kokiskkさんの映画レビュー・感想・評価

kokiskk

kokiskk

映画(74)
ドラマ(0)
  • 74Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

3.9

目的があるから動く(ロボット)。

目的がない→つまり自由。
自分の意思で生きる(人間)。

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

3.8

希望を失わなければ、道は開ける。

息をし続ける。

全ての手を打てば、その先でまたすべき事は生まれるもの。

すべき事が残されていなくても、潮が帆を運んできてくれる。

幸せの教室(2011年製作の映画)

2.8

人生はいくつになっても、
白紙になることはある。

白紙なら何でも出来る。

白紙に思い描く。

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.6

モ・シュクラ=
愛しい人、あなたは私の中を流れる血

生かすことが殺すことという矛盾。

誰かがその役目を果たさないといけなかった。それが自分であった。その責任を全うする。

世界はステージであり、ど
>>続きを読む

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

4.3

変革、改革のときでも変えてはならぬものがある。

文化、伝統、信条。

何に基づいて、
自分の考えを持ち、
行動していくか定めること。

たとえ他者が発信するものであっても。

日本の武士道の素晴らし
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.2

自分の信念を変えてまで、
手に入れたいものなのか。

手に入れたいのなら、人格、人間関係、インプット、アウトプットを変えていく必要がある。

手に入れたくないのなら、振り出しに戻ればいい。

ただ、時
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.2

純粋な心。年齢は関係ない。

大事なものを自分で分かっていること。
ex)大好きなチョコ<家族

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

4.3

望みが叶うと希望を失うこともある。

誰かのため。自分のため。

自分の好きは過去の強烈な経験に紐付いているもの。

自分の好きをさらに経験し、追求し、分析し、具現化させ形作ること。

自分の好きを通
>>続きを読む

アフター・アース(2013年製作の映画)

2.5

己の限界を超えるには極限状態に身を置くこと。

上官として、父親として。
肩書きは違えど同じ人間。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

好き(軸、芯)を貫けばそこから広がる可能性も関連したものとなる。
貫き続けること。その中でどん底に落ちることも幸せを得ることもある。

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.1

いかに苦しかろうと、
奈落の底に落ちようと、
決して戦いから逃げない。

ひとりは皆んなのために。
皆んなはひとりのために。

2000年にもわたる“パシュトゥーンの掟”
「いかなる代償を伴おうと
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.1

時は流れるものではない。

未来は見るものではなく、形創るもの。
目の前のものが未来からのメッセージ。

未来が見えても、見えなくても。

新たな言語を学べば、
新たな思考が生まれる。

オブリビオン(2013年製作の映画)

4.1

真実は自分の目で、足で確かめろ。

他人に真逆の真実を伝えるには、語るのではなく、気づかせること。

クローン(複製人間)は過去が同じだが、未来はそれぞれ異なる。特異性は生まれる。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.1

過去には戻れない。
今日を最後の日だと思って生きる。
非凡で平凡な時間をかみしめよう。

いまを全力で生きることで未来を築く。
未来のいまは過去のいまがあったから。

バーレスク(2010年製作の映画)

4.1

スターたる所以。
目的達成に活かすアンテナを張り、行動に移す。
ピンチをも活かす材料に。
(見方、見せ方次第)

成功するイメージ、実現しているイメージを事細かく想像し、現実をそのイメージ(環境)に近
>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

3.9

「壊すと新たな自分を発見できる」

何もしない歓び(イタリア)
自分を許す。後は自然に任せる(インド)
調和(バリ)

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.6

何をするにも100%の力で。笑うときも、怒るときも、泣くときも、話すときも、悩むときも、嬉しいときも。

視野を広げ、視点を変えることで別の切り口が見つかる。
ex.)上流階級に対してピアノ演奏を通じ
>>続きを読む

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

2.2

計画に従うのみ
他人は関係ない

が、計画外の邪魔が入れば計画は狂う

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.8

パリジャン、パリジェンヌは自分達の街を誇りに思っている
→(組織、会社、友、恋人、地域、家、国) 自分が身を置く環境にどう意味を持たせるか、納得できるか、好めるか、魅了されるか

それはその人の価値観
>>続きを読む

7つの贈り物(2008年製作の映画)

3.5

罪を償うため自己犠牲をはたらく
理性ではなく感性
その目的のためには手段を選ばない

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

4.2

・バック(組織、国家)の力量差
・交渉の戦略(デッドライン、切り札)
・船長として、父親として、船員、国、海軍、それぞれの使命

>|