クドウサキホさんの映画レビュー・感想・評価

クドウサキホ

クドウサキホ

映画(272)
ドラマ(0)

南極料理人(2009年製作の映画)

4.2


特になにか問題が起こるわけでもなく、ただただ可愛いおじさん達の南極での日常を描いてる、平和、萌える、可愛いが止まらない


裸になりたがりの男、ラーメンなくなるだけで拗ねちゃう男、シャワーを浴びなが
>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

4.1


杉原(窪塚)家が最高


難しい内容にも関わらず、明るい雰囲気もあって、展開がめちゃくちゃに好きだった

キャロル(2015年製作の映画)

3.8


視線で語る映画、、とても魅力的だった


最初のテレーズのただ目的もなく途方に暮れてるどうしようもない感が素朴で最高に可愛い

ズートピア(2016年製作の映画)

4.1


アニメにも関わらず伏線回収が凄すぎる〜!!伏線この映画にはいったいなんこあるのか〜数え切れない!


動物の種類がなんか人間のマイノリティと被る部分があって見応えがあるし面白かった!

宋家の三姉妹(1997年製作の映画)

3.8

クライマックスを、てっきり毛沢東に潰されて台湾逃げるとこかと思いきや、まさかの国民党と共産党が団結するにいたる過程のところで斬新で良いと思った


終盤がくどい、、ラストシーンが何個も続く、、歴史を学
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

映画のスピード感と上映後の爽快感が凄い、最後主題歌流れたタイミングで鳥肌経った!!「気持ちいい〜」という謎の感情が生まれる。今年の邦画で1番好きだった〜

長瀬くんと、ディーン・フジオカさん、高橋一生
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

-

この映画に限っては(個人見解)字幕で見て欲しい、、日本語で見ると見終わって感想が「八代亜紀」しか出てこない笑笑

最高に笑えます

Helpless(1996年製作の映画)

4.0


閉鎖的な町に、行き場のないエネルギーを持った若者たちが狂気じみた暴力をふるう話


浅野忠信が、もう完璧に出来上がってて全然高校生に見えなかった

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

なんとも言えない緑、水色?の世界が凄く綺麗で最高、、、冒頭のシーンから世界観にどハマりした!

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.7


みんなちょっとどっか狂ってる!!
総じてみんな悪趣味、変態
総じて私は好き!

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.7


樹木希林のおばあちゃん役は天才
私の祖母か、って思うくらいの親近感

娘・妻・母(1960年製作の映画)

4.0

笠智衆が最後出てきたシーンのお母さんがほんとに切なくて悲しかった、

原節子のキラキラ感は異常

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

3.9

表面上は絵に書いたような幸せを描いてるけど、よく考えたら、普通に怖いし狂ってる人たち


1960年代の作品ってことに驚いた。めちゃくちゃに服がお洒落で可愛い

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


もう少し騙し合いが続くと思ったけど、これで終わりか!?て期待しすぎてた自分がいた


伯爵演じた詐欺師が案外1番単純っていうか、1番ナチュラルに信じるし嘘付いてない滑稽さが後半は際立ってて面白かった

激突!(1971年製作の映画)

3.9

こういう追い詰められてく怖さって、普通のホラーより怖い

スピルバーグ監督が天才すぎる

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

4.0

この映画によってまた事件が明るみになったことが唯一の救い。胸くそ悪い。観てこの問題を知ることが出来てよかった。

>|