだった。

8 Mile(2002年製作の映画)

-

試合前はlose yourself聴いて、バチバチに決めに行くタイプの人間じゃ無いです。

はちどり(2018年製作の映画)

-

朝鮮戦争でことごとくソウルの橋が破壊され、建設急務ということで安価で作らせたツケが、1994年に来たというのが歴史の運命(?)。
http://www.shippai.org/fkd/hf/HD000
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

ダメ人間でいいじゃない。
ダメごと愛せる人に出会えたらいい。

「「お前」と女の人を呼ぶ男になるな」
って母親に言われたことあるけど、
なんかあったんかな。

向ヶ丘遊園に元カレが住んでたって話しか知
>>続きを読む

冬冬の夏休み(1984年製作の映画)

-

ハプニングの連続なのに何故かゆっくり。
感情の起伏と言いますか、何か揺さぶられるものを感じませんでした。だがそれがいい。
ノンストレス映画。
今年の夏休みは一体どう過ごそうか、
何しようかなーって考え
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

-

https://youtu.be/43gm3CJePn0

この動画だけで、知った気、考えた気になるのはダメだけど、きっかけにはなるんじゃないかなと思って、一応。

弱者、強者って何を持って決めるんだ
>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

-

「ゴースト」のデミムーアか、「love letter」の中山美穂か。頂上決戦開始。
部屋の隅でみかん食べるシーン、「おん!』って返事するシーン、すきです。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

-

社会風刺かよってくらい今の日本を透かしてみたような感じの映画。
よかったら、バンクシーさん、是非観てください。(え?
浜辺美波を測る人生どこ?

日本のいちばん長い日(1967年製作の映画)

-

瞳孔ガン開き男性たちの葛藤と行動の物語。
理解なんてできない。

『出家とその弟子』の暗喩にたどり着かず悶々。

暁に祈れ(2017年製作の映画)

-

はけ口として志向が格闘技に向かい、現実から目を背けないで立ち向かうことは大変な事。ムエタイの首相撲って腰強くないときついだろうなー。

なんで格闘技やってるんですか?って聞かれても、「もの使う競技向い
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

-

覇気のない、とは言いつつも、温かみと信念のあるお父さんの目が好きです。

紀子さん、3部にわたってありがとうございました。

麦秋(1951年製作の映画)

-

「野焼き」という言葉を知らない人に大学で初めて出会い、「そうだ、都内には田んぼがない。」とハッとさせられた事を思い出すくらい、印象に残る田んぼのショットが風情あり。

勉強中のクラシック映画、魅力に取
>>続きを読む

ナイトクルージング(2018年製作の映画)

-

「盲目の人の空間把握」
「AI」
円周的広がりを見せるもの。
民俗学かよ。

目をつぶって指パッチンにしてみた。
何も感じられなかった。

冒頭15分が加藤さんの「見える」世界。

改めて作品を作り上
>>続きを読む

復讐するは我にあり(1979年製作の映画)

-

噛み砕くには時間がかかる作品。

はじめまして、三國連太郎さん。

ポンジュノ、頼む、解説してくれ。

ナンセンス過ぎる感想で言うならば、韓国映画っぽかった。

>|